« 移動時間の合間に | トップページ | 麻布十番、広尾、そして中目黒 »

2012.04.29

セザンヌ展

この2日間、GWを盛り上げるいいお天気ですね。私もいい気分ではあるのですが、5月1日に仕事のイベントがありまして、お休みの日も会社のメールを確認したり、あまりふわふわした気分ではいられません。


Img_0305

それでもお天気がよかった昨日は、楽しみにしていた「セザンヌ展」を見に、国立新美術館に行ってきました。セザンヌの作品だけ80点以上が展示されている、かなり頑張って集めましたね。


Img_0302

GWの初日、混んでいるんじゃないかと心配したのですが、広いスペースを使って展示されていたので、それなりに混んではいたけれど全然見られないというほどではありませんでした。

私のイメージのセザンヌは、風景画と静物画の印象派の人なのですが、この展示では、初期作品から、風景、身体、肖像、静物、晩年と、6つのテーマで展示が展開されていました。初期から見て行くと、画風が変わって行くのがよくわかります。

オルセー、プティ・パレなどの美術館から持って来られた作品も多々。そういえば、ポスターやチケットに使われいる「りんごとオレンジ」はオルセーで見て、写真にも撮っていました。


Img_05251

これ、オルセーで撮ってきました。向こうはフラッシュさえ炊かなければ写真OK。太っ腹です。オルセーは印象派の宝庫ですからね。他にもたくさんセザンヌさんの絵がありました。

セザンヌさんの静物の印象はりんご、そして、風景の印象はプロヴァンスの赤い土とセント・ヴィクトワール山。プロヴァンス、一度自分の目で見たくなりました。

さて、国立新美術館では、エルミタージュ美術館展もやっているんですね。マティスがあったりしてこちらも是非見てみたいところ。なのですが、いつ行けるかな〜。

|

« 移動時間の合間に | トップページ | 麻布十番、広尾、そして中目黒 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 移動時間の合間に | トップページ | 麻布十番、広尾、そして中目黒 »