« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014.12.23

色のない季節には赤のネイルを

グレーな街にダークなコートが多くなるこの季節、せめて週末やお休みの日の指先だけはと赤のネイルで過ごしています。同じ赤でもいろんな赤がある。いろんなブランドで赤のネイルを見ています。


Dsc_6687

最近のお気に入りの3本。左からCHANELのROUGE NOIR、DRAGON、ADDICTIONです。先日、銀座三越さんで大人買いしてきました。CHANELとADDICTION、隣同士なんですよね。

ROUGE NOIRは血の色に近いちょっと黒ずんだような赤。DRAGONは燃えるような赤。さすが、CHANELさんです。CHANELのネイルが増えました。

そして、最近テレビCMを見かけるようになったADDICTION。この赤は、「Double Suicide」というすごい名前がつけられたネイル。ブランド名もすごいけど、ネイルの名前もすごいもんです。が、落ち着いた深みのある赤、すっごくいい色です。短く切りそろえた爪だからこそ似合う色だと思います。”いい色ですね”と言ったら、お店の人が"雑誌の賞を受賞しました”と言っていました。

ADDICTIONはCHANELの半分のお値段だったので、赤以外にもう一本、お仕事用にベージュの「Vanilla Break」という名前のネイルを購入しました。定番だそうです。これもやっと見つけた白っぽくないベージュ。いい色です。

赤のネイルについてはちょっと計画していることがありまして。それは実現したらブログにも書こうと思っています。


Dsc_6643

もともとCHANELにはこのハンドクリームを買いに行きました。少々お高いですが、合わないとすぐにかゆくなる私の手が、全く拒否反応を示さなかったので思い切って。香りもよくて気に入っています。


今年は特に乾燥しているようで、すぐに手がかさつきます。少しでもかさついたらハンドクリームを塗ってと。掻かないようにこまめなケアーを心がけて、きれいな指先でいたいものです。

| | コメント (0)

2014.12.21

「山本道子の店」のクッキー

友人から宅配便で菓子折りが届きました。


Dsc_66580

包み紙を開けてみたら「山本道子」の店のクッキーでした。チョコレートと抹茶の二種類、それぞれメレンゲ菓子が付いていました。

山本道子の店、どこかで聞いたことがあると思って調べると、菓子の「村上開新堂」の5代目当主がやっているお店とありました。村上開新堂は紹介制のため一見さんは買うことができないそうです(今時そんな菓子屋があるなんて!)。山本道子の店は紹介がなくとも買えるということで人気のようです。

友達がクッキーと一緒にダージリンティを付けてくれたので、ダージリンティとともにいただきました。

お味は、すごく特徴があるというわけではないです。薄焼きの普通の素朴なクッキーです。が、サクサクと、いや、コリコリかな、歯ごたえがよいですね。


ゆっくり、ゆったりとしたティータイムを過ごすことができました。ごちそうさまでした。

| | コメント (0)

2014.12.17

もこもこで温かく

寒い場所に行く対策の続き。


Dsc_6595

もこもこブーツを新調しました。UGGのBAILEY BUTTON BLING コレクションのスワロフスキーボタンバージョンです。別にスワロフスキーでなくてよかったのですが、PORTというパープルがかった色のブーツがこのバージョンのみだったのです。ソールも同じ色っていうのがいい。


Dsc_6596

ヒールにもスワロフスキーでUGGのロゴが。はじめは派手かなとも思いましたが、なかなかないパープル系でスワロフスキーがポイントになっていて、お洒落で気に入りました。ずっとブラックのCLASSIC SHORT(定番ですね)でしたが、時々は服に合わせてこちらも(ユニクロのダークグレーのダウンにも合います)。


Dsc_6609

ダウンの他に、ムートンのコートも新調しました。ムートンももこもこして着膨れしそうで苦手なコートです。が、こちらも背に腹。温かさを優先です。

画像では少し明るめに写っていますが、もう少し濃いブラウンです。ベージュとネイビーと悩んでブラウンにしました。先日のニット帽にも、UGGのブーツともコーディネートできます。


先日、渋谷で雪が降ったようで寒い日が続いていますね。今年の冬は寒そうだから、これらの寒さ対策のコートは役に立ちそうです。


あ、もうひとつ。ホッカイロを調達しておかなければ!

| | コメント (2)

2014.12.16

ダウンコートとニット帽

年末年始に寒い場所に行く計画をしています。スキーをしない私は、せいぜい実家のある北関東の冬の寒さの経験値くらいしかありません。それよりも寒い冬って?あー、2月の最も寒い時に氷点下30度を下回るという極寒の北海道・陸別に行ったことがありました。いやー、あれは寒かった!

今回行く場所はここまで寒くないですが、寒さ対策でコートを購入しました。


Dsc_6577

大の苦手のダウンコートです。自分に似合うと思ったことがなく、これまでダウンは避けてきました。でも、寒い場所では見かけよりも温かさという実利をとらなくてはならない。でないと寒さで不機嫌になり、一緒に行く友達に迷惑をかけてしまいそう。なので、ダウンを購入しました。

きっとあまり着ない。だからユニクロさんでリーズナブルに。しかも割引の時に購入したので1万円もしません。でも、安っぽく見えないように素材感とシルエットは吟味しましたよ。これにヒートテックを重ね着して。ま、なんとかなるかな。


Dsc_6591

もうひとつは、耳が隠れるニット帽。CA4LAさんで購入しました。こっちはカシミア。なんと、ダウンコートの二倍のお値段。他のウールのニット帽もかぶってみたけれど、カシミアの温かさ、ふわりとした素材感には勝てませんでした。リバーシブルっていうのと、耳がかぶる部分が二重になっていてとても温かいというのに惹かれました。


寒さ対策で他にも購入したものがあります。それはまた次の機会に。

| | コメント (0)

2014.12.15

東京都庭園美術館

12月はじめのこと、11/22にリニューアルオープンした東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)に行ってきました。いまの期間、平日ならば写真が撮れるということで、一眼レフを持って出掛けてきました。

が、、、建築、モノを撮るのは難しい。たくさん撮ったのにほとんどがボツ。撮らされているというかなんというか。意志が感じられない写真ばかりで、ブログにアップするのも考えてしまいました。。。


Dsc_5991

エントランスのモザイク。通常は撮れるのはここまでです。


Dsc_5995

コインロッカーまえにあった洗面台のライト。この植物をモチーフにした装飾は、他にもいろんなものに使われています。


Dsc_6004

個別の展覧会として「内藤礼 信の感情」が開催されていました。この小さなお人形?はいたるところに置かれていて、探すのも楽しい。


Dsc_6025

一階、大客室の扉。銀引きつや消し加工のエッチングガラスでできています。彫られている柄がかわいくて、ずーっと眺めてしまいました。

Dsc_6031

この部屋を照らしていたルネ・ラリック制作のシャンデリア。アール・デコ、ですなあ。


Dsc_6195

大食堂。庭園に向いた張り出し窓。ため息がでます。こちらの照明器具もラリック。こちらはパイナップルとザクロです。


Dsc_6074

一階から二階への階段。上に見えるのは二階の照明柱。階段のステップ、手摺りは大理石です。なんて豪華な。。

Dsc_6065

一階の洗面台と同じ、花模様の装飾。


Dsc_6088

階段を上った二階広間から見た姫宮の部屋に渡る通路。


Dsc_6098

寝室と居間の間に位置する合いの間。丸い温かみのある照明、白漆喰のアーチ形の天井の、柔らかな表情の部屋です。


Dsc_6111

左右の壁に天井まで続く書棚を持つ書庫。ここで、小さな人を発見。


Dsc_6138

妃殿下寝室の鏡にもいました。


Dsc_6142

白と黒の大理石の市松模様の床。南側にあるベランダです。ここからは日本庭園が一望できます。ラッキーなことに人がいなくてひとりじめ。


Dsc_6147

ベランダから続く妃殿下の居間。朝香宮邸の各部屋の照明は全て異なるのですが、その中で私が一番好きな照明です。二階の照明はラリックではなく、妃殿下が宮内庁の匠に作らせたものとか。そこに派手さや華美な様子はありません。品があって、落ち着きます。センスですね。


Dsc_6156

二階の踊り場。ここにもカラフルなライトが。アーチ状のドアの前に座って本を読んでいた白いハットの女性。とても絵になっていたので撮らせていただきました。


Dsc_6170

逆方向から二階広間を見たところ。


Dsc_6174_2

北の間と呼ばれる部屋の窓から外を見ていた小さい人。白いあたたかそうな帽子をかぶっていました。


Dsc_6198

そして、ひととおり見て一階に戻りました。入ってすぐの次の間にある白磁の香水塔。ここの床のモザイクも見事なものでした。


素晴らしい建築、装飾品を見て、撮ったのですが、私はどう撮りたかったのか?一枚として気に入った画像がないという情けない状況。悔しいなあ。まだまだ修行は続きます。。。

| | コメント (0)

2014.12.14

サラ・ブライトマン コンサート

SARAH BRIGHTMAN in concert with Orchestra
〜 世界でいちばん美しい歌がある 〜

Img_4786_2

12/12、東京国際フォーラムで行われたサラ・ブライトマンのコンサートに行ってきました。CDでは聴いていましたが、コンサートは初めてです。


生歌、しかも、バックはオーケストラ。アンコールを入れて23曲、2時間を越えるコンサート、素晴らしかったです。そのほとんどが、必ずどこかで聴いたことがある曲で、リズムをとったり一緒に口ずさんだりしていました。

二部構成で前半はダイナミックに、後半は聴かせるように。緩急がうまいです。後半の、「風のとおり道」から「Scarborough Fair」は、美しすぎて、感動して、うるっときてしまいました。「オペラ座の怪人」、「A question of honour」(本編ラスト)を生で聴けたことも嬉しい。

サラ・ブライトマンは宇宙旅行をする初めてのクラシック歌手と言われています。これが宇宙旅行まえの最後のツアーになるのか、演出というか、バックの映像が宇宙的なものが多かった。特に、「Time to say goodbye」はロケット発射の映像でした。

その他、ライティングも凝っていて美しかったですが、ライトが強すぎて直視できないこともありました。お隣さんの会話、「ライトがキツくて見えなくて、サラが発光したかと思った!」ですって(笑)

いろんな点で印象的なコンサートで、DVDが発売されたら観たいと思うし、次のコンサートも観に行きたいと思います。


Img_4795

コンサートの後は銀座へ。金曜日の夜に銀座なんて、何年ぶりだろう。

今年でおしまいのミキモトのクリスマスツリーを見て、


Img_4806

遅めの晩ご飯へ。軽めに、グラスワインと前菜とパスタをいただきました。


寒かったけれど、12月の銀座の夜はイルミネーションが美しく、その華やかさに気分が上がりました。ことしもあと二週間とちょっと。がんばろう。

| | コメント (0)

2014.12.08

北鎌倉、紅葉

12月6日、土曜日、紅葉の北鎌倉に行ってきました。

東慶寺に着いたのは8時半、まだ人は少なく、太陽が上ってくるのを待ちながら東慶寺の境内を歩きました。太陽が上るを待つ、寒かったけど、この待つ時間の一瞬一瞬がとても大切なものになりました。だって、二度と同じ光がないのだもの。時間とともに陽が当たる木、葉が変わって行く。それがとても面白い。同じ木を、時間を変えて、角度を変えて、何度も何度も撮りました。


Dsc_6327

東慶寺の境内の一番奥の一番高い場所、そこに上って行く階段の景色です。美しい紅葉が広がっていました。


Dsc_6349

お墓の角っこにあった大きな木。この木は何度も何度も撮ってしまった木。


Dsc_6407

赤い紅葉の木よりも、橙や黄色に染まった木のほうが多かったかな。赤はあまり色づきがよくなかったかも。。


Dsc_6413

やっと太陽が紅葉を照らしはじめました。その色の美しいこと!


Dsc_6454

この光が射す時間(とき)を待っていました。


Dsc_6492

本堂の入り口の大きな木。私を含めて何人もの写真を撮る人たちが、この木を見上げて写真を撮っていました。


Dsc_6493

待ったご褒美をもらったような気分。寒くて手がかじかんで辛かったけど、満足です。


Dsc_6496

8時半に東慶寺に入って、あらら、時計を見たら10時半過ぎました。そろそろ次のお寺に行きましょう。


Dsc_6530

ということで、円覚寺へ。なんと、拝観券を購入するのに列びました。人気なんですね。。


Dsc_6543

でも、わかるな。広い境内にはたくさんの色づいた木々。上ったり下りたりして、紅葉を眺めました。


Dsc_6560

静かな東慶寺と比べると、若い人も多くて賑やかな感じ。ここはしっとりというよりも、あっけらかんな感じで。十分に楽しみました。


Dsc_6566

そして、お昼ごはんはちょっと足をのばして鎌倉まで行ってしらす丼をいただきました。こちらmozさんに教えていただいた、「ひさ本」というお店。10席のカウンターのみのちいさなお店。生しらすがあるということで、生しらすと釜揚げしらすのどんぶりを。だし汁ごはんの上に、しらすがどーんとのっています。お醤油は付けずにいただきました。美味しかった!ごちそうさまでした。


さて、これでひとまず今年の紅葉は見たってところでしょうか。これからはクリスマスの雰囲気の写真を撮ろうかな。がんばって、歩いてみよう。

| | コメント (2)

2014.12.07

冬の東慶寺

仕事でバタバタしていてしばらくブログを更新できないうちに12月になってしまいました。師走、はやいなー。今年も1ヶ月もないなんて。。。

やっと仕事なしの週末を過ごすことができたので、昨日の土曜日、久しぶりに北鎌倉に行ってきました。ブログでお世話になっているmozさんの北鎌倉の話を読み、紅葉は週末がぎりぎりかもと思っていたので、頑張って早起きしました。

開門の8時半に東慶寺に到着。境内はひっそりとしていました。ここは東側に山があるので8時半は暗い。寒い中でしたが、それでもこの時間にしか見ることができないものを探してシャッターを切りました。


Dsc_6231

地面を見るとうっすらと白くなっている。霜が降りていたんですね。まさに、陽が射す前にしか見られない景色です。


Dsc_6224

「霜が降りていますね」と、境内を掃き清めている方に話しかけたら、「初霜だそうです」と言っていました。初霜、土曜日は寒かったですからね。でも、初霜の東慶寺に来られたなんて、なんだか嬉しい気分。


Dsc_6249

散った紅葉の葉にも霜。キレイ、冬の景色ですね。

ん?ということはもしかして薄氷が張っているかなと探したら、2月に行った時に薄氷が張っていた場所は、さすがにまだ水のままでした。


Dsc_6261

花を探して歩いたら、書院前の木瓜の花が咲き出していました。冬の赤、とても鮮やかです。


Dsc_6269

水仙が花を咲かせようとしていました。寒い中で凛として美しい。


Dsc_6290

そして、会いたかった可愛らしいジュウガツザクラ。寒い中でもしっかりと咲いていてくれました。


Dsc_6309


北鎌倉駅で横須賀線を降りると、ほとんどが円覚寺に向う人たち。早朝の東慶寺に来る人はわずか。だから、とても静かで、ゆっくりとそこの空気を味わうことができます。でも、その東慶寺にも、私みたいに地面を撮っている人はいないんですけど・・・。


さて次は、今回の北鎌倉の目的、紅葉について書きたいと思います。

| | コメント (2)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »