« 春の花を買って・・・ | トップページ | スマートフォンに替えた日 »

2012.03.12

ジョエル・デュラン

1月に銀座にオープンしたプロヴァンスのショコラティエ、ジョエル・デュランのカフェに行ってきました。2月に松屋銀座に出店していた時にチョコレートを購入しまして、その時に招待状をいただいていました。


R00240931

このお店のトレードマークはプロヴァンスを思わせるラベンダー色。
PCの画面では表現できない、
実物のボックスや紙バッグは美しいラベンダー色です。
ぜひ一度、直にみていただきたい色です。


R00240631

一階がブティック、二階がカフェになっています。
思ったよりもカジュアルな雰囲気のカフェでした。
カップル、女性同士、そして意外に、男性のおひとり様が何組か。
男性のチョコレート好きって案外多いのですね。


R00240721

今回のご招待でいただいた、リエジョアというチョコレートパフェ。
端正な姿のパフェにうっとりです。
大人のためにつくられたほろ苦パフェなのだそう。
2種類あり、私は、特にほろ苦系のブラックチョコレートをいただきました。


R0024079

一番上には、AtoZチョコのA=カルパノが載ってます。
そう、このお店、AからZまで26種類のフレーバーがあり、
好きなフレーバーをセレクトできるし、また、
"Thank you"のように、言葉をつくって贈ることもできます。

さて、パフェの続き。
ふんわり生クリームの下にはチョコレートアイス。
さらにその下にはブラックチョコレートのソース。
カカオの味が感じられる、苦めのソースでした。
さらにその下には、チョコレート、サクサクなアーモンドプラリネ。
そんな具合で層になっていて、ほんと、チョコレートを食べている感じ。
チョコレート好きにはたまらないでしょうね。
が、私にはちょっと量が多かった。大人はこんなに食べるのかしら。


R00240881

ジョエル・デュランがある西五番街通り。
行列で有名なピエール・マルコリーニがある通りです。
2月のバレンタインデーで来た時に、
ピエール・マルコリーニは1軒挟んでお隣さんと思ってたら、
なんと、HIRSINGERというフランスのチョコレートのお店がオープンし、
3軒続きのチョコレートのお店になっていました。
なんでもこの辺り、銀座チョコレートストリートと呼ばれつつあるとか。

チョコレート好きにはたまりませんね。

|

« 春の花を買って・・・ | トップページ | スマートフォンに替えた日 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の花を買って・・・ | トップページ | スマートフォンに替えた日 »