« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013.08.30

お疲れ様のタイ料理

先週も先々週もタフだったけど、今週はそれよりもタフな一週間でした。今日は金曜日、タフな仕事が続いた後で迎える金曜日はとても嬉しいものです。

忙しかった理由はずっと提案が続いているから。昨日はそのプレゼンの日でした。その提案が終わった後で、同僚と吉祥寺で軽く慰労会をしました。晩ごはん前だったので、ちょっと軽めに行きたいねということで、タイ料理のお店へ。(タイ料理は軽いのか?)


Desktop7

タイ国商務省公認と書かれた入り口を地下一階に下りて行くと、レストランなのか雑貨店なのかわからないようなのお店。晩ごはんにはちょっと早いのでお客さんは誰もいない。天井のライト、チェアに敷かれた座布団がエスニックしています。


Img_23031

タイ料理の店ですからね、そこはやっぱりタイのビールで乾杯。タイ料理に詳しい同僚のすすめで、タイでは最もポピュラーなShingha Beer(シンハービール)を頼んでみました。お昼ごはんを食べずに頑張っていたので、空きっ腹にビールがしみわたります。が、このビール、さらっとしていて飲みやすいです。かといって薄いというわけではなく、しっかりビールの味がする美味しいビールでした。


Img_23081

お料理。私はフォーを。鶏ガラの出汁で、さっぱりとして美味しかった。晩ごはん前にはこのくらいで十分です。


Img_23105

同僚はガパオライスを。けっこうがっつり行きますね。ガパオライスはよくモンスーンカフェで頼むし私も大好き。ちゃんとしたご飯だったら食べてみたかった。


先週は完徹で会社の近くで同僚と牛丼を食べ、今週はまた違った提案で遅くまで頑張りました。やっぱり仕事はみんなでやるものなんだと実感します。今の部署に赴任するまでは一人で仕事しているようなところがあったけれど、一人でできる量なんて知れているし、指揮する立場に変わってからは、いかに最低必要人数で期間内に終わらせるかが最も重要なポイントになりました。あとどれだけこんな機会があるかわからないけど、これからもみんなでゴールを目指せるように頑張りたいと思います。

あ、でも、徹夜はご勘弁。

| | コメント (0)

2013.08.27

MacBookのメンテナンス

先日、MacBookのトラックパッドの反応が悪くMagicTrackPadなるものを購入した、という記事を書きました。


Magictrackpad

こちらがそのMagicTrackPad。素敵というコメントをアップしてましたが、なぜにMacBookのトラックパッドの反応が悪くなったのか、その原因がわかりました。


Desktop6

原因はこのバッテリーでした。なんだか前々からバッテリーのカバーがちゃんと閉まらないなーと思っていたのですが、使っているうちにますますカバーが閉まらなくなり、PCの画面が傾くようになりまして、取り出してみると、なんと、膨張していました。画像からわかるように、右左の上部がゆがみ、中央が膨らんでいます。写真には撮ってないですが、底も膨張してました。暑くなって、膨張が加速したみたい。

バッテリーはトラックパッドの下にあり、膨張したバッテリーがトラックパッドを下から圧迫し、反応を悪くしていたのでした。バッテリーを取り出したら普通に反応しましたから。

Webで調べてみると、バッテリー膨張の報告が多くてビックリです。その中の報告を参考に、銀座のアップルストアのGenius Barを予約して聞きに行ってきました。が、バッテリーが膨張しましたというとお店の人はよくあることのように、バッテリーの交換ですね、交換しますか?との対応。有償あつかいにならないよう会話しましたが、リチウムイオン電池の仕様の扱いでダメでした。

すぐに使いたいのでバッテリー交換しましたが、膨らむのが仕様というのはいかがなものか。膨らんでトラックパッドを圧迫して使いものにならなくするというのは、これは不具合以外のなにものでもないように思いますが。。。バッテリー交換が9000円ですからね、もっともっと長くこのMacBookを使わなければならなくなってしまいました。ま、使おうと思っているからそれはいいんですけど、なんだかなーーー。

しかし、アップルストアは繁盛していますね。Genius Barは私のように予約して相談の人、使い方を習う人、フロアいっぱいにいました。2階、3階のスペースも人がいっぱい。iPhoneやiPadの新モデルが出た時のような混雑はなかったものの、流行っているなーと思い、アップル製品はすっかり日本に定着したんだなと再認識しました。

| | コメント (0)

2013.08.25

腕時計

ずっと使っているパシャCが動かなくなりまして、オーバーホールかとお店に持って行きました。二回目のオーバーホールです。メンテナンスには約一ヶ月かかるそう。しかしそれよりも、カルティエの時計はオーバーホールの料金もハンパない。他の時計を買ってしまおうかと思った程。でも、自分で働いたお給料を貯めて買ったはじめての高価な時計だし、大切にずっとずっと使いたいという気持ちが強い。だから、一ヶ月待つことにしました。

その間はしまってあった時計の出番。何年かぶりで取り出した腕時計たち。


Img_2255

POLJOT NIGHTS OF ST.PETERSBURG


ロシア製の自動巻の腕時計。調べたら2005年に購入していました。大きなフェイスと白蝶貝の文字盤と丸い数字に一目惚れでした。苦労して手に入れただけに、購入当時はずっとしていた記憶があります。


Img_2286

この時計、後ろは美しいスケルトンです。ずーっと見てても飽きないくらい。いろんな部品を組み合わせて時計はできているんだ、と思いましたね。


Img_2283

HAMILTON BENTON Gold


電池が切れていたので交換して動くようになりました。
ゴールドの小振りな腕時計が欲しいと思っていた頃、ミシェルファイファーが「A FINE DAY」という映画でしていて、どこのだろうと探し当てて購入した腕時計です。唯一持っているブレスレットウォッチでもあります。

1940年に発表されたアールデコ・デザインモデルの復刻版。嫌みのないゴールドで、ブレスレッドの不規則な曲線がクラシックです。 ブルーのリューズもさりげない。小さいのにちゃんと秒針があることも気に入ったひとつです。


両方とも生産終了しており、今では手に入れることができません。二度と手に入れることができないと思うと大切に使わなくてはと思ってしまいます。

| | コメント (0)

2013.08.24

From yesterday to today

昨日、久しぶりに徹夜しました。会社での完徹は何年ぶりだろうか。おかげで昨日は眠くて眠くて。部会で居眠りしてしまい、「落ちてましたねー」なんて言われることに。いやー、昨日は眠かった。


Img_2261

徹夜明けに仲間と会社の近くの牛丼屋で食べた朝ご飯。6時半、他にお店が開いて空いなくて入ったお店だったけど、一緒に頑張ってくれた仲間に、立場として一応はごちそうさせていただきました。

松屋ははじめてだったんですが、朝から人が食べにくるんですね。いつもと違う時間帯、はじめての場所、なんだか新鮮でした。


今日、昨日たっぷり眠ったからか、苦もなく普通の時間に起きることができました。午前中はゆっくりして午後から活動。中目黒は暑かったですが時々風が吹くと気持ちがよく、散歩にはちょうどよかった。


Img_2267

まずはお昼ごはんを中目黒にあるパン屋さんがやっているレストランで。このお店、何度かパンは買っていますがレストランを利用するのははじめてです。カップル、おこちゃんと一緒のご家族、ちょっとご年配のご夫婦もいたかしら。休日のランチを近くのレストランで、って感じの人がほとんどかな。ま、私もご近所さんと言えばご近所さんか。


Img_2272

パン屋さんがやっているから、パンバイキングみたいのがあり、好きなパンを取り放題。自分で勝手に取れるっていうのが素晴らしい。


Img_2274

シンプルなハード系パンからミルク系、デニッシュまで軽く10種類以上のパンが取り放題になっています。選ぶのに悩んでしまいます。


Img_2266

まずは、レーズン入りのライ麦パン、ほうれん草やカボチャのパン、バゲットをセレクト。パンを食べながらお店を観察していると、お料理が運ばれてきました。


Img_2269

私はハンバーグランチ。今週はいそがしくて全くロクなものを食べておらず、体がお肉食べたいー、と欲しておりました。たくさんのお野菜、マッシュポテト、温泉たまごがついてかなりボリュームあります。お肉は赤身のお肉で肉汁したたるってほどではなかったのでどちらかというとヘルシー。久しぶりのちゃんとした食事で大変満たされました。


Img_2270

友達はブイヤベース。おっきな海老が2尾、ムール貝、アサリなど、こちらもボリュームあります。添えられたサラダも大盛りでしたね。スープを味見させてもらったら、魚介のお出汁がでたスープで、美味しかった。


Img_2279

食事の後は行ってみたかったこの場所へ。大橋ジャンクションに目黒区が作った空中庭園。中目黒から歩いて行くと突然見えるコロッセオのような湾曲した巨大な建築物。その中を高速道路が走っているっていうことが不思議な感じ。

そしてその上の空中庭園を歩いてみましたが、にこんな暑い中、他に人はいないと思ったら、お昼を食べている人、ベンチで話す人、ベビーカーを引く人など見かけました。マンションもくっついているし、憩いの場だったりするのかな。


Img_2282

空中庭園を出てから代官山をしばらくぶらぶらして、喉が渇いたらカフェでサングリアを飲んで、と。


先週から今週は友達を失った哀しみを抱えたままで、一方ではそんな気分ではいさせてくれない程のハードワークで精神的にまいりましたが、つかの間かもしれないけれど、心からリフレッシュできた土曜日となりました。


| | コメント (2)

2013.08.18

2013年夏、帰省

お盆で帰省しました。今年は友達のお通夜に出たので一日遅くなりましたが、なんとか送り盆には間に合いました。16日に実家に着いて、父にお線香をあげ、お墓に送って行きました。かんかん照り。お墓は送り盆の人たちでいつもよりも人が多く、あっけらかんとした感じでした。

実家も暑かったけど、東京の熱風は感じず、夜になると風がありエアコンを入れずとも寝苦しさは全く感じません。静かで、後ろの家の風鈴の音と虫の声だけ。窓を開け放ち、緊張蚊取り線香をつけて、日本の夏を感じながら眠りました。


Img_22322

翌朝は、母が育てた朝顔が見事に咲いていました。大きいねと言ったら、西洋朝顔というそうです。朝顔というと日本の花と思っていたのですが、そうでもないのですね。


Img_22331_2

もうひとつ庭で咲いていた花。名前は忘れてしまったけど、子供の頃から見ていた花です。


今回の帰省では、母や兄と意識してたくさん話してきました。いつもなら部屋に閉じこもるんですけど、リビングでテレビを見ながら母と話しました。それは、友達のことがあったから。離れていると次またいつ会えるのかわからない。だからこそ、一緒にいる時間は大切にしたいと改めて思ったのでした。


| | コメント (0)

2013.08.15

お盆ですね。今日は予定していた帰省を変更し、お通夜に行ってきました。


Dsc_2869

昨日、友達が亡くなったという報せを受けました。小学校から仲が良かった友達でした。中学、大学、そして会社も一時期一緒で、旅行も何度もした友達でした。結婚して引越してから会う機会は減ってしまったけど、季節の手紙、バースデーカードは欠かしたことがない友達でした。その友達の突然の死、でした。

大切な人を亡くすということは、なんと哀しいことなのか。もう会えない、失ったことの喪失感、何故会う機会があったのに会っておかなかったのかという後悔でいっぱいです。

しまってあったカードを取り出し読み返すと涙がでて止まりませんでした。几帳面な字でやわらかい文章を書く人でした。あと一ヶ月もすると誕生日だったのに、これからは彼女にバースデーカードを書くことも、○○ちゃんへ、ではじまる誕生日のメッセージも彼女から届くことはないのです。

式の中でAmazing Graceが流れた時、いつも一緒だった頃の思い出が溢れ出て、それが懐かしく愛おしく思えて、また泣いてしまいました。なんでこんな泣かせる演出するかな。

本当に、なんで会っておかなかったんだろう。あまりにも早すぎます。


あなたの名前のような、ひまわりの花をここに捧げます。

| | コメント (0)

2013.08.14

大人のコーヒーゼリー

暑いとゼリーのようなスイーツを選んでしまいます。


Dsc_2322

ア・ラ・カンパーニュのコーヒーゼリー


ザクザクとカットされた苦めのコーヒーゼリーの下にはコーヒーリキュールが入ったような甘みを抑えたクリーム。全体的に苦みが勝っていて、大人な味のコーヒーゼリーです。アイリッシュコーヒーをゼリーにしたようなイメージ。男性もこんなコーヒーゼリーなら喜んで食べてくれるんじゃないかな。

素材を揃えれば自分でも作れそう。予定がない週末にトライしてみたいと思います。


| | コメント (0)

2013.08.12

ヴァカンスという名前のコーヒー

パッケージに惹かれて購入しました。


Dsc_43407

アトリエ・モリヒコさんのVacances


ここ何年かコーヒー豆はモリヒコさんで購入しています。このお店を知ったのはヴァレンタインデー向けのコーヒー豆を、あるセレクトショップで見て。コーヒー豆が入った宅配用の箱を開けた時に広がる豆の香り。毎回、この香りが楽しみだったりします。

ヴァカンスのパッケージは大好きなトリコロール。そこに、フランス語でVacancesというワードがあるだけで、なんというかときめきまして。ただそれだけなんですが・・・。


Dsc_43474

アイスコーヒーにも向きますとあったので、冷たくしていただいてみました。氷で若干味が薄くなっても苦みがしっかりと伝わります。酸味が少ないことも私の好み。そして、いい香りです。これから、しばらくの間、会社に持って行くマグの中はこのVacancesにしましょう。

と、ブログに書くにあたりモリヒコさんのサイトを見たら、すでに季節のコーヒーからVacancesはなくなり、代わりにコスモスがリストアップされていました。Web上は既に季節は秋ですか。。先週のうちに買っておいてよかった。

| | コメント (0)

2013.08.11

コヤマさんのバターロール

夏季限定、eskoyamaのバターロールケーキ。


Dsc_42941

KOYAMA ROLL CLASSIC BUTTER


バターの箱を思わせるクリーム色のBOXに入って届きました。冷凍でお届けなので、家で待機して到着を待ちました。


Dsc_43153

切ってみると玉子いっぱい、バターいっぱいのとてもリッチなロールケーキという感じ。食べてみるとエアリーなスポンジで、イメージ通りの卵黄の味が口いっぱいに広がります。一方のバタークリームはとてもコクがあります。でもスポンジが軽いから多いかもと思ったバタークリームでも食べられてしまう。で、食べた後に塩の味が残りますね(ゲランドの塩とのこと)。なんというか、甘辛い。また食べたいと思ってしまう、クセになる味です。カロリー高そうだけど。。。

添えられた説明を読むと、たくさんのこだわりの食材で作ったロールケーキだとわかります。詳細はこちらをどうぞ。=>

前にこちらではフランクフルタークランツを購入したことがあります。このケーキもバタークリームだったのですが、これがふわっと軽いバタークリームでとても美味しかった。なので、このバターロールケーキもと思ったら期待どおり。美味しいです。このバタークリームもふんわり軽い口どけのバタークリームでした。

eskoyamaさんのスイーツは、ケーキにショコラに今のところ全て美味しくて大満足。だから、頻繁にリピートしたいのに、毎回送料がかかるんですよね。特に、このロールケーキは他の商品の同梱ができません。もうひとつ欲しいなと思うケーキがあったけど、そんなに同時期に食べられないし、別に送料がかかるので今回は断念。涼しくなったらまた頼みたいと思います。

| | コメント (0)

2013.08.10

猛暑の丸の内散歩

今日は暑かった。用事があって丸の内に行ったけど、いや〜、暑かった。


R00245572

丸の内はすでにお盆休み?12時前というのに歩いている人がほとんどいませんでした。車の往来も少なくて、ひっそり。


R00245475

お店の外の席に座る人はいない。そりゃ暑いからねーーー。外の席に座るなんて、相当の物好きだ。。


R00245542

こっちのお店も。でも、なんか日本じゃないみたい。そう、丸の内を歩いているのは海外からの旅行者のほうが多かった。きっとみなさん、日本は暑いなー、とか言って歩いているのでしょう。


R00245615

ブリックスクエアのお店も。直射日光の中は厳しい。みなさんお店の中で涼んでらっしゃいます。


R00245631

ブリックスクエアで唯一涼しげと感じた噴水。この周りにはベンチがあり、普段なら人が座っているんですがさすがに。。。


R00245492

でも暑くても、ブティックは秋色になりつつあります。マルティニークのディスプレイに秋を感じました。


R00245711

丸の内から有楽町まで歩き、せっかくなのでVIRONに寄ってみました。こちらも外の席に座る人はなし。お昼ごはんを食べようと思ったのですが、店内は11時半で既に満席でした。。。

Img_22251

なので、ランチは諦めて、久しぶりにレトロドールと他にハード系のパンをいくつか買って帰ることに。


Dsc_4283

おうちで涼みながら、ワインとともにレトロドールをいただきました。やっぱり美味しいです、レトロドール。外はカリカリ、中はもっちり、小麦粉の味がしっかりとします。月島から引越してからはあまり行かなくなってましたが、この味を思い出してしまいましたからね、また行くことにしましょう。

| | コメント (0)

2013.08.07

島ばななケーキ

毎年八重山に行くようになり、お土産を買わなくなってきているのですが、その中でも毎回買っているお土産です。


Dsc_41733

石垣島「BANANA CAFE」の島ばななケーキ


島ばななのペーストがたくさん練り込まれたパウンドケーキです。見た目ではわかりにくいと思いますが、食べると島ばななのもっちり感がとても感じられます。ちょっとした酸味としっとり感はパッションフルーツジュースで付けているとか。

そのままでも十分に美味しいですが一手間かけて、ホイップした生クリームを添えるとさらに美味しくなります。ケーキが十分甘いので、生クリームは無糖でOKです。


一時期とりやめていた通販も再開しているようです。ご興味がある方はこちらから是非どうぞ=>

| | コメント (0)

2013.08.04

Magic Trackpad

ずっとMacBookを使ってますが、なぜか最近トラックパッドの反応が悪く(力を入れないと認識しない)なっていました。そこで、友達から教えてもらったMagic Trackpad


Dsc_4139

Bluetoothで接続して使います。上の画像ではPCの左側に置いていますが、右側でも多少離れた場所でも大丈夫。

素晴らしいのはApple製品に最適化されているから、色、フォルム、質感など、全てがMacBookに合っていて浮いて見えないこと。そしてもっと素敵なのはこのMagic Trackpad自体が美しいこと。なんてスマート! マウスよりもこちらがいいんじゃないかと薦めてくれた友達のセンスに感謝。今では快適にMacBookを使えるようになりました。ディスク容量の問題が片付けば、もっと長く今のPCを使えそうです。


Dsc_4143

使い終わったら電源を切り、こんな感じでMacBookの上に置いておけます。完全に同化していますな。


これまでPC周りのアクセサリーにはあまり気を配らなかったのですが、こんな具合に使い勝手が改善されるのは素晴らしいことですね。これからは、何か不便さを感じたら、もっと積極的に取り入れて行こうと思います。

| | コメント (2)

2013.08.03

BLANC〜白を撮る #2,#3

今日はフォトレッスン、BLANCの日でした。全三回のレッスンも今回でおしまいです。


今回のテーマは”陰影”。光の向き、角度を意識してのトライです。


Dsc_42161

被写体はフランス製の白い食器。右上がり、規則的に配置し白い壁に並べてみました。配置はいい感じだけど陰影って点ではもの足りない、かな。


Dsc_42312

角度を変えて。カーテンや布のひだが作る陰影で、やわらかなテイストになりました。


Dsc_4214

プリントアウトしてもらい持ち帰った写真。明け方の部屋のイメージで、逆光、暗めに撮ってました。


しかし、今回は難しかった。何度も配置を変え、何度撮っても思ったように撮れない。思ったような陰影が出せない。何をイメージして撮ればいいのか、すごく悩みながら撮り、結局最後まで悩んだままとなりました。


やっぱり、白は難しい。。。だけど、面白い!


で、振り返ってみて、BLANCの2回目を書いていなかったのでUPしておきたいと思います。


被写体は白いキャンドル。フランス製のキャンドルは表面がしっとりして、ジャスミンのいい香りがしました。この回では、露出補正とホワイトバランスの違いにより被写体がどう撮れるのかを学びました。


Dsc_4046

アンダーで撮った1枚


Dsc_4047

ホワイトバランス、白熱灯モード


Dsc_4094

蛍光灯モード


Dsc_4101

蛍光灯モードで、露出補正を少しマイナスにして。


たったこれだけなのに、テイストが全く違った1枚になる。さらに、ピクチャーコントロールを変えるとまた違った一枚になる。面白いなー。そうした気づきをもらっただけでも、レッスンを受けてよかったと思います。


Dsc_4069

2回目のレッスンでプリントアウトして持ち帰った一枚です。ピントがビシッと合って、陰影がでて、お気に入りの一枚になりました。


レッスンを終えて思うこと。どう撮りたいかイメージして、その時にどのホワイトバランスを選んで、ピクチャーコントロールは何にするといいのかが普通にできるようになりたいです。それには”練習です”との先生のお言葉でした。でも、その通りですね。練習しかないと思います。これからも、もっともっといろんな白を撮りたいと思います。

| | コメント (2)

2013.08.02

YAEYAMA TRIP 2013 #13 旅の終わり

八重山の旅も終了間近、西表島を離れる時。台風7号が近づきつつあったのに、上原港は海も空も素晴らしいブルーでした。
ブログには載せてないですが、この時、台風で船が動かなくなる前にパイナップルやマンゴーを石垣島に送ろうと、沢山のフルーツが船に積み込まれていました。(あのフルーツたちはちゃんと石垣島の外に運ばれたのだろうか・・・)


Img_20612

港まで送ってくれたスタッフくんに別れを告げ、私たちは船で石垣島に戻りました。


Img_20692

そして向った先は、石垣島の「BANANA CAFE」。このお店の島バナナケーキがとても美味しいのでお土産に。空港に向うまでの時間、生マンゴージュースを飲みながら過ごしました。


Dsc_39734_2

また、友達を介してお店のオーナーさんと知り合いになり、こちらのオーナーさんからも快気祝いにマンゴーをいただいてしまいました。フレッシュマンゴー、美味しかったです。ごちそうさまでした。

そして石垣島で友達と別れ、午後6時過ぎ、私は那覇行きの飛行機の機上の人に。


Dsc_39898

窓際の席に座り、飽きることなく窓の外を見てました。台風が来ているからか雲が多く、いつもならば見える八重山の島々を見ることができなかったことは残念だったけど、


Dsc_39946

それでも、雲を見ているのも楽しくて、一列に並んだ雲、山のようにそびえる雲など、周囲の人が眠りに就く中、一人雲の写真を撮っていました。


Dsc_39916

窓の後ろの方を見ると陽はまだまだ高く眩しい。6時半過ぎでも夜に向う気配が感じられません。


Img_20775

那覇空港到着は7時過ぎ。トランジットで外を見ると爆発したような夕焼け。その強烈な光景を窓際に座ってずっと眺めていました。

そして、7時半過ぎに飛行機は那覇空港を離陸、羽田までは2時間の飛行時間です。私は夕方のフライトが大好きです。何故なら晴れた日には素晴らしい夕暮れに出会えるから。今回も素晴らしい光景を見ることができました。


Dsc_40074

Evening sky and Crescent moon


Dsc_40091

Crescent moon and Sunset


Dsc_40257

Crescent moon and Venus


夜に向って飛ぶ飛行機の外には、夜を迎える空がずっと寄り添っていました。地上よりも近いところで見ることができる夕方のショー。八重山の旅はおしまいまで色鮮やかで、素晴らしい夏の思い出となりました。


長々と書いてきた今年のYAEYAMA TRIPも今回でおしまいです。7月中に終わらせようと思っていたのですが、途中で別の話も書いたりして8月になってしまいました。おつきあいいただきまして、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2013.08.01

YAEYAMA TRIP 2013 #12 豊かな食卓

お話の都度都度で載せられなかった食べものや食事のことをまとめて書いておきます。


Dsc_2993

生ゴーヤージュース


竹富島で雨宿りした時、なごみの塔の後ろにあるHaaYa nagomi-cafeでいただきました。私のお気に入りです。はじめてこのジュースを飲んだ時は苦いんじゃないかと恐る恐るでした。でもほとんど苦みはなく、レモンとパインだろうか、その適度な酸味とこのゴーヤーがとても合って爽やかで、ビタミンCがたくさんとれるとても美味しいジュースなのです。


Img_19681

マヤグスクリゾートの朝ごはん


初日は洋食が多いのですが、今回の旅は初日は和食でした。大好きなアーサーのお粥と焼き魚の朝ごはん。アーサーは揚げ料理、蒸し料理、いろんなお料理に登場します。西表島ではたくさん食べるのに、買って帰ってもこちらではなかなか料理に活かせないのが残念です。


Desktop4_2

マヤグスクリゾートの朝ごはん


二日目は洋食でした。トーストとスクランブルエッグは同じですが、今年はスープが違っていました。例年はお野菜いっぱいのミネストローネでしたが、今年はコーンのスープ。ちゃんとしたコーンのスープを飲んだのは久しぶりだったのでとても美味しかった。


Img_20023_2

マヤグスクリゾートの朝ごはん


三日目は和食。はじめて登場したたまごかけごはん。普段はサーブしてくれるオーナーさん、スタッフくんと一緒に食べました。この朝ごはんは特別で、食事の後で離島ピクニックに行くために手早くできるメニューになりました。けれど、久しぶりに食べたたまごかけごはんはとても美味しく、みんなで食べてとても楽しい朝ごはんになりました。


Dsc_33680

西表島ドライブ途中で食べた八重山そば


予定していたお店が空いてなくて、食事を求めてドライブし、やっと見つけたお店でした。もともとお店が少ないのにお休みされてしまうと、どこで食事をすればいいのか途方に暮れてしまいます。まさにランチ難民。このお店に辿りついたのはまだ午後1時前でしたが、私たちがオーダーした後で、お昼ごはんは完売となってしまいました。危なかった・・・。

八重山そば自体は普通の味でしたが、お腹が空いていたのでとても美味しくいただきました。ただし、運転中につきビールを飲めなかったことがちょっと残念でした。


Desktop3

西表島・パリのごはんや


一日目の晩ごはん。昨年もそうでしたが、この時期の西表島は晩ごはんはどこのお店もいっぱいで、早めに予約しないと入ることができないそうです。このお店も、スタッフくんが探しに探してやっと6時からの予約がとれたお店でした。

ここは、昨年けんじくんに連れてってもらったお店で、お店の雰囲気もお料理も記憶にあります。西表島でパリってことばがとても不思議だったのですが、お料理はちゃんとしていて美味しかった。島の魚や野菜がたくさん盛られたサラダ、マース煮、そしてブイヤベース。マース煮にはアーサーが登場し、ほどよい塩加減でとても美味しくいただきました(昨年のマースにはちょっと塩がキツかったですが、今年は◎)。


Desktop3

西表島・kake・ta


西表島の最後の夜はオーナーさんたちとイタリア料理のお店へ。そして、ヴーヴクリコのロゼを開けてもらい、私の足の快気祝いをしてもらってしまいました。本当に嬉しく、ありがたいことです。


Desktop5

お料理は、前菜としてトマトのシャーベット、島オクラのガーリックいため、島豆腐のサラダ、サーモンのクリームパスタとトマトのパスタ。オーソドックスですが、全てが美味しく、なんといっても、4人でおしゃべりしながらいただく食事は、楽しくてずっとこの時間が続いてほしいと思ったほどでした。


いつも八重山の旅では、東京にいる時とは違うものを食べて帰ってきます。東京はたくさんの食材があって豊かかもしれないけれど、やはりその土地の食材や飲み物をその土地で食べる飲むということには叶わないのではないかと思います。

懐かしい顔に会い、おおいにしゃべり、美味しく楽しく食べ、素晴らしい景色を見て過ごす。それが楽しみで毎年この場所に行くのでしょうね。また来年もそんな時間が過ごせますように。

| | コメント (1)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »