« 2015冬のパリ〜#15 パリのお土産たち | トップページ | パリのお土産、追加編 »

2015.02.01

湯島天満宮、鷽替え神事

今日から二月。もう今年一ヶ月が過ぎてしまったなんて!


先週の土曜日(1月25日)、湯島天満宮の鷽替え神事に行ってきました。初天神に行われる鷽替え神事、毎年行っています。


Dsc_0101

湯島天満宮様の木鷽、今年も授かることができました。可愛らしさにほっこりしてしまいます。今年も私が思わずついてしまった嘘を見守ってくださいませ。


ところで、この鷽替え神事、どこで広まったのか、毎年授かりにくる人が増えていて、だいたい当日だけでなくなってしまうようです。今年も25日で終了とのことでした。

だから私も8時半頃には行くようにしていますが、そのワケがわかったような気がしました。私の前の男性は、1万円以上使っていました。小さい木鷽がひとつ500円ですから、いくつ授かったかわかりますね。誰かから頼まれたものかもしれない、けれど、尋常な数ではないです。湯島天満宮のHPでは、お守り、絵馬を大量購入は受け付けていないと書かれています。この木鷽はそうではないのでしょうか。もともと、天満宮様の木鷽は、この辺りの人たちに親しまれていたものでしょう。そうした人たちが朝から行列しないと手に入れられなくなってしまっている。こうした大量購入は、やめていただきたい、心からそう思いました。


Dsc_0045

湯島天満宮様には初天神の時に必ず花を咲かせている梅の木があります。その梅の木は、、、


Dsc_0046

今年もちゃんと花を咲かせていてくれました。


Dsc_0038

その辺りだけ、あまい梅の香りがただよっていました。


Dsc_0057

その梅の香は、鷽替えでちょっと気持ちが乱れていた私をなだめてくれました。これも天神様の心配りなのかもしれません。ありがとうございました。

|

« 2015冬のパリ〜#15 パリのお土産たち | トップページ | パリのお土産、追加編 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015冬のパリ〜#15 パリのお土産たち | トップページ | パリのお土産、追加編 »