« Macbookの大掃除など | トップページ | 武蔵小山にて蕎麦を食す »

2014.01.11

モネー風景をみる眼ー

三連休の初日、国立西洋美術館で開催されている「モネー風景をみる眼ー」に行ってきました。西洋美術館の展示に出かけるのは久しぶり。朝早めに行ったので、混雑に会うことなく、ゆっくりと見てまわることができました。


Img_2881

モネというと睡蓮。それが楽しみだったのですが、全展示(100点くらい)の中で数点。ちょっともの足りなさを感じてしまいました。が、他に、セザンヌやクールベ、シスレーなどの風景画も多く展示されていて、楽しむことができました。

睡蓮だけではなく、モネは19世紀のフランスの風景画をたくさん書いています。今回展示されていた風景画の中では、光のマティエールのセクションに集められた絵が好きかな。朝だったり夕暮れ時だったり、描かれた色、影、どこかに太陽があると思わせる。前にパリから電車でルーアンに移動した時、車窓の外の朝もやの中の太陽のような絵もありました。

モネの絵は数年前にパリに行ったときに見てきました。睡蓮はオランジェリーでしたが、モネの絵をたくさん展示していたのはマルモッタン美術館ですかね。また行きたくなってしまいました。。。


最後に、こちらの展示、モネを見に行きたいと話したら、美術関係の仕事をしている友人からチケットをいただいてしまいました。どうもありがとうございました。

|

« Macbookの大掃除など | トップページ | 武蔵小山にて蕎麦を食す »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Macbookの大掃除など | トップページ | 武蔵小山にて蕎麦を食す »