2014.12.14

サラ・ブライトマン コンサート

SARAH BRIGHTMAN in concert with Orchestra
〜 世界でいちばん美しい歌がある 〜

Img_4786_2

12/12、東京国際フォーラムで行われたサラ・ブライトマンのコンサートに行ってきました。CDでは聴いていましたが、コンサートは初めてです。


生歌、しかも、バックはオーケストラ。アンコールを入れて23曲、2時間を越えるコンサート、素晴らしかったです。そのほとんどが、必ずどこかで聴いたことがある曲で、リズムをとったり一緒に口ずさんだりしていました。

二部構成で前半はダイナミックに、後半は聴かせるように。緩急がうまいです。後半の、「風のとおり道」から「Scarborough Fair」は、美しすぎて、感動して、うるっときてしまいました。「オペラ座の怪人」、「A question of honour」(本編ラスト)を生で聴けたことも嬉しい。

サラ・ブライトマンは宇宙旅行をする初めてのクラシック歌手と言われています。これが宇宙旅行まえの最後のツアーになるのか、演出というか、バックの映像が宇宙的なものが多かった。特に、「Time to say goodbye」はロケット発射の映像でした。

その他、ライティングも凝っていて美しかったですが、ライトが強すぎて直視できないこともありました。お隣さんの会話、「ライトがキツくて見えなくて、サラが発光したかと思った!」ですって(笑)

いろんな点で印象的なコンサートで、DVDが発売されたら観たいと思うし、次のコンサートも観に行きたいと思います。


Img_4795

コンサートの後は銀座へ。金曜日の夜に銀座なんて、何年ぶりだろう。

今年でおしまいのミキモトのクリスマスツリーを見て、


Img_4806

遅めの晩ご飯へ。軽めに、グラスワインと前菜とパスタをいただきました。


寒かったけれど、12月の銀座の夜はイルミネーションが美しく、その華やかさに気分が上がりました。ことしもあと二週間とちょっと。がんばろう。

| | コメント (0)

2014.05.01

now, my favorite music

寒い間フィギュアスケートを見ていたからか、そこで選手たちが使った曲を好んで聴いています。

一つ目は「Romeo + Juliet」。羽生結弦くんが2シーズン前、震災の後のシーズンのフリープログラムで滑った曲です。1996年にレオナルド・ディカブリオがロメオを演じた「Romeo + Juliet」のテーマ、Des'reeが歌ったKissing youを中心に構成されています。
YouTubeはこちら =>


Romeo

もう二十年近く前になるのですね。当時大好きな映画でした。ディカブリオが最高にカッコ良かった時だったし、クレア・デインズもキュートだった。映像も凝っていて、音楽も最高でした。確か、DVDもサントラも持っていたと思うのです(処分してしまったけど)。羽生くんが滑るのを見ながら、映画を思い出して懐かしくなっていました。もちろん、羽生くんのスケートもいいね。


Stay

二つ目は、Hurtsの「Stay」という曲。ドイツのペア、A.サフチェンコとR.ソルコビーがエキシビションで滑った曲です。初め聴いた時にボノの声に似ていたからU2の曲かと思ってしまいました。知らないグループ、だけど、とてもいい曲です。と思ってYouTubeを見たら、なんと再生回数が2000万回近く!失礼しました。
YouTubeはこちらをどうぞ=>


Happy

そしてファレル・ウイリアムスの「Happy」。いいね、この曲。幸せなら手を叩こう!って感じ。自然と体が動いてしまう。会社でイヤホンで聴いていて、体だけ揺れていた私がいました。

こちらはOfficial =>

そして、原宿編というのもUPされます=>

面白くて繰り返し見ちゃっています。こんな投稿動画も多い曲なのだそう。ハッピーな気分になったら、みんな作ってしまう?その効果もあってかOfficialの再生回数は2億越え!

全然関係ないけど、アナ雪がマイケルジャクソンの「Thriller」を踊っています。ポチポチ見ていたらニコ動にも面白いのがアップされているし、ソーシャルのパワーってやっぱりすごいんだと思ってしまう今日この頃なのです(なんか、へんなまとめになってしまった)。

| | コメント (0)

2013.12.28

Ludwig van BEETHOVEN; Symphony No.9, 2013

Img_28091

昨日、コバケンさんの第九に行ってきました。今年も同じ友達と、同じサントリーホール、同じ日本フィルの演奏です。


Img_28102

クリスマス過ぎのアークヒルズはイルミネーションも控えめでしたが(ブレブレ・・・)、コンサートに向うお客さんで賑わってました。


Img_28355


コバケンさんの第九ならサントリーホールに限る。そうして選んだら、仕事納めと第九の演奏会が重なりました。なんて素敵なタイミング!例年だと演奏会のほうが早くて、第九の後でお仕事の日々が続いて、あーまだ仕事かー、なんて思ってたりしましたが、今年は仕事を打ち上げて、第九で打ち上げて。あとはお休みですからね。

今年は、金管楽器と武蔵野合唱団が頑張ってました。特に、合唱団は声量があり、声の厚み、奥行き、迫力がありました。ソリストたちの声も出てました。コバケンさんの渾身のタクトはいつもの通り。もっと声を遠くに、そうそう、オーケー、そんな気持ちが現れるような指揮でした。

私はといえば、第一楽章、第二楽章ときて、やっぱり第三楽章で落ちました。気分よく眠れてしまうんですよね。そして、第四楽章で復活、フィナーレ。良かったです。満足しました。

しかし、一ヶ月前に同じサントリーホールでサイモン・ラトル指揮、ベルリンフィルの演奏を聴いた記憶が残ってまして、弦楽器は正直、、、、とか、ハーモニーはやっぱりあちらのほうが、とか、比較してしまっていました。一緒に聴いていた友達もそうだったみたい。この演奏はこの演奏で十分満足なんだけど、やはり、上には上があるな、と。。。


Img_28183

コンサートの後は、これもいつもと同じ、アークヒルズのAux Bacchanalesにてディナーです。


Desktop

先日の紀尾井町では食べきれませんでしたから、今回は、前菜、メインは全てシェア、デザートで締めました。いい音楽、美味しい食事、友達とのおしゃべり。満たされた夜でした。

| | コメント (0)

2013.10.20

billboard LIVE TOKYO

先週金曜日の夜、東京ミッドタウンbillboard LIVE TOKYOで行われたマンハッタン・トランスファーのライブに行ってきました。前にブログで書いた、ティファニーさんからいただいたギフトカードを使って、友達と。billborad LIVEははじめて。とても楽しみにしていました。


Img_26071

東京ミッドタウン4階にあるエントランス。あのbillboardのロゴ。第二部にエントリーしていたので、チェックインは20:30。アーティストがアーティストだけに、年齢層が高かった。。。


Desktop18

予約の時に言われた順番で中に案内されました。ライブエリアまでは、こんな感じのブルーのライトの中を歩いて行きます。中はどうなっているのか、この時点でワクワク。


Img_26275

中に案内されると、東京の夜景を背景にしたステージの前に、密集してテーブル席が広がっていました。思ったよりもこじんまりしてました。私たちがエントリーしたのは相席ありの自由席。この席ならばミュージックフィーのみで聴くことができます。1500円〜数千円とかプラスすると、相席なしのテーブルにすることもできます。

席に案内されたのが21時前。しばらくして友達が合流し、食事とドリンクを頼んでおしゃべりしながらライブが始まるのを待ちました。


Desktop19

この日はグルメプランというのがあり、一人1500円で前菜とメインがついてきました。食事はまあまあですかね。ライブが始まれば、食事は脇役になってしまいますからね。


マンハッタン・トランスファーのみなさん、59〜72歳とご年配なんですが、ライブ中の歌やパフォーマンスのエネルギーはすごかった。声も出ていたし、動いていたし、4人ともノリノリ。一人より二人、二人より三人、三人より四人。流石のハモリ、コーラスでした。

ひとつ残念だったのは、リーダーのティム・ハウザーが、脊柱手術の療養中で来日できなかったこと。代役のトリスト・カーレスもよかったけど、やはり4人揃ったマンハッタン・トランスファーが見たかったな。


とはいえ、ステージが盛り上がるにつれて、私たちの後ろのテーブルの人たちもノリノリで、ひゅーひゅーやったり、立ち上がって音楽に乗って踊ったり。満席のお客さん、みんなが楽しそう。もちろん、私たちも楽しみました。やっぱりライブっていいなあと思った金曜日の夜でした。

| | コメント (0)

2013.10.10

アイナルホウエ

Ainaruhoue1

やっぱり買ってしまった。赤西仁くんの新譜「アイナルホウエ」。もちろんミュージックビデオ付き。

ちゃんとした復帰が決まって、第一弾の「HEY WHAT'S UP?」をamazonで予約し、この「アイナルホウエ」もamazonから発売日に届きました。第一弾がアップテンポの夏の曲なら、この曲は今のシーズンに聴くには心地よいミディアムテンポの曲。

彼が歌がうまいかどうかはいろいろ意見があるだろうけど、私はうまいほうだと思う。私の耳には心地よい。高音のキレイな声は健在といいたいところだけど、残念ながら、KAT-TUNにいた頃のほうがもっともっと透き通っていたように思う。歌い方を変えたのかもしれないけどね。でも、「HEY...?」の加工された歌声よりも、「アイナルホウエ」のほうがしっかりと彼の声が聴けて、私は好きです。

そして、「アイナルホウエ」のミュージックビデオは子供好きのJINらしくて、ほほえましい内容。人生の応援歌だから子供を出したそうだけど、今の彼だから作ろうと思ったビデオなんだろうな。歌もじんわりくる歌だと思う。


ゆっくりとJINが戻ってきた。アメリカに行っている時は気にしていなかったのだけど、日本に戻ってくるとね、やっぱり聴こうかなという気持ちになる。ぼちぼちと、付かず離れずって感じですかね。来月にはアルバムも予定されているそうで、もう少ししたら予約しようかな。

| | コメント (0)

2013.09.05

MUSIC

今朝は雷の音と凄まじい稲光で目覚めました。近くの川の水位は急上昇でメールは飛んでくるし、9月に入ってとても不安定な気候が続いています。それでも少しずつ秋から年末の予定がいろいろと入ってきています。そこで、コンサートの話を3つ。


Img_2323

Tiffanyさんのご招待でいただいた、ビルボードライブのギフトカードです。このカードの利用期限が近づいてきたので、行って参ります。第二部にしたのでスタートは21時半。たぶんおしまいは23時頃になるので、そのまま六本木で夜遊びの予定。どのアーティストを聴きに行ったのかは、またここでご報告したいと思います。


Img_2328

ベルリンフィルのコンサートチケットをとることができました。2年前は残念ながら取れなくて、今回はリベンジでした。

サイモン・ラトル指揮のベルリンフィルのコンサートは2005年のサントリーホールに行ったことがあります。このコンサートが素晴らしかった。なんというか、立ち上って行く音楽が見える、感動で涙が出たコンサートでした。あの感動をもう一度味わいと思いつづけて何年経ったことか。11月にその音楽をまた体験できる、今からとても楽しみなのです。


Img_2337

恒例となった年末の日本フィルの第九。コバケンさん&サントリーホールでセレクトです。27日はたぶん仕事納めの日。この日に第九を聞く事ができるなんて、なんて素晴らしい。


今から楽しみなことがいっぱい。見に行けるように万事調整しなくては。

| | コメント (0)

2011.08.08

ロックな気分

「Tranceformers: Dark of the Moon」を見てきました。シリーズとしては3作目。この作品は1作目から全て劇場で見ています。友人に誘われたのがはじまりだったんですが、全て違う人と見に行っています。

で、ここで書くのは映画の話ではなくて、音楽の話。映画は、面白かったです。想像していた通りのイケイケドンドン的に話が進んで、決戦の場となったシカゴは崩壊。。。でも、最後は正義が勝つ、という、いかにもアメリカ映画な映画でした。3Dで見たけど、2Dで十分だったかも。

音楽のお話。「Tranceformers」シリーズのメインテーマは、1作目からずっとLinkin Park。前作もよかったけど3作目の曲も戦いが終わった後のエンディングにハマってました。映画と一緒に聴くと清々しささえ感じます。

ロックの曲が何曲かとエンロドールが流れるのだけど、そんなロックな曲たちを聴きながらのエンディングは、ハリウッド映画を見に行ったという感じにしてくれます。さっそく帰ってからiTunesでアルバムごとお買い上げしてしまいまして、今も、そのサントラを聴きながら書いています。

R00234581

さらに。
この日は予約ができる豊洲で映画を見ました。終わったのが6時半。晩ごはんを食べて帰ろうということで、アーバンドックららぽーと豊洲のベルギービールのお店に行ったのですが、そこで流れていたのが80年代のポップ&ロック。

MADONA、The Police、Wham!、Duran Duran、Van Halen、Daryl Hall & John Oates、etc...。友人と二人お互いにツボで、ビールを飲みながら話が弾む。特に、「Jump!」が流れた時は最高潮。いいねぇ、夏はロックだよね、なんて感じで話してました。


Desktop99

その時飲んだベルギービール。
両方ともホワイトビールベースなので非常に飲みやすいです。


Desktop98

私の強いリクエストで注文した1年ぶりのムール貝のホワイトビール蒸し。
今年は地震で三陸のカキが獲れません。
だから私もムール貝料理を自宅で作っていません。
味は、、、私が作るムール貝料理のほうが美味しい。。。


iPodにはロックを。

しばらくはロックな気分でいきたいと思います。

| | コメント (0)

2011.01.19

Sting〜Symphonicities World Tour

1月17日〜19日で行われているスティングのコンサートに行ってきました。仕事の都合で行けるかどうかかなりきわどかったのですが、とにかくやるだけやって、武道館へ。なんとかギリギリ間に合って、、、その後はもう、素晴らしい時間となりました。

R00229211

このコンサートは、スティングのロック・ポップの曲をオーケストラの演奏で聴かせるもの。スティングの歌を直に聴くのは、3年前のポリス復活のコンサート以来。確か今年、還暦なんですよね。それなのに、なんて素敵。もう、ステージ中央に目は釘付けです。歌う姿、演奏する姿、声、顔(笑い)、全部素敵です。


R00229231

このSymphonicitiesをベースに2時間半のコンサートはあっという間でした。オーケストラとスティングの曲、声って合うんですね。全く違和感がなく、オケの方々も楽しそうに演奏してました。

Englishman In New York、King Of Pain、Every Breath You Take、Fields Of Goldなどなど、有名どころの曲ではみんなノリノリ。アリーナ席は立ってる人多かったです。アンコールにはDesert Rose、Fragileなどが演奏されて、曲目の構成もすごくよかった。

実は、コンサートが終わってからこのアルバムをiTunes Storeで購入したのですが、マナを聴いてからだと迫力不足。コンサートの迫力や楽しさがなくて、ただのキレイな演奏にしか聴こえない。ジャズっぽいの、アイリッシュミュージックっぽいの、バラエティに富んでいる。また、スティングのアカペラがいいんだなぁ。。。

アンコールが4回続いたかな。このままずっと終わらないで!と思ったほど、素晴らしいコンサートでした。

| | コメント (0)

2010.12.27

Beethoven's The Symphony No. 9 

毎年の年末の恒例、小林研一郎指揮、日本フィルハーモニー交響楽団の「第9交響曲 特別演奏会」に行ってきました。

いつも同じお友達と一緒。彼女の誘いで行くようになって何年経ったのかな。それでも、今回はどんな感動をもらえるのかな、と毎回楽しみなコンサート。

Img_0109

今年は池袋の東京芸術劇場。サントリーホールの音響を気に入っているのに、今年はサントリーホールはコバケンさん指揮じゃなかったんですよね。だから、仕方なく東京芸術劇場。日曜午後のコンサートでした。

プログラムは以下の通り。

パイプオルガン独奏
 ・チャイコフスキー:バレエ音楽「くるみ割り人形」より行進曲/花のワルツ
 ・J.S.バッハ:主よ、人の望みの喜びよ
−休憩−
ベートーヴェン:
 交響曲第9番 二短調 作品125 合唱付き

会場は満席。いつものように、パイプオルガンではじまり、休憩の後は、一気に第9です。

今年も変わらずコバケンさんの指揮はエネルギッシュ。その指揮に導かれるように演奏もガンガンいきます。が、んー、木管楽器、ちょっと外れましたかね。それ以外は、弦楽器はなかなかよく、立ち上って行く音楽にゾクゾクするほど。前から4番目の席で聴いていたので、音楽が迫ってきました。特に、第4楽章はリズムをとる周りの人の気配を感じるほど、客席もノリノリ。終わってから、いつまでも拍手が止みませんでした。

Img_0101

友人いわく、パイプオルガンが新しくなったと。私は記憶になくて、判断できず。。。

Img_0104

演奏会が終わった後は、Esolaでお茶を。池袋のお店、知らないんですよね。。。

久しぶりに再会した友人と、お茶を飲みながら演奏会の感想や今年一年の話をして別れました。第9を聞いて、もう仕事納めをした気分。実際にはあと数日あるんだけど、ちょっとゆるゆるだ。。。

| | コメント (0)

2010.09.05

東京ジャズをちょっとだけ

いつものように週末ノマドでスタバに行った帰り、東京国際フォーラムを突っ切ろうとしたら人がいっぱい。週末の大江戸骨董市かと思ったらなんだか雰囲気が違う、と思ったら、東京ジャズフェスティバル2010でした。

そっか、もうそんな時期なんだ。今年は暑くて暑くて、秋なんかどこか行ってしまったみたいで、毎年恒例のこのお祭りもすっかり忘れていました。

R00216641


実際の演奏はホールで行われるのでしょうが、こちらではスクリーンに映し出された演奏VTRを見たり、単にお昼ごはんを食べたり、みなさん思い思いに過ごしてます。暑いのだけど、建物やパラソルの影があり陽射しは避けることはできる。いや〜、ビールなんかうまいでしょうね。

R00216652


ランチのためのいろんなスタンドが出ていて楽しい。各国料理が楽しめる。時間があれば座ってしばらくVTRを見ていようかと空いている席を探したけど、ほぼ満席。仕方なく立ったままでしばらく聞こえてくる音楽を楽しんだ後、そのまま銀座に向かいました。

そういえば、去年は、ブログを通じて知り合った方が、このお祭りに誘ってくれました。生でジャズを聴いたのははじめてで、興味深かったこと、覚えてます。ここで、上原ひろみさんの演奏をはじめて生で聴いたっけ。今年はどうだったんだろうとHPを見てみると、あら、出演者リストにその名前がありません。今年は出演無しでしたか。。。その方のブログを見ているけど、今年は東京ジャズのお話がなかったような。。。行かなかったのかしら。

けど、今年も東京ジャズがあり、朝夕はなんとなく涼しい風が吹くようになった感じがするし、少しずつ、ちゃんと秋が来ているんだな。はやく涼しくな〜れ!

| | コメント (2)

より以前の記事一覧