« 京都の初夏の味 | トップページ | 京都駅の不思議な空間 »

2011.06.26

一年越しのアジサイ

昨年は到着した時には閉門していた明月院。あの時はお寺に閉門時間があるということが、意識から抜け落ちていたんですね。。。その明月院にアジサイを見に行ってきました。一年越しの明月院のアジサイです。

混雑する明月院は閉門前がベターということで、閉門の1時間前に到着。すんなり入ることができました。

P6208515_2

明月院の中は、ところどころにアジサイの道ができています。ここのアジサイは全て姫アジサイという日本古来の品種なのだそう。小振りで可憐なアジサイの花たちが満開でした。


P62084931

石畳とアジサイ。石段とアジサイ。ビューポイントは写真を撮る人でいっぱいで、ポジション取りが難しい。帰って確認したら、とほほなショットばかりでした。。。


P6208526

明月院は竹林も立派。竹とアジサイも和な感じでよいです。


P6208476

日が射すと深緑の葉っぱも黄緑色に明るくほんわりと見え、淡い水色のアジサイとやさしいトーンになります。


P6208516

清楚という言葉がぴったりのアジサイ。


P6208467

そして、はじめて見た縁が明るい紫色のアジサイ。ブルーが多い明月院の中で目立ってました。


P6208531

お帰りの橋の上には、うさぎが待っていてくれました。明月院、月にうさぎ?あんまり可愛くないけどね。

明月院の中、見上げると、お庭の木の上では大きなリスが遊び、白い蝶々がヒラヒラと飛んでいました。そして、目の前にはたくさんのアジサイ。心安らかな夕方でした。

ひとつ残念だったのは、昨年最も記憶に残った沢の音がしなかったこと。音はしたけど昨年のあの音じゃなかった。あの音は私の中の明月院の記憶そのものなのに。去年のことは夢だったのかという気分にもなってしまいました。来年は、再びあの音が聞けるのかな・・・。

|

« 京都の初夏の味 | トップページ | 京都駅の不思議な空間 »

花・花・花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都の初夏の味 | トップページ | 京都駅の不思議な空間 »