« 2015年6月 | トップページ | 2015年9月 »

2015.08.23

バナナカフェの島バナナケーキ

今年の八重山の旅のラスト。

Dsc_6701

バナナカフェの島バナナケーキ


個別にお願いして、毎年買って帰ってくる八重山のお土産です。今年の旅では最終日の8日の午後に空港に行くまで間、バナナカフェでゆっくりさせてもらってその時にこのお土産を受け取る予定でした。ところが、台風8号で私の帰京は午前便に変更。バナナカフェさんに寄ることができなくなりました。このため、八重山に残る友達に支払いを託して、宅配便で送ってもらうことにしたのでした。


島バナナの濃厚なパウンドケーキ。私もバナナブレットを作るようになりましたが、素材が違うのか、こんな濃厚になりません。今年も美味しくいただきました。ごちそうさまでした。


八重山は現在、台風15号の暴風域。甚大な被害が出ないことを祈るのみです。

| | コメント (0)

2015.08.22

YAEYAMA TRIP 2015 #11 今年も台風に追われて・・・

更新を止めていた間に、八重山には台風15号が接近していました。すごい90度旋回。とても心配。今見たら、石垣島直撃っぽい。西表島も影響が大きいでしょう。まったく本当に台風が多過ぎる。


さて、八重山の旅、ラストのUP。

西表島4日目、東京に戻る日の朝。


Dsc_6084

台風が来ているのに、穏やかで、青空さえ見えました。


Dsc_6095

台風が来たら落ちてしまうから撮っておいて、と言われて撮ったブーゲンビリアなんですが、台風の後はどうだったんだろう。


Dsc_6102

テーブルとチェアが片付けられ、がらんとしたバルコニー。オーナーさんとスタッフくんのチェアだけが置かれていました。おそらく台風15号接近中の今もこんな感じなのでしょう。


オーナーさんに上原港まで送ってもらい、朝一番の定期船で石垣島に戻りました。同じ定期船にはカメラマン氏も乗っていました。はじめとおわり、一緒だったわ。その後、週末まで八重山に滞在する友達と別れて私は空港に向いました。


Img_6754

帰りは直行便にしていたのですが、その直行便が予定した機がエアコントラブルということで、1時間遅れて代替機で羽田へ。でもその代替機がピンクのジンベイザメジェットで、なんだか嬉しい。機内でサービスされたドリンクのカップにもピンクとブルーのジンベイザメがプリントされていました。


Dsc_6128

離陸してヒコーキが高度を上げていく間、ずっと写真を撮りっぱなし。石垣島に沿って北上、、ぱんな岳。


Dsc_6134

石垣島の最北端、平久保岬。


Dsc_6177

羽田直行便は宮古島上空を飛ばない。あっという間に沖縄本島へ。慶良間諸島、前島。


Dsc_6192

そして、沖縄本島。那覇空港の上空。


Dsc_6229

そして奄美諸島の島々の上空を飛び。


Dsc_6237

午後の早い時間には羽田空港に到着してしまったのでした。今年の八重山も台風に追われるように帰ってきてしまったな。。。次に行く時はそんな心配がないことを願います。


そして、接近中の台風15号の被害が出ませんように。


おしまい。


| | コメント (0)

2015.08.19

YAEYAMA TRIP 2015 #10 暮れていく日

夕方になって月ケ浜に行ってみました。月ケ浜は、西表島の夕日のスポットです。


Dsc_5993

木々に覆われた道を歩いて行くと、まず波の音、


Dsc_5994

、、そして月ケ浜が見えてきました。昨年来たときには、SAPをやっている人たちがいたのに、今年は、誰もいない。


Dsc_6003

穏やかな海。波も静かで、海に空が映っていました。


Dsc_6009

だんだんと海の色が変わっていく。


Dsc_6022

夕日で金色が濃くなってきました。


Dsc_6018

金色がどんどん強くなっていく。空も海も金色。。。


Dsc_6044

空を見上げると、見たことがないようなとても複雑な雲。


Dsc_6058

なんだか霧のカーテンのような部分があるなと思ってみていたら、やっぱり雨が来ました。この後、友達と私はカメラを守って駆け足で月ケ浜を後にしました。


Dsc_6037

それでも、しばし、暮れて行く西表島の空と海を。


Dsc_6035

さて、明日は東京に戻る日だ。


つづく。

| | コメント (0)

2015.08.18

YAEYAMA TRIP 2015 #9 西表島・最南端の浜

西表島ドライブの目的地に辿り着きました。


Dsc_5931

南風見田(はえみだ)の浜

西表島を走る県道の終点を過ぎて、しばらく車を走らせました。Google map上は道がない、そこを走っている。。だから、どこをどう行けば南風見田の浜に出られるのか分からない。かなり心細くなってきたけど、とにかく車を走らせました。そしてほんとうの突き止まり。そこに、南風見田の浜を指す看板がありました。

ほっとして車を降りて、木に覆われた道を歩いて、、、目に飛び込んできたのがこの景色でした。


Dsc_5960

すごく長いビーチ。マヤグスクリゾートの前の月ケ浜も長いけど、ここはもっと長い。西表島随一のロングビーチというのも頷けます。


Dsc_5956

そして、海の色の美しいことったら。私たちは、一体どれだけの素晴らしい景色に出会えるのだろうか?西表島でどれだけの美しい海を見てきたのだろうか?こんな景色が見られて、ほんと、幸せです。


Dsc_5934

こんなに広くて美しいビーチなのに人がほとんどいない。私たちの他には、貝拾いをしていた女性二人と、一人でこの景色に浸っていた男性だけ。


Dsc_5953

写真には写っていないけど、肉眼では波照間島が見えました。目ではそこにあることが分かるのに、天候や海況の関係でなかなか行けない波照間島。今年、西表島の後で波照間行きを計画していた友達は、台風がきているので計画を中止しました。確か、昨年もだったかな。


Dsc_5962

南風見田の浜を探してキョロキョロしていたときに、偶然見つけた景色。緩やかな坂道の向こうに海が見えました。


Dsc_5969

車を停めて歩いてみました。海まで行けるかな、


Dsc_5975

と思ったら、ちょっとムリみたい、ということで途中で引き返し。


Dsc_5974

サワサワと音がして、見上げるとサトウキビ畑。その上には夏の雲が広がっていました。


Dsc_5991

午後4時に宿に帰還。なんとなく陽射しの色は変わってきているけど、まだまだ光が強い西表島の午後遅い時間。


Dsc_5980

いかにも夏なコントラストの強い一枚。暗い部屋やひんやりした床とは対照的な外の明るさは、子供の頃からの私の夏の記憶です。


Img_6735

喉が渇いたので、買っておいたオリオンで乾杯です。しばらくバルコニーでビールを飲みながらおしゃべり。明日にはここを出るなんて、あっという間の西表島滞在だったなあ。


つづく。

| | コメント (0)

2015.08.17

YAEYAMA TRIP 2015 #8 西表島ドライブ

Dsc_57342

西表島三日目の朝も雨が降りました。


Dsc_5746

マヤグスクリゾートのプルメリアも雨で濡れていました。


Dsc_5755

今年は花のつきがいいのかな。毎日数厘の花が咲いていました。


Dsc_5737

台風接近中。だからといって天気が悪いわけじゃない。晴れ間にはこんなに濃い影ができる。


台風9号の接近で、翌日私が帰る夜の便は調整対象になっていました。西表島から石垣島に帰る定期船はいつまで動くのかも話題になってきました。

昨年も帰りの日は台風でバタバタ。一日早く石垣に戻って石垣島で台風をやりすごし、一日遅れで東京に戻りました。会社には謝りの連絡を入れたっけ。二年続けてそんなことになるとリスクマネジメントができていないと言われかねないし、それに、今年は仕事も空けられなかったので、潔くヒコーキを必ず飛ぶ午前の便に変更し、朝一番の定期船で石垣島に戻ることにしました。

