« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014.09.29

秋桜を撮りに〜昭和記念公園

天気がよかった先週土曜日、一眼にタムキュー(マクロレンズ)を装備して昭和記念公園に行ってきました。


Img_4182

初めての昭和記念公園。西立川駅で電車を降りて9時半に入園。広いです。こんなに広いとは!レンタサイクルをする人もいましたが、私はカメラを持ってとにかく歩きました。

秋桜が咲いている原っぱ西花畑を目指すと見えてきた大ケヤキ。この木なんの木♪の日立の木みたい。午前中は青空に白い雲がいい感じに広がっていて絵になりました。ちなみに、マクロでは当然ながらこんな遠景は撮れないので、これはiPhoneで。

西花畑に到着するまで15分くらい。すでに三脚や一脚を持った人たちが秋桜を撮っていました。

どんな秋桜がいいのだろうと試行錯誤。花を撮る距離感がまだなかなか掴めておらず、近づいたり、下がったりの繰り返し。また、風が吹いていたので秋桜があっちこっちに揺れてしまい、撮るのにも苦労しました。AFが役に立たずMFに設定変更。マクロってやっぱりMFなんですね。

で、試行錯誤しながら撮った秋桜たち。


Dsc_3080

普通にアップ。濃い色の秋桜と薄い色の秋桜。濃いほうはキャンディストライプ、薄いのはアカツキ、だったかな。


Dsc_3035

マクロならではの、どアップ。こうして見ると、秋桜はキク科の花だとはっきりとわかりますね。


Dsc_2977

奥の花びらにフォーカスして撮ってみた1枚。マクロは背景に何を入れるかもちゃんと考えることも大切。


Dsc_2994

ハイキーにしてとろける感じに。なんか、蓮の花っぽい。


Dsc_3099

中央の秋桜に焦点を当ててみました。前と後ろがぼけて奥行きがある写真が撮れました。


Dsc_2965

アップじゃないのもいいですね。お花畑の感じが出ました。


Dsc_2972

こっちも。いろんなピンクの秋桜たち。


Dsc_3051

こちらは前ぼけがいい感じに効いてくれた一枚。


Dsc_3089

F値9.0。タムキューってまろやかなぼけ感と言われていますが、新しいレンズは絞りをこのくらいにすると、ピキっとした写真が撮れます。気に入りました。


Dsc_3125

青空と秋桜を撮りたくて、しゃがんで下から撮った一枚。頑張った甲斐あって、お気に入りの一枚になりました。


Dsc_3148

原っぱ東花畑では、黄色の秋桜、サンセットイエローが咲きはじめていました。


Dsc_3177

マクロですな〜。黄色い菊の花のよう。。。


Dsc_3188

咲きはじめといってもこんな感じで、ほんのわずか。葉や茎のほうがおおいのです。見頃はもう少し先ですかね。


昭和記念公園は、西花畑、東花畑、花の丘と咲きはじめの時期を変えて秋桜を長い間楽しむことができます。また行きたいと思うけど、ちょっと遠いのですよね。。。もっと近くにこんな場所があればいいな。


まだまだマクロレンズの練習は続きます。次はどこに撮りに行こうかな。。

| | コメント (0)

2014.09.28

彼岸花を撮りに〜瑞泉寺

北鎌倉から鎌倉まで一駅電車に乗り、小町通り、鶴岡八幡宮を足早に通り過ぎ鎌倉宮に向いました。


Img_41410

何度も鎌倉に来ているのに鎌倉宮は初めてです。鎌倉宮は、大塔宮(おおとうのみや) 護良親王(もりながしんのう)を祀っている神社だそうで、明治天皇の勅命で造営された神社だそうです。


Dsc_2812

境内の彼岸花を撮っていると、次々お参りに来る人たち。観光客、地元の人いろいろ。

鎌倉宮を出てずんずん歩き、瑞泉寺に向いました。その途中の道ばたにも彼岸花がたくさん咲いていました。これから咲く花、盛りの花、そして枯れた花。その度に立ち止まって写真を撮りながら向いました。


Dsc_2829

瑞泉寺に到着。こちらにも初めて参拝です。

なぜ、瑞泉寺なのか。mozさんのブログで東慶寺を知りました。そして、mozさんが鎌倉で一番好きなお寺が瑞泉寺ということで、きっといい場所に違いないと思って出かけてみたのでした。


Dsc_28431

いい場所でした。東慶寺よりも人が少ないところがいい。そして庭が広い。緑が多い。はい、彼岸花が満開でした。


Dsc_28917

マクロレンズはとてもドラマチックな写真が撮れますね。これは光と影を意識して撮った写真ですが、こんなにドラマチックになるとは。


Dsc_28388

白い彼岸花も咲いていました。白の彼岸花には赤の彼岸花のような強烈な印象はありません。が、何故か、白骨を連想してしまうのです。私だけ?


Dsc_28589

ほおずきもいい感じに色付いていました。秋ですね。。


Img_41465

山門に向う途中で見かけた竹林。グリーンの静かな世界。澄んだ空気に深呼吸しながら向いました。


Img_41509

山門。実はタムキューではアップになりすぎるのでiPhoneで撮りました。タムキューだけ持って行ったので広角の写真が撮れなかったのです。


Dsc_2892

本堂の屋根。本堂の手前の芙蓉が満開でした。白と緑の爽やかな雰囲気。芙蓉たちもマクロレンズの被写体になってくれました。


Dsc_2921

鎌倉駅に向う途中のパン屋さん ベルグフェルドで買ったお昼ごはん。リボンのカタチのクロワッサンとミートパイが売り切れだったのでジャーマンドックを購入ました。赤ワインによく合います。


たくさん歩いて写真を撮って、充実したお休みとなりました。が、マクロレンズはまだまだ修行です。

| | コメント (0)

2014.09.27

彼岸花を撮りに〜東慶寺

先日、タムキューを持って北鎌倉と鎌倉を歩いてきました。まずは、北鎌倉の東慶寺です。

何度か書いていますが、東慶寺は私が一番大好きな場所です。四季折々の花が楽しめるというのはありますが、何よりも静かで気持ちがいいのです。一番落ち着くお寺です。


Dsc_2643

山門。少し色づいてきたかしら。まだ紅葉の季節には来たことがないんですよね。今年こそは紅葉の時季に来てみたい。だけど今回は、目的は彼岸花です。


Dsc_2652

書院の黒壁の前に咲いていた萩。満開でした。


Dsc_2657

8時半の開門と同時に行ったので、人も少なくゆっくりとした時間を過ごすことができました。


Dsc_2671

行ったのがお彼岸中だったので、お坊さんと何度かすれ違いました。お寺の朝のお掃除をする人が、お坊さんにうやうやしく挨拶をしていました。若いお坊さん。私もすれ違った時に、おはようございますとご挨拶をさせていただきました。


Dsc_2716

秋桜も満開。薄いピンクと白の秋桜がとても可憐でした。


Dsc_2717

陽射しに向って咲く秋桜たち。逆光で撮るのもとてもいい。


Dsc_27780

もうひとつ、にぎやかな秋桜たちを。


Dsc_27341

そして、彼岸花。曼珠沙華というよりもここでは彼岸花のほうがしっくりくるような気がします。


Dsc_27453

強烈な赤が存在を主張しています。


Dsc_2740

マクロレンズだから撮れる超アップの画像。アップにすると赤が滲んで、なんだか赤い花火のよう。見ていて線香花火を思い出してしまいました。


少し時間があるので、鎌倉まで足をのばしてみましょう。

| | コメント (0)

2014.09.26

マクロレンズ

D7000を使いはじめて2年以上経ちました。レンズキットではなくひとつづつレンズを揃えて、現在の所有レンズは、明るい単焦点レンズ(50mm)、ズームレンズ(17-50mm)、望遠レンズ(18-270mm)となりました。

そして、、、遂に、ずっと欲しいと思っていたマクロレンズを手に入れてしまいました。


Img_41731

TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F004)


タムキューのモデル272Eの後継レンズです。タムキューは友達のタムキューで撮らせてもらったりして、いいなー、欲しいなーと思っていました。

買うならばコスパを考えて3万円代の272Eと思っていたのに、新しいF004を買ってしまったのは、amazonの誘惑。amazonの通常価格は6.4万円なのですが、なんと、9月末まで1万円のクーポン付き。5.4万で手に入るということでポチっと押してしまいました。そしてなんと、午前中にポチッと押したのでプライムサービス利用でその日の夜にはタムキューが私の手元に。。。翌日のお出かけに間に合ってしまいました。amazon、すごい。。

彼岸花を撮るのにマクロレンズが欲しいなと思っていて、そしてamazonで見つけてしまって、これはもう、買うしかなかった。


ということで、マクロ撮影の練習に彼岸花を撮りに先日北鎌倉と鎌倉に行ってきました。面白い世界が見えたけど、マクロ撮影、いろいろと気を遣います。奥が深いです。練習作品は、またいずれ。

| | コメント (2)

2014.09.25

伊勢の旅 #5 お参りの後で

伊勢神宮にお参りした後は、おかげ横丁を散策。


Dsc_2587

江戸から明治にかけての伊勢の街並みが再現された通りが延々と続いています。お土産屋さん、伊勢の名物を食べさせるお店、カフェが立ち並ぶ観光スポットで、たくさんの人が歩いていました。


Dsc_2597

伊勢土産と言ったら赤福。赤福本店もここにあります。あんこが苦手の私は買わなかったけどね。赤福を買った友達は、あんの形を崩さずに無事に持ち帰ることができたのかしら?


Desktop9

ぶらぶらと歩いて入った日本酒のお店。スタンディングでいただきます。私たちは、神宮御料酒 純米吟醸樽香 白鷹をいただきました。塩と一緒にいただきます。フルーティでさっぱりとした美味しいお酒、でしたが、私はほろ酔い気分。。。


Dsc_2543

お店の脇の細い路地を入って行った人の後をついて行ったら、、、


Dsc_25450

おかげ横丁の裏の石畳の道に出ました。観光客が歩かないひっそりとした道。私はこんな意外性を好みます。だから細い路地大好き。このワクワク感、醍醐味です。


Dsc_2561

そして、そこからまた一歩はいると五十鈴川が流れていました。神宮で見たのとはまた違った表情の五十鈴川。川底が見えるほどの澄んだ水、大きな鯉が泳いでいました。


Dsc_2564

石投げをして遊ぶ地元の人たち。いいなー、観光じゃないこんな普通の体験がしたいなー。


Dsc_2571

伊勢市駅に戻るまでは五十鈴川カフェでまったり。京都のような、金沢のような、そんな趣きのカフェ。


Dsc_2607

お店の中もこんなレトロなつくり。五十鈴川を向いたカウンターで話す旅行者たちの静かな声。

Dsc_2601

歩いて疲れたので、コーヒーとチョコレートスフレのケーキをいただきました。五十鈴川を見ながら、私たちも旅の出来事をだらだらお喋り。


午後5時、伊勢市駅に戻る時間です。バスに向いましょう。


Img_41302

途中の宇治山田駅。駅名に灯りがはいりました。ネオン管ぽいのだけど、その灯りの色もレトロでとても駅舎に合っていると思いました。


一泊二日の伊勢への旅。彼女と旅したのは何年ぶりだろう。彼女にアクシデントがあったり、お互いのペースがあわないといった時もあったけど、まあなんとか無事に過ごすことができました。はじめての伊勢行き。時には友達との国内旅行もいい。またそんな時間が作れるといいと思いました。

| | コメント (0)

2014.09.24

伊勢の旅 #4 神宮内宮を歩く

いよいよ伊勢神宮の内宮。天照大御神にお参りです。内宮は外宮と規模が違います。とにかく広い。だから大勢の人がいても混雑という感じはしません。


Dsc_2370

鳥居をくぐり、


Dsc_2390

宇治橋を渡り神様の領域へ。ここでは右側通行です。


Dsc_2381

宇治橋の下を流れるのは五十鈴川。伊勢ではいろんなところで五十鈴川を見ました。伊勢の人たちのくらしの一部になっているのかな。京都の鴨川のようなものでしょうか。


Dsc_2418

手水舎にたくさん列んだ柄杓たち。まずはこちらで清めて、


Dsc_2423

さらに、五十鈴川の御手洗場で清めます。川の中には小さな魚がたくさん泳いでいました。さすがは神域を流れる川、きれいな川なのですね。

この近くの瀧祭神にお参りしてから内宮に向いました。瀧祭神は「おとりつぎさん」として住民から親しまれているそうで、正宮に詣でる前に滝祭神を参拝すると、天照大神に願い事を取り次いでくれるのだそうです。そんなことは置いておいても、人が少なく、静かで清々しい場所でした。


Dsc_2400

さて、一の鳥居をくぐりましょう。歩いていて、明治神宮にお参りする時と似ているように思いました。両方とも神様ですから、当然か。あ、でも、内宮のほうが規模は断然大きいです。


Dsc_2438

二の鳥居をくぐってさらに歩きますが、まだまだ正宮には辿り着きません。。。


Dsc_2440

正宮に向う途中で見た、風日祈宮に渡る鳥居と風日祈宮橋。このたくさんの緑と鳥居が私の中での神宮のイメージです。


Dsc_24531

やっと辿り着いた御正宮。天照大御神にお参りしました。白木と金がすっきりと美しかった。神々しいとはこういうことを言うのですね。

ここでは、自分のことを願ってはいけません。まずは今の自分がいることを感謝してから次の神様へ。


Dsc_2479

自分のこと(私利私欲)を願う荒祭宮への道。私の他にもたくさんの人が・・・。


Dsc_2489

到着したら行列ができていました。伊勢神宮で行列を見た中で一番の行列です。やっぱりみなさん私事が一番?私もたくさんお祈りしてきました。

他に、猿田彦神社、月夜見宮、月讀宮、倭姫宮にもお参りしたかったのですが、1日ではやっぱり行けませんでした。是非、次に行った時に。


パワースポットと言われている伊勢神宮。私は御正宮にお参りした時よりも、緑の木々の間を静かに歩いた時間に心の落ち着きを感じました。自然と深呼吸をしてしまうんですね。また心が疲れたら、神宮の気を感じに再訪したいと思います。

| | コメント (0)

2014.09.23

伊勢の旅 #3 神宮外宮を歩く

伊勢の旅二日目。ホテルをチェックアウトして伊勢神宮に向います。


Dsc_22130

伊勢市へは近鉄で。ホームにはえんじ色とクリーム色のツートンカラーの近鉄の電車が停車してました。神宮外宮の最寄りの駅・伊勢市にはJRでも近鉄でもよいのですが、近鉄で行ったそのワケは・・・、


Dsc_2263

レトロな駅舎の宇治山田駅を見てみたかったから。この後に行った伊勢市よりもよっぽど立派で、こちらのほうが玄関口なんじゃないかと思ってしまうくらい。


Dsc_2253

少しくすんだクリーム色のブロックと青銅の装飾。ロータリーに停まっているタクシーも黒塗りで、とってもあっています。


Dsc_22190

駅の中もレトロです。明かり取りの八角形の窓。


Dsc_2218

アールデコのようなライト。


Dsc_2251

蛍光灯が光る明るい構内ではなく、こうしたちょっと暗めの白熱灯というところがいい。わざわざ伊勢市の手前で降りて見てみてよかった。

宇治山田駅から伊勢市までは歩いて10分もかかりません。荷物を預けて外宮に向いました。


Dsc_2283

駅前からの参道を歩いて外宮に到着。正しい順番でお参りしましょう。


Dsc_2286

火除橋を渡り神様の領域へ。一の鳥居で一礼をして歩いて行きます。


Dsc_2290

木と緑が多く清々しい空気。砂利を踏みしめる音だけが響きます。


Dsc_2317

まずは正宮の豊受大御神にお参り。こちらは内宮の祀られている天照大御神の食事を司る神様。昨年に遷宮があったので、白木も新しい。


Dsc_2332

正宮にお参りした後に、風宮、土宮、そして多賀宮にお参りしました。こちらは多賀宮に上って行く杜の中の石段。緑が多く気持ちがいい。


Dsc_2344

多賀宮にお参りした後、石段を下りる途中で上から見た風宮。個人的に、神社仏閣の写真を撮ることはためらわれるので、数少ない写真の一枚です。

ゆっくり回ったので外宮のお参りに2時間近く。バスで内宮に向いました。


Dsc_2351

内宮に着くとちょうどお昼の時間。名物の伊勢うどんをいただきました。ぶっかけうどんのひとつですかね。見かけは讃岐うどんに似てもちっとしているのですが、食べてみると讃岐うどんのようなコシはなく、ねっとりしている感じ。あっという間に食べ終えて、


Dsc_2360

友達のリクエストで伊勢海老コロッケを食べに。かなりクリーミーだけど、伊勢海老はどのくらい入っているのかしら?プリッとした食感はなく、んーちょっと残念。


さて、お腹はいっぱいになったし、内宮の天照大御神様に詣でてきましょう。

| | コメント (0)

2014.09.22

伊勢の旅 #2 豊かな食事

温泉にゆっくり浸かり晩ごはんは19時から。お部屋食だったので、仲居さんがテーブルにお料理を並べるのを見ながら待ちました。見ていると、テーブルの上はお料理で埋め尽くされまして、、、


Desktop8

こーんな感じ。見ただけでお腹いっぱい。

おしながきではこんなふうに書かれていました。

・先付八寸 伊勢志摩産真珠貝、貝柱と鯛の酒盗和え、甘海老のマリネ叩き長芋とともに、黒豆湯葉、鯛の焼き霜、大内山の牛乳羹
・吸物 蛤のしんじょ
・造り 伊勢地方卸市場直送 新鮮海の幸四種盛 加賀醤油と梅肉醤油お好みで
・蒸物 すずきのホワ〜と蒸し
・温物 海鮮と野菜のチーズフォンデュ
・焼物 伊勢海老陶板焼き
・食事 蛸御飯
・香物 三種盛
・デザート バラのクレームブリュレ ライチジュレ

伊勢地方の新鮮な魚介をふんだんに使った、目で見ても食べても美味しいお料理でした。はじめはビールでしたが、これには日本酒ということで、伊勢地方のお酒をいただきました。おいしかったです。


Img_41271

翌朝のバイキングも品数が多く、友達は和食をてんこもり。私は洋食で。朝から野菜がたくさん食べられて嬉しかった。


古いホテルなので部屋はいまひとつでしたが、お料理は工夫をこらして頑張っていると思いました。ごちそうさまでした。

さて次は、この旅の本番、伊勢神宮に向います。


| | コメント (0)

2014.09.21

伊勢の旅 #1鳥羽へ

エールフランスのストライキでパリ行きは断念しましたが、今年の夏休み3日ぶんがまだ残っています。そこで、一緒にパリに行くはずだった友達と代わりにどこに行こうと相談。最近ついていないことが多い友達の希望で、週末に伊勢参りをしてきました。私も友達もはじめての伊勢への旅です。

新幹線(ひかり)と伊勢市までの往復切符と1泊夕食・朝食が付いて3万円しない、某旅行会社のリーズナブルなパッケージを使って行ってきました。


Img_4109

東京駅で駅弁を買って11時のひかりに乗り込みました。私は和牛のすき焼きと松茸おこわのガッツリ系のお弁当、友達は加賀料理のお上品なお弁当、そしてビール。金曜日の昼に私たちのような遊び気分の乗客は少なく、おとなしくいただきました。


Img_41201

この日はあいにくの曇り空。楽しみにしていた富士山は雲の奥に。

名古屋までは2時間ちょっと、名古屋で快速みえに乗り換えて宿泊するホテルがある鳥羽まで1時間50分。移動に4時間。かかりますね。


Dsc_2038

鳥羽駅到着。ホームに人がいない。降りる人も少ない。なんだか淋しいいなかの駅って感じ。。。それでも駅員さんはとても親切で、送迎バスの場所とか教えてくれました。


Dsc_2093

宿泊先の鳥羽グランドホテルのラウンジ。ウェルカムドリンクをいただきました。HPで見たロビー、ラウンジから見える青い空と青い海は、どんよりとした曇り空と暗い色でかなりがっかり。誰のせいでもないけれど、海に行ってお天気に恵まれないのは残念さこの上ありません。。。


Dsc_2061

さらに、ホテルの部屋は全室オーシャンビューなのですが、なんと真ん前に大きなヤシの木が。。。ギリギリに安くよく取れたと思ったら、こんなワケアリな部屋でした(泣)。


Dsc_2064

ま、乗り出せば左の方にこんな景色が見えますけどね。。。

筏は、海釣りをする場所と牡蠣の養殖用とあるそうです。翌日朝見ていたら、船で筏に運ばれて釣りをしている人たちを見かけました。


Dsc_2136

少し休んでから外に出てみることに。この頃ちょっと薄日が差して、曇りだけれど雨が降らないことが唯一の救いです。


Dsc_2100

ホテルの前の小さな桟橋から見上げたホテル。海は案外透き通ってキレイ。風が気持ちよかった。


Dsc_2118

散歩していると、お子ちゃんを抱いたご夫婦が桟橋に下りてきて写真を撮っていました。


Dsc_2111

さて、散歩もしたし、温泉に入ってゆっくりしましょうか。

| | コメント (0)

2014.09.17

神楽坂の石畳

神楽坂には石畳が多い。なので、気ままに歩いて石畳を主役にいろいろと小径の景色を撮ってみました。


Dsc_1850

善国寺の前の道を入った路地から。人気店があるのでしょうか。路上の縁台に座っておしゃべりする人たち。


Dsc_1859

入り口がとっても細い兵庫横丁。石畳が続く静かな道。けど、こうした小径巡りをする人は多いようで、日傘を差した女性のグループ、カップルに何組も会いました。狭い道だからカップルは自然に寄り添ってしまうのね。


Dsc_1994

「鳥茶屋 別邸」に向う道。おばあちゃんがおこちゃんの手を引いて歩いていました。左側と正面の建物の違い。。。それが日本なんだけど、イマイチ感がぬぐえません。


Dsc_1891

戻って、兵庫横丁を進んだ場所にあった「料亭 喜文」。石畳にしっとりした黒塀が映えて和な感じ。人気店なのか、入り口で順番を待つお客さんが絶えません。


Dsc_1881

その「料亭 喜文」と「旅館 和可菜」の前のちょっとした広場。石畳に木々の影が映り、もうすぐ秋なのにと陰影の強さに少し驚きました。


Dsc_1929

一方で、日陰が多い石畳の道は昼から灯りがともっていて艶っぽさを感じます。さすがは花街。


Dsc_1989

「鳥茶屋 別邸」前の階段。神楽坂では有名な場所だそうですね。ここにも灯りがともって雰囲気出ていました。


神楽坂は「坂」というだけあって石畳の坂を上ったり下りたり、そして細い路地を行ったり来たり。今回は飯田橋から神楽坂上までの狭い範囲だけを歩いたけど、次は神楽坂上から神楽坂までもっと広い範囲を歩きたいと思います。あ、今回行けなかったまだ見ぬ路地にも。

Img_4048

本当は、「鳥茶屋 別邸」で絶品親子丼を食べる予定だったのですが、食べログで調べたところ「本家あべや」の評価が高かったのであべやさんで。あべやさんのは比内地鶏の親子丼。鶏に弾力性があり、たまごもとろりで美味しかったです。次は「鳥茶屋 別邸」で食べてみて、どちらが美味しいか評価したいと思います。

次の散歩が楽しみです!


| | コメント (0)

2014.09.16

神楽坂にパリを探しに

パリに行けなくなってしまったので、パリに飛ぶ予定だった日、パリっぽいと言われる神楽坂に写真を撮りに行ってきました。


Dsc_1876

神楽坂がパリっぽと言われている理由のひとつが石畳。その石畳を撮ろうと思いました。散々待って、石畳に西洋人の子を入れて撮ってみたけど、、、そこにある木の緑が石塀が日本なんですよね。


Dsc_1896

パリっぽい?外観のお店。Brasserieとかアルファベットの看板とか入れてみましたが、どうでしょう?


Dsc_1985_2

"MAISON DE ・・・”と思いっきり向こうの名前のお店。


Dsc_1967

そば粉のクレープのお店、LE-BRETAGNE。今でも人気店ですね、行列が出来ていました。


Dsc_1838

芸者新道で見たオープンエアでワインが飲めるお店。これは、和、かなあ。。


Dsc_1951

モンマルトルの風車Moulin de la galetteを真似た赤い風車があったお店。


Dsc_1974

Maison de La Bourgogne。写真を撮っていたらギャルソンさんがこっちに向って手を振ってくれて、明るくて雰囲気がよさそうなお店。次に来た時に入ってみたいな。


Dsc_1915

French Barと看板が出ていたお店。


この他にもリヨネとか神楽坂にはフレンチのお店がたくさんあります。そんなお店を撮ってみたけど、空気感が違うんだなあ。。。やっぱり本場にはかないませんね(当然か・・・)。

| | コメント (0)

2014.09.15

目黒 SUNまつり

日本にいるなら日本の秋を楽しもう、ということで、今年は行けないと思っていた「目黒 SUNまつり」に行ってきました。


Img_40660

例年列ぶのは8時半過ぎにしていますが、なんと今年は8時半には会場の田道広場公園から目黒新橋を渡って区民センター側まで行列が到達していました。人の出が早すぎます!


Img_40769

なので、3時間待って私が会場に入って渡された整理券の番号は1564番。今年は気仙沼のサンマが5000尾用意されたそうですが、列んだみなさんは全員サンマを食べることができたのでしょうか?


Img_40721

会場脇に来たときから煙がすごいとは思っていたけど、中に入るとこの状態。気仙沼の大漁旗がはためくなか、気仙沼から来たサンマ焼き隊の方々が、ゴーグルをしてサンマと煙と格闘していました。


Img_40801

毎年見るけど壮観です。すごいなー、ほんと、暑い中ご苦労様です。


Img_40870

で、焼けるのを待っていただいた今年のサンマ。大根と大分のかぼすとそえていただきました。強力な炭火で焼いたサンマはとっても美味しかったです。今年のサンマは小さいと言われていたけどそんなことない。十分に食べ応えがありました。ビールもうまかったです!


Img_40901

サンマを食べてからはお約束のサンマのすり身汁。生姜が効いて美味しいのです。こんなに美味しくて100円なので当然行列ができるのだけど、その行列に列んでいたら、青空とちぎれ雲と清掃工場の白い煙突が、なんか、のほほんとしていい感じでした。


Img_41061

サンマを堪能した後は、友達の希望ですぐ近くの目黒美術館でジョージ・ネルソン展へ。食欲の秋と芸術の秋を楽しみました。


サンマはとても美味しかったので帰り際に今年も募金をしてきました。来年もまた楽しみにしています。ごちそうさまでした。


| | コメント (0)

2014.09.13

パリに行けませんでした。

予定通りなら、ここでこうしてブログを書いている自分はいなかった。そう、9/13から9/23はパリに旅しているはずでした。前にパリに行ったのが2009年。5年ぶりのパリ、心から楽しみにしていたのに。

ところが、2日前、予約を確認していたエールフランスのサイトで、

"Call for strike action from 15 to 22 September 2014"

の文字を見つけました。え、マジ?信じられませんでした。なんでこんな時期にストライキなんかするかなあ。。。行きは問題ないけど、ストライキ実行ならば予定の日に帰ってこられません。

それからは、行くべきか?やめるべきか?悩みに悩みました。一緒に行く友達と、深夜に1時間以上の電話もしました。15日を前にストがとりやめになるかもしれない、スト実行でも22日よりも前に終わるかもしれない。行きたい、でも、もし帰ってこられなかったら?その繰り返し・・・。

どうやら今年の旅は帰りの日に何かが起きるようです。7月の八重山では帰京予定の日に台風7号が沖縄地方に最接近、沖縄の空港は全面閉鎖となり、私は石垣島で一泊多く過ごしました。そして今回はストライキです。

そんな7月のことがあったので、今回はパリ行きを諦めました。それからは、航空会社に電話をして、フライトのキャンセル、ホテルのキャンセル(キャンセルは2日前ギリギリでした)、いくつかのオプションのキャンセル。時間をかけて準備したのに、キャンセルする時はあっという間。。。さびしさと喪失感でいっぱいです。


Dsc_1827_2

数日前から始めていたスーツケースの荷造り。いい感じに収まったのに、荷解きをしなければなりません。とっても残念な気持ち。

思い返すと、バッテリーを追加し、SDカードを追加し、スリ対策の出費もありました。準備には結構お金も使ったなあ。

それが、エールフランスのストライキ宣言で全て台無し。エールフランスは二度と使いたくない。シャンパンにつられて今回はここにしたけど、次は日本の航空会社にします!

でも、そんなエールフランスを1年以内に使わなければなりません。キャンセルは払い戻しではなく予約金額と同額のクーポン券が発行でした。次にまとまった休みとなると、年末年始かGW。さて、いつ行こうかな?

| | コメント (2)

2014.09.07

秋祭り

昨日と今日はご近所の秋祭りでした。


Dsc_17681

この辺り一帯の神社様、大鳥神社。大鳥神社の例大祭と同じくして、さんま祭りも開催されます。まず今週は、駅前でさんま祭りがありました。こっちは宮古のさんまが振る舞われ、来週はSUN祭りが開催されます。SUN祭りは気仙沼のさんま。今年は、海水温が高くてさんまが揚がらないと言ってましたが、大丈夫なのかしら。


Dsc_1774

と、大鳥神社のお祭り。天気が心配でしたが、昨日は夕方まではもってくれたし、今日も夕方近くには雨が上がり、陽も差して、まあなんとかなりました。よかった。。。


Dsc_1765

大鳥神社に続く商店街。この提灯がお祭り気分を盛り上げてくれます。


Dsc_1718

目黒通りも、この辺りだけはなんか、提灯があって艶っぽい。秋祭りは夏祭りとはちがって、なんだかしっとりしていますね。


Dsc_17840

お神輿を担ぐ掛け声が聞こえてきて、慌ててカメラを取り出してシャッターを押しました。ブレブレです。。


Img_40320

こっちは、たまたま通りを歩いていて出くわしたお神輿。


Dsc_17241

私はお祭りは見る専門なんですが、夜になってからは飲み専門(笑)。買ってきたたこ焼きで、秋色のビールをいただきました。来週の秋祭りはいい天気でありますように!


| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »