« 神楽坂にパリを探しに | トップページ | 伊勢の旅 #1鳥羽へ »

2014.09.17

神楽坂の石畳

神楽坂には石畳が多い。なので、気ままに歩いて石畳を主役にいろいろと小径の景色を撮ってみました。


Dsc_1850

善国寺の前の道を入った路地から。人気店があるのでしょうか。路上の縁台に座っておしゃべりする人たち。


Dsc_1859

入り口がとっても細い兵庫横丁。石畳が続く静かな道。けど、こうした小径巡りをする人は多いようで、日傘を差した女性のグループ、カップルに何組も会いました。狭い道だからカップルは自然に寄り添ってしまうのね。


Dsc_1994

「鳥茶屋 別邸」に向う道。おばあちゃんがおこちゃんの手を引いて歩いていました。左側と正面の建物の違い。。。それが日本なんだけど、イマイチ感がぬぐえません。


Dsc_1891

戻って、兵庫横丁を進んだ場所にあった「料亭 喜文」。石畳にしっとりした黒塀が映えて和な感じ。人気店なのか、入り口で順番を待つお客さんが絶えません。


Dsc_1881

その「料亭 喜文」と「旅館 和可菜」の前のちょっとした広場。石畳に木々の影が映り、もうすぐ秋なのにと陰影の強さに少し驚きました。


Dsc_1929

一方で、日陰が多い石畳の道は昼から灯りがともっていて艶っぽさを感じます。さすがは花街。


Dsc_1989

「鳥茶屋 別邸」前の階段。神楽坂では有名な場所だそうですね。ここにも灯りがともって雰囲気出ていました。


神楽坂は「坂」というだけあって石畳の坂を上ったり下りたり、そして細い路地を行ったり来たり。今回は飯田橋から神楽坂上までの狭い範囲だけを歩いたけど、次は神楽坂上から神楽坂までもっと広い範囲を歩きたいと思います。あ、今回行けなかったまだ見ぬ路地にも。

Img_4048

本当は、「鳥茶屋 別邸」で絶品親子丼を食べる予定だったのですが、食べログで調べたところ「本家あべや」の評価が高かったのであべやさんで。あべやさんのは比内地鶏の親子丼。鶏に弾力性があり、たまごもとろりで美味しかったです。次は「鳥茶屋 別邸」で食べてみて、どちらが美味しいか評価したいと思います。

次の散歩が楽しみです!


|

« 神楽坂にパリを探しに | トップページ | 伊勢の旅 #1鳥羽へ »

散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神楽坂にパリを探しに | トップページ | 伊勢の旅 #1鳥羽へ »