« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011.08.30

エコール・クリオロ

中目黒に行く度に、入ってみようかなと思いながらもずっと入ったことがなかったケーキ屋さん、エコール・クリオロ。

このお店をはじめて知ったのは楽天でした。それ以来、通販のケーキ屋さんのイメージが強くて、どうなのかなと思っていました。それから何年経ったのかな、満を持しての入店です。(笑)

5、6人でいっぱいになってしまうくらいの小さなお店。ショーケースの中にはキレイなケーキたちが並んでいました。そこから、お店のおススメをセレクト。

P82814271

まずはレモンプリン。プリンというよりもとろ〜りとしたクリームという感じです。ほんの少し酸味を感じるさわやかなクリームプリンでした。コーヒーよりも炭酸水と一緒に。


P82814411

もうひとつは、抹茶のロールケーキ。抹茶クリームがすごく抹茶抹茶している。濃いお抹茶を食べているよう。一方、あずきと思っていた小豆色のかたまりは、あずきのお餅でした。ほんのり苦みのある抹茶に、甘いあずきのお餅、その食感も面白かったです。が、ちょっと食べるのに苦労しました。

他にも試してみたいケーキがありました。特にマンゴーとマロンを組み合わせたマンゴー・マンブランとか。キャラメルのケーキ、ガイアとか。そうそう、このガイヤというケーキ、NHKの「ディープピープル」で紹介されていました。たまたま見ていたのですが、「トシ・ヨロイヅカ」の鎧塚俊彦、「ル・ショコラティエ・タカギ」の高木康政、「エコール・クリオロ」のサントス・アントワーヌの3人のパティシエがケーキ談義をしていました。面白かったです。

次は是非この2つにトライです。

| | コメント (0)

2011.08.29

おいしいエッセイ

石井好子さんのエッセイを読んでいます。

P8241403

石井さんは、シャンソン歌手だけど、エッセイストとして、そしてグルメとして知られている人。料理の鉄人の審査員としても時々出演していたそうです。タイトルに惹かれて書店で手にした彼女のエッセイ。食いしん坊が書く食べ物の話は、なんて美味しく読めるんだろう。読んでいるとお腹が空きます。。。

今回借りた本は、初版が1983年と1988年。もう30年近く前の本なのに、そのレシピは今でも通用するものばかり。逆に当時は東京以外ではなかなか手に入らない材料もあったかもしれません。

高級料理はほとんど登場しません。オムレツ、スープ、野菜サラダなどなど、一般的に食べるお料理がほとんど。でもそれが、パリであったり、ベトナムであったり、それぞれのお国柄のレシピが登場します。

難しいお料理の仕方は書かれていないので、石井さんの説明を参考にいくつか作ってみました。

まずは、フレンチドレッシングを使ったサラダにトライ。以前はフレンチドレッシングは自分で作っていたのですが、いつの間にか、出来合いのドレッシングを使うようになっていました。まずはそれを変えて、フレンチドレッシングは自家製に。石井さんの本にあったように、油とお酢、それに塩、挽き胡椒で味を整えて。石井さんのレシピでは、ここにディジョンマスタードを加えるのがポイント。

P82814782_2

お野菜はキュウリとタマネギの塩揉みが基本。今回はそれに、千切りキャベツとスイートコーンを加えてみました。スイートコーンは、ツナ缶やウインナーソーセージ、ハムなどその時々で。

他にもおいしいエッセイが出ていて、「巴里の空の下オムレツのにおいは流れる」を借りたのですが、間違えてレシピ版を借りてしまいました。お料理の作り方、写真が出ているのですが、面白くない。こんな感じかな?と、想像力を働かせながら読むエッセイのほうが断然面白いです。

それに、この本の面白さはレシピじゃない。彼女の食にまつわるエピソードだったり、おもてなしに対する考え方のほうがメインテーマ。レシピはあくまでそれに添えられたものなのです。

今回、図書館で借りたのですが、保存版として手元に置いておきたい。さっそくアマゾンで購入したのでした。

| | コメント (0)

2011.08.28

街角のいいねボタン

有楽町マリオンの前を久しぶりに通りました。ここ、西武が撤退した後、西武はルミネに、向いの阪急は
メンズ館に変わるようで、両方とも閉館中。ちょっと淋しい。

Img_0432

ルミネ側を見ると、ポスター横にいくつもの数字が光っている。よく見ると、いいねボタンでした。見ていると、通りがかりの人たちが次々とボタンを押して行く。女子も男子も、お母さんも子供も、おじさんもおばさんも。。。いいねボタンが付いた街角広告なんて、はじめて見ました。

でも、Facebookのとは違うみたい。ネットのいいねボタンはFacebookと連動していて、押すとFacebookにログイン要求があるんですが、街角のいいねボタンはそれは必要ありませんでした。いいねボタンを押すだけで、カウンターが上がってました。1人で1つのポスターを何度も押す人も。いいのかなぁ。。。

これからこんな広告が普通になるんでしょうか。企画としては面白いかのしれないけど、なんちゃっていいねボタンはねぇ。。。と、ルミネとFacebookで検索したらカウンターの値はFacebookに反映はされているみたいです。顔が見えない人気投票みたいな感じ?

Facebook、twitter、消費財とソーシャルメディアの相性はいいから、ファッション系ではFacebookやtwitterと連携するサービスが増えている。先頭を走っているのはユニクロ。いいねボタン29万回以上とはすごい。

こういう状況の分析やビジネスへの活用のために、アカウントをとって自分で使ってみるということはよくやります。twitterもそれでアカウントを作りました。でも、Facebookはまだなんですよねぇ。べつに、いいねボタンを押したいとも思わないし、何よりも、原則、実名登録というのに躊躇しています。周りの人に聞くと、実名登録してFacebookやっている人は多いみたいなんですが。。。

街角のいいねボタンは押せたんですが、ネットのいいねボタンはまだ押せていない私です。。。

| | コメント (0)

2011.08.25

ベトナムのお土産

会社の同僚が夏休みにベトナムに行ってきたそうで、そのときのお土産をいただきました。

P8241394

ベトナム式コーヒー一式


このベトナム式コーヒー、ずっと前にベトナム料理のお店でフォーを食べた時、セットで付いてきたので飲んだことがあったのですが、すっかり飲み方を忘れていました。

コーヒーの粉が入っている箱に抽出の仕方が書いてあるのですが、ちゃんと読むことができません。それでネットで探してそれを真似たのですが、なんとなく失敗したようで、すっごく粉っぽい。ということで一度目は失敗。。。

二度目は確実な調査のもとトライ。この銀のカップにコーヒーの粉を入れて少量のお湯で蒸らし、その後でコーヒーの粉が浮き上がらないように付属の落とし蓋をしてその上からお湯を注ぎました。はい、成功です。カップに粉が残ったものの、粉っぽくなく、上手に淹れることができました。コーヒーの粉はいわゆるフレーバーコーヒーに似ていて、バニラの甘い香りがしました。

練乳を入れて飲むということで(ストレートでもいいらしい)、懐かしい森永さんの練乳を買ってきて加えてみました。こんなコーヒーどこかで飲んだことがあると記憶をたどると、それは上島珈琲の練乳入りミルク珈琲。確か、上島珈琲って、ふつうのミルクじゃなくて練乳を使っていたメニューがあったんですよね。HPで確認しようとしたら、今は見当たりませんでしたが。。。

エスプレッソのように少量、ちびりちびり飲んでいます。今あるコーヒーの粉がなくなっても、ちゃんと売っているんですね。また、そのお土産を買ってきた同僚いわく、普通のフィルターでも大丈夫とのこと。

気軽に楽しめそうです。どうもありがとう。

| | コメント (0)

