« 2015冬のパリ〜#12 豊かなマルシェ | トップページ | 2015冬のパリ〜#14 パリのお食事 »

2015.01.24

2015冬のパリ〜#13 カフェで朝食を

パン好きにとってパリの朝はたまりません。バゲットは毎朝買うのが当たり前、細長いバゲットを持って歩く人(家に持ち帰る)、食べながら歩く人(出勤途中)と高い確率ですれ違います。


Dsc_9181

ブーランジェリー(boulangerie)の前を通ると、焼けたパンのいい香りが〜。


Dsc_9199

こっちのお店からも。。。ほんと、たまりません!なので、パンいっぱいのカフェの朝食、プチ・ディジュネ(petit déjeuner)について。


Dsc_6761

パリではじめてのプチ・ディジュネは、到着した日の朝にカフェ・デ・フロール(Cafe de Flore)で。


Dsc_6752

カフェオレ、オレンジジュース、バゲット、クロワッサン。だいたいこれが基本です。


Dsc_6743

パン、つまり、炭水化物、それに、バター、つまり、油脂のみ。体に悪そうで日本ではやらないですけど、郷に入れば郷に従え、バゲットが美味しい国ですから当然いただいてしまいます。バターも美味しいですから、当然塗りたくってしまいます。


Dsc_6747

どこのお店のクロワッサンもしっとりしていて美味しい。バターと複数種類のコンフィチュールが付いてくるけれど、クロワッサン自体がほんのり甘みがあるので何も付けずにいただけます。


Dsc_8367_2

サンルイ島に行く途中でプチ・ディジュネした、サンジェルマン大通りに面したカフェ。暗めの店内よりも明るい外で。


Dsc_8370_2

カフェオレ、オレンジジュース、そしてバゲット。


Dsc_8371_2

バゲットも当然どこで食べて美味しい!何故なんだろう。日本のバゲットよりも肉厚でしっとり、しっかりしていて食べ応えがあるのです。


Dsc_9135

そして、レ・ドゥ・マゴ(Les Deux Magots)の24ユーロのかなり贅沢なプチ・ディジュネです。カフェオレ、オレンジジュース、クロワッサン、バゲット、パンオレザン、焼き菓子。食べきれずにお持ち帰りさせていただきました。


Dsc_9148

コンフィチュールはマゴ仕様、バターはエシレです。パリにいると安くて有り難みも感じなくなるエシレバター。これらも当然お持ち帰り。日本まで持って帰って、食べたびにパリを思い出していました。


Dsc_9540

ル・パリジャン(Le Parisien)というカフェのプチ・ディジュネ。


Dsc_9546

サンジェルマン・デ・プレでは老舗のカフェだそうです。他のお料理もリーズナブルで美味しいそうで、朝以外に一度行っておきたかったカフェです。


Dsc_9653

パリで超有名なブーランジェリー、ポワラーヌ(Poilane)がやっているレストラン、ラ・キュイジーヌ・ド・バー(La Cuisine de Bar)。


Dsc_9659

そこでいただいたプチ・ディジュネは11ユーロと比較的リーズナブル。パンはクロワッサンとカンパーニュ(田舎パン)。ポワラーヌはカンパーニュが有名ですからね。


Dsc_9664

ここはカフェオレはカフェオレボールで供されますが、そのカフェオレボールが大きくてビックリ。


Dsc_9670

大きいの、わかりますか?なんというか、海鮮丼くらいの大きさ。たっぷりいただけます。


Dsc_9668

”Poilane”と名前が入った白いプレートもお店の雰囲気に合っていて、お洒落でした。


Dsc_9189

エッフェル塔に向う途中でみかけたカフェのプチ・ディジュネ。ここはパンの切り方が面白いっていうのと、ゆで卵がついています。なんかいい感じのカフェで、次はエッフェル塔の近くに宿をとって、このお店に行こうかしらと思ってしまったくらい。


渋谷のVIRONに「VIRONの朝食」というパン(レトロドール、パンオショコラなど)にジャムの王様のミオジャム、そしてドリンクがついてくる朝食があります(エシレバターも付けられるけれど別料金)。はじめて食べた時は、炭水化物と油脂ばかりで体に悪いな、と多少の罪悪感を感じながら食べましたが、お手本はパリにありました。たまーに、自分を甘やかすときにいただくのによさそうです。

なんて書いていたら、VIRONに行きたくなってきました。

|

« 2015冬のパリ〜#12 豊かなマルシェ | トップページ | 2015冬のパリ〜#14 パリのお食事 »

Paris」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015冬のパリ〜#12 豊かなマルシェ | トップページ | 2015冬のパリ〜#14 パリのお食事 »