« シロップいろいろ | トップページ | 恵比寿の秋祭り »

2011.09.18

目黒の秋祭り

目黒といえば、さんまです。連休の中日、てくてく歩き。目黒のさんま祭り「目黒のSUNまつり」に出かけてきました。先週もお祭りに行ったっけ。2週連続です。

目黒区と気仙沼市は友好都市の関係にあり、毎年、気仙沼市の好意で無料でさんまが振る舞われているのだそうです。でも、今年は東日本大震災で気仙沼も被災。開催は危ぶまれたのだそうですが、気仙沼市の熱い想いで開催できることになったとありました。だから、さんまは無料でも、至るところにさんま基金という募金箱が置かれていました。私も募金してきました。

Desktop109

お昼に行くと会場は大賑わい。太鼓の演奏が迎えてくれました。会場に入ると、さんまだけでなく各県の物産も売られていて、それを見ながらぶらぶらするのも面白い。そして、会場の奥、もうもうと上がる煙。それを目指すと、、、


Desktop108

たくさんのさんまが焼かれていました。5000匹と言っていたかしら。煙りが目にしみて見ているのも辛いほど。こんなの家の中では焼けません。こんなに焼いたら、お隣さんから、火事だ!と通報されそう。後ほどさんまの引換券をもらってさんま焼きの前に座って待っていたのですが、猫が寄ってくるんじゃないかと思うくらい、服にさんまの煙がついていました。

ひとり一尾。大分県のかぼすを絞っていただきます。今年いただいた初さんま。脂がのって美味しかったです。一尾食べるは久しぶり。これだけでお腹がいっぱいになったけど、ごはんがあればもっとよかった。。。ビールはあったんだけどね。


P91820321

焼きさんまのテントには、気仙沼ののぼりが立っていました。気仙沼の文字が風にはためく様が、とても誇らしく思えました。味覚の秋。おいしいさんまを、ごちそうさまでした。

|

« シロップいろいろ | トップページ | 恵比寿の秋祭り »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シロップいろいろ | トップページ | 恵比寿の秋祭り »