それらを決めた後で、三日目は西表島ドライブ。ひたすら南を目指して走りました。


Dsc_5765

西表島らしいダイナミックな景色に車を停めてしばし。ドライブは好きな場所に車を停めて写真が撮れるからいい。


Dsc_5783

奥にピナイサーラの滝が見える。そこに向ってカヌーで遡って行くひとたち。


Dsc_5790

午前中は潮が満ちていたのでマングローブの景色もいい感じ。干上がっている景色よりも水があったほうがやっぱりいいです。


Dsc_5803

行ってみようか?となんとなく車を停めて見に行ったビーチ。


Dsc_5807

秘密のビーチを見つける嗅覚は、八重山に通ううちに、私も友達も研ぎすまされてきたように思います。


Dsc_5814

その後も何度も、これを思った景色では車を停めて写真を撮る。


Dsc_5826

晴れたり曇ったり。晴れた時を捉えると、青空が映り込んで海の表情がとっても豊か。


Dsc_5837

写真を撮って車に戻るところで、一緒に鳩間島を歩いたカメラマン氏と会いました。彼もレンタカーで回っていたみたい。狭いなあ。

そして、カメラマン氏おすすめの沢歩きの場所に案内してもらいました。ビーサンでも行けるということでついて行った場所。川の中に入り、カメラを抱えて滑らないように恐る恐る奥のほうまで歩いて行くと、水面に空、木々が映り込み、とてもきれいでした。


Dsc_5853

沢歩きのコースになっているのかな、ガイドさんと親子連れが遊んでいました。彼らが去った後は私たちだけ。水の音と木々の音だけ。とても気持ちがいい場所。


Dsc_5862

そこを流れる水も澄んでいて、小さな魚が泳いでいました。八回目の西表島でも、まだまだ行ったことがない場所があるんだな。


Dsc_5872

カメラマン氏と別れた後、私たちはさらに南へ。


Dsc_5913

由布島では水牛車を。今回は島には渡らずに写真撮りだけ。やっぱり雲が多いな。もっと青空と撮りたかった。


Dsc_5909

由布島の景色のひとつである電信柱も一緒に。


Dsc_5895

お昼時に由布島だったので、猪狩屋(かまいとぅやー)へ。このお店の飼い馬なのかしら。前回来たときには気づかなかったな。


Dsc_5899

西表そばをいただきました。沖縄編でも書きましたが、ドライブの難点はビールが飲めないことなんですよね。飲みたかったけどね、ガマンガマン。お腹もいっぱいになりました。さらに南を目指して走りましょう。


つづく。

| | コメント (0)

2015.08.16

YAEYAMA TRIP 2015 #7 海遊びの一日

西表島の二日目は海遊びの日でした。西表島滞在で唯一の決めている予定、メラマウリゾートのけんじくんが西表島の海で思う存分遊ばせてくれる一日です。


Dsc_5602

私たちがお気に入りの小さいボートは調子が悪いそうで、この日は大きなボートで海に出ました。

西表島の海は場所場所で色が変わる。深い青、水色、緑、エメラルド、よーく見ると肉眼で海の底が見える。同じような景色なんだけど、写真を撮るとひとつとして同じものがない。だから、これを撮ったらおしまい、ということがありません。

でも、海に出ると濡らしてしまうのが怖くて、しょっちゅう一眼レフで写真を撮るということはしません。今回は防水のコンデジを持って行くのを忘れたので、ちゃんと撮れたのは食事の写真。毎年楽しみにしている、けんじくんが作ってくれた美味しい料理たち。

毎年上陸してランチピクニックなのですが、今年は潮の具合がよくなくてボートの上でのランチとなりました。


Dsc_5622

けんじくんが持ってきてくれたアルコール、オリオン瓶とスパークリングワイン!


Dsc_5655

まずはオリオン瓶、うまいです。釣りで渇いた喉をビールが潤して行く。あぁ至福。。。


Dsc_5651

友達と私が釣った魚をけんじくんがさばいて刺身にしてくれました。そう、釣り部のごとく大漁だったのです。釣っている時は体育会系のノリ。私たちは次々と魚を釣り上げたのでした。


Dsc_5665

おつまみのタコとトマトのマリネたち。


Dsc_5667

360度、海。気持ちがよくてビールが進みます。


Dsc_5673               

なんという食材だったかな?八重山の食材を入れたサラダ。


Dsc_5688

今年のパスタはバジルのパスタ。この頃には既にお供はスパークリングワイン。今年はスペインのCAVAでした。


Dsc_5708

デザートはマンゴーとパイナップル。マンゴーが甘くて美味しいこと。暑さでぬるくならないうちにいただきます。けれども、お腹いっぱいでマンゴー完食で精一杯。パイナップルは残してしまいました。ごちそうさまでした。


Dsc_5712

食べ終わってからも海を見ながらのんびり。2本目のシュノーケルの前に私はアルコール覚まし。昨年、怖い目に遭いましたから、今年は潜っても大丈夫と思えてから海に入りました。


4時頃に港に戻りました。心配だった天気ももって、存分に海で遊んだ一日となりました。


つづく。

| | コメント (0)

2015.08.15

YAEYAMA TRIP 2015 #6 マヤグスクリゾート

午後4時過ぎのフェリーで鳩間島を出て、西表島の上原港へ。ところが、港で待っているはずのスタッフくんがおらず、電話をして迎えにきてもらうことに。。4時の船と言ったつもりだったんだけどな。なんか放っておかれることが多くなりました。いえ、苦情ということではなく、それもまた、何度も来ている私たちだからと思っています。

スタッフくんが迎えにきて、途中のスーパーでビールとさんぴん茶を購入し、常宿・マヤグスクリゾートに到着しました。


Dsc_5560

今年でこの宿に行きはじめて8回目だそうです。この景色も見慣れましたね。でも、今年はひとつだけ違うことがありました。オーナーさんが飼っていた犬、ケンゾーが3月に亡くなったのです。白くて大きなイングリッシュシープドッグは存在感がありましたからね。いつもオーナーさんと一緒だったケンゾーがいない。少し淋しく感じました。


Dsc_5541

さてさて、部屋についてのお楽しみは、バルコニーで景色を見ながらウェルカムフルーツのパイナップルとオリオンビール。帰ってきたな〜という実感がわいきます。幸せだ〜。

この日の夜は、昼間一緒だったカメラマン氏と三人で晩ごはんしました。そして食事後、部屋に戻って、友達は星空撮影。私は直前で三脚を持って行くのをやめたので、チェアに寝転び星を見ていました。全天空が星に埋め尽くされたような、そんな星空の夜。素晴らしかった。

こうして西表島の一日目は過ぎて行き、、


Dsc_5580

翌朝。夜中から明け方に雨が降ったようで、バルコニーは濡れていて、雨の雫が残っていました。西表島に滞在中、夜には必ず雨が降っていました。接近しつつある台風の影響です。


Dsc_5575

もう見られないと思っていた晴れ間もある。でも、時々黒い雲、そしてスコール。ずっと雨よりはましだけど、この日は海遊びの予定だったから、海に出られるかちょっと不安でした。


Dsc_5586

南の島の雲は動きが早い。晴れて影ができ、曇るともた影がなくなる。ここにくると光を意識した写真を撮るようになります。


Dsc_5559

食後に外に出てみる。この日はまだテーブルとベンチがあったんですけど、翌日にはもう台風に備えてしまわれてしまいました。


Dsc_5567

ここにも影。一瞬の濃い影。


Dsc_5570

7月のはじめに行った時にはまだ大きな台風が来ていなかったから、全ての花がキレイでした。ブーゲンビリア、いつもは終わりの頃なのに、今年はちょうど満開で美しい花を咲かせていました。

でも、天気が安定しないなー。台風、来ているなあ。海遊び、雨降られないだろうか。。。


つづく。

| | コメント (0)

2015.08.14

YAEYAMA TRIP 2015 #5 鳩間ブルー

ビールを飲みに戻った先は、港に一番近い「あだなし」というお店。4年前の鳩間島でもここで飲みました。

と、あだなしに入ると強烈なスコールが。。セーフ、間に合ってよかった。


Dsc_5408

まずは、冷えたビールで乾杯!うまいっ!

私、自由になったな。。。昼にアルコールを飲むと心からそう思います。

一方、ほかの二人はビール2杯、3杯、または、泡盛へと。着いて行けない。ま、着いて行く必要はないけれども。


Dsc_5421

ビールで落ち着いたあと、お昼ごはんは冷やし八重山そばを。かなりボリュームがありましたが、つるつるといただけました。ごちそうさまでした。


Dsc_5437

食事中も雨が降り続いていたので、ゆんたくというかおしゃべりタイム。カメラの話とかそのほかは何を話したのか覚えていないけど、だらだらとずっとしゃべっていました。


Dsc_5440

雨が上がったので、そろそろ外に出ようかと立ち上がり鳩間小学校方向へ。


Dsc_5444

鳩間港に降りる緩やかな坂道。ここから見る海の景色が好きです。


Dsc_5461

そして、見えてきた鳩間ブルー!立ち上がる入道雲も夏!です。


Dsc_5471

サングラスをしないと眩しくて見続けることができないくらいの光の強さ。


Dsc_5477

素晴らしいとしかいいようがない景色。もう、なんなのこの青!


Dsc_5488

こんなに素晴らしいのに、美しいのに、人がいない。これが鳩間島なんだなあ。「瑠璃の島」のコブクロの歌、「ここにしか咲かない花」を思い出します。

♪なにもない場所だけれど、ここにしか咲かない花がある・・♪


Dsc_5504

ヘリポートも健在でした。


Dsc_5505

桟橋でしばらく海を眺めて。。帰りの船の時間が近づいてきました。でも、それよりも先に黒い雲、またスコールがきて、走って港の待合室へ滑り込み。

気が向くまま島を歩き、ビールを飲み、鳩間ブルーを目に焼き付けた鳩間島。前回よりも楽しんだかも。カメラマン氏、ありがとうございました。


つづく。

| | コメント (0)

2015.08.13

YAEYAMA TRIP 2015 #4 鳩間島を歩く

友達と落ち合った後、そのまま西表島には行かずに鳩間島へ。

鳩間島は2011年に行って以来、だから、、、4年ぶりです。前に行った時は、私はずっとドラマの「瑠璃の島」の景色を探していました。でも今回は、今の鳩間島を楽しめました。たまたま八重山の写真を撮っている友達の知り合いのカメラマン氏と一緒になりまして、彼にいろんなスポットを案内してもらったのです。


Dsc_5272

鳩間島の道。陽射しがジリジリと暑い。日陰がない。延々とこんな景色が続きます。


Dsc_5276

青空はあるのですが、台風が近づいていて不安定な天気。後ろを振り返ると黒い雲があっていつ降られてもおかしくない、そんな天気でした。


Dsc_5304

しばらく歩くと道ばたにランタナのお花畑が広がっていました。あたり一面、柑橘系のいい香りです。ランタナと朽ちたブロックと青い海。なんだろうな、言葉に言い表すことができない八重山の空気だ。


Dsc_5290

しばし、ランタナのお花畑の撮影会。


Dsc_5293

空を入れて撮るといいよ、と言われてしゃがみ込んで撮ってみる。


Dsc_5327

カメラマン氏おススメのビーチ、屋良浜へ。木々の葉で覆われた入り口の先にビーチが見える。


Dsc_5332

白い砂浜ととても鳩間ブルーの海。穏やかな浜辺がありました。そこにいたのは数人なのに、カメラマン氏いわく、昔は人がいなかったと。観光客が増えている八重山、それは当然のことなのかもしれません。


Dsc_5344

写真を撮っていると黒い雲。。そして、スコール。傘なんか持ってないですから、全員カメラを守って木の陰に隠れました。5、6分くらいで止んだかな。鳩間島では何度もこんなスコールに遭いました。


Dsc_5352

面白い写真が撮れるよ、とアドバイスされて撮った1枚。写真を撮る人たちと歩くと、被写体の捉え方をいろいろ教えてもらって面白い。


Dsc_5355

屋良浜を出てカメラマン氏が遺跡があるよ、という場所に向いました。その途中で見つけたアダンの森。カラリと明るい鳩間島の空気と相反するかのような熱帯の島を思わせる濃い緑。


Dsc_5356

歩いている途中で再びスコールに遭い逃げ込んだ木の下。しばらくして雨が止み、陽が射し込むと、雨の雫がキラキラしてキレイでした。雨上がりでしか撮れない写真です。強い日差しがあるから濃い影があるのですね。


Dsc_5367

石積みの遺跡と海。これも八重山の景色。


Dsc_5383

スコールとスコールの間が短くなってきてお天気下り坂。お昼時、喉も乾きました。さて、ビールを飲みに戻りますか。


つづく。

| | コメント (0)

2015.08.12

YAEYAMA TRIP 2015 #3 石垣島へ

旅の二日目は5時半起き。普段、会社に行く時間と変わらない。


Dsc_5188

朝の海は凪いでいて、逆光に舟のシルエットの静かな景色。でも、窓を開けるとやっぱり暑い。。。


Dsc_5197

太陽が上がってきました。銀色の世界が金色に変わった。光が強い。眩しくて、ジリジリと暑い、沖縄の朝です。


Dsc_5192

しばらく海を見ていると、ん?ヒコーキの音?こんな早くにヒコーキ飛ぶの?

あ、貨物か。空港の朝は早いのですね。


Dsc_5179

ANA CARGOが朝焼けの中を飛んで行きました。

さて私は、那覇空港へ。石垣島に向います。


Dsc_5203

ヒコーキに乗ってから、ずっとカメラを構えて海を撮ってました。


Dsc_5221

宮古島を過ぎると、


Dsc_5252

間もなく石垣島が見えて、あっという間に到着。


Dsc_5262

朝8時過ぎ、新石垣空港も暑かった。9時半の西表島行きの定期船に乗るのでタクシーで離島ターミナルに向いました。


Dsc_5265

ターミナルで友達と再会。彼女いわく、台風前、今日が最後の晴れとのこと。こんなに天気がいいのにね。


Dsc_5267

ブーゲンビリアのピンクと海の青がとっても爽やかな離島ターミナル。


Dsc_5271

さて、西表島に向いましょう。


つづく。

| | コメント (0)

2015.08.11

フルーツが届いた!

八重山の旅を書いている途中ですが、先日、いつも石垣島でお世話になっている方からフルーツが届いたので書いておきたいと思います。


Ishigaki

昼間、宅配便のお店から石垣島からフルーツが届いているという連絡が入りました。その知らせを受けて定時で家に戻りました。届いた箱には、石垣島産のマンゴーとパイナップルが入っていました。


思っても見なかったお届けもの。大好きなフルーツ2種類。マンゴーは既にいただいて、マンゴーのみで、または生ハムと一緒にいただきました。どちらも美味しい。マンゴーがすっごくジューシーでした。


どうもありがとうございます。大切にいただきます。


お礼にかえて。

| | コメント (0)

2015.08.10

YAEYAMA TRIP 2015 #2 瀬長島ホテル

那覇に戻り宿泊先の瀬長島ホテルへ。このホテルもセソコさんの記事で知りました。琉球温泉ということで、沖縄で温泉に入れるのだそうです。でも、このホテルについて調べていて、ヒコーキがよく見えるホテルとも書かれていました。そりゃそうです、那覇空港のすぐ近くですもの。瀬長島自体がヒコーキがよく見える場所として、有名なのですね。


Dsc_4858

瀬長島についた時、海は干上がっていました。前日が大潮だったそうでかなりの干上がり具合。


Dsc_4894

と海を見ていたら、離陸するヒコーキのすっごい轟音。見上げると頭上をヒコーキが飛んで行きました。


Dsc_4835

それからずっと空を見上げてました。JAL、


Dsc_4848

バニラエア、


Dsc_4861

ポケモンジェット(まだ飛んでたんだ!)、


Dsc_4865

ソラシドエア、


Dsc_4901

離陸スタンバイ中のANA、


Dsc_4907

滑走路を離陸し、


Dsc_4910

徐々に高度を上げて行く。


Dsc_4918

空の彼方に消えて行くまで。ずーっと見ていることができる。私は特段ヒコーキ好きというわけではないけれど、見ていると心が躍ってしまう。。


Dsc_4939

いい加減見ていて首が疲れたので、瀬長島ホテルへ。夏の間はプールがオープン。開放感があるホテルです。


Dsc_5029

部屋はヒコーキが見えるエアポートビューを予約しました。ブラウン系の落ち着いた部屋ですね。お風呂には窓がついていて、入りながらヒコーキが見えます(温泉に行ったから内風呂ははいらなかったけど。)


Dsc_5034

バルコニーからは那覇空港が見えまして、


Dsc_4944

途中で買ったオリオンビールでひとり乾杯。ずっと飲めなかったからね。ビールがうまいことったら。


Dsc_4989

ビールを飲んでいる間にも、次々と離陸していくヒコーキたち。


Dsc_4990

ゆっくりビールも飲めませんな。


Dsc_4991

ヒコーキの撮り方を調べたことはないですが、ずっと撮っているうちに、もっとちゃんと撮ってみようかしら。


Dsc_4993

たくさん撮ったヒコーキの写真を見てそう思いました。


Dsc_5047

それにしてもすごいな。日中帯は、10分間隔くらいでヒコーキが飛んで行く。


Dsc_5054

プロペラ機っぽいこのヒコーキはどこの?


しばらくヒコーキを見てからホテルの温泉に行きましたが、よいですね、ここの温泉。温泉もいくつかに分かれていて、樽湯みたいなのはおばさまが占領していて入れなかったので、私は普通の湯で。その中で、立ち湯が気に入りました。海を見ながら浸かることができます。


Dsc_5077

温泉を出ると夕暮れの時間。ホテルの下の海に写真を撮りに出かけました。


Dsc_5082

ベージュのホテルの外観が、夕日でオレンジ色に染まっている。


Dsc_5086

ヤシのシルエットがいかにも南国ですね。

このときはまだ、うみかじテラスが工事中でした。まだまだに見えたけど、8月1日に無事オープンしたみたいですね。


Dsc_5126

下に降りると、私の他にも夕日を待つ人たちが。みんな思い思いに夕日を見ている。海風が気持ちよい夕方でした。


Dsc_5149

部屋に戻って空港を見ると夜のライトが美しかった。翌日は朝7時半のフライト。早めに寝たのでした。


つづく。

| | コメント (0)

2015.08.09

YAEYAMA TRIP 2015 #1 大変遅くなりました・・・

6月以降、なかなか自宅でゆっくりできませんでした。最後の更新が6/21の梅雨真っ盛り。気づくと1ヶ月半もブログの更新が止まっていました。その間あったイベント、季節外れになる前に、すこしずつ振り返りたいと思います。


まずは、毎年の八重山行きのことを。今年も7月4日〜8日まで友達と八重山に行ってきました。行く少し前に台風9号が発生して、昨年に引き続き台風の様子を見ながらの旅となりました。(昨日、八重山は台風13号が過ぎたようですが、大きな被害はなかったでしょうか。今年は本当に台風が多過ぎる・・・。)


Dsc_4713

今年は、八重山入りの前に那覇で一泊しました。友達が日曜日から西表島ということで、エアは土曜日から抑えてしまっていたし、いつも石垣島なので、久しぶりに那覇で過ごしてみようと思ったのでした。

沖縄ドライブ。どこに行こうか?美ら海水族館?古宇利島?読谷村?行ってみたい場所はたくさんありました。でも、翌日は朝一番のフライトで石垣島なので、那覇空港に近いホテルに宿泊。ということで、南部をドライブすることに。

海を見ながら国道331を行けるところまで行ってみよう。


Dsc_4714

眼下に広がるのは新原ビーチ。暑い風、青い海、南国にやってきた、そう感じました。


Dsc_4723

坂の途中に車を止めて、しばし景色に見とれました。


Dsc_4734

お昼近くだったので、予定していた食堂かりかさんでお昼ごはんを。OKINAHOURS、セソコマサユキさんの”新しい沖縄に出会う旅”で知ったお店です。


Dsc_4743

記事で見た新原(みいばる)ビーチの美しさに惹かれたのですが、行ってみて、本当にキレイでした。


Dsc_4754

沖縄本島にも、こんな白い砂のビーチがあるのだと思いました。


Dsc_4766

そんなビーチを見ながらカレーをいただきました(こちら、本格ネパール料理のお店とのこと)。優しい辛さのカレー。ドリンクはチャイをいただいたのですが、ドライブの難点はビールが飲めないこと。隣りでビールを飲んでた二人組がいて、あー私も飲みたい!と心の中で叫んでいました。


Dsc_4797

食堂かりかさんに車を停めて、付近を散歩。強い陽射しで肌は黒くなりはじめ、汗が吹き出ました。でも、気持ちがいい。細い道からふと見える海。絵になります。


Dsc_4803

暑くて少ししか外にはいられない。車に戻ってナビをセットして次の場所に向いました。


Dsc_4812

国道331のもうひとつの目的地、ニライカナイ橋。ニライカナイは、遠い海の彼方に理想郷の神の国があるという沖縄の信仰のこと。ニライカナイ橋の上にある展望台からは、遠くに神の島と言われる久高島が見えます。ドライブするには気持ちがいい場所なんですが、美しい景色、急カーブ、少し怖かった。。。


Dsc_4807

ニライカナイ橋を渡った先にあった風力発電の施設。3機くらいあったかしら。午後3時。那覇に戻りましょう。

つづく。

| | コメント (2)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年9月 »