« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013.09.30

お洒落の季節がはじまった

秋らしくなってきたので、そろそろ秋冬モノの準備。その第一弾です(いくつ投稿するかわからないけれど。。。)。


Dsc_48193

YONEDA MAKI Paris'S Hat


服を見に行ったお店で一目惚れ。黒のフェルトの中折れ帽に黒のリボン、そこに一本入ったシルバーのラインが粋でカッコよくて。黒のハットはチロリアンリボンのを持ってますが、それとは正反対のかっこよさを。

調べたらYONEDA MAKIさんて、いろんなアーティスティックなハットを創っている方。そのお店にはこのハット一つでしたが、ほかのお店でも見つけてみようかな。


Dsc_48303

SARTORE Long Boots


Dsc_48464

サルトルさんのヒールのロングブーツ。このタイプのロングブーツってなかなかお店で見かけなくて、黒のヒールを探していたので、お店でかなり長い時間試着して、歩き回って、納得して購入しました。細めのストンとした筒がいいんだなあ。今年の秋冬、出番が多いでしょう。


ハットとブーツ、両方とも黒をセレクトすることになりました。なんか、今年の秋冬の私のカラーはブラックなのです。全てブラックにすると暗くなりそうなので、ブラックに組み合わせるカラーのアイテムをこれから見つけて行きたいと思っています。

が、一方で、今年、望み薄なのがコート。ここ数年一番着ていたコートがダメになってしまったので、今年見つけようと思っていたのに。今年の流行りは大きめのボックスタイプのコート。雑誌で、大きいほうがいいとあったけど、こういうのって次の年に着られないんですよね。コートは毎年何年も着るものだから、ベーシックなものを。新しいコートが選べないとすると、毎年のトレンチとピーコートにお世話になるか、ファストファッションのお店で今年だけと割り切って買うか。。。まだシーズンははじまったばかり。もう少し悩みましょうか。

| | コメント (0)

2013.09.29

ショコラの季節がはじまった

涼しくなってきて美味しいと思えるもの。いろいろあるけれど、まずはショコラ。今までショコラのお店から足が遠のいていたのですが、涼しくなってくると、ちょっと寄ってみようかな、という気持ちになってきます。

ということで、銀座三越さんのジャンポールエヴァンでショコラのケーキを買って帰りました。


Img_24514

とっても濃厚なショコラのケーキ。ベルガモットに惹かれて購入です。見た目と同じ、食べても濃厚。とろりとしたショコラ、サクサクっとしたショコラ、いろんな食感を楽しむことができました。が、一個食べて
一週間はショコラはいりません、という程の濃さ。ショコラの濃さ、強さを味わいながらいただいたケーキとなりました。


Img_24481

モンブラン。モンブランの中には、ショコラと生クリーム、そしてメレンゲ。ジャンポールエヴェンのモンブランは甘くて濃くて重かった。美味しいんだけど、私はもう少し軽いモンブランが好みかなー。日本人ですから、濃厚過ぎるスイーツはちょっと無理かも。


この秋のショコラケーキの食べはじめということでジャンポールエヴァンにしたのだけど、ボンボンショコラで十分満足できるお店のショコラのスイーツはとっても重い。こちらのお店は、ボンボンショコラにしておこう。さて次は、どのお店のショコラにしようかな。。。

| | コメント (0)

2013.09.28

秋の一日

久しぶりに horm work がない週末となりました。清々しい秋の朝だったので、お散歩に出かけてきました。行き先は広尾。この散歩も定番になりました。D7000はメンテナンスで入院させているので、散歩のお供はiPhone。身軽です。ToyCameraで遊んでみました。


Img_2454

恵比寿ガーデン脇の花壇は秋桜が満開でした。写真を撮っていると虫取り網を持った男の子が前を横切って行きました。今時の都会で、虫取り網を持った遊びがあるなんてなんか新鮮でした。


Img_2456

Toshi Yoroizukaの前を通るとトレードマークのクマさんがお出迎えしてくれました。そのクマさんもハロウィーンの飾りが付けられて。あと1ヶ月もするとハロウィーンなんですね。はやいなー。


Img_2458

広尾の散歩では必ず寄り道する、祥雲寺。銀杏の木ももうすぐ色づきはじめそうな気配でした。


Img_2459

広尾の目的地は、有栖川宮記念公園。紅葉はまだまだだけど、清々しい緑の林が出迎えてくれました。人も適度で、散歩するには一番いい場所、お気に入りの場所です。


Img_2462

さすがに裸足で川遊びをするおこちゃんたちはいなかったけど、西洋人のお父さんが男の子と女の子のおこちゃんと連れて、川の近くで遊んでいました。いいなー、ほのぼのするなー。


Img_2460

水が流れて行く音が気持ちがいい場所。触ってみると、まだまだ水はあたたかかった。


Img_2464

公園の中を上ったり下ったり、起伏に富んでいて、時々景色が変わって楽しい。一番素晴らしいと思ったのは、木の緑に差し込む陽射しの光と影。D7000を持ってこられたらよかったに・・・。


Img_2471

だから、ToyCameraでいろんなモードで撮って遊んでみました。


Img_2467

まとまりがないんですが、この景色はこのモードがいいと試行錯誤して選んだ色合い。どうでしょう。


Img_2469

こっちはまた違うモードで。水面に映る太陽の光を入れたくて、確かこれはレトロモード。

公園の中を1時間くらいぶらぶらして、ナショナル麻布マーケットを冷やかして恵比寿に戻りました。


Img_2476

ちょうどお昼だったので、一度入ってみたかった日仏会館のL'ESPACEでランチ。オードブル、メイン、デザート、コーヒーが付いて1575円。なかなかリーズナブルです。


Img_2487

前菜はこのレストランの定番の豚肉のテリーヌ。はじめはお水で食べていたのですが、白ワインが欲しくなり注文。休日の昼からワイン。しあわせです。


Img_2489

メインは本日の魚料理。白身魚の上下を野菜でサンドした、お野菜がたくさんとれるお料理。美味しかったです。


Img_2491

お料理だけでお腹いっぱいだったのだけど、デザートもついているので注文。いかにもフランス料理っぽいデザートが並んでいて、見ているだけで幸せになれます。


やはりお天気がよく、気温が高すぎない日は散歩日和ですね。充実した秋の一日となりました。

| | コメント (0)

2013.09.27

東慶寺の秋桜〜鶴岡八幡宮へ

東慶寺が続きます。


Dsc_46743

松ヶ岡宝蔵の前に咲いていた秋桜。緑の中のピンクが鮮やかでした。


Dsc_46804

東慶寺では蝶々を多く見かけました。花が多いから自然と蝶も集まるのでしょう。こちら、秋桜に止まったヒョウモンチョウ。揺れる秋桜にバランスをとる体操選手のごとく。


Dsc_46975

吾亦紅。東慶寺にいると普段は注意して見ることがないこうした花々にも目を止めるようになります。草花に対する自分の興味が深くなっているのがわかります。


Dsc_47233

ぎっしりついたムラサキシキブの実。立派な木。そこに成った実も濃い紫色で見事です。


Dsc_46345_2

本堂入り口の立派な楓の木。葉はまだまだ緑色ですが、紅葉の頃には見事な色に染まることでしょう。


Dsc_4734

墓苑の楓の木。降り注ぐ光が美しくて毎回撮ってしまう光景。紅葉したら景色が一変するのでしょうね。紅葉の頃、また来てみたい。


Dsc_4739

やっぱり1時間以上過ごしてしまいました。そろそろ次の場所に向いましょう。


Dsc_47507

東慶寺を出て北鎌倉駅に向う途中、円覚寺の入り口は紅葉が始まっていました。


Dsc_47571

連休の鎌倉はイベント列車が止まります。クラシックな車体のホリデー号、そして、こちらはお座敷列車。全面窓で見晴らしいいでしょうね。


Dsc_47637

東慶寺から向った先は、鎌倉。小町通りを歩いて鶴岡八幡宮に向いました。小町通りは、初日だったからか連休の割には普通に歩く事が出来ました。鶴岡八幡宮の入り口に咲いていた花の蕾。ベルベットみたいな肌触りでした。


Dsc_47644

ここの蓮池、凄いんですね。こんなに大規模だったでしょうか。今年来られなかったことがとても残念。来年は絶対に満開の蓮に逢いに行くと決めました。


Dsc_47731

やはりここは観光地ですね。たくさんの人たち。その中を階段を上って本殿でお参り。


Dsc_47781

朱色の外観が秋の日の中で鮮やかでした。


Dsc_47834

お寺、神社、それぞれに特徴があります。ただ撮るだけでなく、切り取るように印象的に表現できるようになりたい。


Dsc_47889

舞殿で結婚式が執り行われていました。ちょうど雅楽史たちの演奏してまして、笙の音がこの場所に合っていました。


Dsc_47896

やはり建物の中には人がいたほうがいい。舞殿が生きていると感じ、当時の人びとに思いを馳せていました。演奏されていた音楽もそれを助けてくれて、私の中では一瞬時間が止まってました。こうした結婚式もいいですね。


Dsc_48061

鶴岡八幡宮を出てからは、江ノ電に乗って藤沢まで小旅行。稲村ケ崎辺りは海が見え、とても気持ちよかった。


Desktop13

この日のお昼ごはんは、小町通りの蕎麦屋「山路」さんで。さっぱりツルツルの蕎麦を美味しくいただきました。


次は紅葉の頃にまた北鎌倉に行きたいと思っています。なーんて、また近々、出かけてしまうかも。。


| | コメント (0)

2013.09.23

9月の東慶寺、赤と白の彼岸花

三連休の初日、三ヶ月半ぶりに北鎌倉・東慶寺に行ってきました。夏の間は暑くてやっぱり行けなくて、少し涼しくなったかなってところでの鎌倉です。


Dsc_4596

東慶寺の山門脇の草木も濃い緑色が薄れて、少しずつ紅葉の気配が出てきました。上のほうは薄らと色づきはじめてましたね。

東慶寺に着いたのは9時過ぎでしたが、もう出てくる人たちがいて。紅葉前のオフシーズンと思ったら、案外人がいるので、さすがは鎌倉です。


Dsc_46033

境内に入ると、夏から秋の花、可憐な花たちが出迎えてくれました。


Dsc_46868

芙蓉が満開でした。なんとなく夏の花というイメージがあるのですが、まだまだ元気。


Dsc_4608

高砂芙蓉。花の中央が酔ったように赤くなっている。芙蓉というと、高橋治の「風の盆恋歌」を思い出す。あの本では酸芙蓉だったろうか。酔芙蓉ではないけれど、この芙蓉の花の赤も妖艶な感じがしました。


Dsc_46425

菖蒲を取り巻くように咲いていた夕顔たち。発光するような紫色が目を惹きます。


Dsc_46093

書院、本堂の前に咲いていた萩の花。


Dsc_46205

萩もそうだけど、派手じゃないけど、今の季節に合ったちいさな花たちがたくさん咲いていました。


Dsc_46212

そんな花々の美しさを教えてくれたのは東慶寺の庭です。自然に見えて、実は手入れが行き届いた東慶寺の庭は、春夏秋冬、その時々の草花の美しさを魅せてくれます。


Dsc_46477

何の実なのだろう。ところどころ紫がかった実がたわわになっていました。前に来た時にここには何が咲いていた?


Dsc_46574

菖蒲畑を囲むように咲いていた、彼岸花の鮮烈な赤。今回の東慶寺はこの彼岸花に逢うことが目的でした。彼岸花、満開でした。


Dsc_46611

私のように彼岸花を撮りにきた人たちがたくさんいるようで、彼岸花の前は一眼を持ったおじさまたちの人だかり。


Dsc_47061

別名・曼珠沙華。彼岸花というとそんな感じはしないのに、曼珠沙華と書くと、なんとなく妖艶な響きがある。ん?今回は二回も妖艶という言葉を使っている。。。


Dsc_47208

一方、白い彼岸花。白花は初めて見ました。赤い色がなくなっただけで毒がなくなったような感じがします。が、白花は複雑なその形が際立ちますね。見ようによっては、いくつもの白百合が集まったようにも見えます。


Dsc_4722

白い彼岸花は育てやすい?写真を撮っていたら、白彼岸花を見ていたおじさまがそんなことを言っていました。園芸をする人にとっては、そんな珍しい花ではないのかしら。


Dsc_46636

彼岸花からふと目を上げると、その先には紫苑が咲いていました。


この日は他にもいろいろ行ったので2回に分けて書こうと思います。秋の鎌倉、続きます。

| | コメント (2)

2013.09.17

映画「大統領の料理人」

Bukamura ルシネマに「大統領の料理人」というフランス映画を観に行ってきました。昨日UPした渋谷からの散歩は、この映画を観た帰りのことです。

東急沿線で配布されていた雑誌を見て、フランス料理がたくさん登場しそうだし、女性シェフ&大統領ということで、公開を楽しみにしていました。


Img_2437


ストーリーは、南極の観測所を去る日の女性フェフの、今と彼女の回想(エリゼ宮時代)が交互に取り入れられて進んで行きます。パンフには”真実の物語”とあるので、実在のシェフなのでしょうね。

彼女はフランス大統領(故・ミッテラン大統領)のプライベートな料理人として呼ばれ(推薦したのは、かのジョエル・ロブション氏らしい)、彼女の料理を味わう人のために、その人が喜ぶ料理だけを作ろうと努めました。そのためには、どんなこともいとわない。供する人と供される人の想いが一致した時というのは、なんと幸せで素晴らしい時間であることか。

料理をする人にとっては、それを食べる人の喜びこそが全て。奇をてらった料理ではなく、昔食べた懐かしい味こそが、人の味覚に残るのでしょう。それは大統領でも、南極基地の男どもでも変わらないこと。勿論、家庭でも。

料理の映画と謳っておきながら料理がほとんど登場しない映画がある中で、この映画は美味しそうなフランス料理がたくさん登場します。期待を裏切りませんでした。トリュフをなんと贅沢に使っていることか。画面には美味しそうなフランス料理が登場するので、お昼ごはん前に観るのがベター。お腹が空いて、お昼ごはんが美味しく食べられること、請け合いです。お腹いっぱいの時に観るのはおススメしません。それだけお料理が食材がいっぱい。そして私は、画面だけでなく、それを言葉にした時の豊かな表現にも感動しました。


ちなみに、VIRONで食べたサーモンのファルシーは、この映画とコラボしたメニュー。彼女が大統領にはじめて作った料理の中の一つです。劇中の料理に比べると、キャベツの量が少なくて薄かったのが残念でした。また、劇中に出てきたサントノーレをコラボした洋菓子店もあるみたいですが、写真で見ると全く違っていて。。。映画の中で観たサントノーレが食べたい!


淡々と進んで行く中にも泣かせるポイントがあり、うるっときたのですが、全体的には生きるパワーがもらえるポジティブな映画だと思います。美味しそうなお料理もまた見たいし、DVD買ってしまうかも。あと、女性としては、彼女が毎回していたロングパールのアレンジが気になりました。この秋、流行らないかしら?

| | コメント (1)

2013.09.16

夕暮れ

台風去って、まだ風は強いけれど、涼しい気持ちがいい夜です。部屋の中にいて、外が明るくなったのでカーテンを開けると、美しい夕暮れ。カメラを持ってベランダに出て、夢中で写真を撮りました。


Dsc_45585

空が広い!


Dsc_45571

夕方の太陽の光を浴びて黄金色に輝く雲。


Dsc_45692

赤みが強くなり、やがて夕闇に覆われました。明日はカラリとしたいいお天気になるそうです。


一方で、被害も大きかったようで、ニュースを見て心配になります。一日も早い復旧を。

| | コメント (0)

渋谷〜中目黒散歩

台風で出かけられず暇なので、日中にUP。平和だった先週土曜日のこと。

三連休の初日のこと。用事で渋谷に出かけた帰り、暑い中、渋谷から中目黒まで歩いて帰ってみました。このルートは何度か歩いており、そんな特別なことではないのです。


Img_23788

その前に、まずは渋谷のVIRONでランチ。ここは何年か前にパンの朝食を食べに来て以来です。しばらく待ってテーブルに着くと、周囲は女子だらけ。若い人、ちょっとご年配の人といらっしゃいますが、ほとんどが女性。パンが美味しいですからね、女子は大好きなのでしょう。


Desktop12

私と友達もランチを注文。メインディッシュはサーモンのファルシー。そして、ランチの食べ放題のパンは
バケットレトロドール。熱々で供されて非常に美味しい。外はカリカリ、中はもっちり。いつ食べても美味しいです。エシレのバターを添えていただきました。そして残ったエシレバターは勿論お持ち帰りです。


Img_23865

VIRONの内装はRed。これは渋谷店も丸の内店も同じです。パリのビストロ風というとRedが多いですね。私は落ち着いた丸の内店が好きかな。渋谷店は年齢層がやっぱり若い。

さて、渋谷を出て、まずは代官山に向います。渋谷から代官山は上り、代官山から中目黒は下り。まずは山越え。


Desktop11

代官山まで20分もかからない。到着するとお祭りのようでした。この三連休はお祭りが多かったみたい。背中の”代官山”がカッコよくて思わずカシャリ。


Img_2392

歩いていて目に入った青と白のパラソル。暑くて外で食べている人はいなかったけれど、緑をバックに爽やかで洗練されたイメージ。


Img_2393

山手通りを渡ると、代官山から中目黒まではあっという間。桜の葉っぱもずいぶん黄色くなってきました。

中目黒は八幡様のお祭りで、お神輿が出ていました。


Img_2395

繊細な細工が美しいお神輿。八幡様だから梅の模様が彫られていました。


Img_2396

道ばたで見つけたムラサキシキブ。これから小さな花が咲くのでしょう。暑い暑いと言いながら、確実に秋がやってきています。が、この台風の風で、ムラサキシキブたちは無事かしら。

| | コメント (0)

2013.09.15

目黒さんま祭り

正しくは、めぐろのSUNまつり、です。目黒区と気仙沼市が友好都市協定を結んでいる関係で、目黒のさんまに、毎年、気仙沼市で水揚げされたさんまさんまが届けられ、5000尾が無料で振るまわれます。

今朝は台風18号接近の豪雨でどうなるかと思いましたが、お祭りは予定通り決行されました。でも、お客さんの出足は遅かったですね。昨年は10時には行列は目黒川の橋を渡り、川向こうの区民センターにまで達するくらいの行列だったそうですが、今年は10時で橋の上だったかな。。。

Img_23972

今年もこの青いのぼりが立ちました。そして、さんま募金は今年も継続しており、募金させていただきました。でも、2年前よりもそうする人は減りましたね。そんなものなんですかね。


Img_24283

1時間ちょっとで順番が来て、さんま焼き隊のみなさんの前に立ったのですが、さんまの煙がすごくて涙が出るほどでした。焼くほうの人たちがしているゴーグルを借りたいほどでした。


Img_24312

炭にさんまのあぶらが落ちると炎とけむりがもうもう。とってもいい色に焼けてますね。目さえつらくなければ、もっと写真撮りたかったんですが、我慢できずに数枚で断念。早々にさんまの前を離れました。


Img_24331

気仙沼のさんまと大分のかぼす、それに大根を添えて。生ビールも一緒にいただきます。熱々をいただいて、友達と一緒に美味しい、美味しいを連発してました。炭で焼いた新鮮なさんまは本当に美味しい。

今年は海水温が高くてなかなかさんまが上がらなかったということで心配しました。そんな話をさんまが焼けるのを待つ間にさんま焼き隊の方に話したら、一昨日くらいから上がりはじめたそうです。今週だからこれだけのさんまが揃えられたそうです。


Img_24231

続いて、気仙沼のさんまのつみれ汁。焼きさんまの後で、ほっとするお味。これで100円は安いですね。美味しかったです。


Img_24342

今日は雨が降ったり止んだりで、会場のテントの下でいただきました。食べながら、お互いの髪、服がさんまくさいことに気づき苦笑い。そりゃあれだけの煙を浴びればにおいもつくでしょうね。


はじまりは大雨でしたが、会場を後にする時は晴れて暑くなり、やはりお祭りに雨はないほうがいいなーと思いました。秋の味覚をごちそうさまでした。また来年も来たいと思います。

| | コメント (0)

2013.09.13

麦酒祭り

仕事の帰り、恵比寿で待ち合わせ。恵比寿ガーデンプレイスはサッポロビールのビールのお祭りでした。今日はまた暑かったですから、夜に外でビールは気持ちがいい、でしょうね。


Img_23741

恵比寿麦酒祭


Img_2368

メインステージはビアガーデンになっていて、大勢の人がビールを飲んで気持ちよさそう。3連休前の金曜日の夜ですから、開放感いっぱいで気分がいいのでしょうね。


Img_23732

でも私はそこに参加ではなくて、待ち合わせて別のお店でビール。やっぱりここはヱビスビールで。


Img_23755

食事の後の道。春日神社のお祭りということで、提灯が飾られてました。ちっさな神社なんですが、ちゃんと祀られているんですね。


Img_23766

風で動く提灯が動きがあっていい。その一角だけお祭りって感じ。


祭りの秋ですね。

| | コメント (0)

2013.09.11

ワインの夜

先週のこと。久しぶりに、夜、家飲み。友達とワインを3本空けて酔っぱらいました。これまでは主にビオワインを飲んでましたが、最近はそれ以外も幅広く飲むようになってます。やっぱり、フランスが多いかな。


Img_2340

暑かったので、まだまだ赤ワインを飲む気分ではなく、全て白ワインになりました。

・E.GUIGAL Cotes-du-Rhone Blanc 2010
・DOMAINE ANDRE VATAN SANCERRE Les Charmes 2011
・TRAMIER MACON-VOLLAGES 2011

飲みかけのワインがあったものの、家で3本開けるのは久しぶりなので記念にカシャリ。シャルドネ、ソーヴィニヨンブランなどのスッキリ系です。一度美味しくないサンセールを飲んで以来、お店でも自宅でもサンセールからは遠のいていたのですが、洗練されたラベルに惹かれて購入したこのサンセールは、フルーティーで青臭さがなく気に入りました。美味しかったからか、友達も私も飲むピッチが早い。

この日の夜はお惣菜でしたが、季節のキノコやサンマもあって食卓が豊かでした。涼しくなるとビールよりもワインが美味しくなります。暑いので買い置きはしてなかったのですが、そろそろまとめ買いしようかな。と、その前に、このサンセールはまた買ってきておこう。

ところで、そろそろ、ボジョレーヌーヴォーのお知らせがいろんなところから聞こえるようになってきました。お祭りなので1本は飲みましょうかね。今年は人気のあのワインを頼もうと計画中です。


| | コメント (4)

2013.09.09

メンテナンス

ここにきて、いろんなものがメンテナンスに入っています。

その1、腕時計のオーバーホール。すでに書きましたね。そのメンテナンスが終わってパシャが戻ってきました。


Img_2353

ピカピカになって真っ赤なCartier Boxに入って戻ってきました。緩んでいたネジもちゃんとしまっています。左手首に装着。やっぱりこれがしっくりきます。


Img_23472

一緒にクリーニングキッドが付いてきました。スプレー缶にも布にもCartierの刻印。凄いなー。でも、クリーニングキッドは付けなくてもいいから、メンテナンス料金がもっと安くならないかしら。


その2、MacBookのバッテリー。これもすでに書きました。バッテリー交換9000円也。バッテリーを取り替えてからは、過充電にならないように時々はACアダプタを抜いて、ちゃんとバッテリー稼動させるようにしています。


Img_2330

その3、D7000。ファインダーに汚れがあるようでNikonのピックアップサービスを使って修理に出したのですが、保証期間切れで有料とのこと。ビックカメラの保証延長の契約書類を付けたのにどうしてと思ったら、代理店経由にしないと無料にならないのですって。抜かりました。。。Nikonさんからすぐに戻してもらい、ビックカメラに持って行くことにしましょうか。保証延長しておいてよかった。

その4、my tooth。歯を磨いていたら奥歯の詰め物が取れました。歯医者に行ったら虫歯になっているので治療してからちゃんと詰めましょう、ということで、しばらくは歯医者通いです。これまで3回通いましたが、久しぶりの歯医者で、歯医者ってお金がかかるんだなーと実感。隣りで歯を削る音を聞いていると、逃げ出したい気分になります。苦手です、やっぱり。


と、こんな感じでメンテナンスが続いております。出費がーーー。。。


| | コメント (2)

2013.09.08

雨の秋祭り

昨日のブログで書いたように、今日はお神輿の写真を撮りたい、夕方のお神輿を撮りたいと思っていたのですが、なんと、午後4時を過ぎた頃から激しい雨、雷。いくら待っても雨が止む気配はなく、これはダメだなーと諦めました。

夕方、ちょっと買い物をしに外に出た時、神酒所の前を通ったところで撮った一枚。


Img_23661

途中で切り上げたのかな、お神輿も、担ぎ手も戻っていました。歩いて行くと、向こう側から傘もささずにずぶぬれで戻ってくる何人もの人たちとすれ違いました。それでもみなさん明るい顔をしていました。大人も、おこちゃんも、雨でも楽しそうでした。


それにしても、今年のお祭りや花火大会は、雨や雷にたたられて、とっても残念な気持ち。自然が相手なので仕方ないといえばそうですが、それでもやっぱりガッカリ感が強い。来年のお祭りは雨に降られないことを望みます。

今日のお祭りのみなさんが風邪を引きませんように。おつかれさまでした。来年は私も参加したい、かな。

| | コメント (0)

2013.09.07

秋祭り

今日はご近所さんの神社のお祭りでした。夕方から御神輿が出るというので、カメラを持って歩いてきました。


Dsc_44823

商店街の提灯。なんだかね、秋祭りって雰囲気の色。暑いけど、もう秋なんだなって感じます。


Dsc_44904

神社に向う途中で、神酒所でお休み中の子供神輿を発見。大きな御神輿はどうやら違う場所を巡っているみたい。


Dsc_44915

神社前の交差点脇には夜店が出てました。これを見るとお祭りって気分になります。


Dsc_44946

大鳥神社の鳥居。


Dsc_44995

境内に入ると提灯がいっぱい。境内にも夜店が出ていて、人がいっぱい。舞台では演芸をやっていました。町のお祭りって感じでほのぼのです。


Dsc_45026

金魚すくいならぬ、スーパーボールすくい?浴衣を着たお子ちゃんたちがお母さんと一緒にスーパーボールすくいに興じていました。


Dsc_45163

一通り見て、先ほどの夜店で晩ごはん用にお好み焼きを買って帰りました。キャベツいっぱいのお好み焼きでした。

帰り道の途中で、御神輿の時間を見てきました。明日は是非御神輿に出会いたい。雨みたいなんだけど、せっかくのお祭りなんだから、もって欲しいな。。。

| | コメント (0)

2013.09.05

MUSIC

今朝は雷の音と凄まじい稲光で目覚めました。近くの川の水位は急上昇でメールは飛んでくるし、9月に入ってとても不安定な気候が続いています。それでも少しずつ秋から年末の予定がいろいろと入ってきています。そこで、コンサートの話を3つ。


Img_2323

Tiffanyさんのご招待でいただいた、ビルボードライブのギフトカードです。このカードの利用期限が近づいてきたので、行って参ります。第二部にしたのでスタートは21時半。たぶんおしまいは23時頃になるので、そのまま六本木で夜遊びの予定。どのアーティストを聴きに行ったのかは、またここでご報告したいと思います。


Img_2328

ベルリンフィルのコンサートチケットをとることができました。2年前は残念ながら取れなくて、今回はリベンジでした。

サイモン・ラトル指揮のベルリンフィルのコンサートは2005年のサントリーホールに行ったことがあります。このコンサートが素晴らしかった。なんというか、立ち上って行く音楽が見える、感動で涙が出たコンサートでした。あの感動をもう一度味わいと思いつづけて何年経ったことか。11月にその音楽をまた体験できる、今からとても楽しみなのです。


Img_2337

恒例となった年末の日本フィルの第九。コバケンさん&サントリーホールでセレクトです。27日はたぶん仕事納めの日。この日に第九を聞く事ができるなんて、なんて素晴らしい。


今から楽しみなことがいっぱい。見に行けるように万事調整しなくては。

| | コメント (0)

2013.09.04

ソイ抹茶クリームフラペチーノ

会社には自宅で入れたアイスコーヒーをタンブラーに入れて行くので、最近は外でコーヒーを買っていません。したがって、自然とカフェからも足が遠のいているのですが、時々はこれが飲みたくなりまして。これだけは例外。


Img_22379

スタバのソイ抹茶クリームフラペチーノ


スタバのフラペチーノで一番好きです。抹茶ラテは飲まないですが、抹茶のフラペチーノは大好きです。しかも、ミルクじゃなくて豆乳です。私はこれにたっぷりとシナモンをふりかけていただきます。しっかりかきまぜるのがミソ。抹茶とシナモンというと意外な組合せだけど、これが案外あうのです。だいたい飲むのは休日の午前中。一日のはじまりに、糖分が摂れるこのドリンクをいただきます。

スタバに行く時は、だいたいは仕事の読み物資料を持って行っていきます。最近は英語の資料が多くて、イライラするんですけど、そんな英語の資料を読みながらフラペチーノをいただきます。夏の間はシャリシャリの氷が解けるのが早くてすぐに水っぽくなってしまうのがちょっと残念。でも、このドリンクは冬には飲まないからなー。

ソイ抹茶クリームフラペチーノ。私をしあわせにしてくれる暑い夏のデザートドリンクです。もっと飲みたいんだけど、カロリーが高いのでたまーにご褒美として。

| | コメント (0)

2013.09.03

梨の季節

実家から梨が送られてきて、毎朝せっせと食べています。実家で梨を作っているってわけではないですが、栃木は梨の生産地で、実家の近くにたくさん梨園があるのです。その梨園さんの梨が送られてきました。


Dsc_44511


梨は90%近くが水分で、栄養成分で特徴的なものはカリウムとアミノ酸の一つアスパラギン酸。カリウムは余分な塩分を排出し血圧を安定させる効果がありますが、汗とともに流出しがち。それを梨を食べることで水分とともに補給することができます。また、アスパラギン酸は疲労回復効果があります。一方、ビタミン類はあまり含まれていません。

と、こうして見てみると、梨は今の季節にあった果物だとわかります。旬の食べ物にはその季節に合った効能があるんですね。梨を食べれば夏バテ知らずです、きっと。そう今のところ、夏バテの気配はありません。


Dsc_44701

涼しげなイッタラのカステへルミのグリーンのガラスのお皿でいただきます。奥にあるブルーの器もカステへルミ。こちらは赤いスイカを入れて。スイカと梨なんてほとんど水分ですが、暑い日の朝には好ましい組合せと思っています。


20個入りで送られてきたのでご近所さんや会社の同僚にお裾分けしましたが、まだまだ冷蔵庫には梨が冷えています。母の愛情に感謝しつつ、いただきます。

| | コメント (0)

2013.09.02

中目黒のパン屋さん

二週続けて中目黒のパン屋さんでお昼ごはん。パンビュッフェ付きのプレートランチをいただきました。


Desktop8

私は今週も秋田かづの牛のハンバーグランチ、友達はかづの牛のステーキランチ200gをセレクト。かづの牛のお肉は赤身で弾力性があります。見るからにヘルシー。ステーキを一切れいただいたのですが、肉!って感じ。基本的には魚が好きだけど、時には肉を食べるべし。パワーをいただきました。


Img_2317

で、今回は、ランチよりもこのお店のパンを。ここで売られているパンをランチのパンビュッフェでいただくことができます。


Img_2318

手前の円柱上のパンはイングリッシュマフィンで、その奥がクロワッサン。下にあるのはミルク系のパンたち。マフィンはまだ食べたことがないので、次に買ってみようと思ってます。


Img_2316

食パンのように見えるのはオレンジピールが入ったブリオッシュ、パンビュッフェでいただきました。美味しかったです。帽子のようなパンはシャポーという名前のミルク系の甘いパンです。こちらもいただきました。


Img_2319

お店の外から。計量器とバゲットがパリの街角っぽくていいなー。中目黒にはオシャレなお店があっていいなー。この日はノア・レザンを買って帰りました。これからもお散歩で伺います。

| | コメント (0)

2013.09.01

アロマテラピー

先週は忙しく、根を詰めたり、腹が立ったり、寝不足だったり。暑い日も続いて、さすがに心身ともに参りました。そして、ストレスフルでもありました。

そんな時には昼からお風呂。エッセンシャルオイルを入れてのんびりお風呂に浸かります。半身浴で一時間。じんわりと汗をかいて、今、いい気分です。


Dsc_4425

リフレッシュにはグレープフルーツのアロマオイルをセレクト。後ろはゼラニウム。こっちは、リラックスしたい時に。MARKS&WEBのエッセンシャルオイルを使っています。


夜寝ている時に汗をかくので最近はほとんど朝シャワーなのですが、やっぱり湯船につかるといいですね。凝り固まった体がほぐれた感じがします。忙しいとついつい体のSOSに見て見ぬ振りしてしまうのですが、ちゃんとメンテナンスをしてあげないと。アロマオイルを入れた昼間のお風呂は、気軽に実行できるいい方法です。

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »