« YAEYAMA TRIP 2013 #8 Nature Island | トップページ | YAEYAMA TRIP 2013 #9 船上ディナーへ »

2013.07.27

手術しました

26日金曜日に抜釘手術をしました。25日の手術前日に入院し、手術翌日の本日退院、2泊3日の入院でした。

今回の手術は昨年7/11の骨折手術で入れたプレートを抜く手術です。手術して1年間右足に入れていたプレートとスクリューを取り出しました。


Img_2215

これが取り出したプレートとスクリューです。スクリューが17本も入っていたとは。腓骨、脛骨、関節を固定していたのでそれなりの本数とは思ってましたが、実際に見ると驚きです。

長いほうのプレートは長さ16センチ、幅は太いところで2センチ、厚さ5ミリ、スクリューは最も長いものが3センチでした。大きさには驚きましたが、こんなにカラフルな色だったとは。ゴールド、ブルー、グリーン。骨折日記のブログはたくさんありおおよそは見て知っていたけれど、こんなキレイな色のスクリューは見ませんでしたね。


今回の入院は25日に入院し、その日は採血や細菌などのチェック、麻酔科医の説明のみで他にすることはなく、リハビリでお世話になった先生にご挨拶に行ったり、病院のタリーズで本を読んで過ごしました。しかし、翌日に手術を控えて夕食後は何も食べられず、水が飲めるのも0時までで、この後は渇きに耐えることになりました。

翌日、手術当日は朝から絶飲食で何も食べも飲みもできません。手術の予定時間が午後4時なので、それまでは点滴して待つしかありません。そして、午後4時半にお呼びがかかり看護師とともに手術室に。心電図や血圧計などの計器の取り付け、麻酔(今回は全身麻酔ではなく脊髄くも膜下麻酔という局所麻酔)をし、午後5時に手術開始。私、手術中の音を聞く勇気がなく、手術中は薬で眠らせてもらいました。。

そして、終わりましたよ、と執刀医の声で目覚めたのが午後7時前。ストレッチャーで部屋に戻りベッドに移動し、左足に血栓防止の機器を取り付け、点滴して睡眠でした。その後は麻酔が効いていて午後10時頃まで両足とも動かず術後の痛みもありませんでしたが、0時過ぎに麻酔が切れると右足がジンジンと痛くなり、痛み止めと睡眠導入剤をもらい、やっと朝まで眠ることができました。
この夜の痛みは骨折手術の痛みを10とすると3くらいですかね。あの夜は痛みに苦しみましたが、それに比べると座薬を入れずにロキソニンのみで済みましたから。

夜中からは水を飲むことができるようになり、朝起きてからも水が美味しくてたくさん飲んでました。けれど、1日ぶりに食べた朝ご飯は、まだ胃腸が戻っていなかったらしく、美味しく食べられませんでした。その後は歩く練習でしたが、縫った痕が突っ張ってひょこひょこ歩きしかできません。なので、片松葉をレンタルして帰宅しました。
手術から1日経った今は、痛みは引いてきて、ゆっくりですが家の中は松葉杖なしで歩いています。明日には今日よりも痛みがなくなり上手に歩けるようになっているといいと思います。


こうして2泊3日の抜釘手術の入院は終わりました。ここを逃すとずいぶんと先になってしまうので仕事をなんとか区切りをつけてお休みをいただきました。やはり取ってよかったと思ってます。だって、これだけの異物が体の中に入っているっていうのは、やはり普通じゃないですから。この後は抜糸をして本当に完治となりますが、それまでは感染に注意して過ごそうと思います。


以上、骨折の一区切りとして。

|

« YAEYAMA TRIP 2013 #8 Nature Island | トップページ | YAEYAMA TRIP 2013 #9 船上ディナーへ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。読むだけで痛そうです・・・それにあのプレートが入っていたんですか?サンダル履いていましたよね?とにかくお大事になさってくださいね!

投稿: st | 2013.07.28 00:46

>stさん

ありがとうございます。
これだけのプレートが入っていたので右足首が太かったと理解しました。(笑)
サンダルは気にならなかったですけどね。足首の太さは気になっていました。。。

投稿: moonshiner | 2013.07.28 21:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« YAEYAMA TRIP 2013 #8 Nature Island | トップページ | YAEYAMA TRIP 2013 #9 船上ディナーへ »