« 一年越しのアジサイ | トップページ | 風が通る部屋 »

2011.06.27

京都駅の不思議な空間

京都に出張したとき、お昼御飯を食べてから時間があったので駅ビルの中をぶらぶら。適当に京都伊勢丹の中に入り、不思議なエスカレーターで上がって行くと、、、

R00233101

屋上に出ました。広々として、竹が植えられて、京都駅の屋上にこんな空間があったなんて。何度か京都に来ているのに全く知らず、ビックリしました。この日は陽射しが強く暑くて屋上は灼熱だったけど、見晴らしがよくて時々風も吹いて、気持ちがいい場所でした。


R0023328

今度は外のエスカレーターで下りて行きます。ここは駅ビルなのか、伊勢丹なのかよくわからない。でも、そんなのはどうでもよくて、右側と左側のビルを行ったり来たり。ここのレストラン街、すごいです。一体いくつの店が入っているのか、ワクワクしてしまいます。でも、いざ入るとなると、たくさんあってなかなかお店が決まらなさそうではありますが。。。


R0023333

ふと見上げると、上方に架かっていたブリッジ。人が通れることがわかったので、好奇心、一度下に下りてから再度上がって渡ってみました。


Desktop48

でも、そんな物好きは私だけみたい。誰も歩いていません。そんなふうに人が少ないところ、国際フォーラムのブリッジを思い出します。夜、ライトがはいったらどうなるんだろうな。。。


Desktop49

3階まで下りると何のためかわからないオブジェが。近くに寄ると、その奥には京都タワーが見えました。こんなカタチだったっけ?突然の京都タワーでした。

ここ、どこかに似ていると思ったら、パリのポンピドーセンターでした。あっちのほうがもっと色がたくさんあって、もっとわからない。でも、こちらも黄、赤など色があって、用途がわからないカタチがあって、そんな不可思議なところがポンピドーセンターに似ている。

コンクリートが多いので安藤忠雄かと思ったら、原広司という人。札幌ドームとか設計している人らしい。安藤氏もコンペに参加したけど、採用されなかったらしい。で、思い出しました。京都駅ビル、賛否あったんですよね。今もそうなのかな。ツーリストの自分としては、こんな面白い空間はWelcomeなんですけどね。

|

« 一年越しのアジサイ | トップページ | 風が通る部屋 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ここほんとに不思議な空間ですよね。
夫の実家に帰省したらいつも立ち寄るんですが、
初めて行ったときはへぇー、へぇーってずーっと
ウロウロしてしまいましたnote

投稿: maitanco | 2011.06.30 13:12

>maitancoさん

こんばんは。コメントどうもありがとう!
はい、私もはじめて入った時は、へぇ〜、でしたね。
だからこそ、もう一度行ってみたいです。
伊勢丹の”食”は、ほんと厳しいですね。。。

投稿: moonshiner | 2011.07.09 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一年越しのアジサイ | トップページ | 風が通る部屋 »