« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015.02.23

長谷を歩く

鎌倉でお昼をした後、ちょっと長谷まで出かけてみました。江ノ電を長谷で下りてぶらぶら。


Dsc_0806

駅を出て長谷寺方面まで歩く道は、なんかこじゃれたお店がいっぱい。紫陽花の長谷寺はいつも早朝に行って帰ってしまうので、こんなにお店が開いている風景、見たことないんですよね。


Dsc_0734

長谷寺に曲がる角を逆方向(右)に曲がると、またまた面白そうなお店が続いていました。良さげなカフェ。


Dsc_0735

こっちはかわいいアンティークを売るお店。


Dsc_0757

軒先に下がっていた籠が素敵でした。買い物モードの日ならば買っていたわ。


Dsc_0743

ちょっと入ったところにお寺を見かけたので立ち寄ると、歴史建築的に著名な建物がありました。名前は、失念。。。


Dsc_0748

白の鎧戸にうっすらとピンク色の梅。春の風景です。


Dsc_0758

近くに梅の名所の光則寺があるとわかったので向ってみました。


Dsc_0763

初めて訪れた光則寺は、明るいグリーンと赤の山門がお洒落なお寺です。外から見ると、ここもまだ早いかなーという感じ。でしたが、入り口でいただいたお庭のマップ「四季の光則寺 山野草と茶花マップ」に感動しました。手書きで一面に花木の名前と開花時期が書かれているのです。すごいです。大切にもって帰りました。


Dsc_0773

こちらの梅も咲きはじめ。けれども、かわいい蕾をたくさん見ることができました。


Dsc_0776

梅の枝が低く、手が届くところに咲いているから、マクロで存分に撮ることができます。


Dsc_0783

ちょこんと咲いていた紅梅たち。

ベンチがあるので座って庭を堪能することができる。こじんまりとしていて、人も少なくて、静かで、気に入りました。


Dsc_0791

お寺の外の参道で蝋梅を見ました。かろうじて枯れていなかった花の一部分。


Dsc_0792

今年は蝋梅は見られないかなと思っていただけに嬉しかった。


Dsc_0802

こちらの梅は、ところどころに赤い斑点が入っていた珍しい梅。


Dsc_0805

満開でした。このほわ〜んとした雰囲気が気に入ってずっと眺めていました。


全体的にはまだ早すぎた鎌倉の梅ですが、ひとつひとつ花を見つけながら歩くことができてよかったように思います。もう一度行く機会があれば、1〜2週間後にまたきたい。そして、長谷探検をしたいと思っています。

| | コメント (2)

2015.02.22

北鎌倉、梅散歩

昨日の土曜日、鎌倉方面の梅を見に歩いてきました。事前に東慶寺さんは2分咲きくらいと聞いていたのでどうしようかと思ったのですが、友達とはすでに約束してしまっていたので、咲いていることを願って、いざ鎌倉。

9時、北鎌倉で横須賀線を降りて東慶寺に向いました。


Dsc_0379

山門前の梅はうっすらと白くなっていました。期待持てるかな?


Dsc_0397

境内にはすでに朝日が入ってきていました。日の出が早くなったんですね。キラキラ玉ぼけの中の梅の花たち。


Dsc_0424

けれども、全体としてはこんな感じで、見頃はもう少し先という感じかな。。。


Dsc_0466

早い木と遅い木とあるようで、早い木はこんな感じに咲いてきてはいます。


Dsc_0468

本堂の梅の木は5分咲きという感じでしょうか。

梅を見にきた人たちも、今年は遅いなとか、早すぎたな、とか、みなさん少し残念そう。


Dsc_0627

でも、たくさん咲き出す前、ひとつひとつの花を探しながら歩くのもいいんじゃないかと思うのです。どの花がキレイかな、どう撮るのがいいのかな、と考えながら撮りますから。。


Dsc_0439

万作は満開ですね。華やかな山吹色が目を惹きます。


Dsc_0533

ちょっと殺風景の庭に色を添えていた水仙たち。


Dsc_0573

可愛らしい十月桜も咲いていてくれました。


Dsc_0575

控えめに咲いている十月桜は、東慶寺で好きな花の一つです。

一時間半、ゆっくりと境内を歩きながら梅や他の花たちを撮りました。そろそろ次の場所に向いましょう。


Dsc_0632

今回は、北鎌倉の至るところで吊るし雛を見かけました。駅の構内、通りのお店、北鎌倉の街を鮮やかに彩っていました。


Dsc_0712

東慶寺さんから円覚寺さんに向いました。ここにも吊るし雛。


Dsc_0634

長い階段を上り、弁天堂から見た東慶寺さん。ちょっと色がなくて淋しい。けど、梅が満開になれば、春爛漫の景色を見ることができるのでしょう。満開になった頃、またここに来てみたい。


Dsc_0638

円覚寺さんのほうが、東慶寺さんよりも梅が咲いているような気がします。本堂横の早咲きの梅は満開に近かったです。この梅は八重のような花びらで華やかですね。


Dsc_0654

一方でこれから咲く梅の木は、丸い可愛らしい蕾。


Dsc_0704

咲きはじめでも、ちゃんと梅の甘い香りを感じることができます。ほんとに、いい香り。。。


Dsc_0665

ピンク色の梅の花。紅梅よりも優しい色、好きな色です。


Dsc_0686

この紅梅もいい香り。目を閉じてしばし香りを楽しみました。


Dsc_0718

円覚寺さんを一通りみて帰ろうをしたら出口に毛並みのいいかなり太った猫くんが。。近寄ろうとする人を寄せ付けない。写真を撮っていたら、もう撮るなよ、って感じで去って行ってしまいました。


さて、まだ時間があるねということで場所を変えることにして、ひとまず鎌倉に向い、


Img_5485

ちょうどお昼の時間だったので、Bowlsという丼のお店に行ったのですが、このお店、違った種類の椅子が置かれてサロンのような居心地よさそうな空間。店員さんも感じがいい人たち。


Img_5488

ホタテの丼をいただきました。ソテーした大きなホタテの下にはあんかけの玉子焼きと茹でたお野菜。とてもヘルシーな丼で美味しかったです。次の鎌倉でもまた寄りたいと思います。

そして、向った先は。。。それは次回に。


| | コメント (0)

2015.02.19

眉目麗しいチーズナイフ

眉目麗しいチーズナイフ、なんて書きつつ、ピントはチーズに行っちゃっていますが。。。


Dsc_0287_3

東屋さんのチーズナイフです。真鍮の鈍い金色に惹かれて購入しました。


パリから帰ってからバゲットをよく食べていて、時間があればVIRONでレトロドールを買ってきています。バゲット、ワイン、そして、チーズ。チーズを前よりもよく食べるようになりました。そんなチーズをちゃんとチーズナイフで、カッティングボードに出して食卓でいただきます。

真鍮は経年変化でいい味がある色をだしてくれます。大切に使って行きたいと思います。

| | コメント (2)

2015.02.15

バーマンズチョコレート

バレンタインデーフェアの間、日本橋三越さんに出展していたバーマンズチョコレート。奈良にお店を持つ、元バーテンダーさんがはじめたショコラのお店です。昨年食べた日本橋三越限定のアルガーノスプマンテ「甲輝」の生チョコが美味しくて、今年も楽しみにしていました。


Dsc_0367

今年の洋酒はブランデー、ヘネシーです。カタログで見てとっても楽しみにしていたのですが、夕方に行ったら売り切れ。。まとめ買いのお客さんがいたそうです。なので、数日後に朝一番で出直しました。二箱購入しました。もちろん、自分用です(笑)。


Dsc_03600

キールロワイヤルもバレンタインデー用に出ていたので一箱購入しました。キールロワイヤルはお酒の色に合わせてピンクの文字です。


Dsc_03690

ヘネシー、甘くてやさしいお味、おいしいです。それに比べるとキールロワイヤルはシャープなお味でしたかね。チョコレートではなくて赤ワインとともに。ほんとは、シャンパンがよかったいや、ブランデーがよかったかな。二粒も食べればじゅうぶん。少しずつ食後にいただいています。


| | コメント (2)

2015.02.13

Valentines Day

明日はバレンタインデー、今年もお世話になっている人たちにチョコレートを贈りました。が、今年はあまりバレンタインデー!って気分にはならなかったのです。パリで美味しいチョコレートを食べてきたからかもしれません。


Img_5375

日本橋三越さんにバーマンズのチョコレートを買いに行った時に、人が列んでいないので買ってみたピエール・マルコリーニのチョコレートソフトクリーム。


Img_5378

とっても濃厚なチョコレートのソフトクリーム、471円也。ピエール・マルコリーニでこのお値段は、かなりリーズナブルです。美味しくて、お腹がいっぱになって満足したのですが、なんかスチール写真のような美しいカタチになっていないのが残念でした。。。


Dsc_0317

こちらは三越さんではないですが、パリのコントワ・ドゥ・カカオのチョコレートです。チーズの木箱のようなお洒落な外観に惹かれて購入してしまいました。もちろん、自分用です(笑)。まだ食べていません。食べてみて美味しかったら改めて書きたいと思います。


一方でとても残念なことがありました。今年のバレンタインデーでレダラッハを見ないなと思ったら、昨年、日本を撤退していたようです。青山のお店には何度か買いに行ったこともあるし、バレンタインデーは可愛らしい妖精チョコがでてくるので楽しみにしていたのですが。もう日本でレダラッハのチョコが食べられないことが残念でなりません。

| | コメント (0)

2015.02.12

SANCERRE

サンセール、好きなワインのひとつです。


Dsc_02922

パリに行った時にお店で飲んだ美味しいワイン。写真に撮っていたグラスに書かれた名前から銘柄を探し出しました。調べたら日本でも買えるみたい。3本、大人買いしてしまいました。

1本開けて飲みました。おいしい!またひとつ、お気に入りのサンセールができました。


それにしても、日本はすごいな。飲みたいと思うワインが手に入ってしまう。もちろん日本に入ってきていないワインもあるのだろうけど、今はそれを見つけるほうが難しいのかもしれませんね。ま、値段は高くなっているだろうけど、旅をしているからパリで飲んだそのままではないけれど、それさえ許容すれば、飲めちゃうんだから。。。

残りのサンセールは、桜の頃、一緒にパリを旅した友達と飲むことにいたしましょう。

| | コメント (0)

2015.02.09

パールのピアスをするために

土曜日、耳の手術をしました。耳といっても耳たぶです。


もう何年も前から左の耳のピアスホールが裂けていました。痛いとかは全くなく、ある日気づいたら裂けていたという感じです。それ以来、ピアスはひとつで付けても問題がない、ティファニーの一粒ダイヤのピアスだけでした。それでもいいかとずっと思っていたけど、最近髪の毛を後ろでピッとしばることが多く、そうするとやっぱりいろんなピアスを付けたくなったんですよね。

で、調べました。私の状態は耳垂裂(じすいれつ)というのだそうです。耳たぶが裂けてしまった状態で先天性と後天性とあるようですが、私は当然後天性。ピアスホールが裂けてしまった例は多くあるようで、そんな驚くものではない。手術も保険が使えるそうなので、さっそく調べて手術を受けました。

手術時間は15分くらいであっという間に終わり、術後の痛みもありません。二日間、抗生剤と炎症を抑える薬を飲み、化膿止めを塗るくらい。手術当日からシャワーもOKです。

が、土曜日に行ったのは失敗でした。手術後二日間はアルコール禁止。せっかくの週末をアルコール無しで過ごすことになってしまいました。美味しいビストロがたくさんある場所だったので、手術終わってランチワインをして帰ろうと思ったら、、、あー残念。

一週間後に抜糸に行き、その後一ヶ月間は経過観察し、問題なければ一ヶ月以降は再びピアスホールを開けることもできるとのことです。手術の傷も半年後にはほとんどわからないようになるとか。


Dsc_0333

ピアスホールを再び開けたら、このミキモトのパールのピアスをしよう。今から楽しみでなりません。

| | コメント (0)

2015.02.08

都内、梅散歩

週末、都内の梅の様子を見に歩いてきました。当初の予定は鎌倉行きだったのですが、いろんな理由で先延ばしすることになりまして。。。


Dsc_0160

スタートは東京駅。丸の内のVIRONでレトロドールを買ってお散歩開始です。東京駅前の通りを皇居方面に向い、日比谷通りを歩いて日比谷公園に到着。


Dsc_0166

ここも梅の名所ではありますが、まだこんな感じ。


Dsc_0167

咲いている木はほんの一、二本。まだまだですね。

日比谷公園を出てもとのルートに戻りさらに歩くと右手に虎ノ門ヒルズが見えました。すごいね、ここから汐留まで広ーい大通りが出来上がるらしいけど。東京は決して立ち止まらない、進化(といっていいのか?)が進んでいると思いました。


Dsc_0175

東京プリンスホテルのAu Le Pain Quotidien(ル・パン・コティディアン)。デンマークのパン屋だそうですが、パリでこのマークを見かけたような記憶が。。すっかりパリのパン屋と思ったのに。外からのぞいたらいい感じ。次、中に入ってみたいと思います。


Dsc_0212

そして辿り着いた芝公園。東京タワーをバックにした梅林は鉄板です。ちょうどメジロが梅の木の中で遊んでいました。


Dsc_0185

木によりますが、芝公園は梅が咲きはじめています。梅の木の下は梅のいい香りです。


Dsc_0223

紅梅は可憐な感じ。


Dsc_0236

メジロが遊んでいた木はかなり開花が進んでいて、満開近い。


Dsc_0250

でもその隣りでは、まだまだこんなかわいい蕾がいっぱい。


Img_5385_2

芝公園を出てから途中、麻布十番の「松玄」で親子丼のお昼ごはん。お昼は親子丼と決めていました。だから、当てにしていた「との字」が閉店していたのを知って途方に暮れました。でも今はスマホですぐに検索できてしまう。ほんと、いい時代だ。

で、こちらの「松玄」さん。基本は蕎麦の店のようですが、炭で焼いたプリプリの鶏肉と甘過ぎないタレ、そしてほどよいかたまり加減の卵で美味しかったです。


Dsc_0269

お昼ごはんを食べた後は広尾に向い、有栖川宮記念公園の梅園へ。こちらは紅梅と白梅、それぞれ一本ずつが咲きはじめていました。この紅梅は毎年一番はじめに咲く木。


Dsc_0272

この日いちばん気に入った写真です。青空にぽっかりとうかぶ白い雲、そして白梅。ほんのこれだけの写真なんですが、もうすぐ春ののほほんとした雰囲気が出ていて、いいなーと。


東京駅から広尾、そして、自宅まで。10km近く、二万歩以上歩きました。ニット帽とダウンコート、UGGのブーツを装備すればどこまでも歩けてしまいます。一眼レフをずっと首にかけていたので肩が凝ったけど、ま、それも帰ってゆっくりすればなんとかなります。


今週末は法事で自分の時間が作れないので、次の梅見は来週、かな〜。次こそ鎌倉。頑張って早起きしよう。

| | コメント (0)

2015.02.07

Maison de Cerisier

代官山から渋谷の散歩の途中に見かけて、いつかは入ってみたかったお店。

Img_5336_2

フレンチレストランのMaison de Cerisier(メゾン・ド・スリジェ)。

一階にテイクアウト用のデリがあり、ずーっと興味津々でした。そして、先日のお昼に意を決して食事をしてみることにしました。予約していなかったですが、早い時間に行ったので入ることができました。


Img_5344

中は天井の骨組みが出っ張っていて古民家を改装したような感じ。そんな中にアンティークなシャンデリアが合っていました。


Img_5345

ソムリエさん曰く、100年前の民家を中途半端に改装したらこうなってしまいました、とのこと。でもそれが味があっていいです。テーブルは個室を入れて5つ。こじんまりとして、アットホームな感じでもあります。


Img_5349_3

お好きな二種、三種という2つのグラスワインセットがあり、二種のワインにしてみました。この日選択したのが魚介系だったので2つとも白ワインになりました。


Desktop25

前菜1、前菜2、メインからそれぞれ1品選べるコースをセレクトしました。コースにはデザート、カフェが付きます。

この日選んだのは、カキのグラタン、カキのパスタ、そして本日の鮮魚(真鯛でした)。北海道・厚岸産のカキが美味しいことったら!前菜2つがカキだったので、牡蠣づくしですね、とソムリエさんが笑っていました。でも、美味しかったです。ぷりっとしたカキ、火の通り加減もちょうどいい。パスタは麺よりも牡蠣のほうが多いんじゃないかとおもうくらい、ふんだんに使われていました。メインの真鯛のソテーも皮がカリッカリに焼けていて、香ばしくて美味しかったです。


Img_5360_2

二杯目のワイン。プラスでお金を出すと美味しいワインが飲めるんですねー。おいしゅうございました。


Desktop26

デザートはワゴンサービスで。1回勝負ですが、全種類選ぶことができます。欲をかいてたくさん頼んだら、さすがにお腹がいっぱいになりました・・・。


1階のデリでパテ・ド・カンパーニュ、ラタトゥイユをテイクアウトして帰りました。パテ、美味しかったです。また通ったら買って帰りたいな。その前に、今度は夜に伺いたいと思っています。

| | コメント (0)

2015.02.05

チーズガーデンのフロマージュブラン

地元の栃木県、那須にあるチーズガーデン。ここにはかなり私好みのスイーツがあります。


Dsc_9992_2

先日帰省した折りに買ってきたフロマージュブランです。


チーズガーデンでは御用邸チーズケーキがNO1人気なのだそうですが、私は断然、コレ。サクサクのビスキュイ、その上のうすいスポンジ生地は優しい食感、クリームチーズとサワークリームが爽やか、甘さ控えめでいくらでも食べられてしまう感じ。また、甘酸っぱい赤い木いちごのジャムが、見た目にも味としてもいいアクセントになっています。

今回は、パリで買ってきた青みが強いエキストラバージンオイルと黒胡椒をふって。いっぱしのデザートですね。美味しかったです。次に帰省した時にも買って帰ろう。

| | コメント (0)

2015.02.04

カメラバッグ

ずっとカメラ用のバッグを探していました。かといって、カメラマン的なバックは好みではありません。私の装備はD7000とレンズ2本くらい。だからそれが収まる程度のものを。

アニヤ・ハインドマーチのトートバッグ、ケイト・スペードの小振りのバッグなど、ファッション性があるものをずっと使ってました。でも、酷使するからダメになるんですよね。。この2つのバッグが壊れたりした後は、収容力があり丈夫なルイ・ヴィトンのアーツィを使っていました。が、ヴィトンのバッグは革なので重いんですよね。。。だから、軽くて丈夫そうなバッグを。


Dsc_0121

やっと理想的なバッグに出会えました。francfrancとモデルのクリスウェブ佳子さんのコラボのトートバッグです。深いモスグリーンと生成りのシックな色合い、お値段、大きさ、取っ手の長さ、そして重さ、合格点です。バッグ自体がキャンバス地で軽いので、ほとんどが一眼の重さ。嬉しいです。開口部が広いので出し入れがしやすいですし。ただ、内側の仕切りやポケットがないので、小物を入れるお揃いのポーチも持って、と。


これからの梅見、桜などのカメラ散歩は、このバッグを持ってガンガン歩きたい。まずは週末に北鎌倉に行きたいのですが、雪が降った後っぽいのですよね。。。どうしようかなー。

| | コメント (2)

2015.02.03

ミトン手袋

写真撮りにも使える手袋を探していました。普通の手袋はダイヤルを回したりの調整がしにくいので写真撮りの時には手袋なしで頑張っていました。冬の早朝の北鎌倉での手のかじかみもをガマン、がまん、我慢、でした。

そんな中、年末のパリ行きに合わせて手袋を購入しました。パリは東京よりもかなり寒いと聞いていたので。。twitterでフォローさせてもらっているカメラマンがツイートしていたので、それを参考に。


Dsc_6707

MUJIのミトン手袋です。指先が切れているのでカメラの操作がしやすい。寒い時にはミトンカバーをかぶせることができます。温かみがあるグレーをチョイスしました。行く前は毛玉もなくキレイです。買ったばっかり、当然か。。


Dsc_0126

パリで使い込んだ後の手袋です。写真を撮らないときはコートのポケットに手を入れていたので、ミトンカバーをかぶせたことはなかったですね。到着してすぐ、スーツケースをひっぱるところから使いはじめて、街歩きはいつも一緒でした。使い込みました。擦れて毛玉いっぱいです。


手袋をしたままスマホをいじれるので東京でもずっと使っています。スマホ操作ができる手袋が多く出てますが、私はこれでいいなー。まだまだ寒い日が続きます。早朝の撮影、寒い日の撮影、このミトン手袋で頑張りたいと思います。

| | コメント (0)

2015.02.02

パリのお土産、追加編

先日までのパリ話で書き忘れていたこと。

我が家のエッフェル塔コーナーに仲間が増えました。


Dsc_0023

ピローヌ(PYLONES)で見つけたピンクのエッフェル塔のクリップです。ピローヌはパリのお洒落な雑貨屋さん。ポップな雑貨がたくさんあります。他にここではバゲットを持ったエッフェル塔のキーホルダーを購入しました。本当は、スワロフスキーのエッフェル塔も狙っていたのですが、高価&円安だったこともあり今回は諦めました。

エッフェル塔コーナーといっても、サイズ違いのエッフェル塔とスノードーム、そしてピルケースだけですけどね。でも、これだけでもパリを思い出させてくれる一角ではあるのです。パリに行くたびに少しずつエッフェル塔が増えていけば嬉しいです。

で、このエッフェル塔のクリップ、なにをクリップしようかしら。


| | コメント (0)

2015.02.01

湯島天満宮、鷽替え神事

今日から二月。もう今年一ヶ月が過ぎてしまったなんて!


先週の土曜日(1月25日)、湯島天満宮の鷽替え神事に行ってきました。初天神に行われる鷽替え神事、毎年行っています。


Dsc_0101

湯島天満宮様の木鷽、今年も授かることができました。可愛らしさにほっこりしてしまいます。今年も私が思わずついてしまった嘘を見守ってくださいませ。


ところで、この鷽替え神事、どこで広まったのか、毎年授かりにくる人が増えていて、だいたい当日だけでなくなってしまうようです。今年も25日で終了とのことでした。

だから私も8時半頃には行くようにしていますが、そのワケがわかったような気がしました。私の前の男性は、1万円以上使っていました。小さい木鷽がひとつ500円ですから、いくつ授かったかわかりますね。誰かから頼まれたものかもしれない、けれど、尋常な数ではないです。湯島天満宮のHPでは、お守り、絵馬を大量購入は受け付けていないと書かれています。この木鷽はそうではないのでしょうか。もともと、天満宮様の木鷽は、この辺りの人たちに親しまれていたものでしょう。そうした人たちが朝から行列しないと手に入れられなくなってしまっている。こうした大量購入は、やめていただきたい、心からそう思いました。


Dsc_0045

湯島天満宮様には初天神の時に必ず花を咲かせている梅の木があります。その梅の木は、、、


Dsc_0046

今年もちゃんと花を咲かせていてくれました。


Dsc_0038

その辺りだけ、あまい梅の香りがただよっていました。


Dsc_0057

その梅の香は、鷽替えでちょっと気持ちが乱れていた私をなだめてくれました。これも天神様の心配りなのかもしれません。ありがとうございました。

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »