« 2016年1月 | トップページ | 2016年5月 »

2016.02.23

好みの問題なんだけど。

写真を撮らずに飲んでしまったので。。。Webからいただきました。


Wine_3

友達がワインを持って遊びに来てくれました。百貨店の品評会で購入したというお高めのワインを持って。サンテミリオンが好きという私の好みを知っている友達です。外で飲むと1万円は超えるのよ、とか、2005年のワインよ、と言っているので楽しみに飲みました(確かに、ネットで検索するとそれなりのお値段でした)。


でも自分の好みに合わないと、どんな高いワインでも、どんなにありがたいのよ、と言われても、いまひとつになります。合わせた料理がよくなかったのかもしれませんが、いまひとつ、でした。サンテミリオンは確かに好きなワインです。それなのに、一口飲んで、ちょっと違うなと思い、時間が経てば華やかになるかと期待したのですが、ゆっくり飲んだにもかかわらず、はじめの印象のまま終わってしまいました。いいワインなんでしょうね。でも、私の好みの味ではありませんでした。

もうひとつ。そのワインを持ってきたことに、ありがたみを強調していたことの訳を聞いて、それはないでしょうとに少し腹が立ちました。ワインは代わりにはならないのですよ。甘えていないかい?そういうのはなしで、いい時間をすごしましょ。よろしくね。

| | コメント (0)

2016.02.22

The Intern

アマゾンで頼んでおいた「The Intern」のDVDが届きました。

Intern

3度映画館に足を運んでしまったくらい好きな映画です。宣伝や紹介では、プラダを着た悪魔から数年後、とか、アン・ハサウェイのファッションが中心になっていましたが、サブタイトルに"Experience never gets old(経験は古びない)"あるくらい、これはシニアインターンでるロバート・デニーロの映画です。これまでのデニーロと全く違う、とってもチャーミングで懐が深いおじいちゃん(失礼!)。

休日も髭を剃る、シャツの裾はズボンの中に入れる、ネクタイをする、ハンカチを持つ(女性が泣いたときに渡すため)。好きな言葉は、”正しい時に正しい行動”、一緒に仕事をする人たちへのさりげないひとこと。女性ならとても頼りになる、男性ならお手本にしたい、そんな素敵なシニアインターンなのです。

前向きて見ていると明るい気分になれます。この映画の脚本・監督・製作はナンシー・マイヤーズ。私はこの人の作品を2本持っています。ひとつは同様に脚本・監督・製作を担当した「The Holiday」(主役はキャメロン・ディアスとケイト・ウィンスレット)、もうひとつは脚本・製作を担当した「Baby BOOM」(主役はダイアン・キートン)。どちらも働く女性が主役の作品で、そのどちらも、女性のそばに彼女たちを理解する素敵な男性がいる。そして、それらの作品もこの作品と同じように見終わってハッピーな気分になれる作品です。ナンシー・マイヤーズ、間違いないです。

書いてきたら他の作品も見たくなってきました。でもでも、しばらくは「The Intern」でデニーロを楽しむことにしましょう。

| | コメント (2)

2016.02.21

イチゴの季節

ザ・キャピタル東急ホテルのORIGAMIで毎年この季節に開催されているストロベリーフェア。久しぶりに行ってきました。


Img_7873

ケーキ、スカッシュ、ティ、いくつかある中で頼んだのはストロベリーパフェでした。はじめから決めていました。いちばん上から、生クリーム、イチゴ、アイスクリーム、生クリーム、イチゴ、フレークの層になっていました。程よい酸味のストロベリーソースが全体を引き締めてとってもいい味わいです。生クリームはあまり得意ではないので避けながら食べましたけど、あっという間に完食してしまいました。パフェなんかもう食べられないと思っていたのに、これはペロリ。それだけ美味しかったということ。

ストロベリーフェアで検索すると、いろんなホテルがヒットします。そのほとんどがビュッフェ形式です。が、もうそんなに食べられない。お値段もしますしね。私にはここのパフェくらいがちょうどいいです。

パフェを食べながらゆっくりとした時間を過ごす。あいにくの天気だったけど贅沢な時間でした。

| | コメント (0)

2016.02.17

シモンビーズのワイン

テレビはニュース以外はあまり見ないですが、BSプレミアムの「世界で一番美しい瞬間(とき)」は録画をして見ています。構成、映像、音楽の全てがいいです。ここで放送された一番美しい瞬間に立ち会いたいと思ってしまいます。

再放送で見た「黄金の丘輝くとき フランス・ブルゴーニュ地方」。コート・ドール(La Cote d'Or)=黄金の丘での舞台となったのが、サヴィニー レ ボーヌのドメーヌ、シモンビーズでした。

そこを仕切るのが、ビーズ千砂さん。ネットで検索するとかなりヒットします。有名な方のようです。訪れたNHKアナウンサーがあまりにも美味しい美味しいと飲んでいるので、その飲んだときの顔もとても幸せそうな顔をしているので、シモンビーズの白ワインが飲みたくなってしまいました。


Dsc_8968

2013年は雹の被害で収穫量が例年の2割の大凶作の年で、夫のパトリック・ビーズ氏が収穫を前に交通事故で急逝した年。その中を千砂さんが収穫の指揮を執ったという思い出深い年のワインです。

ひとくち口に含む。美味しい!本当に美味しい。味に深みがありまろやか。私にワインの味を語る豊かなボキャブラリーがあれば、もっと伝えられるのですが、もう、それだけです。でも、白ワインてこんなに美味しいんだ、と心から感じました。反動で、しばらくは他の白ワインに物足りなさを感じてしまうでしょう。数本限定入荷で1本しか買わなかった自分に後悔しました。


番組では、ぶどうの収穫の様子とエンディングに収穫が終わって一ヶ月後、ぶどう畑の見事な紅葉を映していました。その収穫も体力必要で大変そうだけど楽しそうで、また、ぶどう畑の紅葉もまさに黄金で美しくて、長期休暇をとって行きたいと思ってしまいました。ボルドーは次のフランス旅行で行きたい場所でしたが、ブルゴーニュも候補地リスト入り。あー、旅したい!

| | コメント (2)

2016.02.15

帽子をオーダー

TOMORROWLANDさんからのメルマガに誘われて、作ってきてしまいました。

Isetan_hat

LA CERISE sur le chapeau -Hat Semi Order-
at MAISON TOMORROWLAND SHINJUKU ISETAN


大好きなんですよね、ここの帽子。昨年フランスに行った時にオーダーした帽子は、真夏を除いて活躍しています。

TOMORROWLANDでは毎年2回、渋谷本店でやっているみたいですが、いつも後から知って行けずにいました。今回は伊勢丹ということで早めに気づき、はじめての国内でのオーダーです。

帽子の型・サイズと色を決めてからリボンとテープ留(アクセント)を選ぶセミオーダーです。今回は春夏なので軽いストロウ素材。2つオーダーしようと思って行きましたが、本店よりも帽子の色、型、リボンの色など選択肢が少なかった。全て持ってくるのはやはり難しいか。。

その中から、白に近いオフホワイト(写真の上から2番目あたり)とダークネイビーをチョイス。リボンとテープ留は何度も試して決めました。自分の今の気分が反映されている、かな。3月末に出来上がってくるそうで、今からとても楽しみです。

| | コメント (0)

2016.02.14

バレンタインデーのチョコレートたち

もう二月も半ば。今年に入ってからは全くブログの更新ができていません。仕事で多忙だったり、多忙だから、あまりトピックスもなかったり。というと、なんだかさびしい日を過ごしているようにも読み取れますね。さびしくはないけれど、大きな感動もない。ん?ますますまずいなあ。


で、久しぶりの更新。今日はバレンタインデーですね。日曜日だから会社関係にはあげないという方もいらっしゃるようですが、私は金曜日に差し上げてきました。仕事でお世話になっている人たちに。そんなに多くはないですけどね。

こちらは、自分用のチョコレートたち。

Dsc_9028

ラデュレ、レダラッハ、ベルナシオン、オリヴィエ・ヴィダル、モリ・ヨシダ。ほんとはもっとあります。まったくいくらつかったんだというくらい。レダラッハは日本を撤退してしまって、イベントでないと買えなくなってしまいました。だから、ちょっとお高かったですが奮発です。すこしずつお茶の時間にいただいています。


Dsc_9014

こちらは、ベルナシオン。サロンドショコラではいつも行列ができていて早々に売り切れだったんですが、今年は日本橋三越にも出店していて、こちらはまだ余裕がありました。本場で食べたのはもうずっと前なので忘れてしまいましたが、美味しかったです。この濃厚さはやはりおフランスのチョコレートですね。


これだけ揃えたからしばらくはチョコレートは不要かな。また来年のバレンタインデーの新顔チョコレートを楽しみにしたいと思います。願わくば、ショコラ・シャポンの登場を。

| | コメント (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年5月 »