« 2018年3月 | トップページ

2018.04.08

ヤエザクラ、満開。

ソメイヨシノが終わっても私の桜の季節は終わりません。ソメイヨシノが終わるとヤエザクラの季節がやってきます。一眼レフを持って、北品川辺りから目黒川沿いを中目黒まで歩いてみました。

歩いてみると、四月はじめで満開、さらに中には散り始めているものもあり、本当に今年は桜が早いと思いました。いえ、桜だけでなく、ハナミズキ、フジまで咲いていて、びっくりです。


Dsc_1983

スタートは天王洲。北品川方面に歩いて見つけた舟泊りに咲く一本のヤエザクラ。後ろのビル群に目をつぶれば、お江戸の頃を思わせるような景色です。


Dsc_1985

住宅地の公園に咲いていたヤエザクラ。ブランコとの組み合わせ。おこちゃんがいたらもっとよかった。


Dsc_1996

同じ公園に散って葉桜状態のシダレザクラがあり、その横でおしゃべりに夢中の女子たち。なんで上がっているんだろう、足湯でもあるんだろうか?と思ったけど、そんなものはなく、ただ単純に女子たちは井戸の上に上がってみたかったらしい。居心地いいんだろうか?


Dsc_2036

しばらく歩いて大崎あたりへ。ここは明るいピンクのヤエザクラが川沿いに咲いています。

写真を撮っていると、お花見ボートが川を遡っていきました。たくさんのソメイヨシノは散った状態で残念な感じですが、ヤエザクラがある場所ではきっと綺麗に見えるんじゃないかなと思います。

どんどん歩いて、


Dsc_2058

五反田付近。目黒川で最もヤエザクラが多く、種類も多いのはこの辺りではないかと思います。橋の上でスケッチをしている人もいました。


Dsc_2111

鈴なりのピンクのヤエザクラ。


Dsc_2114

こちらは川面にせり出しているヤエザクラのかたまりたち。


Dsc_2063

一方、こちらは白っぽいヤエザクラ。私はこの薄いピンクのヤエザクラが好きです。


Dsc_2115

青空が出て来て、白い雲とヤエザクラが春ののほほんとした感じで好きな一枚です。


Dsc_2119

目黒辺りで咲いていたりんごの花。例年はこの時期はまだつぼみが多いのですが、今年は散り始めていました。ほんと、早い。。。


Dsc_2122

中目黒も満開でした。


Dsc_2130

そして代官山の西郷山公園へ。春のはじめには一本のカワヅザクラが楽しみなところですが、ここはヤエザクラも見事です。何本かあるヤエザクラの下でピクニック。家からランチボックスを持って行ってもいいし、近くのお店でテイクアウトしてもいい。いつもピクニックの人を見ているだけ。いつかは私も。


ヤエザクラが終わると私の今年の桜が終わり。次は、フジとバラが待っています。まだまだ楽しみな季節は続きます。


| | コメント (0)

2018.04.03

六義園界隈の桜たち

満開だった頃の六義園のしだれ桜です。

超混雑しているということはtwitterで知っていたので、平日、無理やりお休みして行って来ました。


Dsc_1465

しだれ桜は満開でした。朝一番、開門と同時に行ったので、中はまだ人が少なく集中して見たり、写真を撮ったりすることができました。

「マツコの知らない世界」で六義園のしだれ桜は三本のソメイヨシノの寄せ植えと知りましたが、本当に立派な木ですね。

この写真は門から眺めるように撮りましたが、最もよく撮れたのは、iPhoneのパノラマで撮った写真でした。。


Dsc_1438

しだれ桜はどれだけ流れるように撮れるかです。


Dsc_1406

たくさん撮ったのに残しておきたいと思った写真は少なくて、まだまだ勉強が必要と思った次第。。


Dsc_1389

でも、しだれ桜の色は薄いピンクのかわいい色ですね。


Dsc_1417

花びらもソメイヨシノと全く違って、いかにも桜的な花びらです。


Dsc_1415

しだれ桜のほんわりとしたピンクを背景に、ひとつの花びらに注目して撮ってみました。

しばらく六義園でしだれ桜を見た後で、もうひとつ、ずっと行ってみたかった場所に向かいました。


Dsc_1482

六義園から本駒込に向かう通り沿いにある徳源院です。

まだ咲いていなかった時、門から本堂に続く間にいくつもの桜の木が植えられているのを見て、満開のときはきっと美しいだろうと思っていました。

その美しさは、思った以上のものでした。


Dsc_1527

ソメイヨシノ、色の濃淡が大きいいくつものしだれ桜がたくさん咲いていました。遠くから来る人よりも、近所の人がお寺にお参りして、そのついでに桜を愛でる、ような感じの場所でした。


Dsc_1569

先ほどの六義園よりも、濃いピンク。


Dsc_1671

前ボケと裏ボケの間でふんわりと咲くしだれ桜。かわいいです。


Dsc_1631

こちらは、本堂横に静かに咲いていた桜。ソメイヨシノではなさそうな感じ。


Dsc_1628

木に名前があればよかったのに。。


Dsc_1653

徳源院は、こうした名前がわからない桜の他に、オオシマザクラも咲いており、ゆっくり見ていたらかなり時間をとってしまう場所でした。


また来年もここで桜が見られますように。

| | コメント (0)

2018.04.02

月島界隈の桜たち

東京は葉桜化が進んでいますが、満開の頃の桜の記憶を書いておきたいと思います。昨年はほとんどUPできませんでしたからね。

何年かぶりで昔住んでいた月島の桜を見に行って来ました。勝手知ったる月島でしたが、超高層マンションができていて、清澄通り沿いは景色が変わっていました。

お隣の佃島や晴海と同じような高層マンションができていて、昔から続くしもたやの景色が好きな私としては、ちょっと残念な気持ちでしたが、その話は本論ではないので、また別の機会に。。。


Dsc_1718

ここが私の好きな景色〜。

この先には月島の運河が続いています。散歩の途中で通ったこの場所、なんか好きな場所なのです。のんびりした感じがするんですよね。特に桜の季節は、桜がはらはらと散って好きです。


Dsc_1742

遊歩道にはいくつかベンチが置かれていて、ランチタイムには近所で働いている人達がお昼ご飯を食べています。

係留されているボートにたれ込む桜たち。いかにも月島の景色です。


Dsc_1764

月島の仲通方向に歩いて行くと、運河沿いにはいろんなボートが係留されています。昔よりも、係留場所が整備されたような感じがしますね。


Dsc_1770

ここでもボートの前でランチしている海外からの方がいました。こうした日本の下町の風景、彼らはどう感じているのでしょうね。


Dsc_1815

隅田川との水門まで来ました。


はじめて上京して住んだ場所。10年近く暮らしたかな。懐かしく、親しみ深い場所です。のんびりと歩いた午後でした。

| | コメント (0)

2018.04.01

夜桜・飯田橋、千鳥ヶ淵界隈

今日から四月、年度が変わりました。桜は散りつつありますが、引き続き、桜のことを。


毎年、千鳥ヶ淵に一緒に夜桜を見に行く友人がいます。何度かブログでも書いていると思います。その友人との夜桜、昨年は、私の仕事の不規則さや、彼女の仕事の忙しさで、一緒に行くことができませんでした。かれこれ、20年くらい続いていたので、昨年はとても残念に思っていました。

今年の桜は早くて、しかも年度末と重なるし、タイミングあうかなと焦りましたが、無事に一緒に行くことができました。


Dsc_1823

彼女と会う前に、少し先に出かけた飯田橋。そこから見たCANAL CAFEです。桜を見ながら食事ができる、飯田橋では有名なお店です。


Dsc_1849

外堀通りエントランスがありますが、当然のことながら行列ができていました。レストランとカフェとありますが、最近は、カジュアルなカフェのほうが人気のようです。


Dsc_1872

外堀通りを市ヶ谷方面に歩く左側にCANAL CAFEが続いています。ライトアップされて雰囲気あります。


Dsc_1883

私は以前、レストランの方に入ったことがありますが、正面にお堀と桜が見られて、気持ちがよかったです。


そして、友人の勤務先に向かい、落ち合って、一緒に千鳥ヶ淵に向かいました。

Img_4184

2年ぶりの千鳥ヶ淵は、ライトアップの演出が以前よりも大掛かりになっており、大きな行灯のようなものがありました。しかも、青、紫、ピンクと色が変化する。んー、普通でいいんですが。。。

暖かな夜だったので、夜桜見物の人が大勢くりだしていました。


Img_4187

桜は満開でした。

歩いていて思ったのですが、以前よりも、かなり歩きやすくなりました。桜の木もところどころ切られたような。。。

古い、弱っている木もあったように思うので、そうした木を切り、整えることは必要なのかもしれませんが、あまりにも見通しがよくなってしまっていて、ちょっと寂しい気持ちもしましたね。


Dsc_1903

大混雑だったボートハウスの屋上。写真が撮れる番を待ってやっと撮った写真です。今年は、ボートに乗るのも行列ができていました。


今頃は千鳥ヶ淵にも花筏ができているのでしょうね。

綺麗だね、素晴らしいね、タイミングを逃さずに行けてよかったね。友人とそう話しながら歩いた千鳥ヶ淵でした。

| | コメント (0)

« 2018年3月 | トップページ