2011.08.23

久しぶりの・・・

外ランチです。

普段はお昼ごはんは通勤途中で買って行くので、仕事をしたり、ネットしながらデスクで食べています。こういう切り替え、ヘタなんですよね。かといって、会社のカフェテリアに行列して集団ランチするのも好きじゃないし、夏の暑い中外に出るのもおっくうになる。だから、ほとんど、デスクでランチ。


Img_0422

今日は仕事で、お昼時に浜松町から新橋に移動。なので、新橋と言えば、久しぶりにこの高い場所で少しだけゆっくりとランチさせていただきました。


Img_04201

サラダビュッフェ。実物はもっと美しく盛りつけたはずなのですが、ToyCameraで撮ったら、なんだかなにも考えずにごったに盛ったように見える。おかしいなぁ。。。生野菜、温野菜、根菜、緑黄色野菜、淡色野菜、それぞれにサラダがあり、そしてミネストローネ。盛りだくさんのお野菜で健康になれそう。


Img_04271

ちゃんとデザートビュッフェもついている。足早に食べて出ていくことが多いのだけど、今日はデザートもゆっくりいただくことができました。

明日はきっとお昼も晩ごはんもバタバタ。きっと晩ごはんの時間はちゃんと取れないだろうから、久しぶりに、ぽっかりと平和なレストランランチの時間でした。

| | コメント (0)

2011.08.22

ハートのパン

Img_0409

iPodTouchのToycameraで撮ってみました。


なんだか、どこかのおこちゃんの食卓みたい。でもこれは、ある日の私の朝ごはん。ごはん回帰なれど、朝ごはんは変わらずにパン党でございます。朝ご飯の食卓には、他に、ヨーグルトと季節のフルーツが並びます。最近は、梨、スイカ、葡萄などなど。

と、それよりも、この日の主役はなんといってもハートのカタチをしたパン。友人が遊びに来たときに持ってきてくれたパン。その日は開けずに、後日、パンの紙袋を開けてみたところ、いくつかのパンたちに混ざってハートのパンが現れました。サプライズ!その友人のセンスに笑みが浮かび、その日一日Happyな気分で過ごしたのは言うまでもありません。

で、このハートのパン。真ん中で割るか、はじから食べるか悩んだ末、結局は端からちぎりながらいただいたのですが、ハードブレットだったのでかなり食べ甲斐がありました。中にはカレンズがたくさん入っていて、ほんのりと酸味があり、ハチミツバターとよく合いました。

友人いわく、最寄りの駅から私の家にくる途中のパン屋さんで見つけたとのことなのだけど、そんなパン屋、あったかなぁ。他のパンも面白かったし、教えてもらって自分で買いに行ってみよう。そして、他のお友達がきたときに、笑ってこのパンを出してみよう。


| | コメント (0)

2011.08.21

イチジクのデザート

ワインに合うデザートを発見。

P82113771

銀座三越、Cajuというフルーツデザート専門店のイチジクとクリームチーズのケーキです。

甘さを抑えたクリームチーズの上に、フレッシュイチジクがドカンと乗っている。このケーキを見て、ワインを飲みながら食べてみたいとすぐに思ってしまいました。

幸い今日は涼しくて、赤ワインでも大丈夫。軽めの赤ワインを合わせてみると、、、やっぱり合いました。ちょっと甘めの冷えた白ワインでもきっと合うと思います。次に買ってきたらそんな白ワインと飲んでみたいと思います。

それにしても、生のイチジクがジューシーで美味しいこと。ドライのイチジクも好きだけど、生のイチジクはもっと好き。生で食べられるのは旬の時だけだからとても貴重。かといって、あまりスーパーで見かけないんですよね。注意してみればあるのかなぁ。。。

今密かに考えていること。生のイチジクと生ハム。絶対合うでしょ。そして、フレッシュチーズとワイン。もう少し涼しくなったら、是非やりたいと思っています。あ〜、イチジクが美味しい。久しぶりに、築地まで行ってこようかしら。。。

| | コメント (0)

