« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012.01.30

Salute!

先日、東京に遊びに来ていた親友と退院祝い&新年会をしました。場所はこのブログにも書いたことがある恵比寿のビストロ。恵比寿は、彼女が使う湘南新宿ラインへのアクセスもよく、私も行きやすい場所。中央区からこちらに引越して、友達と会う場所も変わりました。。。

待ち合わせに現れた彼女は大きな荷物。聞くとバーゲンで靴を大人買いしたらしい。ブーツ二足は確かにかさばりますな。

Desktop173

お店に行く道、いつも1本入る道を間違えてしまう。多めに歩かされて大荷物の親友は少しご機嫌ななめでしたが、お店に入ると中が暖かく機嫌を直してくれました。

今回行って気づいたのですが、内装が赤なんですね。目黒のビストロも赤坂のビストロもそうだけど、何故感じがいいビストロはみんな赤なんだろう。。赤は食欲をそそる色だから?


Desktop174

中は暖かく、ここは恵比寿なので、スタートは、とりあえず恵比寿の生ビール。うまいです。気分が上がります。その後は、ピノをボトルで頼んで、ワインを飲みながら会話が弾む。


Desktop172

フレンチフライが美味しいと教えてもらっていたのでオーダー。サラダは、この日のおススメのレンズ豆のサラダを。そして、パテドカンパーニュとステーキ。なんか、ポテトと肉、ガッツリ系、カロリー高いです。。。ピノはそれだけで飲むともの足りなかったけど、パテとステーキにはピッタリ。おいしくいただけました。

しかし、これだけ頼みましたが、結果的に私はステーキは半分も食べられませんでした。パテでほとんどお腹いっぱい。頼んでちょっと後悔。全てシェアしたから量を食べた感じはしないんですけどね。

そんな美味しい食事をしながら、話題は健康のこと。昨年大きな手術をした親友は、健康の有り難さを実感したと繰り返していました。美味しくお酒が飲めるのも、美味しく食事ができるのも、全て健康があってこそ。本当にそうですね。

お互いに健康で、また一緒に飲もうねと別れた恵比寿の夜でした。


| | コメント (0)

2012.01.29

渋谷から、散歩

フェルメールを見にBunkamuraに行った帰り、渋谷から自宅まで歩いてみました。地図で経路を検索すると約40分、歩けない距離ではありません。目的も何もないけれど、そう、ちょっとした冒険心。

渋谷からは代官山に出れば、あとはほとんどわかる道です。地図も見ずにてくてく歩き。

Desktop168

まずは、スタートのBunkamura。ここはいつも花が咲いている。
季節なのかどうか、オリーブの木に実のようなものがなっていました。
色が茶色っぽい。実じゃないのかな。


Desktop169

はじめは山手線沿いを歩いてみる。これなら絶対迷わない。
山手線沿いで見つけた豆腐料理のお店。凛とした和の雰囲気がいい。
お隣は多国籍っぽいお店。こんな組合せも面白い。


山手線沿いから脇道に逸れてみる。と、そこには渋谷っぽい面白い建物が。。


R00238821

丸窓、曲線を強調した外観のレトロな建物。アパートなのかな。

少し歩いてこの建物の先、通りを渡ると代官山。
渋谷から代官山はあっという間。
それなのに、通りを渡っただけで街の雰囲気がガラリと変わる。
うまく撮れなかったので載せないけれど、それがすごく面白い。


R00238881

代官山から中目黒は勝手知ったる道。坂をぐんぐん降りて行く。
途中で見かけた花屋さんの店先には、球根たち。
チューリップが咲いていたり、花屋さんはもう春ですね。


R00238901

中目黒の裏通りのTシャツ屋さん?
綿の花が飾られていました。


R00238941

何のお店かしらないけれど、なんとなくカシャリ。

直線距離を行かず、さらにスナップして歩いたので
1時間近くかかりました。
そんなに歩いた気がしないのは、変化に富んだ道のおかげかな。

往復歩くのはちょっと厳しい
けれど、もう少し暖かくなったら、行きか帰りかのどちらか、
今度は違うコースを歩いてみたいな。

| | コメント (0)

2012.01.28

フェルメールからのラブレター展

R00238721

Bunkamuraで「フェルメールからのラブレター展」を見てきました。人気の画家というと歌川国芳展の大混雑のトラウマがあったのですが、こちらは大丈夫でした。混んではいましたが、ゆっくりちゃんと見てまわることができました。

フェルメールを中心に、手紙にまつわるオランダの画家の作品が数十点出展されていました。17世紀のオランダのコミュニケーションという観点でまとめられていて、当時の恋文の文例があったりして、おもしろい。

フェルメールの作品は3点。「手紙を書く女」「手紙を読む青衣の女」「手紙を書く女と召使い」。中でも、「手紙を書く女」が好み。毛皮で縁取られたやわらかなイエローの服、真珠のイヤリング、リボン。。。それら装飾品が、窓から差し込む光りで何とも言えない輝きを放っています。フェルメールの光りの中で描かれる人はみな優しげで、激情の気配さえもやわらげてくれている。

出口近くにフェルメール作品の世界分布マップが展示されていました。現存する作品30数点がどこにあるのか一覧できます。オランダで数点、アメリカ東海岸に行けは数点みられるのねとか、わかりやすい。そういえば、以前、フェルメールの絵を見に行くツアーがあるということ、テレビでやっていました。一年毎にフェルメールの絵がある国を巡って行くのだそうです。好きな人はそうなんでしょうね。

さて、今年は、フェルメールの絵が6点、日本にくるのだそうです。「ディアナとニンフたち」「真珠の耳飾りの少女」、そして「真珠の首飾りの少女」。「真珠の耳飾りの少女」、大塚国際美術館で陶板に複製された絵を見たことはあるのですが、今回はホンモノです。楽しみに待つことにしましょう。


| | コメント (0)

2012.01.24

雪化粧

昨日の東京の雪。けっこう降りました。坂がある街に引越してはじめての雪。雪の中を帰るのはちょっと怖かったし、そして、今朝のアイスバーンの中の出勤たら。なんど滑りそうになったことか。。。


P12453841

それでも、朝起きた時に見た雪景色は美しいもので。
桜の木には雪が積もってました。
空気は刺すように冷たい。
寒かったけど、窓を開けて、しばし撮影TIME。


P12453851

うっすらと、ではなくて、立派に積雪2センチ、という感じ。
よーく見ると、桜の芽もカタチになってきているかしら?

今、週2〜3回の割合で、あるお客さんに打合せに行っています。
高層ビルの上から見た景色が素晴らしかったんですけど、
さすがにお客さん先のフロアでは写真を撮ることもできず、見るだけ。

森も建築物もすべて雪に覆われて、
それを見て、東京は雪化粧が似合う街だと思いました。
通勤は大変だったけど、なんだか嬉しい雪の翌日でした。

| | コメント (0)

2012.01.22

nakameguro cafe

曇り、雨、雪。寒い日が続きます。昨日は大寒でしたから、当然というところでしょうか。それにしても寒い。床暖房でぬくぬくして過ごしてはいるのですが、今年は、寒い、です。

そんな時は、カフェでほっこりタイムを。

Desktop165

中目黒の駅近く、いい感じのカフェを見つけました。ずっと待ち合わせは駅の隣りのセガフレードだったのですが、なんかとりあえずっぽい。なので、いろいろ調べまして。

カフェは相性のようなものがあり、居心地の良さを感じるかどうかはそれぞれ違います。スタバも、居心地がいいスタバとそうじゃないスタバとありまして、目黒のスタバはいずれも私はあまり好きではありません。やっぱり、私にとって居心地がいいスタバは、丸の内のスタバ。でも、あそこでNOMADOすることはもうないんだろうな。。。

さて、このnakameguroのカフェ。はい、私にとってとても居心地がいいカフェです。喫煙OKのお店なのですが、そんなにタバコくさくありません。いちばんいいのは、窓が大きく、明るいこと。開放感があるのです。私は角っこの席がお気に入り。イスの座り心地もよいです。


Desktop166

カフェだから、コーヒーにもこだわりがあるようです。フランス語の名前のお店だからなのか、メニューにもフランスの名前が並んでいたりするのもよい。寒い日には、ウイスキー入りのアイリッシュコーヒーを。グラスの下の砂糖を好みでとかしながらいただきます。濃いクリームと濃いコーヒーとウイスキー。大人のコーヒーです。また違う日にはカフェオレを。本当は、コーヒーのお店ではストレートのコーヒーを味わうものなのでしょうがね。それは、おいおい。

やはり、中目黒には探すと味わいのあるお店があります。これから少しずつ見つけていきたいと思っています。

| | コメント (0)

2012.01.15

pure

しばらく花を買っていないなぁと思って花屋に行ってきました。

花屋さんは春の花で溢れていますね。スイートピー、ガーベラ、チューリップの鉢植え、とても華やか。きれいな色の花には惹かれたのですが、今年いちばんはじめに部屋に飾る花です。白いバラを買って帰りました。


P1084927

真っ白と黄緑がかった白。
部屋が凛とした空気で満たされました。


P10952191

合わせて、バラのアロマを変えました。
2011年はピンクや赤系のバラのポプリを置いていました。
今年は、アロマも白いバラに。
バラのポプリとドアに飾るバラのリースをいつも目に入る場所に。

白いバラはピュアです。そんな気持ちで1年過ごしたいものです。

| | コメント (0)

2012.01.11

Good evening Tokyo.

東京シティビュー、夜。

P1085072

この日は満月の一日前。ほぼまんまるのお月様。
地上で見る月よりも近くに感じます。気のせい?
雲に隠れてしまう前、ギリギリのコンディションで撮れました。


P10850811

日が落ちて、いち早く東京タワーに灯りが入りました。
今年はじめて見た2012年。なんか、めでたい。


P10850911

黄昏どきのうっすらとしたオレンジの灯りがなんともいえない。
東京タワーの灯りは温かくてやさしい。
それは、ライトが鉄骨の内側に組み込まれ、
下から上に向って内側から照らしているからなのだそうです。
でも、地上ではそんなおくゆかしく見えても、
空からは燦々と輝いて見えるのだそうです。そりゃそうですね。


P1085093

やはりその存在は圧倒的です。


P10851331

暗くなって行く空と反対に明るくなっていく東京タワー。


P10851271

レインボーブリッジも輝きはじめて。


P1085135

東京シティービューの下を覗き込むと、
年末に見た六本木ヒルズ、けやき通りのライトアップが。


P10851521

レインボーブリッジがより強く輝きはじめ、
台場の観覧車のライトアップもはっきりと見えるようになりました。


P10851751

東京タワーが明るく輝き、東京に夜が訪れました。
やはり、東京の夜景はこれです。

Good evening TOKYO!

| | コメント (0)

2012.01.10

to the evening

先日の歌川国芳展、午後に出かけて行ったわけは東京シティービューの眺め。昼から夜の移り変わりを見たいと思いまして。それで午後出かけて行ったら先のブログのように大混雑となってしまったのでした。

P10849871

入り口から入るとまず目に飛び込んでくるのは東京タワー。
青空と朱色の棟が映えます。


P10849981

そしてそこから目を左に向けると、スカイツリーが少し奥に。
六本木ヒルズからだと、前のビルが邪魔をして、上部しか見えません。。。
いつか近くでちゃんと見たいものです。


P10849811

東京タワーの右奥には、レインボーブリッジ。


P10850381

海上は雲がなかったのですが、陸側には雲が出て来まして。
夕日は雲の中に。。。


P10850231

その雲に向って飛行機が飛んで行く。。。


P10850081

雲の下、地上は雲がたちこめて、その間から光りが射している。
なんだか神々しい。


P10850451

しかし、、、、
残念なことに、期待した富士山は見えませんでした。。。
山裾に夕日の赤が見えるんですが、肝心のお姿が見えません。(泣)。
一番見たかったのに、残念。天気がいいだけじゃダメなんですね。

またリベンジします!


| | コメント (0)

2012.01.09

見納めのバカラシャンデリア

今シーズンのバカラシャンデリアは、今日1/9で見納めです。連休の初日、出かけた帰りを恵比寿経由にして見納めしてきました。

生活の拠点が変わるとよく行く場所も変わるもので、今年は何度このシャンデリアを見たのかな。。。


P1074802

いつも夜の中で輝くシャンデリアを見ていたので、夕方の澄んだ青の中で輝くシャンデリアはまた違って新鮮です。クリスマス、年末の頃よりもぐっと人出が減っていて、私としては写真が撮りやすい。


P1074830

ジオラマで撮るとこんな感じ。シャンデリアは光りのかたまりになってしまっているけれど、それもなんだかいい。


P1074834

左側から。どっちがよいでしょうね。撮りはじめた頃はまだ夕日のオレンジも混ざってましたが、いつの間にか明るい澄んだ青だけになってました。


Desktop163

見ていると、シャンデリアのライティングが変わっている。赤、青、水色、白。。。決まった時間になると色が変化するっていうこと、見納めの日にしてはじめて知りました。。。


P1074851

写真を撮り終えて帰る頃。ジョエルロブションの上には満月一日前のほぼ真ん丸の月が輝いてました(ボケボケだけど)。

さて、明日から2012年の仕事が本格的にはじまります。きっと3月に向けて怒濤の忙しさになるんだろうな。


| | コメント (0)

2012.01.08

没後150年 歌川国芳展

六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリーで開催されている「没後150年・歌川国芳展」に行ってきました。年末の「美の巨人たち」の特集を見て、楽しみにしていました。

P1085201

このエントランスから、ロックです、漫画です、アニメです。”奇才浮世絵師”と言われるだけあります。江戸時代の現代技術というのでしょうかね。粋で型破りで面白い。すべての絵がつまらなくない、なかなかないことです。

この人、色の使い方がすごくうまい。青、白、赤。特に、青がいい。藍色、群青、いろんな青があります。そんないろんな青を使った海の色が好きです。


P1085203

そして、画面がダイナミックでドラマチック。一枚の絵に収まらない、動きがあります。このポスターに使われている浮世絵もそう。飛びはねる鯉の動きったら。

それだけじゃない、美人画もいい。粋でおきゃんな女がいい。江戸の庶民を愛していたんだなぁと思う。暑い夏、縁台に座り、そんな美人画が書かれた団扇を持って夕涼み。なんか、いい。見るべき浮世絵が充実していた展示でした。


でも、絵を見る空間としては劣悪です。人気があり人がたくさんなのに会場が狭すぎます。今回、ある目的もあり午後に行ったのですが、まず、チケットを買うのに30分近く列び、歌川国芳展に入るのに20分近く列び、中に入ったら入ったで人が多くろくに見ることができない。

以前、同じ浮世絵で北斎の展示を東京国立博物館で見たけど、こちらは広い部屋で、絵と絵の間も適度に開いていたので、混み混みという感じはしなかったし、後ろからでも絵を見ることができました。だから、狭いスペースならば、入場規制をするなり、工夫をしてほしかった。もうひとつ不満があるけど、これはまた別の機会に。

充実した展示だったので会場にも気をつかって欲しかった。その点だけが残念でした。

| | コメント (0)

2012.01.07

新年会

仕事はじめの1週間が終わり、昨日は友人と新年会。前にブログにも書いた目黒のビストロで飲み。このお店、目黒でフレンチの定番になりました。


R00236962

知る人ぞ知るお店って感じでしょうか。大通りから1本、道を入ったところにあり、さらに、お店の周りにはレストランもその他のお店もありません。マンションの間にぽつんとあるお店なんですが、いつ行っても満席です。

この日もすごく活気があり、ややうるさい。テーブル席とカウンターを選ぶことができたので、少し静かな奥のカウンター席にしました。カウンター席はレザーのソファでゆったりと座ることができます。


R00238521_2

新年を祝った泡もののワインの次は、白ワインをボトルで。これから頼むお料理に合う白ワインをお店の方に持って来てもらい、その中から友人のセレクトでラングドックのシャルドネを。コクがある白ワインだから、ちょっと強めのお料理にも負けず、なかなかのマリアージュを楽しむことができました。


Desktop162

このお店で私の一番のお気に入り、パテ・ド・カンパーニュ、今の季節だからこそいただける白子のムニエル、そして、あたたかなラクレット。ラクレット、白ワインとベストマッチでした。

白子のムニエルはとろとろで濃厚で美味しかったけど、見た目が、ちょっとグロかった。私がしげしげとながめていると、お店の方も、”脳ミソみたいですよねー”と同意。んー、このカタチで出てくると美味しくても次はパスかなぁ。。。

食事が美味しいと会話もはずむもので。飲んでおしまいの頃はかなりいい気分になっていたので、正直ほとんど何を話したのか忘れていますが、とても上機嫌だったのは覚えています。はい、楽しかったです。

今年も健康で、またこんなふうに楽しい食事と会話ができるといいなと思いながら、お店を出たのでした。

| | コメント (0)

2012.01.04

winter coffee

時々、コーヒー豆を買っているこちらのお店、2、3ヶ月に一度、季節のコーヒーが変わります。12月の時期は、winterとNoelの二種類。

Pc234563

ちょうどクリスマスの前に注文したのですが、その時は、シュトーレン、プリサーブドフラワー、Coffee Noleのセットになっていたので、そこにwinterを単品で加えて、冬のコーヒーセットでお願いしました。シルバーとゴールドのパッケージ、そして、レッドとグリーンのリボンがその時の季節の空気感を表していて、届いたときにすごく嬉しかった。

そしてお味。コーヒーの味をことばで表現するのはすごく難しいのですが。。。

コクと苦みがちょうどよいです。エスプレッソに向くとあるとおり、私好みの酸味が少なく、深い苦みがあるコーヒーです。確かに、濃くてどっしりとした重さが冬向き。お休みの日に、ぬくぬくとした部屋でこのコーヒーを飲む時間は至福の時間です。


Pc234553

プリザーブドフラワー。2色のアジサイ、フラワーコーンなど。ピンクと白の組合せが、可憐で清潔感があっていい。先日のCHAJINさんのモスボールに続いて、我が家の置物のアクセントになっています。

そうそう、シュトーレンは昨年内にいただきました。ドライフルーツがたくさん入っていて美味しかった。また今年も、12月に頼もうかと思っています。


| | コメント (0)

2012.01.03

初詣へ

この年末年始は短かった。帰省してすぐに東京に戻ったような気がします。

P1034755

さて、引越してはじめてのお正月。初詣はどこに行こうかと考えました。なんたって、これから永くおつきあいする神社様ですから。例年は明治神宮にお参りに行っていたのですが、今年はこちらに。てくてく歩きで行ってきました。


Meguro1

境内が案外広くてちょっとびっくり。こんな場所にこんな大きなお寺があるんですね。参道の先は商店街。近くに住む人がお参りにくるような身近なお寺という雰囲気が好ましい。ちょうどお参りに行った時に晴れてきて、境内の中を歩くのが気持ちよかった。

年が改まって何が変わるというわけではないかもしれない。けれども、年が改まり自分の中で過去の自分にけじめをつけて、新たに一歩をきざむことは無意味なことではないでしょう。願ったことはごく普通のことだけど、その普通の願いがかなうように、日々過ごしたいと思っています。


こんなことを考えながら、一方で、、、お休みがあっという間で、明日から会社なんてまだ実感がわいていない自分がいます。。。


| | コメント (2)

2012.01.01

NEW YEAR

三が日は暖気運転でいこうと実家でのんびりしていたら地震です。
震度4。長い時間続いてイヤな感じだったけど、ひとまず大丈夫みたい。
新しい年も地震と付き合って行かなければならないようです。
安堵した時にやってくる。
心して過ごせよ、と地球に言われているみたい。


Desktop160

2012年のトビラには、
転居連絡を兼ねて、友人、知人たちに送った年賀状の画像を。
今年もひたすらに、この桜を楽しみに待つのです。


2012年がはじまりました。今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »