« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015.10.17

ツバ広のフェルト帽

秋らしくなり、衣替えをしました。クローゼットは秋冬のニット、ワンピース、コートなどに入れ替わりました。


Dsc_7057

そんな中で、今年買った帽子。TOMORROW LANDで購入したREINHARD PLANKのツバ広のフェルト帽です。リボンが付いていないハットが今年は多いですね。この帽子もその流れ、シンプルです。ブラックとベージュがありましたが、いい感じのグレーのこの色にしました。

いまは、ホワイトやネイビーのシャツや、ライトグレーのパーカーに合わせて。寒くなってきたら、カーキのトレンチ、ダークブラウンのムートン、ダークグレーのマント風コート。どれを着ても頭が重い色になりません。

帽子大好き。この前パリで買ってきたフェルト帽もそろそろシーズン。お洒落の季節がはじまりました。

| | コメント (0)

2015.10.14

秋バラを撮りに。

三連休の初日の土曜日、旧古河庭園に秋バラを撮りに行ってきました。咲きはじめの旧古河庭園は人も少なく、ゆっくりバラを見ることができました。


Dsc_7593

旧古河庭園といえば、洋館とバラですね。


Dsc_7926

オレンジ色のバラと洋館の白い窓枠の組合せ。

Dsc_7629

洋館の前、満開だった白いバラ、プリンセスオブウェールズ。窓開けるとバラ園が広がっている。とても幸せな気分になりますね。


Dsc_7725

濃いオレンジと明るめのオレンジの混じり具合が美しい、万葉というバラ。


Dsc_7800

イエローのバラを陽射しの中で。キュートです。


Dsc_7769

黒真珠だったかな。私は、咲きはじめのちょっと開いたくらいのバラが好きです。そういう意味では、この日の旧古河庭園はとてもよかった。咲きはじめ、満開手前のバラたち。


Dsc_7951

少しスモーキーがかったピンクのバラ。


Dsc_7982

こちらはピンク、オレンジ、クリーム色が絶妙に混ざったバラ。


Dsc_7957

マクロレンズで。昨年はマクロレンズを買ったばかりで試し撮りたくさんのバラでした。が、今年も7GB撮って残ったのは1/3。バラ撮りは変わらず難しいです。


Dsc_7664

バラを撮る距離を頭に叩き込んだつもりだったのですが、なかなかうまくいきません。


Dsc_7682

絞りを絞ったり、開放したり、露出を変えたり、試行錯誤はまだ続いています。とろんとしたバラ、かちっとしたバラ、試作いっぱい。。。


Dsc_7765

咲きはじめでも、痛みのないバラを探すのは難しい。先日のコスモスもそうですが、ピンで勝負できる被写体をとにかく探す。満開で咲きまくっていれば雰囲気で撮っちゃうんですけどね。


Dsc_7826

ふんわりとした花びらを見ていると、バラじゃなくて椿みたい。見ているみなさん、同様にそんなことをつぶやいていました。撮るだけではなくて、近づくと香りもとてもいい。


今年の秋は、横浜の港の見える丘公園が工事で中に入れません。ローズガーデンの開放は11月4日以降の予定とホームページに書かれていました。バラというとここか横浜なんですが。。。うーん、次はどこにバラを撮りに行こうかしら。バラの聖地かな。。ちょっと遠いなあ。。

| | コメント (0)

2015.10.12

コスモスを撮りに。

先週の話になります。コスモスを撮りに、昭和記念公園に行ってきました。昨年に続いて2度目。昨年は風が強くて撮るのに困りましたが、ほぼ風がなく、青空とコスモスをじっくり撮ることができました。


Dsc_7263

水色の空とピンクのコスモス。カワイイイメージの写真が撮れました。白い雲がのほほんとした感じで、気に入っています。


Dsc_7356

コスモスは正面から撮るよりも、こうして下から空を背景にして撮るパターンが多い。しゃがんで一生懸命構える私の隣りで、バリアングルのカメラの方。なんか、負けた気分。こういう時に、バリアングルは便利ですね。


Dsc_7505

こちらは白いコスモスです。白と水色もいいですね。


Dsc_7323

もちろん、コスモス畑として撮るのもいいです。濃いめのピンクの三姉妹のコスモス。


Dsc_7339

面白いカタチをしたコスモス。こうしたピンのコスモスを探して歩きました。光の中、輝くようなコスモスが美しかった。


Dsc_7410

タイトル、夢見るコスモス。私のコスモスのイメージ。お気に入りの一枚です。


自宅から昭和記念公園まではちょっとした旅行気分になります。遠いんですけどね。たまに行くのはいいな。次は、昨年行けなかった銀杏の紅葉の頃に行きたいな。

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »