« 大雪の日 | トップページ | バーゲンで買ったもの »

2013.01.15

東大医科研モダンとレトロ

先日の三連休。三日目の昨日はお天気が崩れるとわかっていたので、その前日の日曜日に一眼を持って散歩に出かけてみました。行き先は白金台。今年の七福神参りの途中で気になっていた東京大学医科学研究所です。東京都庭園美術館(閉館中)のお隣にあります。


Desktop3

日曜日だったので門は閉まってましたが脇から入ることができます。こちら付属病院を併設しているので近隣の住民にとっての病院でもあり、憩いの場でもあります。中は遊歩道のようになっていて緑が多い。木の下で子供たちが遊んでいました。


Dsc_38901

本館(一号館)、昭和12年に伝染病研究所として建てられたそうです。東大本郷キャンパスと同じ内田祥三氏の設計で内田ゴシックと呼ばれているらしい。

青空を背景にヤシの木と池を前景に建つレトロが建築物がなんとなくラテン(スペインぽい)な感じでいいですね。国立大学の厳めしさや建築物の無表情さがありません。


Desktop4

午後の早めの時間、差し込む陽射しとできる影の対比が面白い。列柱の彫刻も凝っています。なにかをつかまえようとする(探求する)手のようにも見えました。

写真を撮っている間にも、中に入って行く学生たちが。みなさん東大生ですかね。

Desktop6

両脇の入り口も凝ってます。古いってわかります。付属病院のエントランスにはステンドグラスがあるそうですが工事中で入れず。残念。。。


Dsc_39401

裏手に回ると、こちらにはモダンな付属病院の新棟。カッコ良くていろんな角度から撮ってみました。


Desktop7

ここの専門は一般的な大学病院の診療科ではなく、感染や遺伝なのでたぶんかかることはないでしょう。研究についてもヒトゲノムや細菌の研究でもあるし、ちょっととっつきにくいかも。。。


Dsc_38941

本館の前に菜の花が一本だけ花を咲かせていました。昨日の雪でどうなってしまったかな。

都内にはこうしたレトロ建築がたくさんあるんですね。そうした建築物を写真に残したいと思っています。同じ内田ゴシックの東大の本郷キャンパスと駒場キャンパスにも撮りに出かけたいと思います。白金・高輪にもレトロ建築があるようですし、いろいろ出かけたい。

|

« 大雪の日 | トップページ | バーゲンで買ったもの »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大雪の日 | トップページ | バーゲンで買ったもの »