« 2015冬のパリ〜#3 パリの赤 | トップページ | 2015冬のパリ〜#5 ビュット・オ・カイユへ »

2015.01.15

2015冬のパリ〜#4 年越し

パリ滞在時の年越しについて書いておきましょう。

パリにおける最大の年越しの場所は凱旋門、シャンゼリゼ通りです。テレビ中継もここからやっていました。でも、カウントダウン経験者のブログを読むとすごい人らしいし、私たちのホテルは左岸なので行くにはメトロを使うことになります。行きにくいなということで、友達と検討して同じ左岸で行われるエッフェル塔のカウントダウンに行くことにしました。

でも、その前に、日本人ならば年越し蕎麦を食べなければ。はじめはカップ麺を日本から持って行くことも考えたけど、それでは味気ない。なので、パリで本格的な蕎麦が食べられるというお店に行くことにしました。


Desktop_2

サンジェルマン・デ・プレのレ・ドゥ・マゴとカフェ・ド・フロールの間の通りを入ったところにある、「円(YEN)」というお店。なんと、パリで門松としめ飾りを見ました。NIPPONしています。

外から中を覗くと、8割がた日本人のお客さんでした。食事をしてわかったのですが、観光客よりも地元に住んでいる方が大半のお客さんだったようです。日本人コミュニティーができているという感じでした。


Dsc_8811

平成26年大晦日と書かれたお品書きを見て、今年も終わるんだなと思いながら、、、もうこの頃は日本は2015年の明け方だったんですよね。


Desktop19

蕎麦屋ならばだし巻き玉子という友達、わたしはお刺身をいただきました。ちゃんと和食の味です。お料理に合わせたのはやはり冷酒。私は、上喜元という山形のお酒をいただきました。パリで冷酒、美味しかったです。


Dsc_8817

年越し蕎麦は、友達はかけそば、私はもりそばを。年越し蕎麦としてはよかったです。つるつるといただきました。ごちそうさまでした。これで日本式で年が越せます。


Dsc_8322_2_2

年越し蕎麦を食べてホテルに戻った後で、夜11時過ぎに完全防寒してホテルを出てシャン・ド・マルス公園に向いました。ホテルからシャン・ド・マルスまでは歩いて30分もかからない距離です。夜の街歩きは一人では絶対にやらないのですが、今回は友達と二人。iPhoneだけコートの下に装備して出かけました。

途中、あまり人には会わなかったのですが、公園が近くなると同じ場所に向う人が増え心強くなりました。公園に着くとカウントダウンを待つ人たちがすでに集まっていました。

0時前から自主的に花火を打ち上げる人たちがいて、エッフェル塔の奥で花火が何発も上がっていました。0時になるといつものシャンパンフラッシュが始まり、それとともに、"Bonne Année!"と言って、シャンパンを開ける人たち。まわりはお祭り騒ぎ。もうみんな勝手に盛り上がって勝手に飲んで、楽しんでいましたね。

5分間のシャンパンフラッシュの後はいつものエッフェル塔に戻り、私たちも来た道を戻りホテルに帰りました。


Dsc_8830

当初はそのまま寝る予定でしたが、新年ということでやっぱりシャンパンを開けてしまいました。眠ったのは27時。こうしてパリの年越しをしたのでした。

つづく。

|

« 2015冬のパリ〜#3 パリの赤 | トップページ | 2015冬のパリ〜#5 ビュット・オ・カイユへ »

Paris」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015冬のパリ〜#3 パリの赤 | トップページ | 2015冬のパリ〜#5 ビュット・オ・カイユへ »