« モネー風景をみる眼ー | トップページ | 新年会を目黒のビストロで »

2014.01.12

武蔵小山にて蕎麦を食す

国立西洋美術館で「モネ展」を観た後、お昼ごはんを食べようと友達が知っている蕎麦屋に向ったけれど、場所を失念したらしく辿り着けない。そこで、お蕎麦ならばと、私のおすすめのおそば屋さんに行きました。

武蔵小山にあるこの蕎麦屋、以前、会社の同僚が紹介してくれたお店です。年に1、2回しか行けていないのだけれど、蕎麦はこれまで食べた中で一番じゃないかと思うくらいの美味しさです。


Img_28871

今回はお昼に行ったので、蕎麦と一品だけ。その一品は、青唐辛子入りのだし巻き玉子。だしが効いたふんわり玉子焼きに刻んだ青唐辛子がピリっとして、味の組合せが素晴らしいんだな。つけ醤油も出してくれるけれど、いりません。玉子焼きだけでいただけます。はい、熱々の玉子焼き、いただきました。


Desktop

そして、この日いただいた蕎麦は、なめこおろし蕎麦。こちらのお店、天ぷらも美味しいのですが、天ぷらを食べるにはちょっとと考えてセレクトしました。そばつゆとなめこおろしが別別に出てくるので、はじめはそばつゆだけ、次になめこおろしでと、二度楽しむことができました。この日の蕎麦もキリッとしてて美味しかったです。

次は久しぶりに夜に行ってみたいです。一品料理を食べながら、日本酒を飲み、蕎麦でしめる。そんな美味しい夜を楽しみにしているのです。


|

« モネー風景をみる眼ー | トップページ | 新年会を目黒のビストロで »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モネー風景をみる眼ー | トップページ | 新年会を目黒のビストロで »