« 六月の北鎌倉〜明月院 | トップページ | BLANC〜白を撮る。 »

2013.06.03

六月の北鎌倉〜東慶寺

明月院で一時間ほど過ごした後、向った先は、あのお寺。はい、北鎌倉で一番好きな場所となった東慶寺さんです。ここで楽しみにしていたものが二つありました。


Dsc_18922

山門に続く階段は、ますます緑が濃くなっていました。両脇にアジサイが咲いているのですが、新緑が強くてわかりにくいですね。


Dsc_18962

左側に白っぽいアジサイと青のアジサイが咲いているの、わかりますか?

東慶寺に到着すると、ちょうどこの時期だけ公開される本堂の裏のイワガラミの公開時間でした。まず楽しみにしていた一つです。土曜日は9時から10時の一時間のみ。並んでいるのかなと思っていたのに、すんなり入れてちょっと拍子抜けです。


Dsc_19113

本堂の裏の岩壁一面にアジサイに似た花が張り付くように咲いていました。ユキノシタ科の植物で、岩壁一面が一本の木が成長して花を咲かせているということを、説明してくださる方が教えてくれました。


Dsc_19134

6月はじめでこれだけ咲いているというのは、例年よりもかなり早いのだそうです。


Dsc_19205

まだ咲いていない中央部が咲いたら、岩壁一面が真っ白になるのだろうか。満開になったイワガラミをぜひとも見たいものです。


Dsc_21641

本堂を出てからは、東慶寺のアジサイを見て歩きました。2週間前に咲き初めだった黒姫アジサイはこんなに咲いていました。あの時はこの黒姫アジサイしか咲いていなかったのに、2週間経ってたくさんのアジサイが花を咲かせていました。


Dsc_20891

クリーム色と紫がかったブルーのバイカラーのアジサイ。小振りで可愛らしい。


Dsc_21210

明月院で見たようなオーソドックスのブルーのアジサイ。姫アジサイかな。


Dsc_20963

クローズアップレンズでちょっと遊んでみました。アジサイの葉のぼやけた緑を背景に白いアジサイが浮かび上がったように撮ってみました。


Dsc_21014

平な丸い花びらが重なったように咲いていたアジサイ。こんな可愛らしいアジサイがあるんですね。


Dsc_21076

緑の葉とフレッシュな白いアジサイを撮ると、アジサイが薄い黄緑に染まって見えますね。


Dsc_20682

白い蝶々の羽のように、風に花びらを振るわせていたアジサイ。


Dsc_20865

北鎌倉のお寺ではコアジサイをよく見かけます。この他に、白いコアジサイも咲いていました。


Dsc_21382

花びらが小さい紫色の星のように見えたアジサイ。ブルーとパープルの組合せが面白い。


Dsc_20419

こちらは珍しい朱色の山アジサイ。


Dsc_21565

こっちは薄いピンク色。ブルー一色の明月院もいいけれど、いろんな種類のアジサイが咲いている東慶寺も楽しい。


Dsc_2063

今の時期の東慶寺は普段は入れない場所に入れるようになっています。白蓮舎では催し物をしていて、そこから座って菖蒲畑を見ている人たちがいました。この石はたぶんここから先は入れませんよという印の石だと思うのだけど、そんな知らせ方が粋だと思います。


Dsc_20551

菖蒲畑の菖蒲たち。満開です。


Dsc_20308

ドクダミだそうです。この時期、北鎌倉を歩いていると、よくドクダミの白い花を見かけます。でも普通のドクダミではなく、八重のドクダミです。なんだか高貴な感じがします。


Dsc_20277

ドクダミのイメージを変えてしまうような清楚な花


Dsc_20186

大きなシャクナゲの木も満開で、その前では記念撮影をする人たちがたくさんいました。絵になりますからね。

そして、シャクナゲの木を過ぎて、墓地に向う右側の岩壁に楽しみにしていた二つめ。


Dsc_19411

紫色の花を咲かせるイワタバコの群生。北鎌倉、東慶寺の魅力を教えてくれた方のブログで紹介されていた宇宙人たち(笑)。


Dsc_19502

その宇宙人たちを自分の目で見たいと思っていました。本当に小さな宇宙人に見えます。


Dsc_19788

宇宙人たちがいっぱい!(笑)

まだ咲きはじめ、満開になると岩一面が紫色になると、見にきていたおばさまはお友達に話していました。また、イワタバコを撮りに来たのであろうおじさまは、まだ早かったかと、心の底から残念そうになんどもつぶやいていました。楽しみにしている人がたくさんいるのですね。

イワタバコもイワガラミも今までしらなかった植物。また新しい植物を知ることができて嬉しい。そんな楽しみをくれる北鎌倉がまた好きになりました。


でも、最後にひとつだけ。東慶寺でも残念なことがありました。観光シーズンだからいろんな人が東慶寺を訪れます。その中で大学生のグループだろうか、墓所の中で大声で話す、笑う、を繰り返していた5、6人の人たちがいました。しゃべるなとは言わないけれどTPOをわきまえた行動があるだろうに。静かな東慶寺を好む私にとってはとても残念でならない出来事でした。

|

« 六月の北鎌倉〜明月院 | トップページ | BLANC〜白を撮る。 »

花・花・花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 六月の北鎌倉〜明月院 | トップページ | BLANC〜白を撮る。 »