« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011.06.29

お洒落ゴザ

今日も暑かった!気温も高くなり、蒸し暑い、鬱陶しいという、日本の夏の気候になってきました。

それに対抗できるよう、部屋の中を夏向きのインテリアに変えました。

P62585821

これまでのリビングは、毛足が長い、シャギータイプのアイボリーのラグでした。それを、こんな明るいストライプのラグに変えました。イタリア製のMADAME POTというところのビニール製のラグです。

ラグってすごい。それを変えただけで部屋の雰囲気がガラリと変わってしまう。これまでのアイボリーのラグがシンプルで落ち着いた部屋とすると、このストライプのラグは、明るくてポップな部屋。夏なんだし、それでよし。風が抜ける明るい部屋にしましょう。

こんなビニールのゴザは、夏になると実家の居間に登場しました。ここでは、ラグマットなんてお洒落な言葉よりもゴザという言葉を使いましょう。だって、私にとってはゴザなんですもの。。。ゴザの上で昼寝をするのが好きでした。そして、素足でゴザの上を歩くのが好きでした。暑い夏でもサラサラしていて、足裏に適切な刺激がくるんですね。このゴザも素足で歩くと、とても気持ちがいいです。

欠点は、座っているとゴザの跡が残ってしまうこと。立ち上がった時にふくらはぎにへんな跡がついていて、あら恥ずかしいと思ったものです。そう、このゴザも残ります。出かける前は要注意です。

スリッパも合わせて明るい色のパイルのスリッパに変えました。ユニクロさんのですが、ユニクロのスリッパは丈夫でデザイン性もあって、そしてお安い。優れものです。ゴザとスリッパ、別々に時間を置いて揃えたものですが、結果的になかなかの組合せになりました。

こんなカラリとした部屋で、夏を乗り切りたいと思います。

| | コメント (2)

2011.06.28

風が通る部屋

いいお天気でした。暑くなってきましたね。が、私は、これまでのところ、エアコンは使わずに自然の風だけで普通に生活ができています。やっぱり水と緑が近くにあるっていうのは、部屋に入ってくる空気の温度を少しは下げてくれているのでしょうか。

おかげで、4月からの電気代は、多少の検針日数の変動はあるものの、5月、6月と順調に減りつづけています。それはもう、自分でも感心してしまうくらい。東京で暮らして、こんなに電気代がかからなかったことってなかったんじゃないだろうか。ここまでくると、どこまで電気を使わずにいられるんだろうと、使わないことが楽しくなってきます。前に書いたけど、ダイエットと同じです。減っていくことの心地よさを感じずにいられません。

でも、もっともっと気温が上がるこれからは厳しんだろうな。省エネを意識したエアコンは入れたけど、できれば使う時間は少なくしたい。ということで、もうひとつの日本の夏の必需品の登場。扇風機がお家にやってきました。

P62585681

今年はいろんな扇風機が出ていて、選択の幅が広い。中でも人気は3万円以上する扇風機。しかしねー、いくら機能がよくても扇風機に3万円以上は、高過ぎるでしょう。

で、セレクトしたのはプラスマイナスゼロのリビングファン。今年は、量販店、百貨店、Webでよく見かけます。3色の中から、なかなか他にはないベージュにしてみました。よいです。シンプルで微妙なベージュがアンティーク感を出していて、白物家電という感じがありません。オフホワイト系の我が家にすっかりなじんでます。音も静かです。

窓を開け放ち、風の通り道に扇風機を置くと、部屋の中を涼しい風が通っていきます。気持ちがいいです。実家では、エアコンではなく窓を開けて扇風機で過ごしていた人です。だから、窓を開けることができて風が入ってくれば大丈夫。

とはいえ、本格的な夏の暑さはこれから。私の肌質は、汗をかくことは極力さけたほうがよいみたいなので、その時は潔くエアコンのお世話になるつもり。でも、しばらくは風を利用した生活で行きたいと思っています。電気代もダイエット〜♪

| | コメント (0)

2011.06.27

京都駅の不思議な空間

京都に出張したとき、お昼御飯を食べてから時間があったので駅ビルの中をぶらぶら。適当に京都伊勢丹の中に入り、不思議なエスカレーターで上がって行くと、、、

R00233101

屋上に出ました。広々として、竹が植えられて、京都駅の屋上にこんな空間があったなんて。何度か京都に来ているのに全く知らず、ビックリしました。この日は陽射しが強く暑くて屋上は灼熱だったけど、見晴らしがよくて時々風も吹いて、気持ちがいい場所でした。


R0023328

今度は外のエスカレーターで下りて行きます。ここは駅ビルなのか、伊勢丹なのかよくわからない。でも、そんなのはどうでもよくて、右側と左側のビルを行ったり来たり。ここのレストラン街、すごいです。一体いくつの店が入っているのか、ワクワクしてしまいます。でも、いざ入るとなると、たくさんあってなかなかお店が決まらなさそうではありますが。。。


R0023333

ふと見上げると、上方に架かっていたブリッジ。人が通れることがわかったので、好奇心、一度下に下りてから再度上がって渡ってみました。


Desktop48

でも、そんな物好きは私だけみたい。誰も歩いていません。そんなふうに人が少ないところ、国際フォーラムのブリッジを思い出します。夜、ライトがはいったらどうなるんだろうな。。。


Desktop49

3階まで下りると何のためかわからないオブジェが。近くに寄ると、その奥には京都タワーが見えました。こんなカタチだったっけ?突然の京都タワーでした。

ここ、どこかに似ていると思ったら、パリのポンピドーセンターでした。あっちのほうがもっと色がたくさんあって、もっとわからない。でも、こちらも黄、赤など色があって、用途がわからないカタチがあって、そんな不可思議なところがポンピドーセンターに似ている。

コンクリートが多いので安藤忠雄かと思ったら、原広司という人。札幌ドームとか設計している人らしい。安藤氏もコンペに参加したけど、採用されなかったらしい。で、思い出しました。京都駅ビル、賛否あったんですよね。今もそうなのかな。ツーリストの自分としては、こんな面白い空間はWelcomeなんですけどね。

| | コメント (2)

2011.06.26

一年越しのアジサイ

昨年は到着した時には閉門していた明月院。あの時はお寺に閉門時間があるということが、意識から抜け落ちていたんですね。。。その明月院にアジサイを見に行ってきました。一年越しの明月院のアジサイです。

混雑する明月院は閉門前がベターということで、閉門の1時間前に到着。すんなり入ることができました。

P6208515_2

明月院の中は、ところどころにアジサイの道ができています。ここのアジサイは全て姫アジサイという日本古来の品種なのだそう。小振りで可憐なアジサイの花たちが満開でした。


P62084931

石畳とアジサイ。石段とアジサイ。ビューポイントは写真を撮る人でいっぱいで、ポジション取りが難しい。帰って確認したら、とほほなショットばかりでした。。。


P6208526

明月院は竹林も立派。竹とアジサイも和な感じでよいです。


P6208476

日が射すと深緑の葉っぱも黄緑色に明るくほんわりと見え、淡い水色のアジサイとやさしいトーンになります。


P6208516

清楚という言葉がぴったりのアジサイ。


P6208467

そして、はじめて見た縁が明るい紫色のアジサイ。ブルーが多い明月院の中で目立ってました。


P6208531

お帰りの橋の上には、うさぎが待っていてくれました。明月院、月にうさぎ?あんまり可愛くないけどね。

明月院の中、見上げると、お庭の木の上では大きなリスが遊び、白い蝶々がヒラヒラと飛んでいました。そして、目の前にはたくさんのアジサイ。心安らかな夕方でした。

ひとつ残念だったのは、昨年最も記憶に残った沢の音がしなかったこと。音はしたけど昨年のあの音じゃなかった。あの音は私の中の明月院の記憶そのものなのに。去年のことは夢だったのかという気分にもなってしまいました。来年は、再びあの音が聞けるのかな・・・。

| | コメント (0)

2011.06.25

京都の初夏の味

京都に出張してきました。久しぶりの京都。1泊したかったところですが、予定も詰まっていたので仕方なく日帰りで。でも、京都は感じたい。なので、お昼は京都グルメを。

京都の料亭、和久傳のディフュージョンラインというのでしょうか、「はしたて」さんにて、お昼ごはんをいただきました。こちら、丼ものと麺が主役、京都駅の中にあるので気軽に入れます。

R00233041

この日の京都は晴れでとても暑かった。だから、魅力的なお料理が並ぶおしながきの中で、鱧そうめんをチョイス。そう、京都の初夏の味と言えば鱧ですからね。

そうめんの上には骨切りして蒸した鱧がお行儀よく盛られていました。食べているうちに骨切りした身がほぐれていきます。淡白な白身と酸っぱさを抑えた梅肉がちょうどよいです。添えられていたのは、ナスとミョウガとシソの千切り。淡白な鱧に揚げナスがコクを加え、そして、薬味はどちらもしっかりとした味で、薬味としての役割をきっちりと果たしていました。

そうめんは、こんなに弾力があるんだと思うくらいのコシ。つゆはダシが効いた薄味。全てが調和されて、さすがは京都の料亭と思ってしまったそうめんでした。


Desktop47

そうめんはセットになっていて、季節のご飯と酢の物がついていました。季節のご飯はごぼうのご飯。昆布ダシが効いてとても美味しいご飯。それに、酢の物は金糸瓜かしら。ほんのりとしたお酢味がやさしい酢の物でした。

このお店で食事をしていた時、周囲の会話は全て京都弁。鱧そうめんはもちろん京都なんだけど、さらに、お店の中の会話にもっとも京都を感じたのでした。

| | コメント (0)

2011.06.21

梅雨空にキレイ色

梅雨の季節、こんな気候だと気分だけは明るくしたい。だから、キレイな色を好むようになります。キレイなブルーやキレイな・・・

P6198441

こんなサーモンピンク。白、黒、紺、ベージュ、モノトーンの服がほとんどのクローゼットの中で、ひとつ、サーモンピンクが主張しています。生地はちょっと厚めですがメッシュ素材だし半袖だし、だから、着ると案外涼しいのです。ボトムスは、雨が降らない日に黒よりも白のパンツを合わせたい。デニムは、どうかなぁ。。


P6198432

そして、グリーンとピンクのバックストラップのサンダル。ずーっと前にブログに小さく載せていました。夏にほんの数回履く程度なんですが、ひとめぼれして持ち帰り、大切に履いている靴です。こんなキレイな色の組合せ、お店に行っても、今は見かけませんから。そう、こんなヒール、こんなトウ、こんな色の靴に出会いたい。

髪を伸ばしているせいか、最近はこんなキレイ目系の服や靴を好んで身につけています。とはいっても、基本は黒やベージュなんで週に1度あるかどうかなんですけとね。似た色が並ぶクローゼットには時としてうんざりするので、時にはこんなキレイ色を。

| | コメント (0)

2011.06.19

スーパークールビズ

私の会社でも、夏の節電対策としてスーパークールビズが適用されることになりました。

レポートには環境省の服装の可否が添付されていて、トップスでは、新たに、ポロシャツ、アロハシャツ、無地のTシャツが可能となり、ボトムスはチノパン、キレイ目のGパンが加わっていました。軽装には間違いないのだけど、どうかなぁ、うちの会社で果たしてこれが浸透するのだろうか。

室内が冷やせないとなると薄着にならないと暑くて仕事ができないということになるだろうけど、カジュアルと薄着はちょっと違うような気がします。友達も言っていたけれど、涼しくするならばボトムスは短パンが一番でしょう。でも、ハープパンツは不可なんですね。まぁ、わかるけど。。。でもね、Gパン解禁にしても、Gパンて案外暑いんですよ。

で、内勤の人はいいのでしょうが、お客様と対応する部署は微妙です。だから、男性にもロッカールームが必要という意見もありました。確かに。ロッカーにスーツを置いておけば、軽装で来られるもの。

あれこれ悩む男性に対して、比較的服装の自由度が高い女性はラクだなぁと思います。あまりおとがめがないですから。。。だけど、露出が多い服やちょっとそこまでのようなつっかけサンダルは、あまりにも無防備でいただけません。うちの会社でも暑くなると増えてくるけど、目のやり場に困る服装は勘弁してほしい。。。

で、私のスーパークールビズ。

P6198452_2

薄いコットンのシャツ。普通すぎます?


P6198456

もうひとつは、とってもラクチンな黒のシルクのシャツ。いずれも、サラファインとともに。そう、ユニクロさんのサラファイン、一度使ったら手放せなくなりました。見えないところで頑張ってくれる、クールビズの強い味方です。

さて、我が社では明日からスーパークールビズが本格始動。果たして、執務室内の雰囲気が変わるのか、楽しみに会社に行こうと思っています。

| | コメント (2)

2011.06.18

遠くの誰かとつながっている

1ヶ月ほど前に、このブログサイトにGoogle Analytics を仕掛けました。

お仕事がきっかけです。特にアクセスを増やそうと思ってとか、そういう理由ではありません。ココログにもアクセス解析はあるのですが、無料のアクセス解析のデファクトがGoogle Analyticsなので、使い勝手の研究をしてみようと思ったわけです。

まだちゃんと掘り下げてみていないですけど、見ていて面白い。いろんな気づきがありました。どのくらいの人が、どのくらいの頻度で、ブログを見に来ているのかがわかります。よく見られているコンテンツ、パソコンからなのか携帯からなのか、それはそれは細かく見ることができます。

Googleさんによると、このblogで最も読まれているカテゴリーは「ファッション・アクセサリ」のようです。自分でもこだわりがあるカテゴリーだけに、このことはすごく嬉しい。けれど、残念ながらファッションの話ってそうそう書けないんですねぇ。毎日お買い物しているというわけでもないので。。。でも、いいなと思えるものを見つけたらこれからもご紹介していきたいと思っています。

Img_9652

そして、最も嬉しかったのが、どこの国の人が見に来ているのか。もちろん、日本がダントツなのだけど、続いて2位が、なんとフランス。しかもパリ。パリの人が見に来てくれているんだ、と思うと、嬉しくて嬉しくて。。。パリの見ず知らずの人とつながっているって思えて、不思議な気持ちになりました。インターネットをはじめて15年以上。インターネットで世界がつながっている、初心に戻ったような気持ちになりました。

Google Analytics、本来ならばECサイトなんかがコンバージョン率をあげるのに使うツールです。でも普通にblogに仕掛けてもいろんな発見がありました。もうしばらく遊んでみようと思っています。

| | コメント (0)

2011.06.13

心強い味方

ほとんどコスメの話を書かない私。化粧品は保守的で、肌に合ったものをずっと遣い続けているので書く事柄がない、っていうのが本当のところです。

そんな私のラインナップに最近加わり、とてもお世話になっている化粧品。

P5158205

クラランス「シュペール イドラタン インテンシヴ セラム」


ヒアルロン酸入りの美容液でございます。

このクラランスのシュペールを使ってみて、ヒアルロン酸、すごい!とつくづく思ってしまいました。肌の中から潤いが満ちていくというのかな。この保湿力、素晴らしい!さすがは集中保湿美容液です。この水を思わせるブルーの爽やかな外観もいいです。

これまで、アンチエイジングなんて関係ないとか、シワは普通にあったほうがいいとか斜に構えていました。でも、やはりお肌はすべすべのほうがいいわけで、だから、毎朝夜、欠かさずに使っています。保湿はこれ一本だからラクチン、ラクチン。

先日、お泊まり道具を持たずに訪ねて来た友人に化粧品を貸したところ、化粧水、美容水、そしてこのシュペールを使って、しっとりとしていく自分の肌に、「すごい!スベスベだ!」ととても喜んでいました。

基礎化粧品は、サンケアを含めて全てクラランスを使っています。アトピーもあるし、敏感肌なので、相性がいい化粧品はずっと使いつづける質。サンプルをいただきながら、合うか合わないかを確かめてから使います。

それにしても、このシュペールにはお世話になっています。ホント、心強い味方です。

| | コメント (0)

2011.06.12

森彦さんのCoffee

少し古い話になりますが、バレンタインデーのプレゼントに、ショコラの香りがするコーヒー豆を買いました。このコーヒー豆、意識すると、確かにほんのりとショコラの香りがします。ショコラというよりも、カカオかな。酸味が少なく、好きなテイストでした。

で、飲みつづけてコーヒー豆が底をついてきたのでどうしようかと思っていたら、ネットで購入できるようなので頼んでみました。


P6058418

札幌にある「アトリエ・モリヒコ」さんのコーヒー豆です。

ショコラティエは季節限定のため売っておらず。。。なので、チョコレートを彷彿させるコーヒーと説明がされていたショコラージュをセレクト。他にも、、、


P6058415

中煎りの「M&B」とバニラフレーバーの「ヴァニエール」をお願いしました。メール便で気軽に頼めるところがよいです。

ほぼ毎日、朝食はミルでガリガリやって挽きたてのコーヒーをいただいています。ショコラージュは、ショコラティエのようにカカオの香りは感じられなかったけど、香ばしい香りが起き抜けの脳を刺激してくれるみたいで、朝に合っています。

コーヒー豆は生鮮食料なので冷蔵庫で保存してくださいと保存方法の説明書きがあったので、冷蔵庫で保存をしています。これまで常温保存していたんですけどね、改めました。

今あるお豆がなくなったら、またお願いしようと思っています。それと、写真で見たお店も素敵なので、札幌に行く機会があったら行ってみたいと思っているのだけど、当分なさそうです。。。

| | コメント (0)

2011.06.11

6.11

3ヶ月経ちました。

今では、私の回りは、水、乾電池の他、あの後でお店から姿を消したものたちがきちんと棚に並び、不自由はなくなっています。私自身も、放射能のモニタリング結果を見ることも少なくなり、twitterで地震や放射能関係の話題を追う時間も減りました。

そして、節電は徹底していて、事務所も駅も私の家も、暗めの明かりの中での生活が普通になりました。

一方で、本当に安全なのかどうかわからないのに、今のこの状況に慣れてきている自分に危機感を感じています。

Img_02721

久しぶりに勝どき橋を歩きました。隅田川も久しぶり。10年間住んだ場所、やっぱりここはしっくりくる。対岸には築地市場、その奥には東京タワー。いつも見ていた景色。この辺りは前と何も変わっていないことに安堵しました。

でも、同じ湾岸でも、先日行った海浜幕張では状況が違っていました。海浜幕張には4年くらい通勤していたかな。幕張メッセに歩く道すがら、所々浮き上がっている道路のレンガを見かけました。液状化なのでしょうね。メディアで見るよりも、実際に目にするとショックは大きくて、幕張メッセのイベントよりもその方が印象に残ってしまっています。ここもこれから整備が必要なのでしょう。。。

そんな中、6月20日以降の計画停電について報道されていました。事前には23区も適用との噂もあったけれど、発表された内容には23区はありませんでした。いいのだろうか。。。私は準備しているのだけど。。。

慣らされない心を持ちつづけなくてはと強く思うこの頃です。

| | コメント (0)

2011.06.07

あなたは強い人だから

P6038314

撮りだめしていたドラマ「BOSS」を見ていて、その中でBOSSこと大澤絵里子(天海祐希)が部下の女性(長谷川京子)から言われていた。それを見ていて思い出した。

私も似たような言葉を言われたことがある。過去に2度、違う女性から。同性からこの言葉を言われると、男性から言われるよりも正直堪える。不意打ちをくらって、ずっとその言葉が頭の中から離れなくなる。

アナタハツヨイヒトダカラ、アナタハツヨイヒトダカラ、アナタハツヨイヒトダカラ・・・・

第三者にはそう思われても仕方がないかもしれない。アラフォー、独身、一応役職付き。好きに遊んで、食べて、買い物して、旅行して、etc...。たくましく生きているように見えるんだろうね。何も知らないくせに。ま、他人には見せたくないけど、弱いところは。知っていてほしい人が知っていてくれればいい。

ドラマの中で、BOSSはこう言っている。
「全然(強くない)、むしろ逆。
 自分の弱さを知っているからそうしてるの。
 一度目をそらしたらどんどん逃げ出したくなる。
 逃げ出すことは、何の解決にもならない。」

そうそう。そうなんだよね。逃げたらキリがなくなるし、それに負けず嫌いでもあるんだよね。

たまたま見ていたドラマの中の言葉に共感することがある。
「Anego」もそうだった。篠原涼子演じる主人公のつぶやき。
「女が女を叱るというのは、なんと損な役回りなんだろう。
 これを押し付けられた途端、女は一気に年をとるような気がする。」

ホント、そーだねー。同性を叱る、注意する。なんと気を遣うことか。。。精神的に疲労するから年をとったように感じるんだろうな、きっと。

アナタハツヨイヒトダカラ。まだこの言葉が頭の中で回り続けている。

| | コメント (0)

2011.06.06

パレドオールのひんやりデザート #2

パレドオールのデザートの続き。

P60483791

カカオ水ようかん


カカオとようかんの組合せ?一体どんな味なんだろう、興味津々でトライしてみました。

これが、、、

おいしい!とってもおいしい!!

ようかんを食べる感覚でいただくと、ちゃんと小豆の味がします。そしてほんのりとカカオの味がするのだけど、これがとっても絶妙。食感と風味は水ようかんで、どこからかカカオがやってくる。そして、味わっているうちにカカオと小豆が一緒にいなくなっている。。。ん?ん?ん?このデザートの主役は小豆なのか?カカオなのか?それを確かめようと食べているうちに、いつの間にか食べ終えてしまいました。カカオ水ようかん、何個でもいけそうです。

さすが、ショコラティエが作る水ようかん。日本人のショコラティエだからこそできたデザートなんじゃないかな。濃厚なショコラはちょっと敬遠というこれからの季節に、ひんやりとツルルンと「涼」を運んでくれる素晴らしいデザートだと思います。

昨日UPしたクープショコラは三越限定だったけど、こちらのカカオ水ようかんは丸の内店でも購入できるのだそうです。これからお友達を呼ぶ時のデザートとして活躍させたいですね。最近ちょっと足が遠のいている丸の内まで行ってきましょうか。。。

| | コメント (2)

2011.06.05

パレドオールのひんやりデザート #1

大好きなショコラティエのひとつ、パレドオール。こちらのデザートを銀座三越で見つけたので買ってきました。3個セットなので、お友達が来るのでちょうどいい。

Desktop46_2

ビター、ミルク、ホワイトの3つのショコラがセットになったクープショコラ。ビターはナッツとバナナ、ミルクはマンゴー、ミルクはベリーとの組合せ。

ショコラが大好きな友達は迷わずビターをチョイス。ひとくちいただいたのですが、濃いーですな。ショコラを味わうならば断然コレ。もう、これ1個で満たされてしまう。友達は非常に満足していました。それに対して、ミルクとホワイトはまろやかで、カカオのお味はあまり感じない。ミルクはマンゴーのデザート、ホワイトはストロベリーの風味を楽しむデザートです。個人的はミルク+マンゴーかな。

引越してから丸ビル方面に行く機会が減り、新丸ビルのパレドオールには行けていません。暑くなるとショコラをいただきたいという気分ではなくなるので、暑くなる前に一度、おじゃましに行きたいと思っています。そこで頼むのはもちろん冷たいショコラのドリンク。

そうだなぁ、行くとすればバーゲンの時期かしら。丸の内仲通りのお店を見て回った終点が丸ビルと新丸ビル。歩き疲れた足を休める場としてベターなお店。そう、あと一ヶ月もすると7月。バーゲンの時期なんですね。早いなー。

| | コメント (1)

2011.06.04

short, short trip in YOKOHAMA

梅雨の晴れ間、バラを見に横浜まで行ってきました。

Desktop42

イギリス館前のバラ園は、バラが満開。バラの香りで満ちていました。終わっているバラもあればこれから咲くバラも。ここにはいろんな名前のバラが植えられています。


P60383101

何度か来ているけれど、バラが満開の時に来たのははじめてです。品種を確かめながらバラ園を歩きました。でも、すぐに忘れてしまっているけど。。。


P6038324

遅い午後に行ったので、バラを見ているうちに夕暮れが訪れて、それはそれは美しい梅雨の晴れ間の夕方。ランドマークタワーのシルエットが夕焼け色の空に浮かび上がり。。。


P60383371

陽が沈んでからは港が見える丘公園へ。やはり節電?みなとみらい地区は前に来たときよりも暗めですね。


P60383511

マリンタワーも暗めの照明です。


P60383521

晩ごはんは中華街へ。このいかにもアジア的な灯りや看板はパワーをくれる。中華料理でお腹いっぱいになって帰った横浜小旅行でした。

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »