« 六本木ヒルズのイルミネーション | トップページ | 鎌倉・梅散歩オフ会〜北鎌倉編 »

2018.02.12

チョコレートの季節

今週水曜日、2/14はバレンタインデーですね。昨年は自分の中で盛り上がりに欠けていたバレンタインデー。今年は、やや気分が上がり、チョコレートを購入しました。

チョコレート、大好きです。差し上げるぶんもありますが、今回は自分用に購入したチョコレートたちをご紹介。プレゼントよりも多いかもしれません(笑)。ほとんどのものは、サロン・デュ・ショコラで。チョコレートのお祭り、さすがでした。


Dsc_8207

まずは、ピエール・エルメ・パリ。サロショはまずは、マンディアン・ショコラ・ブロン狙いで。マンディアン、好きなんです。


Dsc_8210

カラメルのようなほのかな苦味と塩味。ピスタチオやオレンジピール、レーズン。この組み合わせでいろんな味が楽しめます。美味しさに一個しか購入しなかったことを後悔しています。


Dsc_8918

こちらは、セバスチャン・ゴダールの塩キャラメルのタブレットです。美味しいというのでネットで購入しました。食べたら、結構しょっぱい。でもこれが癖になる。食べ過ぎるとかなりやばい感じのチョコレート。ヘンなんですけど、節制しながら食べています。

そう、Bean to Barの流行りか、今年のサロン・デュ・ショコラはタブレットチョコが多かったですね。明治も頑張っていました。


Dsc_8205_2

こちらはモリ・ヨシダさん。この方はショコラティエではなくパティシエです。パリで頑張っている方です。数年前にBSの番組で拝見しました。

サロショの会場に来ていたので、ミーハー気分でサインをいただき一緒に写真も撮っていただきました。


Dsc_8201

購入したボックスは6種類のお酒を使ったボンボンショコラ。ご本人とお話ししたときにお酒大好きと言っていたとおり、お酒を活かした美味しい大人のショコラでした。


Dsc_8915

モリ・ヨシダさんではサブレも購入しました。こちらはこれからいただこうと思います。


Dsc_8909

コンフィチュールの妖精と呼ばれるクリスティーヌ・フェルベールのショコラは、とっても可愛らしいパッケージです。


Dsc_8910

ボックスを開けると端正だけどグラフィックなショコラが並んでいます。このグラフィックにリシャールのチョコレートを思い出してしまいました。もうずっと前に日本を撤退してしまったのでなかなか手に入らなくなってしまったのですが。フェルベールさんのチョコレートもこの時期だけのものです。


Dsc_8892

トリは、パスカル・ル・ガック。サロショの会場でお見かけしましたが、かなりのイケメンです。ジョージ・クルーニーをマイルドにした雰囲気の方。友達とは、ずっと、クルーニーと呼んでいました。


Dsc_8911

チョコレートも美味しいです。まだフランボワーズの一粒しか食べていないのですが、カカオをちゃんと感じさせるビターチョコレートでした。ちゃんとチョコレートを味わいたくて、コーヒーではなくて、炭酸水といっしょにいただきました。


チョコレートは寒いときが美味しい。3月までに食べられるかなあ。多分、無理。賞味期限が短いものから、温度管理しながら長く楽しみたいと思います。


|

« 六本木ヒルズのイルミネーション | トップページ | 鎌倉・梅散歩オフ会〜北鎌倉編 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 六本木ヒルズのイルミネーション | トップページ | 鎌倉・梅散歩オフ会〜北鎌倉編 »