« 2012年8月 | トップページ | 2012年12月 »

2012.11.29

手作りダコワーズ

先日丸の内で会った友達が手作りのお菓子を持ってきてくれました。


Dsc_3319

ころんとしたかわいいカタチのダコワーズ。

アーモンド入りメレンゲの生地にバタークリームをはさんだお菓子のことをダコワーズと言うのだそうです。市販のものは楕円形をしているけど、これはまーるい。そして、どこかで買ったダコワーズはパサパサ生地でしが、この生地はしっとりしていて弾力さえありました。

友達の解説によると、マンゴーソースを入れてちょっと甘酸っぱくしたとのこと。そうね、さわやかな酸味がありました。とても美味しかったです。

お菓子が作れるってすごいな。マメじゃないとできない。だから私にはできない。友達は遊びに来るときに毎回お菓子を持って来てくれる。ホールのムースケーキ、マドレーヌ、天然酵母パン、などなど。ありがたいな。

どうもありがとう。とても美味しかった。ごちそうさまでした。

| | コメント (0)

2012.11.28

MARUNOUCHI HOUSE

この日予約をしておいたのは、新丸ビルの7階のMARUNOUCHI HOUSEにあるお店。以前、アド街ック天国で東京駅の特集をしていて、このMARUNOUCHI HOUSEのテラスから見る東京駅がいいといっていたのです。それで。


Img_09781

選んだお店は、東京駅側にあるHENRY GOOD SEVENというお店。ほんとはRIGOLETTOがよかったのだけど予約できなかった。。。全面ガラスで開放的。でも、Webで見たよりもすごくカジュアル。面白い席の配置でした。


Desktop35

お料理たち。前菜盛り合わせ、スチーム野菜、グリル野菜のニョッキ、ピザ。お料理は普通ですかね。雰囲気や会話を楽しむお店だと思います。


Img_09971

RIGOLLETOの前。ほとんどのお店がこんな配置だけど、廊下の脇のテーブルで食べるのはやはり落ち着かないな。。。


Img_09871

中が混んでいるからか、外の寒さが気にならないのか、テラスで合コン?するグループ。雰囲気はあるけど、ちょっと、いや、かなり寒い中で、若者はなんて忍耐強いんだろう。


Img_09851

テラスから東京駅を見ると、あら、ライトアップが終わっています。友達曰く、ライトアップは9時までなのだそうな。もっと早く言って。一番の目的はこの景色だったのに。。。


Img_09901

この状況では郵便局側のほうが見栄えしますね。次は必ずライトアップ時間の東京駅をテラスから見たいと思います。

| | コメント (0)

2012.11.27

Bright lights MARUNOUCHI

Img_0942

ティファニーの続き。

お店でジュエリーを見ていたら外は真っ暗になってまして、晩ごはんを予約しているお店まで、丸の内仲通をぶらぶら散歩。今年もイルミネーションが美しいです。この季節の外歩きは寒いながらもとても楽しい。ひとまずは歩けるようになってきてよかった。


Desktop36

My PLAZAのクリスマス飾り。例年よりも大人っぽいような。。。


Img_09551

街角のお店。イルミネーションがガラスに映り込む。楽しそうにお店の中で過ごす人たちを外から見るのも楽しい。


Img_09601

丸ビルまできました。昼間のツリーも見たけれど、やっぱり夜のほうがキレイだな。それに、昼間にも増してすごい人の数。中には入らずに外からカシャリ。


Img_09651

東京駅まで来ました。改修後、夜のライトアップされた東京駅を見るのは初めてです。遠目からですが、美しいですね。

もうすぐ6時。予約した時間まであと少し。さてさて、晩ごはんのお店に向いましょうか。

| | コメント (0)

2012.11.26

Holiday Season

Holiday Seasonでイメージするもの。

クリスマスツリー、夜のイルミネーション、賑わう街、ハッピーな気分、温かな気持ち、ユーミン、そして、、、ジュエリーブランドのクリスマスコレクション。

先日、親しくしているお店の方からご招待をいただき、丸の内のティファニーに行ってきました。

Img_09282

クリスマスバージョンのお店の中。ツリーの下にはティファニーブルーのボックスたち。こんなに贈り物をいただけたら、嬉しいな。。。

一番気に入ったディスプレイは、雪が積もったお家とティファニーブルーのドア。それがとても温かで、やっぱりHoliday Seasonだなぁ、と思ってしまう。


Img_09231

ティファニーブルーのソフトドリンクとフィンガーフードをいただきながら、いろんなジュエリーを見せていただきました。ホント、美しいですな。


Dsc_32671

たくさん試してネックレスをお買い上げ。いつも見るだけだったけど、今回は特別だったので気に入ったジュエリーがあれば購入しようと思っていました。出会えて嬉しい。

Holiday Seasonは、リボンが赤に変わります。クリスマスですからね。ありったけの願いを込めて開けてみよう!

| | コメント (2)

2012.11.25

ガーデンプレイスクリスマス

先日、恵比寿ガーデンプレイスに行った時に撮ったクリスマスツリー。


Img_08871

毎年同じようだけど、毎年少しずつ違うのかな。今年のツリーは例年よりもオーメントが大きく感じます。


Img_08671

バカラのシャンデリア。このシャンデリアも見慣れました。でも、これを見ると、今年もそんな時期なんだなと思うのです。


Img_09011

ウエスティン東京のクリスマスツリー。クラシックなホテルには、こんなオーソドックスなツリーがお似合い。


Img_09041

エントランスではこんな大きなツリーの森がお出迎え。ツリーの下を汽車がぐるぐる走る。


今年も、クリスマスシーズンが巡ってきました。まだ右足の運びがちょっとぎこちないですが、イルミネーションの季節に間に合いました。

| | コメント (0)

2012.11.19

小川軒のレーズンウイッチ

先週の土曜日の雨の中、目黒通りにある巴里 小川軒にレーズンウィッチを買いに行ってきました。


Ogawaken

松葉杖歩行時にお世話になった方へのお礼のお菓子。一人は会社の人、もう一人はマンションの掃除をしてくれているおばさん。

松葉杖歩行で最も大変だったのはモノが持てないこと。そりゃそうです、両脇で松葉杖を抱えているのですから。片松葉になってからは比較的ラクになったけど、それまでは大きなものが持てませんでした。

まずゴミ捨てが出来ませんでした。大きいゴミ袋は持てないので小分けにして捨てに行ったとき、それをお掃除にきていたおばさんが見かけて、ドアの外に出しておけば捨てるわよ、と言ってくれたのです。ありがたかったです。

もうひとつは買い物。お昼時の会社の売店は人が多くて気が引けるし、買ったものが持てない。そんな私に彼女は付き合ってくれたり、買って来てくれたりしました。助かりました。


お礼のお菓子はいろいろ考えて小川軒に。ここのレーズンウィッチ、好きなんですよね。クリームが軽くて、ラム酒漬けのレーズンはみずみずしいし。軽いから食べ出すと止まらなくなる危険なお菓子です。

先々週の土曜日に買いに行こうと思い、出かける前にお昼頃にお店に電話したら、なんと当日分は売り切れ。それで、予約して先週買いに行ったのでした。狭いお店は買い物客でいっぱいになってしまう。そしてみなさん、お決まりのようにレーズンウィッチを買って行く。私の前の人は五箱買っていました。人気なんですね。

巴里 小川軒のレーズンウィッチは新橋と目黒にお店があります。予約をして是非どうぞ。


| | コメント (0)

2012.11.18

ワインのお祭り2012

先週木曜日はボージョレ・ヌーヴォーの解禁日。例年のようなノリはないけど、ひとまずはお祭りに乗っかっておこうか。でも、仕事をしているとイベントに合わせるのは無理。週末にのんびりと友達とヌーボーを開けました。

2012年はかなり厳しい年だったそうで、特にボジョレー地区は病害との戦いの日々。ここまでひどいビンテージとなったことは初めてらしい、とお店からのメールにありました。
そんな中で出来上がったワイン。どんな感じ?と思いながら飲みました。


Dsc_31641

フィリップ・パカレさんの新酒、ボジョレー・ヴァンドプリムール2012年。
グラスにそそぐと例年通りのキレイなルビー色。この人のヌーヴォーの色は透き通って本当にキレイ。そして口にふくむと、、、ヌーヴォーらしい若く、みずみずしい味が口の中に広がりました。

合わせたお料理は、チキンソテー、ベーコンとキャベツのパスタ、サラダ。凝ったお料理ではないけど、チキンは、酒、すりおろしニンニク、ごま油、醤油でマリネしてからソテーしたので、しっかりお味がついてなかなかのものでした。ヌーヴォーにはこのくらいの軽いお料理が合います。


Dsc_31671

もうひとつは、ギリシャワインの新酒の白、ドメーヌ・スクラヴォス ネオス・イーノス2012年。ネオス・イーノスが新酒ワインって感じの意味らしい。私、このギリシャのワイン大好きです。香りはすごーく甘いのに、飲むと、なんでこんなにキリリなの?というくらいのキレ味。夏にしっかりと冷やしてここのワインを飲むのが好きでした。

新酒の味はどうかというと、香りに反してやっぱり辛口と思ったら、あら、今回はちゃんと甘みを感じます。デザートワインにしようと思い、買っておいたレダラッハの板チョコを合わせてみました。特に、シナモンとプルーンのブラックチョコがよく合いましたね。

以上、今年のボジョレー・ヌーヴォーでした。


| | コメント (2)

2012.11.17

ヒールじゃない靴

靴が好きです。基本的にハイヒールです。でも骨折してから、ちゃんと歩けるようになるまではヒールの靴は履けません。

退院してからの日常生活はずっと白と黒のコンバースでした。長くは履かないからと、価格と履きやすさを優先しamazonで購入。というか、外出できなかったからネットで調達するしかなかった。でもスニーカーも飽きたし、秋冬はちゃんとした靴を履きたい。銀座で靴を買ってきました。

Shose


さんざん試着してセレクトしたのは、ネイビーのデザートブーツとブラックのウイングチップのハーフブーツ。どちらもスエード。もちろんヒールはほとんどありません。ブラックがGOHAN、ネイビーがLuca Grossiというブランド。両方知らないブランド。。。ペタンコ靴はほとんど履かないからどこにどんな靴があるかわからない。苦労しました。

それに、左と右の足首まわりの太さが違うからなかなか合うのが見つからない。右足の足首からふくらはぎにかけては、骨を固定するプレートが入っていて、そのぶん、足首周辺が太くなっているのです。履けると思ったけど、ジッパーが上がらずに諦めた靴も数多く。。。そうして残った二足です。

Dsc_31181


履いてみるとこんな感じ。マニッシュですなー。これは細身のデニムに合わせたけど、レギンスにヒートテックのレッグウォーマーで合わせてもよさそう。案外デザートブーツは応用範囲が広そう。

いつもの秋冬はロングブーツとワンピースが定番だけど、今年はトップスにボリュームを持たせ、ボトムスはスキニーパンツやレギンスでスッキリ、こんなマニッシュなブーツでまとめようかと思っています。細身のロングブーツのサルトルさんは、プレートが入った右足は無理かな。。。

| | コメント (0)

2012.11.12

松葉杖を卒業します

今日は一ヶ月ぶりの整形外科の外来でした。
レントゲンと足の状況を見て先生、”もう松葉杖はいらないね”。
手術をしてもうすぐ4ヶ月。
やっとここまできたという感じですが、怪我の診断の時に3〜4ヶ月とのことだったので、ほぼ予定通りということでしょうか。

これからは足首の可動域を広めるために、ストレッチは欠かせません。今まで以上に、リハビリにはげみたいと思います。


Img_08901

実は、先週土曜日に松葉杖なしで外を歩いてみました。
まだ足首が硬いので、右足の運びが少しぎこちない。だから、自然とゆっくり歩きになってしまう。。。

普通に歩くおばあさんやお母さんと小さい子供連れに抜かれた時は、正直ショックでした。自分では一生懸命に歩いているのに。。。

また私は電車の中で。骨折した人たちのブログを読むと(骨折からの復活を綴ったブログって結構あります、参考になりました)、みなさん松葉杖で電車の中で立っていても譲られたことがないと書いていますが、私は結構席を譲っていただきました。その譲り方も、とても爽やか。スッと立って、”どうぞ”。有り難かったです。松葉杖を卒業した後は、私もそんなふうに爽やかに席を譲れる人でありたいと思います。


ところで、どうやって西表島に松葉杖を送ろうか。ある人が、自分で行ってしまったりしてと冗談まじりに言っていたけど、それも楽しそうだと密かに思ったりしています。

| | コメント (0)

2012.11.11

機を逸すると書きにくいもので・・・

最後の更新から3ヶ月半経ってしまいました。こうなってくると書きにくくなりますね。八重山の話が終わっていないので他の話題が書けない。なので、そろそろ締めくくりましょう。

7月10日(もう四ヶ月も前!)、この日は西表島から波照間島に向う日。西表島で友達と別れ、一人で波照間島に行く予定でした。はじめての波照間島でとても楽しみにしていたのです。しかし、西表島を離れるまで友達とちょっと海まで行き、その途中で転んで骨折しました。


Dsc_2959

西表島で最後に撮った写真です。撮影日2012/07/10、時刻 11:27:05、この後ですぐ西表島の診療所に運び込まれました。向こうに見える海をもっとよく見たいと脇の草原に上がろうとしたこと、転びそうになったのに踏みとどまろうとしたのがよくなかったのでしょう。素直に転べば骨折しなかったんだろうなと思うけど、起こってしまったことは仕方ないですね。

診療所で添え木で右足を固定し、座薬で痛みを和らげ、その日のうちに東京に戻るため、連絡船で石垣島に戻り、最終便で東京に帰ってきました。

波照間島の宿のキャンセル、飛行機の予約の変更、石垣空港までの付き添い、一緒に旅をしていた友達には本当にお世話になりました。感謝、感謝です。一人で波照間島に行った後に起こった事故だったらどうなっていたかわかりません。

航空会社はANAでしたが、石垣空港でチェックイン後の見守りは心強いものでした。車椅子が用意され、空港内、搭乗、着席、トランジット、羽田空港を出るまでずっとエスコートしてくれました。バタバタの7月10日でした。


そして、手術をしてからあと1週間で4ヶ月になる今、ゆっくりならば松葉杖なしで歩けるようになりました。片松葉は使ったり使わなかったり。明日の診察で松葉杖はもういらないね、と言われるかどうか。まだ右足を庇いながらの歩行だったり、足首が硬くて下りの階段は一段ずつだったりするけど、それもきっと少しずつ元通りになっていく、そう思いたい。

以上、YAEYAMA TRIPの締めくくりに代えて。

| | コメント (2)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年12月 »