« ヒヤシンスの花 | トップページ | こういうのも悪くない »

2011.03.21

春分の日

予定では先週か今週に実家に帰ることにしていたけど、東京にいます。

今日は雨が降るというので、お天気がよく暖かだった昨日、少し外を散歩しました。

Ebisu3

ガーデンプレイスに元気に咲いていたチューリップ。そこに来ている人の多くが、花の近くのベンチに座って花を見ていた。そう、みんなが花の近くに集まっていた。

ふと、詩人・長田弘の詩を思い出した。

『まだ失われていないもの』の一節。

”すべてが、そこにあつまってくる。
 花のまわりにあつまってくる。
 ふしぎだ、花は。
 すべてを、花のまわりにあつめる。”

※詩のすべてはこちら ⇒ 花のまわりに


ガーデンプレイスを歩いていた人、ベンチに座っていた人、カフェにいた人、みんなそっちを見ていた。そう、やっぱり花は、人を元気にしてくれる。

今日は春分の日。明日からはどんどん昼の時間が長くなっていく。節電にはいい季節になってくる。

そして、東北地方もあと一ヶ月もすると桜の季節がやってくる。日本が一番美しい季節がやってくる。花のまわりに人があつまる季節がやってくる。

|

« ヒヤシンスの花 | トップページ | こういうのも悪くない »

花・花・花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒヤシンスの花 | トップページ | こういうのも悪くない »