« Ludwig van BEETHOVEN; Symphony No.9 | トップページ | iPhone5 »

2012.12.23

フルーツミンスケーキ

この三連休はhomeworkと大掃除を予定しています。

今年はどうも、自分の中にクリスマスの高揚感がありません。三連休を挟んで来週はタフな日が続くことと、あとは、やはり、今年は夏に骨折してから、お祭り的な空気の中に身を置くことができない自分がいるのだと思います。

例年はクリスマスケーキを予約したり、ディナーに凝ったり、友達を呼んだりしていましたが、今年は昨日の第九特別演奏会の他は、静かに家の中で冒頭のことをして過ごしています。


Dsc_34311

その代わりといいますか、少し前に食べたKIHACHIのフルーツミンスケーキ。

フルーツミンスという言葉を知らなかったので調べてみたところ、簡単に言うと、洋酒漬けのドライフルーツのことらしい。英国ではクリスマスにこれを使ったタルトを作ったり、クリスマスプディングの中に入れたりするらしい。KIHACHIでも、クリスマスプティングをアレンジしています、と言っていました。

一番下がパイ、その上に逆さまにしたドーム状スポンジケーキ。この中にクリームと混ぜ合わされたフルーツミンスが入っています。その上にチョコレート、一番上にオレンジムースが乗った、独創的なカタチ。ふんわり、しっとり、パリパリ、いろんな食感と、酸味、甘みなどのテイストを体験できる、面白いデザートでした。

でも。このカタチからわかるように、非常に食べにくいです。フォークを入れた途端に崩壊しました。一体どうすれば上手に食べられるのか、購入した時にお店の人に聞いておくべきでした。

でも、個性的なデザートもたまにはいいですね。また面白いのがあったらトライしてみたいと思います。

|

« Ludwig van BEETHOVEN; Symphony No.9 | トップページ | iPhone5 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Ludwig van BEETHOVEN; Symphony No.9 | トップページ | iPhone5 »