2018.03.21

横手かまくらの灯り点し隊

横手かまくらのクラウドファンディングの返礼品が届きました。

横手かまくらのことは、このブログにも書きましたが、横手のことを調べているうちに、灯り点し隊のクラウドファンディングを知りました。


Dsc_9337

横手のミニかまくらは、蛇の崎川原に3500基のミニかまくらが並び、日が暮れるとかまくらの中のろうそくの灯がとても幻想的なものです。ミニかまくらは、地元の中学生が作成するのだそうですが、その中のろうそく、ろうそくへの点火、風で消えたろうそくの再点火など、コストや人手がかかるものなのだそうです。

規模が小さな時にはわずかなボランディアでできたのでしょうが、これだけ大きくなるとまかなえない。それでクラウドファンディンクを試みたとのことでした。目標金額が72万円でしたが、それを上回る83万円を達成することができたとありました。

こうした灯り点し隊の活動で、見に行った私はとても美しいミニかまくらを見ることができたのでした。


Dsc_0337

美しいかまくらを見たい気持ちで、今回、はじめてクラウドファンディングに参加しました。返礼品にはミニかまくらに使ったものと同じろうそく2個とお礼の手紙が入っていました。ろうそくは、福祉施設で生産しているものであり、福祉施設を応援することにもなるようです。


きっと来年も横手のかまくらを見に行くでしょう。クラウドファンディングがあるときは、また参加しようと思います。というか、時間さえあれば、灯り点し隊もやってみたいんですけどね(笑)。

| | コメント (0)

2018.02.20

横手の雪まつり〜暴風雪の日

翌日も秋田県で遊んで帰ろうと思い、夕方の新幹線を予約していました。
しかし、朝、ニュースアプリを見ると、横手地方には暴風雪警報が発令されていました。カーテンを開けると、外は昨日と打って変わって激しい雪。これが普通の冬の横手の天気なのでしょう。ニュースアプリでは、その翌日も暴風雪マークが出ており、判断を間違うと東京に帰れなくなる可能性が高い状況でした。

初めての土地での不安。きっぱりと、電車が普通に動いている早いうちに東京に戻ることにしました。

駅から近いホテルに宿泊していたので、朝食前にみどりの窓口に行き、新幹線の予約を変更してもらいました。10時39分発のこまちの指定席は残りわずか。ギリギリ間に合いました。お得切符を利用していたので払い戻し料金が発生してしまいましたが、帰ること優先、仕方なしです。


Dsc_9556_1

電車の時間に合わせてチェックアウトし、ホテルの外に出ると、雪が降りしきる中、駅のロータリーでは除雪作業が行われていました。除雪しても除雪しても間断なく積もる雪。それでも、いや、だから除雪をしないといけない。大変だなあ、という言葉しか出てこない私。雪国の人が環境を受け入れて辛抱強く対応している姿に、頭が下がりました。


Dsc_9561

駅からホテルに向かう人とすれ違いました。ホテル前は雪が積もっていません。聞くと、歩道の下にヒーターを入れて雪を溶かしているそうです。

ホテル前の歩道が終わると雪が積もっていて、どこが道かわかりません。なんとなく、人の足跡の上を歩いて駅に向かいました。

秋田に向かう奥羽本線は2分ほど遅れているとのことでしたが、こまちに乗る時間までには大曲に到着できそうでひと安心です。


Dsc_9581

奥羽本線が到着するまで吹きっさらしの駅のホームで写真を撮って待ちました。そんな人、私だけ(笑)。

いかにも豪雪地帯の駅という感じの一枚。


Dsc_9599_1

誰も歩いていない雪に雪国仕様ブーツで足跡を刻む私。踏みしめると靴が雪に埋まった感じ、わかりますか?


Dsc_9600

ホームに私の足跡。でもその上にもあっという間に雪が降り積もり、足跡を消してしまうのでしょうね。


Dsc_9602

ひとりホームの雪で遊んでいるところに、電車が入って来ました。電車に雪がこびりついています。


Dsc_9623

電車に乗って15分ほどで大曲駅に到着。大曲駅も雪で埋もれております。


Dsc_9616

新幹線ホームに渡り、向かい側を見ると、私たちが横手から乗って来た電車がそのまま止まっていました。横手で乗ったときよりも、車体の雪が増えていました。問題なく走ってくれて、ありがたい限り。


Dsc_9635

新幹線ホームでこまちを待つ人たち。


Dsc_9640

放送が流れて、雪の中をこまちが近づいて来ました。


Dsc_9642

そして、こまちに乗り込み、私は予定通り東京に到着することができました。


この後、奥羽本線が止まり、その後で新幹線も止まったと遅延メールが飛んで来ました。翌日の運行も不安定だったようで、本当に早めに帰ってよかったと思いました。


最後に今回の雪まつりで感じたことをいくつか。

私がインスタグラムで知って出かけたように、出かける人が増える一方で、受け入れが追いついていないような印象がありました。町歩きや広い場所は問題ないのですが、別の場所へのバスや食事の場が不足していました。

具体的には木戸五郎兵衛村のかまくらを見に行くバスがありましたが、これが乗り切れず、今回は私は行くことができませんでした。バスの時間の予約も知りませんでした。バスが増設されるといいなと思います。
また、食事について。テントが狭く外で立って食べている人たち多数。幸い途中ですぐそばの席が空いたので入れましたが、あたたかなテントの中に入れずに外で食べるのは厳しかった。食事のスペースが少しでも増えればと思います。

もうひとつは、やはり、三脚を持って行けばよかったということ。当然ですが夜の撮影は手ブレします。また望遠レンズは270ミリでしたが、もう少し大きい望遠があればと思いました。来年はこの2つを持ってリベンジしたいと今から思っています。

| | コメント (1)

2018.02.19

横手の雪まつり〜灯りのぬくもり、夜のかまくら

蛇の崎川原のミニかまくらの点灯は午後5時からとのことで、よく見える場所の確保に、4時半にホテルを出て向かいました。橋の上、いい場所は既にカメラの三脚が並び、カメラを持った人たちが集まっていました。

そう、私は今回、三脚を持ってきませんでした。寒いし、雪の中で荷物になるし、夕方で切り上げようと思い、持って行くことを直前で取りやめたのでした。


Dsc_9326

橋の上に到着し、川原を見下ろすと、灯り点し隊のみなさんが、ミニかまくらに点火中でした。灯り点し隊は地元の方のボランディアで行われています。大人も子供もいます。ちなみに、ミニかまくらは横手の中学生のみなさんが作成したのだそうです。

ミニかまくらは3500個あるそうです。これだけのミニかまくらに点火したり、風で消えてしまったろうそくに再点火するには人手が必要であること、また、ろうそく代もかかります。このため、そうした費用をまかなくために、クラウドファンディングが行われました。行くことを決めていた私も、クラウドファンディングに参加しました。自分が協力したことがカタチになっている。大変嬉しいことでした。


Dsc_9337

点火されたミニかまくらは、オレンジ色のあたたかな炎の色が見えます。


Dsc_9341

この日の日没は5時15分。火が沈むと、急に暗くなり、ほぼ点火も終わり、灯り灯し隊のみなさんが引き上げていきました。


Dsc_9365

暗くなって行く中のミニかまくらは、とても幻想的で美しいものでした。
私の隣に、男子の若者グループがいたのですが、彼らも感動しているらしく、綺麗だね、といった言葉しか発しませんでした。まじきれーなんだけど、という今時の言葉ではなく、見にきてよかった、ほんときれいだ、といった、なんというか、やさしい言葉しか発しない彼ら。


Dsc_9367

私も、きてよかった、ほんとうにきれいという言葉しか見つからず、だから、だまって刻々と暗くなる中、あたたかな灯りを放つかまくらを見ているしかありませんでした。写真にはおさめたけど、これは、ここにきて体験することでしか得られないし、一度見たことがある人でないと、同じ感覚で話すことができないものだと思います。

だから、本当に来てよかった。。泣きそう。。。


Dsc_9376

川原には降りることができます。次々とみなさん入って行きます。私も降りてみることにしました。


Dsc_9383

降りて行く道にも、ろうそくの灯りを点したミニかまくらが並んでいました。


Img_3774

降りて見るとこんな感じ。目の前に光の点々が広がります。本当に美しい。

でも、雪の上はやっぱり冷たい。橋の上よりも2、3度は低いでしょう。靴、体、ポケットにカイロを入れてきたのですが長くはいられませんでした。。


Dsc_9419

ろうそくの灯りはあたたかですね。雪のみずみずしさと、ろうそくの灯りのゆらぎ。癒されました。


Dsc_9436

寒さを忘れることはできないけれど、耐える気持ちを与えてくれます。


そんな、蛇の崎川原から、次は横手南小学校のミニかまくらに向かいました。昼間も歩いて気づいたのですが、以外に海外から来ている方が多いですね。これもインスタグラムの影響でしょうか。


Dsc_9441

通りにも、雪を掘り抜いた中にろうそく。そんな灯りの中を歩きました。


Dsc_9445

寒いけど、早く向かいたいけど、美しい被写体がたくさんあり、時間がかかってしまいました。


Dsc_9453

そして辿り着いた横手南小学校のミニかまくら。昼間はほとんど雪に埋もれていたかまくらに、こんなに火が灯るとは。。。感動しました。


Dsc_9462

中を覗き込むと、ろうそくの灯りの中に、小学生のみなさんの願い事が書かれていました。笑顔でありますように、健康でありますように、サッカーがうまくなりますように。。。小学生の素直なお願いを読んで、ほのぼのとして心があたたかくなりました。


Dsc_9475

これは昼間に見に来た時に掘り当てた(笑)ミニかまくらかな。ここにもちゃんと灯りが灯っていました。


Dsc_9483

しばらく横手南小のミニかまくらを見て武家屋敷通りに向かうと、暖をとるための焚き火が点々とありました。火の近くは暖かくてほっとしますね。


Dsc_9488

暗い足元を照らすミニかまくら。これらもちゃんと水神様をお祀りしています。


Img_3784

普通サイズのかまくらには地元の中学校の生徒さんがいて、「はいってたんせ」といって中に招いてくれます。私も中に入り、甘酒とお餅をいただきました。

中学校の1年生、2年生の男女が男子チーム、女子チームに分かれて担当しています。話を聞くと、選ばれたことをみんな誇りに思っているとのことでした。とても素直な子たちで、照れながらも嬉しそうに話してくれました。


Dsc_9515

7時を過ぎてお腹がすいてきたので、メイン会場近くの、横手かまくらほっこり横丁に向かうことにしました。

途中の民家に祀られた水神様。横手の夜はこうした灯りがあふれていました。


Img_3797

秋田名物、きりたんぽをいただきました。これは、ごぼう、しらたき、鶏肉などを入れたお醤油味の汁に、焼いたきりたんぽ汁です。あたたまりたくてチョイスしました。ほっとするやさしいお味でした。

夜のかまくらを十分楽しんだので、そろそろホテルに戻りましょう。


Dsc_9518

なんと、スタバのかまくらを発見。中ではコーヒーの淹れ方講座が開かれていました。横手にはスタバはなかったはずですが、どこかのお店からの出張でしょうか。コーヒー飲みたかったですが、帰りたい気持ちが勝ちました。


Dsc_9527

そうそう、かまくらバーなるものがオープンしており中に入ろうと思い前を通ったのですが、、、人が多い。。。外で待つのも寒いのでそのまま帰ることにしたのでした。


Img_3801

ホテルに帰る夜の道はこんな感じ。気温が下がり、踏み固められた雪が滑りやすくなっていて、私の靴でも何度か滑りそうになりました。これははやくホテルに戻るしかない。

それでも、かまくらバーには入れなかったのでコンビニに寄りまして、、、

Dsc_9542

GRAND KIRINを買い、ぬくぬくと快適なホテルの部屋でオリンピックを見ながらゆっくりといただきました。


初めての横手で24000歩歩きました。いい感じに疲れました。おやすみなさい。


つづく。


| | コメント (0)

2018.02.18

横手の雪まつり〜はじめての秋田へ

行くぜ東北。インスタグラムで見た横手のかまくらの写真が美しく、その光景を実際に見たくて、この冬は寒波でかなりの積雪の秋田に、はじめて行って来ました。


Img_3562

はじめて乗る新幹線こまち。赤の車体がかっこよく、気分が上がります。

定刻通りに東京駅を出発し、大宮を過ぎるとスピードが上が急に上がりました。こまちって、大宮の次は仙台までノンストップなんですね。乗ってから知りました(笑)。
はじめて乗ったこまちの加速、凄いです。ちょっとしたGを感じます。なんだろう、わくわくしてしまいました。


Img_3609

白河を過ぎると車窓には少しずつ雪が増えてきました。福島を通過すると雪山が美しい。進行方向、左側に座ったのは正解でした。白石蔵王あたりから雪景色。水沢江刺あたりは真っ白でした。


Img_3676

盛岡で連結していたはやぶさを切り離し、こまちは秋田へ。角館、田沢湖、大曲まで乗りましたが、普通の駅に止まる感じです。車窓は雪、雪、雪。駅も雪に埋もれています。


Img_3685

しどないでのぼりのこまちと待ち合わせ。その間、ずっと外を見てました。こんな雪、見たことないから、飽きずにずっと見てられます。


Dsc_8925

予定通りに大曲に到着したけれど、大曲駅も雪に埋もれていました。それでも動いている電車って、すごいな。東京じゃこんなに雪が降ったら、確実に止まってしまいますもの。


Dsc_8946

大曲から奥羽本線に乗り換えて15分くらいで横手に到着します。はい、横手も雪で埋もれています。でも、思ったほど寒くありませんでした。雪はちらついているけど晴れているからでしょうね。

ホテルにチェックインしたときに、フロントの方に、思ったほど寒くないですね、と話したら、今日は例外です、と笑っていました。


Img_3720

横手到着が12時だったので、まずはお昼ご飯を。横手といえば、横手焼きそばです。ホテルの近くのお店でいただきました。カウンターに座って横を見ると、みなさん、食べているのは横手焼きそばでした。


Img_3723

私も、横手焼きそば、と、当然、ビールです。横手焼きそばの特徴は、太めのちぢれていない麺、紅生姜ではなく福神漬け、そして、上に乗った目玉焼き。少し味が濃いので、目玉焼きを焼きそばにからませて食べるとまろやかになって美味しいですね。ビールに大変よく合いました。


Dsc_8957

お昼ご飯を食べて、町の規模感を掴むためにとにかく歩きました。歩道の両側は私の身長よりも高い雪の壁ができています。そして路面も当然雪。雪国仕様の頑丈ブーツが大変役に立ってくれてました。


Dsc_8960

郵便ポストも雪に埋もれそう。。。


Dsc_8965

雪まつりの拠点となるかまくら館に向かうと、梵天コンクールということで、梵天を持ったみなさんがたくさん集まっていました。


Dsc_9020

チームによってはっぴも違う。これは雪駄でしょうか。街中で見るのが珍しく、写真を撮らせてもらってしまいました。


Dsc_9009_3

木村屋はレトロな外観の和菓子屋さん。屋根に雪が積もりいい感じです。


Dsc_8999

外には水上様を祀ったミニかまくらが並んでいました。和菓子屋さんらしく、桜餅が備えられていました。


Dsc_9038

夜、ミニかまくらに火が灯る横手南小学校に向かいました。横手川を渡るとき、欄干の雪をすくい上げるとふわふわとした新雪でした。断続的に雪が降るのでしょうね。


Dsc_9053

横手南小学校のジャングルジムは、雪に埋もれていました。


Dsc_9055

というか、校庭が雪に埋もれている。。ミニかまくらも雪に埋もれいる。。これで本当に夜にあかりが灯るのだろうかと心配になりました。


Dsc_9064

こんもりとした雪をかき分けると、中に、可愛らしいイラストと水上様と書かれたカードが入っていました。ここにも夜、あかりが灯るのだろうか。。


Dsc_9080

校庭から隣の家を見上げると、男性3人で雪下ろしをしていました。


Dsc_9098

歩いていて、どどーん、という音がして見上げるとだいたい雪下ろしをしています。雪が止んでいる間に少しでもやっておかないと、どんどん積もって大変になってしまうのでしょうね。淡々と雪下ろし。


Dsc_9108

横手南小の裏の通りは、武家屋敷跡になっており、ここには普通サイズのかまくらがいくつも並んでいます。昼間は誰もいないけれど、夜になると子供たちがおもてなしをしてくれるそうです。


Dsc_9166

再び横手川を渡り、今度はミニかまくらのもうひとつの会場、蛇の崎川原に向かいました。その途中お寺の前を通ったのですが、門から先が雪に埋もれていました・・・。


Dsc_9303

蛇の崎橋の上からミニかまくら群が見えました。蛇行しているからこの名前がついたのかな。前日の蝋燭のすすで中がグレーになっていました。


Dsc_9301

白いいきものみたいで、なんか、かわいい(笑)。


Dsc_9243

ミニかまくらの会場を確認して、次は、横手公園に向かいました。歩く道すがら写真を撮ってしまうのでなかなかたどりつかない。この家もレトロで面白い。木に雪の花が咲いたみたい。


Dsc_9299_1

女性センターの前にあったトトロの雪像。この中にもよるろうそくを入れてあかりを灯すそうです。ここは夜は行かなかったので、昼間のこの写真だけ。


Dsc_9282

横手公園にも大きなかまくら。ポスターに使われている景色です。はじめお城かと思ったのですが、展望台だそうです。ここの夜は来られそうになかったので、昼の景色だけしっかり撮って帰りました。


15時。一度ホテルに戻って、夜歩きに備えることにしましょう。

つづく。

| | コメント (0)

2017.03.12

三島へドライブ

先週の3月11日、同僚と三島に行って来ました。主な目的は2つだけ。あとは時間次第、天気次第のきままな旅です。


Dsc_4309

目的のひとつめ。厚木にある観光イチゴ園にてイチゴ狩り。3種類のイチゴを食べて、「おいCベリー」という品種がお気に入り。あまりスーパーでは見かけない品種、ジューシーでほどよい甘みでした。

その場で自分で採って食べるイチゴは新鮮で美味しい。1800円お支払いして、大きさの大小あれど、60個くらいは食べたのではないかしら。午前中はイチゴだけでお腹いっぱいです。


Dsc_4296

イチゴ狩りは二度目ですが、昔はしゃがんでイチゴを採った記憶があります。今は、こんなふうに栽培されているので、立ったままイチゴを採ることができます。便利ですね。

そして厚木から高速に乗って、一路、三島を目指します。三島では、はじめに三島大社にお参りして、そして旅の2番目の目的へ。


Dsc_4364

それは、うなぎを食べること。三島のうなぎは有名だそうで、特に、このお店は人気店だそうです。確かに、12時半頃に予約をしてお店に行ったのが14時過ぎ。名前を呼ばれたのが14時半頃だから、普通にいけば2時間は並んだということになりますかね。

お店に入り、頼んだ料理が出てくるのを待っていると、サイレンの音が聞こえて来ました。時計を見ると14時46分。この日は3月11日、東日本大震災の発生時刻でした。同僚、そして、お店にいた人たち、全員が黙祷していました。そのあとは、6年経ったんだねと、当時どうしていたのか、なんて話が続きました。


Dsc_4368_1

そして、うな重が登場。とっても美味しかったです。最近はひつまぶしばかりだったから、ごはんの上にどーんと乗ったうなぎを食べるのは久しぶり。口のなかでほろほろとほぐれてあっという間になくなってしまう。美味しいとみんな黙るのね。美味しいという言葉しか出てこなくて笑ってしまいました。


Dsc_4403

うなぎを食べたあとは、三島SKY WALKという400メートルの吊り橋へ。しっかりとした吊り橋だけど、結構揺れます。それに風が強い。高所恐怖所の人は、ダメですね。


Dsc_4385

橋の上から駿河湾が見えました。晴れて入れば富士山が見えるそうですが、残念ながら雲で隠れて見えません。それでも夕方に向かう空は黄金色で、雲から溢れる光が神々しかったです。


Dsc_4464

帰りは箱根新道経由で東京に向かいました。と、雨?と思ったらみるみるうちに雪が降って来て、箱根新道で山を越える頃には、あたりはすっかり雪景色でした。

今年はじめて見た雪景色はそれはそれはとても美しく、また、山肌に雲海が見えて、これがまた幻想的。まるで日本ではないような景色に出会えて、とても感動。


Dsc_4471

なんか、北欧のフィヨルドみたいな景色。寒さも忘れて景色に見入ってしまいました。


Dsc_4477

富士山は見ることができなかったけれど、代わりに、こんな滅多に見られない景色が見られて幸せでした。ドライブの締めくくりとしては上等だったんじゃないかな。ずっと運転してくれた女子に感謝感謝の三島行きでした。

| | コメント (0)

2015.12.29

高尾山へ

今週の日曜日、高校時代の友達と高尾山に行ってきました。今年のはじめに高校の同窓会があり、そのときに連絡先を交換して、東京組からのお誘いです。登山なんか柄じゃないし、無理と思ったのですが、高尾山って一度行ってみたかったんですよね。おむすびを作って、持っている服の中でも山向きの服を着て、行ってきました。


Dsc_8620

10時に高尾山口で待ち合わせ。友達と3人かと思っていたら高校の同級生4名、同級生の家族その友達など、10名くらいでの山登りです。

友達はもう22年も来ているとのこと。高尾山口駅はリニューアルて綺麗になったと言っていました。


Dsc_8638

高尾山って、いろんなルートがあるんですね。いちばん楽チンなのは1号路。ケーブルカーで高尾山駅までそこから山頂を目指すコース。私たちは沢を行く6号路で登りました。全長3.3km、比較的ゆるやかな沢沿いを行き、最後の山頂までが急な階段。最後の階段は腿上げも辛いくらいです。

10時半に高尾山口を出て、599mの山頂に着いたのは12時頃。途中でなんどか休憩しながらなんとか辿り着きました。


Dsc_8673

山頂はすでにたくさんの人が昼食を取っていました。私たちも腰掛けられる場所を探してお昼。その後で、私は写真を撮りに。

残念ながら富士山は見られませんでしたが、それでも景色は素晴らしかったです。


Dsc_8693

遠くのビル群も見えますね。


Dsc_8734

これは降り始めてから撮った写真、遠くにスカイツリーが見えました。絶景です。


Img_7686

降りる途中の薬王院でおみくじを引いてみると、なんと、今年初めての大吉。一緒にダルマが入ってました。お財布に入れておこう。

薬王院からは急な坂道が延々と続き、下りきったときには膝と腰にきてましたね。もち来年も登るとしたら、行きはいいけど、帰りは薬王院の下のケーブルカーを使おうと心に決めました(笑)。


天気に恵まれて、友達とも話して、年末のいい一日を過ごせました。誘ってくれてありがとう。

| | コメント (0)

2015.11.03

那須の紅葉

先週の土日、那須に行ってきました。会社の保養所を予約して、実家から那須へドライブです。久しぶりの家族旅行、温泉、そして紅葉。今年はじめての紅葉を楽しみに行ってきました。


Dsc_8044

土曜日は曇り。紅葉はどうかなと思って行くと那須塩原に入ると少しずつ色づいてきました。景色がいい場所で車を停めてもらって写真撮り。が、寒い。東京から薄着で行った私。大後悔でした。那須の気温の低さを忘れていました。


Dsc_8063

でも、ガマンして写真を撮る。今ことの時しかないですからね。他の人たちはちょっと外にでて辺りを見て中で私を待っている。その繰り返し。私の写真撮りに思いっきり付き合わせてしまいました。どうもありがとう。


Dsc_8074

那須湯本にある保養所のチェックインは午後3時。それまで時間があったので、周辺をドライブ。場所によって木が違うんですね。ここは楓がいい感じに色づいていました。


Dsc_8109

箒川沿いの紅葉。キレイです。私一人だったら写真撮りに歩きまくるだろうな。少しだけ車を停めてもらって急いで撮りました。


Dsc_8199

川沿いにあったとある和食屋さん。美しい庭で、写真には写っていないですがドウダンツツジが真っ赤に色づいていました。


Dsc_8253

翌日の朝の散歩。日曜日は朝からとてもいい天気で前日よりも温かい。保養所の周りを母と歩きました。保養所がある場所は、企業の保養所街。これは三菱重工の保養所の大きな木。やはり紅葉は青空のほうが映えますね。


Dsc_8257

今年の那須は楓の色づきがいいのかな。


Dsc_8278

燃えるようなオレンジ色。朝の太陽がスポットライトのように当たっていてドラマチック。


保養所では温泉に3回入り、美味しい夕飯を食べて、家族でたくさんしゃべって、リフレッシュできました。紅葉が終わると、那須は冬が始まります。雪も降るし、今年はこれでおしまいかな。暖かくなったら、また行きたい。

| | コメント (2)

2015.09.06

秋祭り

昨日と今日は近所のお祭りでした。


Img_7090

あいにくの雨で傘をさしての見物になりましたが、それでも境内に来ていた家族連れ、友達同士、みなさん舞台を見たり、出店で買い食いしたり、思い思いに楽しんでいました。私も今日の夜は、露店で買ったたこ焼き。なぜか、お祭りに来ると買ってしまうのですよね、たこ焼きか焼きそばを。


Img_7064

雨が降ってもお神輿は威勢がいい。こういうときは横から見ているよりも、半纏を着て混ざらないといかんのですが、私は今年も参加できませんでした。


Img_7071

見ているとまた違うお神輿が出てきました。半纏を見れば、どこの地区か分かる。


Img_7080

ずっと見ていると遠くの方から掛け声が近づいてきました。先ほど通り過ぎたお神輿が戻ってきて、二台の神輿がすれ違いました。毎年見ているけど、こんなすれ違いを見るのは初めてです。神輿を担ぐ人、それについて行く人、それぞれがお互いにエールを送り合っている。いいな。見物人は見ているしかできないからな、こういう輪に入ってみたいな。そんな気持ちで去って行くお神輿たちを見送りました。


この祭りを境に街に秋がやってきます。しかし、すっきりした秋の空はまだ見られそうにありません。はやく見たいぞ、秋の青空。

| | コメント (0)

2015.05.05

新緑の東京都庭園美術館

今年のGWは本当に天気がいい。毎日、今日はどこに行こうかとワクワクしてしまいます。今年は会社からの特別休暇が1日ありました。休んだこの日は東京都庭園美術館に行ってきました。といっても、展示を見にではなく、やっと入れるようになったお庭を見に。


Dsc_2637

開催中の展覧会(マスク展)を見るには1200円かかります。マスク展は苦手系の展示なのでパス。で、お庭だけ。庭だけならば100円で入れます。チケットを購入して新緑の中を歩いて行きます。道の両側は陽射しを受けた緑の葉たち。はい、深呼吸。


Img_6210

旧朝香宮邸である美術館へ。リニューアルオープン後の平日はカメラOKだったのですが、今は撮影NGになってしまっています。


Img_6233_2

お庭から旧朝香宮邸を見たところ。和のお庭にクラシックな建物の外観がマッチして絵になります。


Img_6239

こちらは正面から。美しいですね。


Img_6223

お庭を散策。木陰にはチェアが配置されており、お庭を歩く人が座って景色を楽しむことができるような配慮がされています。


Img_6225

影がはっきりできるほど陽射しが強い。


Img_6220_2

iPhoneのパノラマで撮ってみた新館。こちらの建物の創りも美しいですね。現代的でありながら、クラッシックな本館とちゃんとバランスが取れている。


Dsc_2643

新緑のモミジの木。きっと紅葉の頃は素晴らしいのでしょうね。


Dsc_2646

都会の真ん中で過ごすGW。こんな緑の中ならリフレッシュできそう。またお庭を見にきたいと思います。


| | コメント (0)

2015.05.03

東京夜景

先日、といっても4月のこと、イギリスとフランスから来た仕事仲間の東京トリップをアテンドしました。行き先は、浅草、秋葉原、そしてスカイツリー。私はスカイツリーで合流したのですが、はじめてのスカイツリー、なめてました。ブームは去ったかと予約もせずに行ったら、一番早い入場整理券は18時半。昼間の景色ではなく夜景になってしまいました。でも、結果オーライ。曇りで富士山は見えなかったですからね。代わりに素晴らしい夜景を見ることができました。彼らも楽しんでいたみたい。


Dsc_22799

さすがに高い!ずっと遥か彼方まで見渡すことができる。左奥は葛西臨海公園の観覧車です。なんか、こうして写真に収めるとどこかSF映画っぽいですね。


Dsc_22945

手前は隅田川、奥は東京タワーです。東京の夜景は本当に美しい。


Dsc_22966

道路だって素晴らしい夜景の一部です。この通りはどこだったろう?


Dsc_23101

同僚が他に2名一緒だったのだけど、彼らも一眼持参でアテンドそっちのけで写真撮る撮る。


Dsc_2315

人が動いた瞬間に前に移動して、私も何度も撮りました。


Img_6134

スカイツリーの夜景を楽しみ、みなさん三々五々帰って行きました(アテンドしてないじゃん!)。はじめてスカイツリーに行って、私はやっぱり東京タワーのほうが好きだなと思いました。スカイツリーは大きすぎます。東京タワーのほうが繊細で温かみがあってほっとできる。でも、眺めは超高層だけにさすがですね。今回は展望デッキで満足したのでその上の展望回廊には行かなかったけど、機会があったらいつか上ってみたいな。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