« なごりのヤエザクラ | トップページ | はじめてのミル »

2011.04.21

ルグドゥノム・ブション・リヨネ

神楽坂にあるフレンチレストラン、LUGDUNUM Bouchon Lyonnais。千鳥ケ淵に灯りのない夜桜を見に行った時、たまたま入ったリヨン料理のお店です。そう、本当にたまたま。いつもは飯田橋のイタリア料理のお店に行っていますから。

で、このお店、2011年のミシュランガイドで一つ星を獲得していたんですね。。。昨日、一緒にお店に行った友人が教えてくれました。まったくビックリ。私にとってのはじめてのミシュランのお店となりました。

お料理は、前菜、メイン、(デザート)のプリフィクススタイル。それぞれカテゴリーから選びます。

P40873911

もうすでに名前は失念。前菜は、いろいろなお野菜が入ったスモークしたブレス産チキンのゼリー寄せ、のようなお料理。粒マスタードをつけていただきます。さっぱりとしたお味だけど、粒マスタードと食すとコクがでます。


P40873991

メインの本日の魚料理。的鯛だったかなぁ。今でも印象に残っているのは、ちょうど桜の季節だったので、ビーツをつかった桜色のソースのこと。食べるのがもったいないくらいキレイな色でした。

リヨン料理、味がしっかりしているんですね。全体的には味が濃く、塩気が強かったかなぁ。私は比較的軽めのお料理をセレクトしたけど、友人のはお肉や乳製品。ちょっと高カロリーだったかも。。。


何故、このお店に入ったかというと、ガヤガヤとした居心地が良さそうな雰囲気だったから。そう、雰囲気。そしたら一つ星でした。お料理は、すっごく美味しいと感じたわけではないけれど。。。

それよりも、友人が教えてくれたのは、このお店の志のこと。このお店はシェフがフランス人。震災後も帰国せずに、自分にできることをと原発事故の避難所で炊き出しを行い、手軽に食べられるフランス料理をふるまったのだそうです。いいね、そういうのを聞いただけでも、お店を応援したくなります。

さらにチャリティディナーとして、ロオジェ、ジョエル・ロブションなどのシェフたちと協力してコースを提供するとのこと。参加するお店の星を合わせると10個!すごい。3万円のディナーがあっという間にソールドアウトですって。そんな機会ないものね。私も知っていればがんばったかも。美味しいお料理を食べて貢献できるならば嬉しいこと。

はじめての一つ星のお店が、いいお店でよかった。また友人と行ってみようと話をしています。

|

« なごりのヤエザクラ | トップページ | はじめてのミル »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なごりのヤエザクラ | トップページ | はじめてのミル »