« 2015冬のパリ〜#11 バラを求めて | トップページ | 2015冬のパリ〜#13 カフェで朝食を »

2015.01.23

2015冬のパリ〜#12 豊かなマルシェ

パリで街歩きの楽しみのひとつにマルシェでのお買い物があります。マルシェでフルーツやパンを買ってお部屋で食べるのも楽しい。今回もラスパイユのビオマルシェに行ってきました。


Dsc_7043

一番多いのは野菜やフルーツのお店。どのお店も並べかたがとてもキレイ。ラディッシュの赤とチコリの白。


Dsc_7062

美味しそうなポワローと手前はイタリアンパセリかしら。ここは白と緑の組合せ。


Dsc_7048

生で丸かじりできそうなたくさんのニンジン。


Dsc_9649

マルシェで買い物は男性の役割なのかな。女性もいますが、なんとなく男性のほうが多かったように思います。


Dsc_7049

キノコとトマトの種類の多さ。こちらのトマトは味が濃い。


Dsc_7037

ライチって皮はこんなに赤いのですね。大きなフランボワーズみたい。


Dsc_7035

ミカンは旬でたくさん出ていました。こちらは葉っぱを一枚残しておくのですね。とってもフォトジェニック。

私はミカンを友達はカキとパパイヤを購入しました。ミカンは日本よりも味が濃くてジューシーでした。カキは熟れていてとてもねっとりと甘くて美味しかったそうです。


Dsc_7018

冬の味覚のナンバーワン、オイスターもたくさん売られていました。


Dsc_9635

このまま生で食べたいくらい。レストランでいただきましたが、美味しかったです!


Dsc_7066

ビオ・ワインも売られています。これはジャケ買いしてしまったシノン。今回はこのシノンと白のソーヴィニオンブランを日本に買って帰りました。


Dsc_7051

ワインにはチーズですね。チーズのお店は二軒ほど出ていたかな。


Dsc_7052

でも、こちらのチーズは個性が強く、淡白なチーズが好みの私にはちょっと難しい。見るだけで満足です。


Dsc_7890_2

オリーブもたくさんありました。


Dsc_9630

ビオのブーランジェリー。バゲット、カンパーニュ、クロワッサン、ライ麦パン、どのパンにしようかといつも悩んでしまいます。


Dsc_9647

このお店には大きなマフィンが置いてありました。

旅の最終日が日曜日だったので、マルシェでカンパーニュとレーズンブレッドを買って日本に持ち帰り。エシレバターとビオのパン。数日、パリを思い出しながらプチ・ディジュネを楽しみました。


Dsc_9652

2014年暮れと2015年の年明けのビオマルシェに行きましたが、暮れに行った時になかったスープ屋さんが出ていました。今回はないなーと思っていたら、年末はお休みしていたんですね。次のパリではここでまたスープを飲もう。


Dsc_9637

もうひとつ、年末になくて年明けにあったお花屋さん。花屋があるだけでマルシェが明るくなります。


Dsc_9638

たくさんのバラにチューリップ、暮れにきたときに花屋が出ていたらきっと買って帰っただろうな。ここに暮らしているわけではないから、出会いの全てがタイミング。だからこそ、次も来たいと思うのです。

|

« 2015冬のパリ〜#11 バラを求めて | トップページ | 2015冬のパリ〜#13 カフェで朝食を »

Paris」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015冬のパリ〜#11 バラを求めて | トップページ | 2015冬のパリ〜#13 カフェで朝食を »