« 飲めない休日にはペリエを | トップページ | カヤックがゆく »

2015.05.08

品川、水辺散歩

GW中の話です。最終日の5/6のことです。天気はいいし、どこに出かけようか?そして、海が見たい、と思って品川に行ってきました。


Dsc_3055

スタートは品川駅、港南口。旧海岸通りに向う途中でカラフルな排気口のビルを発見。この3本しかなかったけど、なんだか、パリのポンピドーセンターを思い出してしまいました。


Dsc_3057

運河にかかる橋を渡ると、左側に真ん中が抜けている建物が。オフィスビルかと思ったら、マンションなんですね。リバージュ品川というらしい。湾岸はこんなちょっと変わった建物があって面白い。


Dsc_3064

右側には屋形船の係留所。このリバーサイドを天王洲に向って歩きましょう。


Dsc_3072

静かです。散歩する人、ランニングする人、地元の人しかいない。今の場所に引越す前に住んでいた、月島や湊の頃を思い出しました。あの頃はすぐそばに隅田川があり、よくリバーサイド(隅田川テラス)を散歩したものです。やっぱり大きな川の近くは開放感があっていい。


Dsc_3076

天王洲アイルに渡る手前にあったオブジェ。遠目に見るとヘッドホンのよう。なんなんだ?なにか意味があるのだろうか?


Dsc_3115

ここは縦横に運河が走っているから、至る所に水門を見かけました。この景色も月島と似ている。。。


Dsc_3117

お子ちゃんとお父さんが歩いて行く。実はこのお子ちゃん、この手前でちっちゃな自転車で派手にコケて激しく泣いていました。ちょうど目の前で転んだのでビックリ。痛かったのでしょう、その後しばらく泣きやまず、お父さんがずっとよしよししてました。どのくらい泣いていたかな、しばらくして泣き止んで、はじめはお父さんに抱っこされていたのですが、降りて自分で自転車に乗ったみたい。そんなごく普通の日常がある場所なんですね。


Dsc_3090

橋の向い側に見えるのは、、、天王洲アイルでビールと言ったら、T.Y.HARBOR BREWERY。テラスでビールは気持ちよかっただろうな。


Dsc_3133

エントランス。お昼時だったので、この前で写真を撮っている間にもどんどん人が中に入って行きます。行列ができていました。私は今回はガマンガマン。次に向います。

この辺り一帯は昔は倉庫だったから大きな建物が多いですね。でも倉庫の暗いイメージはない。寺田倉庫さんは今でもここにたくさんの倉庫を抱えているけど、外観はポップにして一部をギャラリーにしていたりします。


Dsc_3155

シーフォートスクエアには行かずにまた運河を渡ります。至る所に船だまりがあるのも月島と似ている。


Dsc_3163

クジラの絵が描かれた水門。なんか、かわいい。


Dsc_3171

その水門を臨む公園では、家族連れ、グループ、お一人さまが、それぞれの休日を楽しんでいました。風があって気持ちがいい公園でした。


Dsc_3191

タワーマンションではない大規模なマンションがたくさんありました。通りを歩いていてブルーの窓枠が印象的なマンションを見つけました。はじめは窓枠だったのですが、ファインダーを覗いて窓の表情に惹きつけられました(べつに覗き趣味はありません!)。その窓ぶんのいろんな人のいろんな生活があるんだなと思い、心が温かくなったんですね。それから、前に新美で見たANDREAS GURSKYの「Paris, montparnasse」を思い出しました。


Dsc_3184

きょろきょろと歩いていたらモノレールが平行して走っていることを発見。ちょうど通過するモノレールをカシャリ。


品川シーサイドまで来ました。散歩スタートから3時間近く経ったのでここで切り上げました。久しぶりの水辺の散歩で、月島を思い出して懐かしくなりました。今度は久しぶりに月島に行ってみようと思います。

|

« 飲めない休日にはペリエを | トップページ | カヤックがゆく »

散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飲めない休日にはペリエを | トップページ | カヤックがゆく »