2011.08.20

カステへルミのガラスの器

iittalaの Kastehelmi(カステヘルミ)のガラスの食器がお気に入りです。

P81712641

ボール、プレートを2サイズ。このセットでブルー、グレー、グリーンと揃えました。ちょっと値が張りましたが、セットで持っているといろいろと使えるので。。。

大きなプレートは、パスタ皿や素麺の皿としてただいま大活躍中。小さいほうは、フルーツやケーキの皿として。ポイントはお皿いっぱいに盛らないこと。でないと、せっかくのキレイな模様が見えなくなってしまいます。


Glass

涼やかなブルー、ビンテージっぽいグレー、元気なグリーン。私専用はブルー。他の色は、お客様がきた時に。

ガラスの食器のいいところは色があっても他の食器の邪魔をしないこと。琉球ガラスにも陶器にも組み合わせることができます。

”カステヘルミ”は、フィンランド語で”朝露”を意味するのだそうです。どうりで滴の模様。放射状に広がる滴の模様がとてもキレイ。


P82013591

明かりにできた影の模様もまたいい。こうしてみると、なんとなく中東っぽい。

このカステへルミは1988年に生産中止になったシリーズが昨年復刻したものだそう。だからレトロっぽい感じがするのかしらね。他にクリア(無色)があるけど、無色のガラス食器は持っているので今回はやめました。また来年あったら揃えようかと思ってます。。

| | コメント (0)

2011.08.17

ごはん回帰

私はどちらかというとパン食の人なのですが、ここ最近の暑さでパン食に合わせるものに困っていました。最近、いちばんに食卓に登場するのは麺。そうめん、ひやむぎ、冷やしうどん。そんなツルツル系が多いです。が、こればっかりだと栄養が偏ります。

先日まで実家に帰っていた時はご飯でした。東京に戻ってからもそれが続いていて、今もちゃんとご飯を食べるようになっています。晩ごはんは一汁三菜。これがさっぱりと、なかなかよいです。おひたし、酢の物、煮物、焼き魚、納豆などなど。暑くても、さっぱりと食べられます。油を使っていないですなー。ダイエットにもよさそうです。

P8171322

これまでご飯はちいさなお鍋で炊いていたのですが、玄米ご飯用にセラミックの土鍋を買いました。遠赤外線効果でとてもおいしく玄米が炊けるそうです。乳白色でコロンとしていて、とてもかわいい。


P81713301

が、はじめての土鍋は水加減、火加減が難しい。1度目は焦げ焦げで完全に失敗。これは2度目。水を多めに入れて、お焦げができていい感じに炊けました。ふっくら柔らかく美味しかったです。しかし、、、鍋底はけっこう焦げました。。。でも2度目でこの土鍋のコツを体得したように思います。次は、お焦げもできて、鍋底が焦げすぎないようにできそうです。

次に炊くのは週末かしら。がんばります!

| | コメント (0)

2011.08.14

日帰り温泉

ただいまお盆で宇都宮に帰省しています。宇都宮も暑いです。でも、東京と違って朝と夜は涼しくなります。だから比較的過ごしやすく感じます。。。

そんなお盆の日常は、実は実家で特にすることがありません。暑くて家でダラッとしているのもなんなので、兄の発案で日帰りで温泉に行ってきました。

朝9時に家を出て、向った先は那須湯本温泉。宇都宮からは高速を使わないで約2時間。出た時間が早かったので、大きな渋滞にも巻き込まれずに11時には予定通りに那須湯本温泉に着いていました。

こちら、日帰り入浴した那須湯本温泉 旅館 清水屋さん。


Img_0404

那須湯本ではいちばんいいという鹿の湯を源泉としているのがセレクトした理由だそうだけど、ここのお湯が熱いこと。聞くと、全く薄めずにそのまま使っているそう。なるほど熱いはず、なのですが、入っていられません。露天風呂のほうがいくらかぬるいのでそちらにずっと浸かっていましたが、いや〜熱いこと。でも、お湯がまっ白になるほどの硫黄泉で効能はありそう。温泉を出てからはお肌がつるつるです。

それから帰りは那須高原をちょっとだけドライブして帰りました。でも、残念なことに、今回の那須行きでも、NASU SHOZO CAFE は混んでいて寄れず。。お盆は、那須高原も混んでいました。。。

暑い夏に熱い温泉。汗をかいて、その後は自宅でビールを飲んで、というお盆の一日でした。

あ、雷。夕立ち、ひと雨くるかな?

| | コメント (0)

2011.08.13

目黒で晩ごはん

先日、かつて同じ会社で仕事をした友人と久しぶりに食事をしました。彼女は会社を早期退職し、今は起業して自分が好きなもの、いいと信じるもののためにがんばっている人。でも、がんばっているという言葉は彼女には似合わないかな。ギスギスしたところは昔からなかった。今でも、人当たりの柔らかさは変わっていません。

そんな彼女に目黒のお店を紹介してもらって、お店の人とお客さんと楽しい時間を過ごしました。

1件目は、目黒駅近くの駅ビルの地下にある、数人入るといっぱいになってしまうカウンターのみのお店。知らないと絶対入らないお店。一人が外に出る度に全員が立ち上がって外に出ないといけない。だから、お客さんが帰る時は、お客さん全員でお見送り。おもしろいなぁ。

そんなお店にはなかなかスゴい人が集まってくる。プロダクション事務所の人、いくつものレストランを経営する人、某シンガーのお父さんなどなど。そんな人たちを紹介してもらったり、お店のママと話をしたり。軽く食事をしながら楽しい会話。私は新参者でいちばんの下っ端。話をきいているだけで興味深かったでした。。

次のお店は、一転してお洒落な下目黒のイタリアンのお店。7月開店ということでお店も新しくて雰囲気がよいです。ここのオーナーさんも彼女のお知り合い。

Img_03951

食前ドリンク(1shotフルーツジュース)は必ず出てくるそうで、この日はセロリのドリンク。この写真のは後からいただいたもので、本当はもっと野菜のみじん切りが入っていて、ちょっと粗い青汁みたいな感じ。でも、林檎やレモンが上手に使われていて飲みやすかったです。

そして、ビオワインとともにお食事をいただきました。

Img_0385

季節のお野菜のサラダ。さっぱりドレッシングにみじん切りのアボガドがよい組合せでした。


Img_0390_2

石窯ピザは食べなきゃね、ということでピザを注文。これはロマーナ。もちもち生地とふんだんに使われているモツァレラチーズが美味しかったです。


Img_0396

デザートはマンゴーとピスタチオのアイスクリーム。ピスタチオ、美味。

二人でこれだけ食べて6000円程度。お店もお洒落でお料理もおいしい。気取っていなくて、お値段も良心的。いいお店でした。

これらのお店、会社帰りにふらりと行けるお店を選んでくれたのだそうです。彼女の心遣いに感謝。是非とも近いうちに再来店したいと思っています。

| | コメント (0)

2011.08.12

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展

先日、国立新美術館で開催されている「ワシントンナショナルギャラリー展」に行ってきました。

今年の節電対策の一環で、先月のとある月曜日と火曜日がお休みになりました。せっかくのお休みだし、どこか行こうかと思ってもアイデアが出ない。じゃあ、美術館と思っても月曜日休館が多い。どこか開いてないかと思って見つけたのが国立新美術館でした。ここ、火曜日お休みなんですね。

日中の暑い時間を外した午後4時。でかけていくとさほど混雑はしていませんでした。ということで、音声ガイドを借りて、ゆっくりじっくり2時間近く、見て回りました。

Img_0380

”これを見ずに、印象派は語れない”というキャッチコピーだけあって、印象派登場前からポスト印象派の後まで83点がほどよく並んでいました。

印象派をまとめてじっくり見たのは、パリのオルセー美術館以来。ここの印象派はすごかった。すごく好きってわけじゃないから、印象派がいっぱいで食傷気味になってしまったという、印象派の絵が好きな人からクレームが出そうな体験をしてきました。

パリで印象派ならばマルモッタン美術館の方が好きです。モネもこっちのほうが好き。

おっと、パリじゃなくて、ワシントンナショナルギャラリーですね。好きだと思った絵のグッズをお土産に買ってきました。


P7261204

メアリー・カサット「浴女」のミニポスター。やわらかなピンクとグリーンの組合せと、ブルーの柄の絨毯、水差しの赤。この色の組合せが気に入りました。どこか和風な感じがすると思ったら、浮世絵を見た後なのだそうです。


P7261216

クロード・モネ「ヴェトゥイユの画家の庭」、ルノアール「ポンヌフ・パリ」のポストカード。モネのカードは、親しい人への夏のご挨拶用に何枚か。

ルノアールのこの絵は、パリのポンヌフを思い出させてくれました。1度目のパリはポンヌフの近くに滞在したので、外歩きの時はいつもポンヌフを渡っていました。今と変わらない、そこを歩く人が変わっただけ。実物の絵は、空の青、雲の白と橋の白、そして人の影のコントラストが素晴らしかったです。


P7261227

セザンヌ「りんごと桃のある静物」と先ほどのモネの絵のマグネット。セザンヌのこの静物画、好きです。冷蔵庫に貼ってます。

お土産に買わなかったもの。
ジョルジョ・スーラ「オンフルールの灯台」。点描が素晴らしい。

そして、忘れてはいけないゴッホ。3点あったけど、その3点とも画家の力強いタッチのすごさと言ったら!ゴッホの絵のすごさは実物を見てはじめてわかるものなんだと思います。スーラの点描も同じ。これらのタッチはポストカードでは伝わらない。だから、買うのをやめたのでした。


P72612121

グッズはこんな赤い袋かブルーの袋に入れてくれます。この時のために作ったのでしょうか。手が込んでいるな〜。それとも本場もそうなのかしら。。。

いつか本場に行ってみたいなぁと思った、ワシントンナショナルギャラリー展でした。

| | コメント (0)

2011.08.10

桃スイーツ

桃が美味しい季節です。

なので、条件反射的に桃のデザートに目がいってしまいます。こちら、KIHACHIの桃のデザートです。

P7241189

月変わりのロールケーキも桃。桃があま〜くてしあわせ。真ん中のオレンジ色はマンゴーのムースだったように思います。私としては、桃だけで十分にしあわせなんですが。。。


P7251198

桃とヨーグルトムースのジュレ。こっちが好みかな。ヨーグルトのほうが、桃の味を活かしてくれる。さっぱりといただける夏のデザートです。


R0023453

桃のアイスクリーム。フローズンピーチが出てくると思ったらアイスクリームになっていました。甘めのコーヒーシャーベットとなかなかの組合せ。美味しかったです。

さて、お盆で実家に帰ったら今年も福島から桃が届いているのかな、と心配していたら、先ほど母から電話がありました。今年もちゃんと桃が届いたそうです。親戚から届く桃は、夏の帰省の楽しみのひとつ。よかった、よかった。元気な桃が食べられるしあわせ、今年はそれをかみしめながらいただきたいと思います。

| | コメント (0)

2011.08.08

ロックな気分

「Tranceformers: Dark of the Moon」を見てきました。シリーズとしては3作目。この作品は1作目から全て劇場で見ています。友人に誘われたのがはじまりだったんですが、全て違う人と見に行っています。

で、ここで書くのは映画の話ではなくて、音楽の話。映画は、面白かったです。想像していた通りのイケイケドンドン的に話が進んで、決戦の場となったシカゴは崩壊。。。でも、最後は正義が勝つ、という、いかにもアメリカ映画な映画でした。3Dで見たけど、2Dで十分だったかも。

音楽のお話。「Tranceformers」シリーズのメインテーマは、1作目からずっとLinkin Park。前作もよかったけど3作目の曲も戦いが終わった後のエンディングにハマってました。映画と一緒に聴くと清々しささえ感じます。

ロックの曲が何曲かとエンロドールが流れるのだけど、そんなロックな曲たちを聴きながらのエンディングは、ハリウッド映画を見に行ったという感じにしてくれます。さっそく帰ってからiTunesでアルバムごとお買い上げしてしまいまして、今も、そのサントラを聴きながら書いています。

R00234581

さらに。
この日は予約ができる豊洲で映画を見ました。終わったのが6時半。晩ごはんを食べて帰ろうということで、アーバンドックららぽーと豊洲のベルギービールのお店に行ったのですが、そこで流れていたのが80年代のポップ&ロック。

MADONA、The Police、Wham!、Duran Duran、Van Halen、Daryl Hall & John Oates、etc...。友人と二人お互いにツボで、ビールを飲みながら話が弾む。特に、「Jump!」が流れた時は最高潮。いいねぇ、夏はロックだよね、なんて感じで話してました。


Desktop99

その時飲んだベルギービール。
両方ともホワイトビールベースなので非常に飲みやすいです。


Desktop98

私の強いリクエストで注文した1年ぶりのムール貝のホワイトビール蒸し。
今年は地震で三陸のカキが獲れません。
だから私もムール貝料理を自宅で作っていません。
味は、、、私が作るムール貝料理のほうが美味しい。。。


iPodにはロックを。

しばらくはロックな気分でいきたいと思います。

| | コメント (0)

2011.08.06

フレンチ・ウィンドウ展

ずっと行きたいと思っていた「FRENCH WINDOW」に行ってきました。場所は、森美術館。この美術館、大好きです。美術館に行った帰りに、東京を上から眺められるから。

R0023297

さて、フレンチ・ウィンドウ展。デュシャン賞にみるフランス現在美術の最前線、とテーマにあるだけあって、現代美術が集まっています。昨年1月、フランス大使館で開催されていた「NO MAN'S LAND」を思い出しました。

ひとめ見て面白い。でも、考えはじめると深くて難解だし、ばかばかしくもある。フィーリング。好きか嫌いか、って感じでしょうか。

例えば、「スピノザカー」。アルミホイルや雑誌、台所用品、家具など身近にある安価でチープな素材をコテコテに車に貼りまくり。なんだこりゃなんですけど、それがまた、見ているといろいろと考えさせられる。一緒に行った友人は、どうやって日本に持って来たんだろう、と、頭をかしげていました。なるほど、そんな疑問もうかぶものなのか・・・。

もともとは7/3で終了のところを8/28まで開催期間が延長されているので、人気なんでしょうね。


Img_03561

美術館を出てからの楽しみは、東京ランドスケープ。
お天気がよく気持ちがよかったです。


Img_03481

東京タワーもクッキリ。
同じ高さに雲が浮いていると言ったら、光化学スモックじゃない?と。
えっ、そうなの?


R0023424

今、スカイアクアリウムをやっています。
東京タワーをバックに、たくさんのニモを見ることができます。


R00234271

ここのニモは人懐っこい。
水槽をコンコンすると、つぶらな瞳でこっちを見ている、
ような気がします。


Desktop97

おしまいに、ミュージアムショップで買ったものを。大好きなエッフェル塔ものが多くてお買い上げしちゃいました。

まずは、パリ交通機関の切符(カルネ)のキーフォルダー。メトロの改札付近は、よくこれが落ちてました。赤のエッフェル塔チャームも着いていてかわいい。

エッフェル塔とPARISがお洒落なピンクのマスキングテープ。特段、使い道があるわけじゃないんですけど。。。

エッフェル塔が入ったキッチュなBookmarker。文庫本にはさんで使っています。

以上、お土産アイテムもお洒落な「フレンチ・ウィンドウ展」でした。

| | コメント (0)

2011.08.04

八重山トリップ〜お土産たち

八重山トリップ・番外編。八重山のお土産をご紹介。

P70910681

このガラスの器は、去年買ったのと同じもの。「宙吹ガラス工房虹」、稲嶺盛吉さんが創る琉球稲嶺ガラスです。3月の地震で2個のうち1個が割れてしまいました。同じ器を、今年も「やちむん館」で見つけることができました。


Desktop75

私の琉球稲嶺ガラスに新しく仲間入り。縁のブルーと焦げ茶色のグラデーションにひとめぼれした大きめの器。値段が値段だけに躊躇しましたが、ここでしか買えないのでがんばりました。今、我が家では、お素麺やサラダを入れる器として活躍しています。


P71811661

石垣港の近くのカフェでお願いしていた「島ばななケーキ」。今回はバニラアイスではなく、ちゃんと生クリームをホイップして、ミントの葉を添えていただいています。もう、食べ終わってしまっていますが。。。


P71711461

お問い合わせはこちらへどうぞ→URL


P7091049

黒糖ジンジャーシロップ。最近、ハチミツやメープルシロップを使っていて、その仲間に加えようと思いまして。まだ開けていないので、使った後でご報告しようと思います。


P70910871

ご存知、ペンギン食堂さんの石垣島ラー油。最近は、ネットでもなかなかお目にかかりません。お土産を見ていてそんな貴重なラー油に遭遇。即断で1個お持ち帰り。大切に使いましょう。

あとは、変わらず、さんぴん茶と会社にちんすこうを。

ほんとうはもう一つ、旅のカケラ。ビーチで見つけたキレイな巻き貝があったのですが。事情で手放してしまいました。。。


以上、番外編でした。

| | コメント (0)

2011.08.02

八重山トリップ〜旅のおわりに

8月になりました。が、涼しいですね。

1ヶ月前の今日、この時間は八重山に向う飛行機の中だったのに。時間が経つのは早いなぁ。。。

では、旅のしめくくりを。


八重山への旅は、ずっと同じ友人と行っています。たまたま共通点がいくつかあり、半ば勢いではじまった八重山の旅は、夏の恒例となりました。

会社に休みを申請するときの、
「今年も沖縄?」
「いえ、八重山です。」
も恒例になりました。

みなさん、沖縄も西表島も同じと思っているようです。でも、同じ沖縄県でも那覇市と石垣島は400キロ以上も離れています。むしろ、石垣島は台湾のほうが近い。だから、沖縄本島と石垣島や西表島が属する八重山諸島は気候も自然も、たぶん文化も異なります。例えば、那覇が雨でも西表島は晴れているなんてザラです。だから、「八重山に行ってきます」ときっぱり宣言して行ってきます。

春、一緒に桜を見る友人とはもう15年になります。八重山の旅は、今年で4年目になりました。これからもそんな時間を重ねていけたらと思っています。3月の地震で、その前と後で変わってしまったことがたくさんあるけど、そんな中でも、友人たちと、変わらずに、春の桜や夏の八重山を楽しむことができる。しあわせなことだと思います。

一方で。。。

元気な人は元気でいよう、あのときの想いは今も持ちつづけているつもりだけど、島で願った七夕で、非常に個人的なことを願ってしまったことを、ある友人の願いを知り、少しずつ今に慣れてしまっている自分を戒めました。また来年あの島に行ったら、今度はちゃんと願おうと思っています。


7月のはじめの八重山の旅、つらつらと綴っていたら8月になってしまいました。おつきあいいただきまして、どうもありがとうございました。

P7060888_2


おしまい。

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »