« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012.12.31

大晦日に思うこと

2012年12月31日、
極めて思い出深い2012年が暮れようとしています。


はじめて手術をしました。全身麻酔、4時間近くの手術でした。
入院のために、社会人になってはじめて1ヶ月会社を休みました。
3ヶ月近く、松葉杖で会社に通いました。
ハイヒールとブランドバックの通勤スタイルはスニーカーとデイパックとなりました。


入院している時に、これからの生き方についていろいろ考えました。
お見舞いに来てくれる友達や仲間のありがたさを感じました。
人は、人に支えられて生きているのだと思いました。


そして何よりも今、、、
健康で日々暮らせることの幸せを実感しています。


だから、来年に思うことはただ一つ。
健康で一年を送れること。


Desktop45

そろそろ、我が家の年越しそばをいただきましょうか。


みなさま、よいお年をお迎えください。

| | コメント (0)

2012.12.25

iPhone5

一日遅れたので、、、Merry Christmas for yesterday. 昨日はhomeworkの一日。色気も何もありません。。。


ところで、iPhoneをiPhone4からiPhone5に変えました。初めてのホワイト、ディスクはこれからはクラウドの時代でしょということで、32GBから16GBに変えてセレクトです。


Dsc_35651

スリムで持ちやすくなって、画面はRetinaディスプレイでキレイになって、LTEは速くて、iPhone自体もレスポンスが速くなって、快適。言うことなしです。iPhone4で間違えてiOS6にアップデートしてモタついていた頃よりも、何倍も素晴らしい状態。


Dsc_35691

今回のカバーはiPhone4の時のようなピンクのkate spadeよりも、ブラック×シルバーの市松模様のクールなODOYOを。3Dプリントってところがカッコイイ。頑丈で持ちやすいところも気に入っています。

変えた一番のポイントは、実はiPad miniです。iPhone5でデザリングでminiのWi-Fiモデルを使おうと思っていました。それなのに、miniはまだまだ予約制。miniのために変えたのに、予約を躊躇している自分がいます。もう少し、待ちかなあ。。。

| | コメント (0)

2012.12.23

フルーツミンスケーキ

この三連休はhomeworkと大掃除を予定しています。

今年はどうも、自分の中にクリスマスの高揚感がありません。三連休を挟んで来週はタフな日が続くことと、あとは、やはり、今年は夏に骨折してから、お祭り的な空気の中に身を置くことができない自分がいるのだと思います。

例年はクリスマスケーキを予約したり、ディナーに凝ったり、友達を呼んだりしていましたが、今年は昨日の第九特別演奏会の他は、静かに家の中で冒頭のことをして過ごしています。


Dsc_34311

その代わりといいますか、少し前に食べたKIHACHIのフルーツミンスケーキ。

フルーツミンスという言葉を知らなかったので調べてみたところ、簡単に言うと、洋酒漬けのドライフルーツのことらしい。英国ではクリスマスにこれを使ったタルトを作ったり、クリスマスプディングの中に入れたりするらしい。KIHACHIでも、クリスマスプティングをアレンジしています、と言っていました。

一番下がパイ、その上に逆さまにしたドーム状スポンジケーキ。この中にクリームと混ぜ合わされたフルーツミンスが入っています。その上にチョコレート、一番上にオレンジムースが乗った、独創的なカタチ。ふんわり、しっとり、パリパリ、いろんな食感と、酸味、甘みなどのテイストを体験できる、面白いデザートでした。

でも。このカタチからわかるように、非常に食べにくいです。フォークを入れた途端に崩壊しました。一体どうすれば上手に食べられるのか、購入した時にお店の人に聞いておくべきでした。

でも、個性的なデザートもたまにはいいですね。また面白いのがあったらトライしてみたいと思います。

| | コメント (0)

2012.12.22

Ludwig van BEETHOVEN; Symphony No.9

今年も、いつもの友達と年末の恒例となった、日本フィルハーモニー交響楽団の第9交響曲 特別演奏会に入ってきました。指揮はもちろん小林研一郎さん。


Img_10701

やっぱりサントリーホールの音響はいい。今回は1階席の真ん中あたりだったので特に音がよく感じられました。音が高く高く立ち上って行く。ゾクゾクするほどに。

気持ちがよすぎて最近の寝不足で眠りに落ちそうでした。素晴らしすぎて眠ってしまうのは失礼かもしれないけど、それは本当に心地がいいから。そんな睡魔と戦いながら迎えた第四楽章。ここで睡魔を完全に断ち切りました。ラストまではどんどん上り詰めて、おしまいとともに割れるような拍手。本当に素晴らしかった。素晴らしい演奏を、素晴らしい指揮を、素晴らしいコーラスを、ありがとうございました。

アフターコンサートにはシャンパンと共に軽めにデザートを。


Desktop42

グラスの上に乗ってきたのはプレゼント。モエのチャームが入っていました。


Img_10881

今年は特にクリスマスケーキを用意しないので、デザートにはブッシュドノエルを。生チョコが美味しかった。ラズベリーとカスタードソースがよくあいます。あまりにも美味しくて、お土産にも買って帰ってしまいました。


Img_10721

今年のアークヒルズのクリスマスツリーはとってもクール。雫が流れるような演出もいいです。


素晴らしい音楽と美味しいデザートとクリスマスツリー。しあわせな一日でした。

| | コメント (0)

2012.12.16

自家製、柚子マーマレード

先日ブログで紹介したたくさんの柚子。それを使ってマーマレードを作ってみました。何個もの柚子を絞って千切りにしたり、一晩置いたり、何時間も煮込んだりということで週末じゃないと時間がとれない。ということで、この土日にトライ。はじめてのマーマレード作りです。


Dsc_34591

Webにあったレシピを参考に作ってみましたが、ご覧の通り、なかなかマーマレードらしくできあがりました。ペクチン抽出もうまくいき、ちゃんと固まりました。よかった。。。それに、酸味もあって美味しい。これから毎朝、ハチミツの代わりに柚子マーマレードを食べよう。


作っている間はいい時間を過ごす事が出来ました。単なるマーマレード作りだけど、作っている間は美味しくできるかしか考えない。苦みは抜けているだろうか、皮は柔らかくなっているだろうか、甘みはどうか、固まるだろうか。。。集中する時間を持つのはいいことです。

でも、自分に余裕があるときじゃないと難しい。会う時にお菓子を作ってきてくれる友達がいるけれど、どれだけの時間を使ってくれたのかと思うと、本当に有り難い。


また手作りをする時間を持ちたいと思います。

| | コメント (0)

2012.12.14

渋谷でランチ

とある日、セミナー参加で一日外でした。こんなことは久しぶりです。というか、骨折して松葉杖使用中は産業医から出張を禁止されていました。それが解けたのが11月下旬でした。

場所は渋谷。渋谷は苦手なのでどうしようと思ったけど、ここはえいやと行ってきました。

セミナー自体は、ためになったようなそうでないような。でも、現実を知る上ではよかったのかもしれません。


Desktop41

外に出たときの楽しみはお昼。あらかじめ調べておいたお店「サンパミニヨン」へ。ミニヨンというお店はこの付近に3店舗あるそうで、いずれもワインバー。

食べログには、”フレンチベースのダッチオーブン料理と古き良き日本の洋食の大人ワイン食堂”とあります。確かに外観、内装ともに、小粋でいい感じ。”ダッチオーブン料理”というコメントにも惹かれました。


Img_10381

頼んだのはこのお店の定番「豚肉のコンフィ」。たくさんの野菜とともに供されました。さらに、食べ放題のグリーンサラダも付いていまして。お野菜がたくさん摂れるのはよいですね。ドリンクはポットのジャスミンティ。あとはミネストローネとパンが付いて、これで1000円。大満足のランチでした。

ダッチオーブンというとアウトドアのイメージ。でも、これひとつで、焼く・炒める・煮る・蒸す・揚げるといったお料理ができるそうなので、家の中で使ってもとても便利な調理器具です。それに、お野菜の甘みが引き出されていてとてもいいなと思いました。

コメントを見るとやはり夜に行ってみたくなります。渋谷は苦手なんですが、夜に渋谷に行く機会があれば是非行きたいと思います。

| | コメント (0)

2012.12.09

柚子の季節

骨折退院後、はじめて実家に戻りました。実家では冬物をまとめて東京に送り、東京に戻った今日は、実家に送り返す春夏物を箱詰めです。ピストン輸送はなかなか忙しい。。。


Dsc_34041

家を出る時に、母がたくさんの柚子を持たせてくれました。実家にある柚子の木からとれた黄色い元気な柚子たち。中には葉っぱつきの柚子もあり、見た目も絵になります。香りをかぐと、とてもさわやかな香り。柚子の香り、大好きです。

さて、このたくさんの柚子たちをどうしようか。柚子湯はあまりにも簡単過ぎる。柚子ジャムとか柚子酒とか、他には何があるだろう?もう少し考えて、上手にできたらブログにもアップしたいと思います。

| | コメント (1)

2012.12.06

ジョエル・ロブションのケーキたち

ある日食べたジョエル・ロブションのケーキ。


Dsc_31861

ベリーのタルト。たくさんのベリーが甘酸っぱくて爽やかなスイーツ。カスタードとベリーとなんとなくヘルシーに感じます。気のせい?


Dsc_31771

こちらは、定番のモンブラン。端正なフォルムのモンブランですな。お味は、マロンをしっかりと感じることができる、それでいて軽〜い感じもする。


恵比寿ガーデンプレイスに行くとついつい寄ってしまう、LA BOUTIQUE de Joel Robuchon。主に買うのはパン類ですが、お会計の時にケーキのショーケースを見るとどうしても買ってしまうのです。


クリスマスのケーキをまだ決めていません。もう既に売り切れになっているのもあるんですが、優柔不断な私はなんか決まらない。ジョエル・ロブションのブッシュ・ド・ノエルも候補の一つだったりするのですが。。。

| | コメント (0)

2012.12.04

ニーハイブーツ

はじめてのニーハイブーツです。


Desktop38

CORSO ROMA9というイタリアのブランド。一度履いたので、ちょっとシワが寄ってますが。。。

前、横、後ろ、全てカタチが気に入って購入。グレーとブラウンと2色あるうち、合わせるボトムスがブラウン系があうかなと思いブラウン。そして、今年はヒールは履けないのでペタンコのをセレクト。

ニーハイブーツは避けていました。膝下が長くないとたるむし、細くないとバランスがヘンだし、カジュアルだし。。。でも、履いてみるとそんなことない。私はもっぱらユニクロの黒のレギンス(イージーニットレギンスではなく、センターにラインがはいったちょっと厚手のもの)を合わせてますが、これとの相性がとてもよいのです。トップはボリュームあるニットがバランスがよいですね。先日行ったティファニーさんも、服はニットを除いてユニクロで、このニーハイブーツで出かけました。友達にもお店の人にも好評。全て合わせ方次第なんですね。

このニーハイブーツは折り返して普通のブーツのようにも履けますが、折り返しのシワがついてしまいそうなので、折り返さずに履くつもり。

ひとつ気になるのは、普通の左足と骨折してプレートが入った右足の太さが明らかに違って見えること。歩いているとそうでもないけど、立ち止まると右足の足首が太い。左足のようにシワがよっていません。ワンシーズン終わった頃は、どうなっているかな。。。

一足目のニーハイブーツは大成功。来年以降、また違ったタイプのブーツに挑戦したいと思います。

| | コメント (0)

2012.12.02

秋冬の応急措置

クローゼットの都合で実家がシーズンオフ衣類の保管庫となっています。例年だと10月中には衣類のチェンジをしているのですが、今年は骨折のため実家に帰れていません。12月になったというのに、我が家のクローゼットはまだ夏物が幅をきかせています。

寒くなりはじめの頃は、なんとか東京に残していた秋冬衣類でやりくりしていたのですが、こう寒くなってくるとそうもいかなくなってきました。ということで、秋冬物を取り寄せるまでの応急措置。


Desktop40

ひとまず揃える、そんな時の強い味方。上の画像は全てUNIQLOとGAP。プランタンのユニクロマルシェと銀座GAPで調達してきました。シャツ4枚、ボトムス3枚、セーター1枚、これだけ買っても2万もしない。すごいなー。勿論、今年用のヒートテックもお買い上げしました。

ユニクロのシャツを買ったのは今回初めてですが、案外しっかりしたつくり。形状記憶なのかな、洗濯してもシワになりにくいところもラクチンでよいです。ボトムスも普通のスキニータイプとコーデュロイのものと選んだけど、すごく履きやすい。

ただ、ネルシャツとニットは思った色、カタチがなくてパス。ネルシャツもニットも10種類以上の色があったけど好みの色がなかった。それでGAPへ。やっぱりこじゃれたカジュアルというとGAPのほうがいい。この赤のネルシャツは一目見ていい色合いと思えたもの。セーターもそう。

今回も一応ZARAに入ってみたけど、全く触手が動かず。お店の中スルーです。やっぱり私にはZARAは合わないみたい。

ひとまず一式揃えてなんとか今までのところ耐えていますが、やっと次の週末あたりに実家に帰ることができそうです。厚手のコート、ストール、やっと暖かな冬が過ごせることになりそう。なんとか今週を乗り切らなくては。


| | コメント (2)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »