« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011.03.31

maybe tomorrow...

朝、遠回りをして通勤です。

P3316178

今朝の目黒川。場所によってはもうちらほら咲きはじめていますが、だいたいはこのくいらいの咲き具合。かなりピンクが目立ってきました。咲いている花を撮ろうとしたのですが、川面だったり近くに寄れないところだったりで、なかなかうまく撮れません。


P3316187

今日も暖かだったので、朝にこのくらいだった桜のつぼみは今日はかなりふくらんだのではないでしょうか。

ということならば、きっと明日の朝には、咲いている桜に間近でお目にかかれるのではないかと楽しみです。

さてさて、今日もはやめにお休みして、明日の朝も早起きして、遠回りして行きましょうか。

| | コメント (0)

2011.03.29

今年の目黒川

目黒川に今年も恒例のぼんぼりが飾られました。

P32761331

けれども今年は様子が違っています。夜に色っぽい明りを灯すぼんぼりに、今年は明りは入りません。

灯火のないボンボリまつり。

”被災地にまもなく”桜のない春”が訪れることでしょう。
 哀しみをかみしめてボンボリの電気代を公的機関を通じて
 被災地にお届けします。”
の言葉が添えられていました。


P32761281

その目黒川の桜の様子。つぼみがかなりピンクになってきました。


P32761671

週末にかけて気温も高くなるようです。週末にはきっとちらぼらですね。

今年の桜は、静かに愛でることにいたしましょう。

| | コメント (0)

2011.03.28

Spring Garden

先週末、実家に帰ってきました。地震以来はじめての帰省、新幹線はあてにならず、また、湘南新宿ラインも運休中なので、動いている電車でのんびりの帰省です。

駅に着くと地元の友人から聞いていたよりはモノもあったので、まずはひと安心。実家では、母と地震のときのこと、それから今日に至るまで話が尽きず、これまで帰っていたときよりもかなり話をしました。

そして、実家の庭は、春の花々で溢れていました。きっちりとどこに何を植えているということはないけれど、全体として趣きがある庭。風が強かったけど、そんな花々を見ながら外で母と積もる話をしていました。

R00231561

甘く清楚な香りを放っていた沈丁花。東京よりも遅いです。これからが見頃。やはり、こうまじまじと香りをかぐよりも、夜道でふとどこからかただよってくる沈丁花の香りが私は好きです。


R00231661

一輪草。ほんとうはたくさん植わっているはずなのに、まだこれ一輪だけ。今年はやはり、咲くのが遅いようです。


R00231731

福寿草。もうおしまいの頃とか。けれども、黄色い元気な花は、庭の中でひと際目立っていました。


R00231771

木瓜。まだまだつぼみ。次に帰った時に、咲いているかな。。。


R00231841

地植えのクリスマスローズ。ちょっとしょんぼりしてしまっているけど、春の庭の仲間です。

そういえば、クリスマスローズも福寿草も去年は新宿御苑で見ていたんだなぁ。河津桜も見てました。今年の2月末から3月は忙しくて地震もあってそれどころではなくて、そういう点では特別な年です。

さて、そろそろ桜の話が聞かれるようになってきました。私にとっても桜の季節がはじまります。

| | コメント (0)

2011.03.27

ミッフィーが泣いている

たまたま見た朝日新聞の記事。ミッフィーが泣いていました。

2_2

Webのasahi.comに同様の記事があったので、そちらからイラストをいただきました。

うさぎ年の今年、ミッフィーマグの記事を投稿しました。モノクロでシンプルで気に入ったマグ。それと同じ、色が無いミッフィーをまた目にするなんて。。。

ミッフィーはかわいいけれど無表情で喜怒哀楽がわからない。けれど、この大粒の涙を流して泣いているミッフィーからは、<悲しい>ということがストレートに飛び込んできた。ある意味ショックだった。元気でいようという気持ちがしぼんでしまうくらい哀しくなった。。。

世界中に愛されているキャラクターが泣いている。それくらい悲しいこと。

「被災地の子どもたちに必要なのは、食べもの、暖かいストーブ、そして夢と希望です。あなたのイラストで、子どもたちに希望を与えて下さい。」という朝日新聞の依頼に応えて書いてくれたイラストだという。悲しいけど、ずっと見ているとジンとくる。ほんとうは優しい心がこもったイラストなんだね。

また明日から新しい一週間がはじまります。少しでも暖かく、過ごしやすい一週間になりますように。

| | コメント (0)

2011.03.26

こういうのも悪くない

先日、久しぶりに汐留に行ってきました。

震災の後で新橋駅に降りたのははじめて。いつもの地下道を歩いていて、ふといつもよりも暗いことに気づきました。ここも節電で照度を落としているんですね。

でも、なんとなく心地がいい暗さでした。もともとピカピカに蛍光灯が灯る、明る過ぎる場所は好きじゃありませんでしたから。だから、個人的にはこのくらいの明るさ好ましいです。

Img_95161

ヨーロッパの建物の構内もそんなに明るくありません。これはパリのメトロのプラットフォーム。ここは明るいほう。他はもっと暗かったような気がします。

ふと、パリの街の夜の暗さを思い出しました。そう、パリの夜は暗いのです。


Img_03831_2

パリ一番の大通り、シャンゼリゼ通りだってクリスマスシーズン以外はこんな感じだし、


Img_04241

高級宝飾店、オートクチュールのお店が集中するヴァンドーム広場もこんな街灯。


Img_03941

コンコルド広場。明るく見えるのはサークルになっていて車が集中しているから。車の明りだけでもこんなに明るいのです。


Img_07231_2

明るいといえばカフェが集まるエリアだけど、ここだってそんなに明るいわけじゃありません。

暗いと不安にもなるし、気分も滅入ることは確か。オフィスの照明も照度を落とたはじめのうちは暗いと思ったもの。けれども人はちゃんと環境に順応できるもので、1週間も経つと気にならなくなっています。足りないならば足りないほうに合わせていきましょう、順応力を信じて。

あ、でも、空調が止まって寒いのは正直応えますね。でもそこは、みなさん、フリースを着たり、多めに着込んだり、やっぱり適応しようと努力してます。私?大きめのストールを巻いて、パソコンに向っております。

| | コメント (4)

2011.03.21

春分の日

予定では先週か今週に実家に帰ることにしていたけど、東京にいます。

今日は雨が降るというので、お天気がよく暖かだった昨日、少し外を散歩しました。

Ebisu3

ガーデンプレイスに元気に咲いていたチューリップ。そこに来ている人の多くが、花の近くのベンチに座って花を見ていた。そう、みんなが花の近くに集まっていた。

ふと、詩人・長田弘の詩を思い出した。

『まだ失われていないもの』の一節。

”すべてが、そこにあつまってくる。
 花のまわりにあつまってくる。
 ふしぎだ、花は。
 すべてを、花のまわりにあつめる。”

※詩のすべてはこちら ⇒ 花のまわりに


ガーデンプレイスを歩いていた人、ベンチに座っていた人、カフェにいた人、みんなそっちを見ていた。そう、やっぱり花は、人を元気にしてくれる。

今日は春分の日。明日からはどんどん昼の時間が長くなっていく。節電にはいい季節になってくる。

そして、東北地方もあと一ヶ月もすると桜の季節がやってくる。日本が一番美しい季節がやってくる。花のまわりに人があつまる季節がやってくる。

| | コメント (0)

2011.03.20

ヒヤシンスの花

元気な人は元気でいようと、友達が言っている。

賛成!私もお花を買ってきたよ。

P32059482

お花屋さんは春の花でいっぱい。
ほんと、見ているだけだけでも元気になれるね。
私はヒヤシンスの花を連れて帰ってきました。


P32059901

花瓶に移したヒヤシンスの花は、甘い香りを放ちはじめています。
その香りは、外出して部屋に戻るとリビングのドアを開く前から感じるほど強い香り。
落ち着いたブルーの色で、甘くやさしい香りで、ヒヤシンスの花は私を元気にしてくれる。


P32060131

まだ時々グラッとくる。今日もエリアメールが飛んできた。心配することはまだまだある。でも、少しずついいニュースが流れはじめている。だから、元気でいられるように、社会に自分にできることを。

| | コメント (0)

2011.03.19

Spring had come.

先ほどまた地震がありました。今日はこのまま終われるのかなと思っていたけれど、まだまだそうはいかないようです。一体、いつになったら・・・。

さて、今日はいいお天気でした。ずっと落ち着かなくてあまり外歩きをしていなかったけど、暖かでお天気もよかったので久しぶりにゆっくりと外歩きをしました。引越してはじめての散歩らしい散歩です。

R0023087

公園には菜の花が咲いていて、あの菜の花らしい強い香りを感じ、


R0023091

梅のさわやかな香りを胸いっぱいに吸い込み、


R0023126

白いコブシの花を見上げながら歩きました。


R00231361

今年は寒い日が多く、桜の開花ははじめの見込みよりも遅くなるそうです。
目黒川の桜はどうかなと中目黒まで歩いてみると、、、


R0023145

まだまだだけど、よーく見ると、ちょっとだけ白いはなびら?が見えるようになっていました。
今年は、節電のためか、夜のライトアップはないそうです。
それならば、明るいうちに桜の下を歩くことにしましょうか。


あの地震以来、明るい話はないし、寒い日が続いていたけれど、ちゃんと春は来ていました。自然はやっぱり偉大だね。

日だまりの暖かさ、花の癒しを感じたお休みの日のお散歩でした。

| | コメント (0)

2011.03.17

暗い街でも・・・

夕方、会社の指示で早めに帰宅をすることになりました。駅に着いて外に出ると、駅の周辺もここのところほんとうに暗い。飲食店が並ぶ一角もいつもよりもやっぱり暗い。東京は確実に電気の量が減っている。

2


電気が消えた夜というと語弊があるか、、、暗くなった街を照らすのは、煌煌とした月明かり。冬のような寒い夜だから、冴え冴えとした空気が辺りをつつんでいる。こういう時の月明かりは、気持ちの上で、歩く上で、本当に頼りになる。ありがたい。

空を見上げる。地上の灯りが減ると、東京の夜空も結構、星が見えるんだね。星空もキレイだ。

節電で、暗くなったら眠り、明るくなったら起きる生活が身に付いてきた。それもいいかもしれない。暗い街でも、制約の中でも、人はちゃんと合わせて行ける。

あ、地震だ・・・。

| | コメント (2)

2011.03.13

奇妙なギャップ

金曜日の大きな地震から3日。今日の東京は、少なくとも私の周囲は何もなかったかのような穏やかな一日でした。

金曜日は寒い中、会社から、徒歩とバスと電車を乗り継いで帰りました。JRが動かなかった日、引越す前の家にいたら、きっと私は同僚と一緒に会社に泊まっていた。まさか現実に、自分が帰宅困難者になるなんて。。。

会社を出て約3時間後、なんとか帰り着いて家の中に入ると、一番の心配だったシャンデリアは無傷でちゃんと天井に下がっていたし、立てかけてた大きな鏡も無事でした。被害といえばガラスの食器が少し割れただけ。実家も家族も無事だったし、それだけで有り難いことでした。

そして今、ギャップを感じてます。今日はお天気がよくて暖かで、私の周りは、ランニングをする人、テニスをする人、普通の日常が戻っている。でもそんな人たちを見ながら、一方で、私はあれから普通の服を着て寝ているし、テレビでは心が痛む映像が繰り返し流れ、さらに時々、いやな音の緊急地震速報が飛んでくる。なんなんだろう、この奇妙な感じは。。。

R0023076


夕方、外に出てみると、空はキレイな夕焼け空。それでもテレビをつけるとニュースが繰り返し流れ、twitterではつぶやきが流れつづけている。余震はまだ続くと言っている。明日からはまた会社。先週までとは違うリスク対策をしなくては。まずは会社にスニーカーを置いておこう。

| | コメント (0)

2011.03.10

Ah, chandelier...

私は、後先考えずに決めてしまうところがありまして、今、日々の掃除をしていて、いつも天井を見てはシャンデリアの掃除で、はたと思考が止まってしまっています。

シャンデリアってどうやって掃除するんだろう。。。

で、話題のYahoo知恵袋です。
ネットで検索すると、答えは簡単に手に入ります。ほんと、便利な世の中です。これがなくなった世界、やっぱり考えられないな。

で、シャンデリアのお掃除。これがまた大変そう。買うときには全く考えていなかったんですけど。。。シャンデリアの掃除が好きと言っているかたもいらっしゃいますが、知恵袋には、下におろさずに脚立に上って拭き掃除するとかかかれており、「え、脚立?脚立なんてないぞ」と途方にくれてしまいました。。。

P3065806

そう、シャンデリアって、こんなにたくさんのガラスで。。。


P3065808

こんな繊細なワイヤーでガラスとガラスが接合されているのです。このワイヤー、設置する時も簡単にはずれそうでかなり緊張したんですよね。それをまた触らなきゃならないなんて。あー。

まぁ、先のことだから、ひとまずはホコリは日々の中で払っておいて、と。

美しいものをメンテナンスしていくのは、それだけ手間がかかるんですね。気が遠くなりそう。脚立かぁ・・・。どーしようかなぁ。。

| | コメント (0)

2011.03.09

お部屋の中で満開の・・・

3月も中旬にさしかかるというのに、まだまだ寒い日が続いています。確か、去年もそんな気候だったような。。。違うかな?桜の頃、桜が咲き出したら寒くなって、去年はすっごく桜が長持ちしたといことははっきり覚えているのですが。。。

で、寒い日が続いていますが、部屋の中はぬくぬくと温かく、先日ブログにアップした菜の花と桃が見頃を迎えております。

P30658211

菜の花。見頃というか、見頃をわずかに過ぎて、花だけでなく、葉っぱも黄色くなってきています。あと数日でおしまいかなぁ。それでも花は元気に咲いていて、部屋の中を明るくしてくれています。


Momo

桃は文字通り満開。つぼみの頃は赤っぽかったのに、今はこんなに桃色をしております。大きめの花瓶にバサッと放り込んだだけなんだけど、なかなかワイルドでよいです。

やはり、寒いときのほうが、花は持ちますね。もう少し今の花を飾っておいて、週末にはまた違う春の花を買ってきましょうか。そして、それが終わったら、いよいよあの花の出番となりそうです。

やっぱり、春は花。癒されます・・・。

| | コメント (0)

2011.03.08

お気に入りの場所

引越しをして、わが家での私のおきにいりの場所です。

P30657651

下までガラスのFIX窓。外にバルコニーが付いてないので、光が差し込んで明るいです。それに晴れの日は暖かで気持ちがよいです。ここに寝転がって、頬杖をついて外を見ている時間が最高に好きな時間です。


P30657821

そして、ここは、写真を撮るのにちょうどよい場所。レースのカーテン越しに差し込む光がちょうど写真を撮るのに適しています。床に白っぽい布を敷いて、撮りたいガラスやオブジェを置いて、はい、カシャリ!そうして撮ったガラスの器です。これも、オルネドフォイユで先日買ったもの。ちょっと画像処理はかけたけど、それがなくても適度にほんわりと写って、なかなかよいです。

これからもこの場所で、いろんな写真を撮っていこうと思っています。

| | コメント (0)

2011.03.06

おいしいカスタード

暖かくていいお天気でしたね。なので、ご近所さんをお散歩。それで、やっとやっとこちらのお店が開いているのに巡り会いました。

R0023060

はじめてそのお店を見たときは、こぢんまりとしたなんか寄ってみたいお店だな、と思って通り過ぎました。そして、その次は、このお店を目的にして行ったら、お休み。そして次は、わざわざもう一度と出かけて行ったら臨時のお休み。ご縁がないのかなと思ってがっかりしたけど、もう一回。そして、やっとやっとお買い物をすることができました。


P3065860

テイクアウト用にショーケースにならべられたシュークリームたち。このシュークリームに一番はじめに目が止まったのです。外観から想像したとおりの、サクサクとしたシュー生地。そして、卵が強いカスタードクリーム。おいしい!私好みのシュークリームでした。


P3065841

もうひとつは、カスタードプリン。シュークリームの他にと思ってみていて、このコロンとした容器に惹かれてお買い上げ。食べてみると、バニラビーンズがほんのりと効いて、なめらかでとろけるカスタードプリン。ちょっと苦めのカラメルもよいです。こちらもおいしい!好みのお味です。しかも、次回来店時に容器を持参すると100円バックというエコなところも好ましい。

このお店、デザートのテイクアウトのお店かと思ったら、れっきとしたイタリアンのお店。ボードに書かれたメニューも美味しそうだし、お次は中で食べたいと思っています。

| | コメント (0)

2011.03.05

ポプリの癒し

これまで、アロマはオイルウォーマーを使っていたのですが、引越をしてポプリを置きました。

P30557541

大好きなローズの香り。ポプリはFlancFlancで購入。ガラスの器はオルネドフォイユにて。ローズって、キツすぎると鼻につくし、弱いとあまり感じないし、それに、ケミカル過ぎる香りもあったりして、なかなか難しい。ネットで安く売っているのも見たけど、香りは実際にかいでみないとわからない。だから、ちゃんとお店に行って買ってきました。

ポプリ用の器もあったんだけど、かわいらしすぎたり、ピンクの陶器だったりして、好みのものがない。だから、普通のガラスの器を探してみました。それが、最近好きなオルネドフォイユ。こちら、好みのガラスの器やグラスが多いです。本当は、この器はサラダとか入れたりするものなのですが、わが家では、ポプリを入れる器として活躍しています。お値段も手頃だから、今度は、サラダ用で買ってこようかとも思っているところ。

アロマテラピーに凝っているというわけではないけれど、やはりいい香りは気分をよくしてくれるもの。ほんのりと香るローズのポプリに、窓を全開にする春までしばらく癒してもらいましょうか。

| | コメント (0)

2011.03.04

春を味わう

先日、引越をする前、友人が蕎麦会席に連れて行ってくれました。私が前に住んでいたところは築地が近くて、食いしん坊にはたまらない場所。でも、残念ながら、あまり行けていなかったんですよね。。。それで引越をする前に、記念に行ってきました。

お店は、「流石はなれ」というお店。お店の前は何度か通っていたけど、中には入ったことがなかったんですね。だから、行けたこと、すごく嬉しかったです。カウンターだけの程よい広さのお店を切り盛りするのは、お料理担当の料理人と、蕎麦担当の料理人の二人。料理人と会話しながら、お料理を食した時間。とても満ち足りた時間でした。

R0023008

やっぱり蕎麦には日本酒でしょう。ということで、「綿屋」という宮城の純米酒を冷酒で。とってもスイートで飲みやすいお酒です。


Desktop31_2

そして、いただいたお料理の数々。ホタルイカ、ワラビをはじめとした春の味が満ちていました。ナマコもきちんと処理してあると、コリコリとして美味しくいただけました。また、途中でお口直し?にそばがきが供されました。このそばがき、きちんと石臼で挽いたものが出されます。温かなそばがき、美味しかった。


R0023025

そばがきを作った蕎麦の実。新鮮だと、こんなに緑がかっているのだそうです。きれい。食べるとちゃんとそばの味がしました。


R0023040

シメはやっぱりお蕎麦で。こちらもほんのりと緑色。つるつるとあっという間にいただいてしまいました。日本人でよかったと思える時間でした。

ちゃんと仕事がされた料理は、本当に美味しいんですね。引越した今となってはそうそう行けるものではないけど、またいつか、食べに行きたいと思っています。

| | コメント (0)

2011.03.03

ほんのりと春

今日は、3月3日。桃の節句ですね。でも、暦上は春になっているのだけど、寒い日が続いています。通勤の時の風の冷たさったら。もう、ブルブルです。

でも、、、

先日、友人が花をプレゼントしてくれました。桃の花と菜の花。どちらも、春の花です。

P3035724

いただいた時に、何故か「梅の花」と言ってしまった「桃の花」。もらった時にはほとんど咲いていなかったのに、温かな部屋の中ではつぼみもふくらんで、この週末には見頃を迎えそうです。


P3035725

菜の花。いただいた時には、緑色しかなかったのに、数日もすると元気な黄色が主張をはじめています。

部屋の中に、ほんのりと春が来たみたい。去年は2月の後半には梅の花を見に行ったり、河津桜を見に新宿御苑に行ったりとかなり出歩いていたのに、引越もあって今年は全く行けていませんでした。そんな私のもとに届けられた春。まだまだ寒いけど、気分は春ということで、今週あと1日、頑張ろうかしらね。

| | コメント (0)

2011.03.02

I moved to...

引越しの楽しみは、部屋の中が変わること。全てを取り替えるということはないけど、私の場合は、一部、何かをどこかを変えます。

今回変えたのはライト。最近、ガラスに凝っておりまして、ライトもガラス系にしてみました。

P72311851

まずはシンプルなライトから。お友達のうちに遊びに行ったとき、これと似たライトを見まして、いいなと思っていたんですね。厚めのガラスに繊細なカットが施された、どこかアンティークなライト。天井が写ってないのですが、カットに反射する光もキレイです。


P2275687

もうひとつは、念願のシャンデリア。6灯だから結構明るい。


P2275688

こんな感じに光がガラスに反射して、こっちもキラキラ。

以前は北欧好みだったんですが、今は、こんなゴージャスな感じもいいなと。キラキラがある生活もなかなかよいものだと思うのです。やっぱり、明るくなるじゃないですか。天井のシャンデリアを見上げるのも、気分がよいものです。お掃除の時に気を遣わなくちゃならないし、ちょっと手間がかかるけどね。

こんな部屋で優雅に?いや、生活のリズムはそうは簡単に変わらないもので、ま、夜には仕事をしていたりするわけで。とほほ。

ということで、ひとまずは、新しいインテリアのお話でした。

| | コメント (4)

2011.03.01

I moved.

忙しいとかなんとかでブログの更新を滞っていたら、あっという間に3月になってしまいました。もう、今年になって2ヶ月も経ったんだ。早いな〜。

P22656501

そんな中、引越をしました。この準備だけで、2011年が過ぎていったと言っては言い過ぎかな。でも、そのくらい引越は、時間も頭も体も使う大イベントです。

先週は引越準備も大詰めでずっとバタバタ。それでも、モノは片付くもので、全てが段ボールの中に収まりました。荷物を運び出した部屋はガランとして、音がよく響きます。モノがあったほうが部屋は奥行きが出て、その分広く感じさせるんですね。

景色はよくなかったけど、採光がよく明るいところを気に入って決めた部屋。晴れた日はこんなふうに光が差し込んで、冬でもそこに立っているだけでも温かい。ここで1年半。ちゃんと生活をしたなと感じられた時間でした。

今回は区を変わるので、これまで見てきた景色はきっとあまり目にする事はなくなるんじゃないかと思ってます。だから、引越までの夜の散歩や町歩きはとても大切な時間に思えました。そう、だからこの前の投稿に、ちょっとおセンチ入ってます。

これはこれで、ひとつの記憶としてずっと忘れずにいたいと思ってます。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »