2016.02.23

好みの問題なんだけど。

写真を撮らずに飲んでしまったので。。。Webからいただきました。


Wine_3

友達がワインを持って遊びに来てくれました。百貨店の品評会で購入したというお高めのワインを持って。サンテミリオンが好きという私の好みを知っている友達です。外で飲むと1万円は超えるのよ、とか、2005年のワインよ、と言っているので楽しみに飲みました(確かに、ネットで検索するとそれなりのお値段でした)。


でも自分の好みに合わないと、どんな高いワインでも、どんなにありがたいのよ、と言われても、いまひとつになります。合わせた料理がよくなかったのかもしれませんが、いまひとつ、でした。サンテミリオンは確かに好きなワインです。それなのに、一口飲んで、ちょっと違うなと思い、時間が経てば華やかになるかと期待したのですが、ゆっくり飲んだにもかかわらず、はじめの印象のまま終わってしまいました。いいワインなんでしょうね。でも、私の好みの味ではありませんでした。

もうひとつ。そのワインを持ってきたことに、ありがたみを強調していたことの訳を聞いて、それはないでしょうとに少し腹が立ちました。ワインは代わりにはならないのですよ。甘えていないかい?そういうのはなしで、いい時間をすごしましょ。よろしくね。

| | コメント (0)

2016.02.17

シモンビーズのワイン

テレビはニュース以外はあまり見ないですが、BSプレミアムの「世界で一番美しい瞬間(とき)」は録画をして見ています。構成、映像、音楽の全てがいいです。ここで放送された一番美しい瞬間に立ち会いたいと思ってしまいます。

再放送で見た「黄金の丘輝くとき フランス・ブルゴーニュ地方」。コート・ドール(La Cote d'Or)=黄金の丘での舞台となったのが、サヴィニー レ ボーヌのドメーヌ、シモンビーズでした。

そこを仕切るのが、ビーズ千砂さん。ネットで検索するとかなりヒットします。有名な方のようです。訪れたNHKアナウンサーがあまりにも美味しい美味しいと飲んでいるので、その飲んだときの顔もとても幸せそうな顔をしているので、シモンビーズの白ワインが飲みたくなってしまいました。


Dsc_8968

2013年は雹の被害で収穫量が例年の2割の大凶作の年で、夫のパトリック・ビーズ氏が収穫を前に交通事故で急逝した年。その中を千砂さんが収穫の指揮を執ったという思い出深い年のワインです。

ひとくち口に含む。美味しい!本当に美味しい。味に深みがありまろやか。私にワインの味を語る豊かなボキャブラリーがあれば、もっと伝えられるのですが、もう、それだけです。でも、白ワインてこんなに美味しいんだ、と心から感じました。反動で、しばらくは他の白ワインに物足りなさを感じてしまうでしょう。数本限定入荷で1本しか買わなかった自分に後悔しました。


番組では、ぶどうの収穫の様子とエンディングに収穫が終わって一ヶ月後、ぶどう畑の見事な紅葉を映していました。その収穫も体力必要で大変そうだけど楽しそうで、また、ぶどう畑の紅葉もまさに黄金で美しくて、長期休暇をとって行きたいと思ってしまいました。ボルドーは次のフランス旅行で行きたい場所でしたが、ブルゴーニュも候補地リスト入り。あー、旅したい!

| | コメント (2)

2015.11.22

2015年のボジョレーヌーボー

早いもので11月も後半。先週はボジョレー・ヌーボーの解禁がありました。忙しいけど、お祭りには乗っかっておくゆとりを持ちたい。ということで、家飲みの今年の新酒です。


Dsc_8332

フィリップ・パカレさんのボジョレー・ヌーボー。とてもキレイなルビー色。口に含むと華やかでフレッシュなお味。飲み口がよくて、グビグビ行けちゃう感じ。夏が暑かったので今年のボジョレー・ヌーボー出来がいいそうですが、その通りで美味しかったです。


Dsc_8337

次は、マダム・ルロワのボジョレー・ヴィラージュ・プリュムール。昨年に続いて今年も買ってみました。パカレさんを飲んだ後は重く、複雑な味に感じました。色も深みがありますね。素直な美味しさのパカレさんに対して、オトナなお味でよく味わって飲みたいマダム・ルロワ。飲み比べ、面白かったです。


Img_7429

おまけ。前の週にイタリアンのお店でいただいたイタリアの新酒です。フランスより1ヶ月前に出回るらしいです。イタリアのほうが暖かいからなのかしら。


パリで痛ましい事件が起きた後ですが、今年もこうしてワインの新酒が飲める。幸せなことだと感謝した今年のボジョレー・ヌーボーでした。


| | コメント (0)

2015.02.12

SANCERRE

サンセール、好きなワインのひとつです。


Dsc_02922

パリに行った時にお店で飲んだ美味しいワイン。写真に撮っていたグラスに書かれた名前から銘柄を探し出しました。調べたら日本でも買えるみたい。3本、大人買いしてしまいました。

1本開けて飲みました。おいしい!またひとつ、お気に入りのサンセールができました。


それにしても、日本はすごいな。飲みたいと思うワインが手に入ってしまう。もちろん日本に入ってきていないワインもあるのだろうけど、今はそれを見つけるほうが難しいのかもしれませんね。ま、値段は高くなっているだろうけど、旅をしているからパリで飲んだそのままではないけれど、それさえ許容すれば、飲めちゃうんだから。。。

残りのサンセールは、桜の頃、一緒にパリを旅した友達と飲むことにいたしましょう。

| | コメント (0)

2014.11.24

Beaujolais nouveau 2014

今年もいただきました。第三木曜日は難しいので、週末に。


Dsc_5913

2104年のボジョレー・ヌーボー、今年もセレクトは、ルロワのボジョレー・ヴィラージュ・プリムール 2014。

キレイなルビー色、とってもフレッシュなワイン。当然コルクも新しい。ひとくち飲んで、とっても美味しい!ヌーボーなのに普段の家飲みワインの倍以上のお値段でしたが今年の1本ですからね。十分な価値がありました。

合わせたのは1週間仕込んだビーフシチューと生ハムサラダ。あなたがビーフシチューを作るなんてね〜、なんて友達は失礼なことをg言っていましたが、食べて、とっても美味しい、合うね〜、と訂正の言葉。よしよし。

金曜日の夜のできごと。三連休はこんな感じでスタートしたのでした。

| | コメント (0)

2014.11.16

収穫祭

天気だった昨日の土曜日、足利にあるココファーム・ワイナリーの収穫祭に行ってきました。

ここのワインを知ったのはもうずっと前。新橋の寿司屋によく行っていた頃、そこに来ていた養護学校の副校長先生から教えてもらいました。そう、ココファームは知的障害者の更正施設である「こころみ学園」がやっているワイナリーなのです。

収穫祭のことはワインを買おうとしてたまたま知りましたが、今年で31回目だそうで長く続いているのですね。


Img_45570

足利までは浅草からりょうもう号で約1時間半。ちょっとした旅行気分。東武線の足利市駅到着は10時36分。10時オープンなので10時半でいいかと思って行ったのですが、舐めていました。ワイナリーまでのシャトルバスは長蛇の列。こんなに人気のイベントだったとは。。。


Img_45643

40分程列んでバスに乗ったのが11時20分頃。ワイナリーまで30分くらいかかったかな。結局到着は12時になりました。が、ここも当然ながらすごい人。食事を買うのにも、グラスワインを買うのにも、トイレもぜんぶ列びました。


Desktop15

でも、フェスティバルですから、お祭りですから、人がいっぱいいて当然。それさえ受け入れれば、とても楽しいお祭りです。収穫祭らしいいい天気。ワイン畑の中に座る場所を確保して、ワインを飲む、飲む、飲む!


Img_45690

まずは、ここでしか飲めないできたてワイン。白濁しています。発酵中、活きているワイン。ちょっと甘めで酸味があって。友達いわくカルピスっぽい。がぶがぶいっちゃうようなワインです。


Img_45745

赤ワインで乾杯!ココファームの葡萄で作った「風のルージュ」というワインです。


Img_45944

次にいただいた白ワイン。こちらもココファームのシャルドネで作った「風のエチュード」。飲みやすいです。


Dsc_58331

前を見てもワインを飲む人たち。斜面の角度に合わせられる、グラスをセットできるテーブルで。


Dsc_58322

横をみてもワインを飲む人たち。こちらは地面にたてられるグラスホルダーを持参。みなさん、いろんな工夫をしている。リピーターの楽しみ方を観察させていただきました。


Img_45909

季節柄、マーケットにはクリスマスの市もでていました。ワインマーケットで発泡性の赤のヌーボーを買って帰りました。


混み混みだけど楽しかった。いい秋の一日でした。一度行って勝手はわかったので、次はきっと今回よりもうまくできるでしょう。次はお弁当を持って、グループで行こうかな。


| | コメント (0)

2014.03.21

桜の季節の前に

先日、高知でソメイヨシノが開花した後、九州でも開花ラッシュとか。今日は風が強かったけど、暖かくなってきましたからね。東京は今のところ3月28日(来週の今日!)が開花の予想日だそうです。さて、どうでしょうね。


その桜の季節に先駆けて準備したもの。ワインたち!総勢16本!

すごい、今までこんなに備蓄したことあったかしら。ま、消費税が上がりますから、購入前倒しってことですかね。


Dsc_69511

桜の季節には、我が家に人が集まります。その時には、ちょっとした手料理とワインを。あるいはひとり1品持ち寄ってワインを。我が家では美味しいワインが飲めると期待されているようで、とても嬉しく思います。桜を見て、おしゃべりして、ワインの進みも早いんですよね。


Dsc_69552

赤、白、ロゼ、スパークリング。やはり桜の季節にはキレイな桜色のワインが飲みたくなります。今回は2本ご用意しました。手前の王冠はロゼ ペティアン パウ・ブロップ・ウィッズ、後ろは、ティエリー・ピュズラのロゼ・コー ピュズラ・ボノームです。その他、そんなに高いワインは買っていなくて、ラベルと品種で選んだワインたち。飲むのが楽しみです。


このワインたちと我が家に集った人たちと、今年はどんな桜が見られるのでしょう。今から心待ちにしています。

| | コメント (0)

2013.12.19

ちょっとした贅沢

これも少し前のこと。

家飲みはだいたい安めのテーブルワインですが、たまには奮発してspecialなワインを。


Dsc_4920

Chateau La Tour Figeac Saint-Emilion Grand Cru 2005


大好きなサンテミリオンのワイン。このワイン、ビオ・ディナミでもあります。前に書いたことがありますが、初めて美味しいと思えた赤ワインがサンテミリオンのワインでした。私にとっては特別なワインです。

この日のお料理には、同じく奮発してビーフシチューを作りました。これも年に一度あるかないかのこと。切って煮込むだけだから本来はラクチン料理なはずなんですが、下ごしらえが、ね。。。

美味しいワインと美味しいお料理。頑張った甲斐があったspecialなdinnerとなりました。


次はやっぱり1年後、かしら。。。

| | コメント (0)

2013.11.24

ワインのお祭り2013

アップするのが遅くなりました。今年もワインのお祭りに乗っかって、ボジョレー・ヌーヴォーをいただきました。

Dsc_5352

ルロワ ボジョレー・ヴィラージュ・プリムール


マダム・ルロワが造るワインということで楽しみにしていました。グラスに注ぐと、とってもキレイなルビー色。色、香り、テイストの全てにベリーを感じます。若々しくエレガントなヌーヴォーでした。

ボジョレー・ヌーヴォーなんてねぇ、とは言ってても、ワインをきっかけにして友達と楽しむ時間はとてもいい時間で、ワインとともにいい夜を過ごすことができました。


また来年も健康で、親しい人たちとワインのお祭りを楽しむことができますように!

| | コメント (0)

2013.09.11

ワインの夜

先週のこと。久しぶりに、夜、家飲み。友達とワインを3本空けて酔っぱらいました。これまでは主にビオワインを飲んでましたが、最近はそれ以外も幅広く飲むようになってます。やっぱり、フランスが多いかな。


Img_2340

暑かったので、まだまだ赤ワインを飲む気分ではなく、全て白ワインになりました。

・E.GUIGAL Cotes-du-Rhone Blanc 2010
・DOMAINE ANDRE VATAN SANCERRE Les Charmes 2011
・TRAMIER MACON-VOLLAGES 2011

飲みかけのワインがあったものの、家で3本開けるのは久しぶりなので記念にカシャリ。シャルドネ、ソーヴィニヨンブランなどのスッキリ系です。一度美味しくないサンセールを飲んで以来、お店でも自宅でもサンセールからは遠のいていたのですが、洗練されたラベルに惹かれて購入したこのサンセールは、フルーティーで青臭さがなく気に入りました。美味しかったからか、友達も私も飲むピッチが早い。

この日の夜はお惣菜でしたが、季節のキノコやサンマもあって食卓が豊かでした。涼しくなるとビールよりもワインが美味しくなります。暑いので買い置きはしてなかったのですが、そろそろまとめ買いしようかな。と、その前に、このサンセールはまた買ってきておこう。

ところで、そろそろ、ボジョレーヌーヴォーのお知らせがいろんなところから聞こえるようになってきました。お祭りなので1本は飲みましょうかね。今年は人気のあのワインを頼もうと計画中です。


| | コメント (4)

より以前の記事一覧