« 横手の雪まつり〜灯りのぬくもり、夜のかまくら | トップページ | 河津桜、咲いた。 »

2018.02.20

横手の雪まつり〜暴風雪の日

翌日も秋田県で遊んで帰ろうと思い、夕方の新幹線を予約していました。
しかし、朝、ニュースアプリを見ると、横手地方には暴風雪警報が発令されていました。カーテンを開けると、外は昨日と打って変わって激しい雪。これが普通の冬の横手の天気なのでしょう。ニュースアプリでは、その翌日も暴風雪マークが出ており、判断を間違うと東京に帰れなくなる可能性が高い状況でした。

初めての土地での不安。きっぱりと、電車が普通に動いている早いうちに東京に戻ることにしました。

駅から近いホテルに宿泊していたので、朝食前にみどりの窓口に行き、新幹線の予約を変更してもらいました。10時39分発のこまちの指定席は残りわずか。ギリギリ間に合いました。お得切符を利用していたので払い戻し料金が発生してしまいましたが、帰ること優先、仕方なしです。


Dsc_9556_1

電車の時間に合わせてチェックアウトし、ホテルの外に出ると、雪が降りしきる中、駅のロータリーでは除雪作業が行われていました。除雪しても除雪しても間断なく積もる雪。それでも、いや、だから除雪をしないといけない。大変だなあ、という言葉しか出てこない私。雪国の人が環境を受け入れて辛抱強く対応している姿に、頭が下がりました。


Dsc_9561

駅からホテルに向かう人とすれ違いました。ホテル前は雪が積もっていません。聞くと、歩道の下にヒーターを入れて雪を溶かしているそうです。

ホテル前の歩道が終わると雪が積もっていて、どこが道かわかりません。なんとなく、人の足跡の上を歩いて駅に向かいました。

秋田に向かう奥羽本線は2分ほど遅れているとのことでしたが、こまちに乗る時間までには大曲に到着できそうでひと安心です。


Dsc_9581

奥羽本線が到着するまで吹きっさらしの駅のホームで写真を撮って待ちました。そんな人、私だけ(笑)。

いかにも豪雪地帯の駅という感じの一枚。


Dsc_9599_1

誰も歩いていない雪に雪国仕様ブーツで足跡を刻む私。踏みしめると靴が雪に埋まった感じ、わかりますか?


Dsc_9600

ホームに私の足跡。でもその上にもあっという間に雪が降り積もり、足跡を消してしまうのでしょうね。


Dsc_9602

ひとりホームの雪で遊んでいるところに、電車が入って来ました。電車に雪がこびりついています。


Dsc_9623

電車に乗って15分ほどで大曲駅に到着。大曲駅も雪で埋もれております。


Dsc_9616

新幹線ホームに渡り、向かい側を見ると、私たちが横手から乗って来た電車がそのまま止まっていました。横手で乗ったときよりも、車体の雪が増えていました。問題なく走ってくれて、ありがたい限り。


Dsc_9635

新幹線ホームでこまちを待つ人たち。


Dsc_9640

放送が流れて、雪の中をこまちが近づいて来ました。


Dsc_9642

そして、こまちに乗り込み、私は予定通り東京に到着することができました。


この後、奥羽本線が止まり、その後で新幹線も止まったと遅延メールが飛んで来ました。翌日の運行も不安定だったようで、本当に早めに帰ってよかったと思いました。


最後に今回の雪まつりで感じたことをいくつか。

私がインスタグラムで知って出かけたように、出かける人が増える一方で、受け入れが追いついていないような印象がありました。町歩きや広い場所は問題ないのですが、別の場所へのバスや食事の場が不足していました。

具体的には木戸五郎兵衛村のかまくらを見に行くバスがありましたが、これが乗り切れず、今回は私は行くことができませんでした。バスの時間の予約も知りませんでした。バスが増設されるといいなと思います。
また、食事について。テントが狭く外で立って食べている人たち多数。幸い途中ですぐそばの席が空いたので入れましたが、あたたかなテントの中に入れずに外で食べるのは厳しかった。食事のスペースが少しでも増えればと思います。

もうひとつは、やはり、三脚を持って行けばよかったということ。当然ですが夜の撮影は手ブレします。また望遠レンズは270ミリでしたが、もう少し大きい望遠があればと思いました。来年はこの2つを持ってリベンジしたいと今から思っています。

|

« 横手の雪まつり〜灯りのぬくもり、夜のかまくら | トップページ | 河津桜、咲いた。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

横手かまくらの旅、読ませていただきました。
こまちは初めて乗られたのですね。別に鉄ではないけれど、ブログをやっていると電車もとても親しく思えてきます。じぶん初めての電車はワクワクです。
最後はふぶいてしまったようで、ほんと、東京だったら動かないですよね。さすが雪国の電車たちです。早めに切符を代えられて良かったですね。
そして、夜の鎌倉、大きいのも小さいのも、幻想的で、かわいくて、中には心のこもったメッセージや、かわいい中学生も 笑
きっと寒かったでしょうが、純なものにたくさん出会われたんだろうなと。冷たいけれど真っ白な降りたての雪は、きっときっとこころを暖かくしてくれたんだろうなと。次回お会いした時にたくさん、お土産話を聞かせてください。^^

投稿: moz | 2018.02.22 06:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横手の雪まつり〜灯りのぬくもり、夜のかまくら | トップページ | 河津桜、咲いた。 »