« 2015 Winter in Paris | トップページ | 2015冬のパリ〜 #1 ホリデーシーズン »

2015.01.09

冬のParis、5年ぶりのParis

私の帰国後少しして起こった痛ましい事件、パリはいま厳戒態勢が敷かれているそうです。事件が起きた辺りには行っていませんが、幸いなことにそうした事件には遭遇せずに戻ることができました。亡くなった方々に謹んで哀悼の意を表します。

それでは、今回のパリ旅についてまとめて書いておきましょう。

12/26の0:30羽田発のエールフランスAF293で同日の5:30にシャルルドゴール空港に到着しました。夜中のフライトは体が眠る状態になっているからいい。よく眠って時差ぼけを感じることなくパリに着きました。パリの5:30は真っ暗で夜中という感じ。そして、寒い。けれども、久しぶりにパリの乾いた空気をかいで、あーこの空気、と懐かしさのようなものを感じました。

今回の旅は友達との二人旅。パリを誰かとまわるのは初めてで10日間うまくいくかわからない。自分を試すような旅です。


Dsc_6859

今回もステイ先はサンジェルマン・デ・プレ。サンシェルピス教会のすぐ前です。右岸のざわっとした感じよりも、左岸のアカデミックな雰囲気のほうが私は好き。治安もいいし。出かける時、帰ってくる時、サンシェルピス教会が見送り、そして迎えてくれました。歩き疲れて帰った時にサンシェルピス教会を目にした時の安堵感たら。。まさに教会の癒しです(笑)。

今回の旅は観光地とは違ったパリの写真を撮る旅。街並中心の撮影を想定し17-50mmのレンズを持って行きました。フランスは赤が似合う。赤のネオン、カフェ、車、、、。だから、カメラを抱える私の指先にも赤のネイルを。


歩いたコースはご紹介しましょう。


Dsc_6779

26 Dec. (Fri)
着いてすぐなので、体を慣らし勘を取り戻すためにサンジェルマン・デ・プレ付近を散策です。歩き始めると、、5年前のことなのに体が覚えている。大丈夫、この感覚を取り戻せば迷わずに歩ける!そう思いました。いちばんはじめのプチ・デジュネはCafe de Floreでいただき、サンジェルマンデプレ教会、サンシェルピス教会とその付近、ル・ボン・マルシェなどに行ってみました。そして、念願の帽子を作りました。


Dsc_6912

27 Dec.(Sat)
パリが初めての友達は美術館巡りに余念がありません。時々はお付き合いしました。この日は午前中にオルセー美術館、午後にオランジェリー美術館に行く予定でしたがオルセーのみとなってしまいました。ホリデーシーズンのパリは混んでいます。どこに行っても列びます。だから、私は観光客が行く場所には行きたくないんだけどなあ。ま、仕方ないか。。


Dsc_7105

28 Dec.(Sun)
この旅で初めての自由行動の日。ラスパイユのビオマルシェに一緒に行った後、ルーブル美術館に行く友達とは別に私は街歩きへ。ルーブルは一度行ってお腹がいっぱいです。前日までであまり写真を撮っていないため焦りも少々ありました。シテ島、サンルイ島、サン・ポール、バスティーユを歩きました。
夕方には友達と合流して大好きな場所の一つパンテオンへ。しかし、パンテオンは修復中。知っていたけど、楽しみにしていたフーコーの振り子は取り払われていました。残念。。


Dsc_7568

29 Dec.(Mon)
オランジェリー美術館、コンコルド広場、観覧車、パレ・ロワイアル、パッサージュ巡り。一人では乗らない観覧者に初めて乗りました。パリの観覧車は回転が早く、二回転です。
パリは日に日に観光客が増えていました。もう、どこに行っても人だらけ・・・。


Dsc_7868_2

30 Dec.(Tue)
二回目の自由行動の日です。友達はベルサイユへ。三度目のパリでもベルサイユには興味が持てなかった私です。行った友達は大変だったそうです。宮殿に入るのに2時間列び(ミュージアムパスの御利益がなかったらしい)、帰りの切符を買うのに3時間列んだ、とか。行くもんじゃないな、やっぱり。
一方、私は、やっとやっとエッフェル塔へ。その後でこの旅で行きたかった場所の一つ13区のビュット・オ・カイユへ。エッフェル塔は朝9時から観光客が詰め掛けていたけれど、観光地ではないこの場所にカメラを持った観光客は私一人。ゆっくりと街を散策することができました。そして戻って友達と落ち合うまでグランパレ方面に行ったのですがここも長蛇の列。シャンゼリゼ通りもすっごい人、ヴァンドーム広場は修復中、プランタンもギャラリー・ラファイエットも人人人。人疲れして宿に戻りました。


Dsc_8683

31 Dec.(Wed)
友達と一緒にシテ島、ノートルダム寺院、サンルイ島を歩き、セーヌ川下りに参加しました。そして、蕎麦屋で年越しそばをすすり、夜中にはエッフェル塔のカウントダウンに参加してきました。夜歩きの不安感はなく歩けましたね。
凱旋門と違い、エッフェル塔は特別なことがありません。0時から5分間のいつものシャンパンフラッシュのみです。それでも花火を上げたり、持ってきたシャンパンを開けてお祝いしたり、Bonne Année!と挨拶したり、キスしたり、自主的に楽しんでいる人たちでいっぱい。私たちは部屋に戻ってから買っておいたシャンパンで乾杯し、27時に就寝となりました。


Dsc_8844

1 Jan.(Thu)
Bonne Année!
1/1は美術館を含めて店もカフェもほとんどお休み。なので、ゆっくり起きてお昼頃にサクレ・クール寺院に行ったのですが、これが間違い。みんなが同じことを考えるようで激混み状態。静かなモンマルトルの丘は次にお預けとなりました。ちなみに、12/31深夜から1/1はパリのメトロは無料で乗り放題。太っ腹です。しかし年が改まり、区間運賃が1.7€から1.8€に値上げとなっていました。。。


Dsc_9330

2 Jan.(Fri)
3回目の別行動の日。ルコルビジェのサヴォア邸に出かける友達とは別にエッフェル塔界隈を散策です。セーヌ川とエッフェル塔を撮っていた時に、素敵なシーンに立ち会ってしまいました。
ある若い西洋人のカップルからカメラを渡されて撮影を頼まれました。私が撮ろうとすると、エッフェル塔を背景に彼女に指輪を差し出す彼。プロポーズする彼に、泣き出す彼女。返事はもちろんYES!私を選んでくれて嬉しかった。ずっと忘れないでしょう。
そして夕方は、パリにある関係会社を訪問。夜はここの駐在員の方と友達とオイスターディナーしました。


Dsc_9580

3 Jan.(Sat)
私がまる一日パリで過ごせる最後の日は、残念ながら雨の一日でした。向った先はマレ地区、フォーブル・サントノーレ、マドレーヌ寺院周辺。なんとなくお買い物デーになってしまい、私はアスティエで白い皿を4枚お買い上げです。パリ最後のディナーはda Rosaへ。美味しかったです。
9時過ぎにホテルに戻ってすぐにパッキングしました。はやいなー。


Dsc_9746

4 Jan.(Sun)
パリを去る日。本当はもう一日いる予定だったのですが仕事で切り上げました。なのでこの日予約していたエッフェル塔上りは行けませんでした。そこに行く友達とは朝ご飯でお別れして午前中最後の街歩きに出かけました。2度目のビオマルシェ、そして、サンジェルマン・デ・プレからパンテオン、リュクサンブール庭園へ。これが精一杯でした。
16:20シャルルドゴール空港発のAF272で日本に向い翌日12:30に羽田空港に到着しました。羽田に着いて、日本に帰ってきてしまったんだなーと若干の残念な気持ちを感じた後で、ずっと一眼をかついで肩が凝ったなーという疲労感が出てきました。。


冬のパリは日が短く、明るくなるのは9時過ぎ、夕方は17時には真っ暗。一日が短く夜が長かった。おかげで睡眠はたくさんとれたけど、ちょっと外歩きの時間を損したかな。次のパリは、もっと過ごしやすい季節に行くことにしよう!


次からはテーマ別に書いていきたいと思います!

|

« 2015 Winter in Paris | トップページ | 2015冬のパリ〜 #1 ホリデーシーズン »

Paris」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

エッフェル塔を背に
見つめ合うカップルの写真
素敵ですね。

拝読していて、
パリを訪れたくなりました。

投稿: TARO | 2015.01.09 21:26

>TAROさん
お久しぶりです。今年もよろしくお願いします。。
パリはこうしたシーンが絵になる街です。
彼らが去った後で、自分のカメラにもおさめていなかったことを激しく後悔しました。。。

投稿: moonshiner | 2015.01.09 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015 Winter in Paris | トップページ | 2015冬のパリ〜 #1 ホリデーシーズン »