« ANDREAS GURSKY | トップページ | YAEYAMA TRIP 2013 #7 由布島へ »

2013.07.22

a sunny day in summer

YAEYAMA TRIPをちょっと中断。国立新美術館に行った時のことを。この日はカラリとしたいい天気で、夕方まで晴れて清々しい一日となりました。一眼は持ち合わせていなかったのでiPhoneでその時の空気感をちょこちょこ撮っていました。

Img_20971

朝10時、ミッドタウン東京から国立新美術館に向います。この時間はまだ六本木は目覚めていないようで、ミッドタウンのお店もCLOSED。その中でテラスに並んだテーブルと白いチェアが朝を感じさせてくれました。OPEN前のお店って好きなんですよね。


Img_209912_2

国立新美術館。ここはお天気な時は光と影が印象的。それを際立たせたくてモノクロームにしてみました。無機質な雰囲気も一緒に伝わるでしょうか。


Img_210075_2

整然と並べられたテーブル。人が増える前のガランとした雰囲気を伝えたくてこちらもモノクロームに。考えてみると、国立新美術館はモノクロが合う被写体なのかもしれません。


Img_21047

ANDREAS GURSKY 開催中


Img_21068_3

ランチしようと近くのお気に入りの和食屋さんに行くと、残念なことにお休み。でも、”本日修行の旅に出ています”なんてのが粋だな。このお店らしい。


Img_21089_2

六本木から中目黒へ。太陽が傾き出した頃の時間。普通の中目黒は撮り慣れているのですが、こんなお天気でこの時間の中目黒はなんか新鮮で特別な感じがして、iPhoneで陽射しを撮りました。


Img_21119

ほとんどのお店が夜の営業前でCLOSED。なんかこの日はCLOSED付いていたなあ。。


Img_21120

夏の夕方の陽射しは強く、光と影のコントラストが大きい。晴れて湿度が低かったから撮れた写真なのだと思います。


Img_21138

普段見ている人は普通なのかもしれないけど、私にとっては特別な中目黒の光景でした。


Img_21152

ブリキのバケツに入れられた氷と水。ペットボトルじゃなくてラムネ瓶というのが夏っぽくていい。


Img_21167

夏の西日は暑くて厳しいのだけど、視覚的にはこれぞ夏の夕方って感じで私は好きです。


Img_21233

全ての扉を開け放ったお店。開放感がいいな。


Img_21227_2

時々見かけるお店の犬は、入り口に寝そべって少し遅いお昼寝中。風もあるし気持ちいいんだろうな。


Img_21286

夏の西日が作った木々の濃い影。いい影を撮りたくて立ち止まってiPhoneで撮っていたら、何カ所か蚊に刺されてしまいました。。。


外を歩けば歩いただけ気づきや感動がある。見慣れた場所が、光や気温、時刻で全く違って見えてくる。これからもそんな驚きを持ちつづけたいと思います。


|

« ANDREAS GURSKY | トップページ | YAEYAMA TRIP 2013 #7 由布島へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ANDREAS GURSKY | トップページ | YAEYAMA TRIP 2013 #7 由布島へ »