« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010.10.31

Happy birthday for yesterday.

Birthdaycard2


昨日は誕生日でした。

前日からバースデーカードが届きはじめ、当日は母からは電話があったし、メールでお祝いのメッセージをくれた友人もいました。毎年1日遅れで昨日だったっけ?とメッセージを送ってくれた男友達も健在。いくつになっても、おめでとう、と言ってもらえることは嬉しいことです。

病院通いや再検査などしたけれど、つつがなく1年を過ごせたことに感謝し、だからこそ、これからの1年間も、健康で暮らせますようにと願うばかりです。

R00223911_3


そして、台風一過の今日は、昔の同僚がケーキを持ってお祝いに来てくれました。" Happy birthday"のプレートがケーキに飾られているのを見ると照れますが、やはり嬉しい。それに、買ってきてくれたケーキも大好きないちごのケーキで美味しかったし。小振りなケーキは、女子二人であっという間になくなりました。ごちそうさまです。

R00223343


お花をいただきました。大好きなバラの花束。部屋の中がぱっと明るくなりました。どうもありがとう。

花束にケーキ、誕生日のオーソドックスな組合せがとても嬉しくて、お祝いしてくれた友人たちに、感謝の気持ちでいっぱいになった誕生日でした。

| | コメント (2)

2010.10.27

かぼちゃプリン

ハロウィンまであとわずか。ということは、カボチャスイーツをよく目にするのもあとわずかということなのかな。

かぼちゃプリン、結構好きです。高校生の頃に、よく行っていた地元のフルーツパーラーのかぼちゃプリン、それが私にとってのかぼちゃプリンのルーツだと思います。ほろ苦いカラメルとほんのりと甘いかぼちゃプリンという、シンプルだけと絶妙な組み合わせ。残念ながら、その味を超えるかぼちゃプリンにはまだ出会えていません。そしてさらに残念なことに、そのパーラーは、もうずっと前にお店をたたんでしまったんですね。。。

ということで、最近食べたかぼちゃプリンです。

R00221391


お店の名前は、、、失念しました。。。クリーミーでやわらかなかぼちゃプリン。私はもっとかぼちゃしているのが好きだな。。。

R00223141


こちらは、シェ・シーマのかぼちゃのブリュレ。プリンよりも、もっとペースト状で、よりかぼちゃの味を感じることができました。上のプリンと較べると、こっちが好み。

デパ地下をひと通り見てみたのですが、案外、プリンは少なかった。それよりもシェ・シーマのようなブリュレやかぼちゃのモンブランというラインナップをよく見かけました。こっちのほうが、確実に単価が高い。プリンだと、せいぜい200〜300円台代だけど、ケーキ類は400円台はいきますから。って、そんなことが理由ではないとは思うけれど、思ったほどはプリンに出会えなかったことは事実。

ハロウィンは今度の日曜日。ということは、もう一回くらいはスイーツを見に行く機会があるかしら。食べ納めのかぼちゃのプリンを探しに行ってきましょうか。。。

| | コメント (0)

2010.10.25

クロスに守られる場所

やはり寄る年波には・・・、ということか、健診をすると専門機関で要検査と指摘されることが時々あります。夏頃、会社で受けた健診で検査機関からそんな手紙が届きました。それでかかりつけの病院で紹介状を書いてもらい、予約をとって検査に行ってきました。

その一帯は医療施設が立ち並ぶ病院地帯だけれど、街並がきれいで緑も多いから息苦しい感じはしません。

R00221981


大丈夫、問題ない、と気持ちでは思っていても、なんとなく意気消沈していて。ふと見上げると看護大学の上の十字架が目に入りました。普段、宗教というものに触れる機会は少ないけれど、やはり、クロスを見ると祈りたくなるというか、心のよりどころになるというか・・・。

R00221971


この建物の中には礼拝堂があり、日曜日の午前中には聖餐式・説教があるのだそうです。古いオルガンもあるみたい。ステンドグラスもキレイだったりするのかしら。一度、中に入ってみたいものです。

予約をした時間まではまだ間があるので付近を歩いてみると、教会を発見。病院があるところには、教会もあるんですね・・・。どうやらこちらでもミサがあるようです。教会だから、当然ですね。

R00222021


目を惹くギリシャ建築のパルテノン様式。ネットで調べたら、中はとても落ち着く空間みたい。入ってくればよかった。

そんなふうに検査の前は、クロスの場所を探すように歩いて、そして病院に向いました。

で、結果は、問題なし、ということでひと安心。

病院に行くのって、やっぱりあまり好きじゃない。けれど、その周りにこんな落ち着く空間があるのなら、それはそれで癒されるのかもしれません。クロスに見守られて、心穏やかに。。。

| | コメント (0)

2010.10.24

ブラタモリ的丸の内

先日、再スタートしたブラタモリで、タモリさんが丸の内を散歩していました。よく行ってはいるのに知らないことがたくさんあるもので、ガーデニングショーで行った時に紹介されていた場所を歩いてみました。

丸の内は江戸城のお城の内側って意味ですが、それを、”丸かったからですか?”と言う久保田アナのおとぼけは健在。。。

でも、知らなかったわ、大名小路なんて通りの名前。東京駅の丸の内側正面の通り、ちょうど丸の内ブリックスクエアと三菱東京UFJ銀行本店の間を走る大通りがそれ。何度も通っているのにね。

R00222271


ということで、大名小路を横断中にカシャリ。奥は丸ビルと新丸ビル。東京の文字通り玄関としての通りですから、立派なものです。

R00222261


「大名小路の角でな!」。これ、テレビを見ていないとわからないですな。いや〜、面白い。

R00222281


昔はお大名屋敷が並んでいたこの通りは、今は整然とオフィスビルが並んでいます。これは復元された三菱一号館美術館の外観。中のレトロなカフェでお茶しようとしたけど、残念なことに列ができておりまして、今回は断念。テレビでなかなかいい雰囲気だったので、一度入ってみたいな。。。

R00222351


そして歩いて、行幸通り。東京駅は2012年春の復元を目指して、すっぽりと覆われてしまっています。仕方ないけれど、やっぱりなんだか残念な眺め。

R00222361


一方で、皇居(昔の江戸城)に向う道は工事も終わり、すっきりと開けて気持ちがいい。イチョウ並木の色づきはまだまだの様子。

R00222451


帰りはガーデニングショーを見るために丸の内仲通りに向ってしまったのですが、3つほど、ブラタモリ的に探検できなかったところが。。。

1つめは東京駅丸の内北口のレンガ。是非とも覆輪目地までちゃんと見てみたい。2つめはガード下の明治から昭和にかけた高架の構造のの変遷。3つめはブラタモ写真館で写っていた有楽町の壊れた看板。ちょっと時間がなかったわ。忘れないうちに、是非、探検に行きたいと思ってます。

| | コメント (0)

2010.10.23

秋色の丸の内

丸の内仲通りのガーデニングショーを見てきました。このイベントは毎年行われて、今年のテーマは、「文化×コミュニケーションガーデン〜会話を楽しむ街角〜」。

感想は、例年よりも緑が多くて、例年より地味、な感じ、かな

週末ノマド@スタバを終えて丸の内仲通りに出て、いちばんはじめに目に入ったガーデン。

R00222171


今回のガーデンの中で、最も色があり艶っぽく感じた作品。浴衣まであって、あくまでイメージですね。。。

R00222201


ガーデンの中にあった花たち。

R00222651


シークレットガーデンという名前がついたガーデンだったと思います。この小径の先にあるのは・・・。

R00222681


シークレットガーデンの小径の先、一番奥から覗いた眺め。

R00222981


障子と縁側と小さな庭。昔からある日本の家の庭をイメージしたガーデン。暖かな秋の日は、やっぱり縁側でお茶でしょう。

R00223021


ひとあしお先に、「そうだ、○○行こう・・・」的な紅葉の庭。風情がありますなぁ。

R00223101


丸の内は石造りの建物が多いから、こうした木々が似合うのかもしれない。全てが様になっています。ほんと、正しく造られた美しい街です、丸の内って。

R00222861


いつもよりも気合いが入っているハンギングバスケット。これはピンクとグリーンでかわいらしい。

R00222971


こっちは、インパクトがあるオレンジとグリーン。

R00222931


HANAHIROのかわいらしいお花のリース。このお店の周辺、スケッチしている人をたくさん見かけました。そういえば、前はスケッチの人なんてほとんどいなかったのに、増えましたね。道の傍らでイーゼルを広げるのはちょっと歩くのには邪魔かも。。。

丸の内周辺は好きな空間。外歩きにちょうどいい気温の中、気持ちがいい時間が過ごせました。

| | コメント (0)

2010.10.21

Red wine

しばらくワインの記事を書いていませんでした。飲んではいたのですがなかなかアップできず。。。

味はメモしていたのですが、そのメモ、どこかにいってしまいましたのでほとんど忘れてます。なので、画像整理というか備忘録として書いておきたいと思います。ひとまず。

まずは、赤ワインから。

R0017037

地方:コート・デュ・ローヌ
生産者:マキシム=フランソワ・ローラン
名前:ルージュ-「イル・フェ・ソワフ」2008年
品種:グルナッシュ

R0019035

地方:コート・デュ・ローヌ
生産者:ラ・フェルム・デ・セット・リュンヌ
名前:「グルー」 VdTフランセーズ
品種:シラー

R0019137

地方:ブルゴーニュ
生産者:ドメーヌ・ルジューヌ
名前:ブルゴーニュ・ルージュ2008年

R0019682

地方:ロワール
生産者:ベルトラン・スルデ
名前:シノン・レ・パンセ・ド・パリュ2007年
品種:カベルネ・フラン

R0019800

地方:ラングドック&ルーション
生産者:レ・ガレ
名前:VdPガール・キュヴェ・デ・ガレ2007年
品種:カリニャン、グルナッシュ

R0019725

地方:ボルドー コート・ド・カスティヨン
生産者:シャトー・サント・コロンブ2002年
品種:メルロー

R0019728

ワインのラベルが金のハートとハト、そして、ボルドーなんだけとかなりリーズナブルということで飲んでみたワイン。味は、まあまあだったんじゃないかな。値段相当でしょう。

本当はもっと飲んでいたと思うのです。でも、ラベルを撮らずに飲み出して、気づいたらなくなっているということが多く、撮り逃しているのもあります。次からは、ちゃんと記憶に残しておきたいと、強く強く思っています。

| | コメント (0)

2010.10.18

Red Shoes

ずっと、赤い靴が欲しかった。

R00221561


atomic greenのハイヒールです。

R00221531


トウのとんがり具合、ヒールのカタチ、色、その全てがベターなハイヒール。

銀座線に向う地下道、ディスプレイで見かけていいなぁと思ってお店に見に行って。聞くとディスプレイされているものしか私が希望するサイズはなく、わざわざその靴を取りに行って持ってきてくれました。(ディスプレイはどうなったんだろう?)

R00221641


履いてみたらピッタリ。はい、お買い上げです。

靴道楽の私にとって、靴との出会いは一期一会。欲しい!と思える靴に出会えることってあまりないんですね。だから、気に入ったヒールのカタチ、高さの靴に出会ったら、履き心地が悪い、歩きにくい以外はほぼお買い上げです。

こちらの靴、銀座三越で見つけたのですが、ディスプレイの靴を持ってきてもらうまでの間、靴売場を見て回ったけれど、いいな、欲しいな、連れて帰りたいな、と思えたのはこの靴だけでした。ブーツもブーティも、パンプスも、これ!って思えるものがなかった。

これもアニマル柄になるのかな。先日の赤のアニマル柄のバッグとも相性良さそう。こんなインパクトが強い小物を身に付ける時は、服はシンプルに。白いシャツとジョッパーズタイプのチノパンで。また、お買い物に行きましょうか。

やっぱり秋はお洒落の季節です。

| | コメント (0)

2010.10.17

少しずつ秋の色

用事があって久しぶりに恵比寿へ。夏の暑い盛りに行って以来だから、三ヶ月ぶりくらいかしら。

恵比寿ガーデンプレイスは、秋色になりはじめていました。

R0022168


奥に見える櫓のようなもの、毎年行われているバカラのシャンデリアの準備です。今年は11月3日に点灯式が行われるとポスターにありました。これが始まるとクリスマスシーズンスタートって感じだから、早いな。。。今はハロウィン一色だけど、それが終わると、もうクリスマス一色になるのでしょうね。。。

R0022173


でも、その前に、秋です。都内にもちゃんと秋がやってきています。街路樹が少しずつ色づいてきて、都会が美しい色に染まる季節です。

R0022186


それは、帰りに寄った丸の内も同じ。丸の内仲通りの街路樹も色づいてきていました。それでも今年は暖かいから、ベンチで、カフェの外で過ごす人がたくさんいます。ほんと、いい季節です。

R0022190


久しぶりに丸の内仲通りを歩いたら、エルメスの隣りにポールスミスができていました。エルメスのエントランスは深いオレンジ色。その隣にキレイなグリーンのポールスミス。グレーっぽい外観が多い丸の内仲通りのお店のなかで、この一角だけ色をさしたように明るい。そんな変化も好ましく、歩くのがとても楽しい。

22日からは恒例のガーデニングショーがはじまるようです。確か、昨年は行けなかったから、今年はちゃんと時間を作って、秋を感じに行ってこようと思います。

| | コメント (0)

2010.10.16

Red Bag

私の数少ないアニマル柄のワードローブに、新しい仲間が加わりました。

R0021993


丸の内のDEUXIEME CLASSEでお買い上げした、REBECCA MINKOFFに別発注(と言っていたような)した赤のレオパードのトートバッグです。そう、先日の紙バッグは、このバッグをお持ち帰りするときに入れてもらったもの。

赤とグレーがあったけど、赤に即決。だってグレーのほう、大人し過ぎるというか地味過ぎるというか。。。赤なんだけど、持つと派手過ぎない、服のアクセントなってくれる、そんなところが気に入りました。もう、このへんはフィーリング、それしかない。

私は、カーキーのミリタリーJKやGジャンに合わせて使っています。これからの季節は、トレンチにもよく合うでしょう。よくいう、大人可愛い、甘辛ミックスっていうの?、そんなふうに幅広く使えるバッグだと思います。

R0021994


持ち手やプレートにゴールドが使用されているので、重くならずにいい感じの華やかさ。

R0021986


とにかく軽い。そして、バッグの中も、内ポケットがいくつもあるので、非常に実用的でもあります。A4の書類も入るし、週末ノマドのお供です。

お店のポイントの期限切れのレターが来て、失効の前ギリギリでお店に行って、ポイントと相談でお買い物。だから、ほぼ無料に近く、あまり懐は痛まなかったのです。いや〜、先日ヴィトンを買っちゃった後だからね、節約、節約。

| | コメント (0)

2010.10.14

こんなバッグ、欲しい

本当のバッグではないです。実際は、紙バッグです。

R0021979


丸の内のDEUXIEME CLASSEでバックを買った時に入れてくれた紙バッグ。バッグ・イン・バッグ、という感じでカッコいい。

R0021981


DEUXIEME CLASSLEとJ&M DAVIDSONがコラボした紙バッグ。さすがにセンスがよい。と思って、Webサイトを見たら、なんと、チャリティバッグとして売られているではないですか。でも、9月18日からの発売だし、もう売り切れていそうな感じも。。。。次にお店に行った時にでも、聞いてみようかと思っています。

で、紙袋をバッグにする、ということで、数年前に、ブランドの紙バッグを加工して、自分だけのオリジナルのブランドバッグを作るというサービスがあったこと思い出しました。確か、エルメスやヴィトンなど、商品を入れてもらった紙バッグをそこに送ると、ビニールコーティングなどして、あたかも普通のバッグのようにしてくれるサービス。いつか加工してもらおうと思って、お気に入りの紙バックを大切に保管していたこともありました。

今もあるのかしらと調べてみたら、どうやらそうしたサービスはできなくなっているみたい。確かに個人利用とはいえ、紙バックにもブランドの商標、著作権はあるでしょうし。それを使って商売してしまうのは、限りなく黒に近いグレーだったのでしょうね。

欲しいなと思いながらも、今回も、大切にしまっておくんだろうな、この紙バッグ。そして、実際にDEUXIEME CLASSEで買ったバッグのお話はまた次の機会に。

| | コメント (0)

2010.10.13

肩すかしのスカイツリー

今日は仕事の出張で、浅草駅を使いました。で、本当にグッドタイミングで、今日はスカイツリーの試験点灯の日でした。ということは、この機会に、スカイツリーを見てみなきゃ。そのまま浅草から銀座線に乗り換えず、駅の外に出て見に行ってきました。

Img_8201_2


夜6時30分。教えてもらった吾妻橋に行くと、すでに大勢の人。みなさんライトアップを見にきた人たち。みなさんが見ている方向を見ると、まだライトは点いていません。手前に見えるアサヒビールのビルのあの金色の物体が暗闇に輝いて見えました。

はじめて間近でスカイツリーを見たのですが、大きいですねぇ。夜の中であれだけ巨大に見えたので、昼間に見たら、かなりの迫力なのでしょう。

で、いつライトアップかと待ちわびるうちに時間は過ぎて、6時45分頃になり、、、

Img_8209


ほのかに一部分に灯りが入ったみたい。わかりますか?少し明るくなっているの。これなのかと思いつつ、これじゃないよねという期待を持ちつつ待つけれど、一向に灯りが入る気配がありません。

すると、ある男性が進みでて、”今日は6000個のLEDのうち50個しか点灯しない。あれが、そうです。観光課に確認しました!”と告げると、そこに居合わせた一同、”えーーーーーっ!?”です。それからは、すみやかに撤収。。。

それにしても、なんて控えめな試験点灯でしょう。気持ち的には、もう少し明るく光って欲しかったな。。。

Img_8210


吾妻橋から銀座線の駅に向かう道で見えた浅草の名物、電気ブランの神谷バー。一度入ってみたいと思いつつ、今回も入れませんでした。まだまだ行く機会はあるでしょう。昼間のスカイツリーと電気ブラン、いつか必ず。

| | コメント (4)

2010.10.12

SaCURAという名の店

先日、目黒で用事を済ませてから、お腹が空いたなと思ってふと入ったお店。予備知識は全くなくて、ただ外観から居心地がよさそうだと入ったお店です。

そこは、SaCURAという名前のお店でした。目黒川にちなんでか、この辺りには、sakuraと名が付くお店が多い。

が、このお店、とことん桜にこだわっていました。

R0022039


お食事の注文をしてからお店の中を見回すと、お店の天井にライトで桜の花が咲いていました。聞くと、この辺りの家具屋で作ってもらったライトだそう。桜の花をしっかり見せるために、天井は黒く塗られていました。いいなぁ、桜好きの私としては、このライト、欲しくなってしまいます。

R0022040 R0022044 R0022048
R0022052 R0022055 R0022059


お料理の数々。お通しの鶏ガラのスープは中に入ったつくねがふんわりとして優しい味わい。ササミとアボカドのディップは隠し味のワサビがいい味出しているし、鶏レバーペーストは黒こしょうをつけて食べるとピリリとして美味しい。

そして、メインディッシュというのか、このお店のおススメ、炭火鉄板焼き。焼き鳥を串から外したものを鉄板にのせて熱々で出てきます。鶏肉三種、それぞれの食感が楽しめました。

さらに、鶏の煮込みと鶏ガラスープのラーメンを。そう、このお店、鶏料理のお店だったんですね。総州古白鳥という鶏肉を使っているのだそうな。どうりで鶏肉自体が美味しい。いろんなお料理でいただけて大変美味しかったです。

出されたお皿にも桜があしらわれていたので、お店の人に聞くと、できるだけ桜のお皿を使おうと思って、探しているのですって。すごいこだわりだ。

常連さんも多いみたい。感じがいいお店。あの桜のライトを見に、また行ってみたいと思ってます。

| | コメント (0)

2010.10.11

秋の日の夕暮れ

夕方、お買い物の帰り。ふと空を見上げると、きれいな三日月が浮かんでいました。デジカメを取り出そうとバックの中に手を入れると、見つからない。どうやらバックを変えるときに入れ忘れたらしい。残念と思いながら歩いて、橋の上までやってきたら、さらにきれいな三日月。

このまま残さずにというのもやはり残念で、いまだ使いつづけているvodafoneケータイでカシャリ。

Image075_2


202万画素だから、ま、こんなものでしょう。でも、三日月だということがわからない。だから、ちょっとだけズームして。。。

Image079_2


こんな感じ。なんとか三日月はわかりますかね。下はライトアップされた勝どき橋です。

実際の夕方はもっともっと美しく、三日月もずっと薄くて透明でした。

暗くなりつつある夕方の時間は、明るくなりつつある朝の時間と同じくらい好きな時間でもあります。夕方の路地を歩くと、カレーのにおい、けんちん汁のにおい、ざぶんとお風呂に入る音、そしてお風呂の石けんのにおいと、そこに暮らす人たちを近くに感じます。

そんな暮らしのにおいに触れたせいでしょうか、週末に実家に帰っていたせいでしょうか。なんとなく、人恋しくなった秋の日の夕方でした。

| | コメント (4)

2010.10.10

SOLAのシフォンケーキ

銀座三越のスイーツ、SOLAのカリフォルニアシフォンケーキをいただいてみました。たまたま寄ったところ、数人の行列だったので、これならば並んでみようかと思った次第。

3種類の中から2種類をチョイス。

1つめ。バニラ。
基本ですね。

R0021865


シフォンケーキというと、丸くて真ん中が開いた型が多いですが、こちらは立方体。通常、シフォンケーキでは空洞の所に、クリームがしっかりと詰まっています。

切ってみるとこんな感じ。

R0021909_2


やわらかくて、うまく切れなかった。。。おまけに、手振れしております。

で、いただいてみるとシフォンはしっとり。さらに、生クリームはすっごく軽い。ほんと、エアリーって感じ。シフォンの軽さとエアリーな生クリームの組合せは、ちょっと違うけど堂島ロールに通じるものがある。こちらは、そこにちょっと甘みが強いカスタード。

とてもシンプルな、クリームとカステラの組合せだからね。生クリームだけだと間が抜けるし、カスタードだけだと甘過ぎる。3つのお味のハーモニーというのだろうか。また買うかどうかはわからないけど、美味しいケーキでした。

2つめ。キャラメル&チョコレート。

R0021869


濃い茶色の生地はチョコレート、薄いほうはキャラメル。ツートンカラーです。

R0021925


切ってみるとこんな感じ。こちらもキャラメルとチョコレートのクリームがぎっしり。

いただいてみると、キャラメールクリームはすっごく濃厚。甘くない苦みを感じるクリームです。そこにチョコレートクリームが混ざると、濃厚×2。チョコレートが大好きな人、甘いもの大好きな人にはたまらないでしょうね。でも私はちょっと苦手、このテの甘さ。

しっとりのキャラメルの生地、そしてチョコレート生地は本当に美味しい。だからはじめはちゃんと食べたのだけど、おしまいの頃にはクリームを除いて食べていたりして。。。もったいない!そんな人は食べる資格無し、ですな。

どこがカリフォルニアシフォンケーキなのかはわからないけれど、このSOLAというお店、2008年、2009年に、ミシュランの格付けで★を獲得したロスのフレンチ・イタリアン・フレンチビストロのオーナーシェフ、デイビット・マイヤー氏が手掛ける日本初出店のスイーツのお店なのだそう。だからみなさん並んでいるのでしょうね。

なんでも、こちらのお店のカフェが銀座三越6階にあり、そこのパンケーキもおすすめなのだとか。時間が合えば、行ってみたいと思っています。

| | コメント (0)

2010.10.06

キンモクセイに救われた夜

日中、外で仕事をして駅に向かう帰り道。
急ぎ足で歩く私の足を止めたもの。
それは、ふんわりと漂ってきたキンモクセイの香りだった。

R0022103


その方向を振り返ると、大きなキンモクセイの木が道路の一角に立っていた。
通りすぎるまでは全然気づかなかったのに。。。

R0022097


少し戻ってよーく見ると、キンモクセイの花はオレンジでかわいらしい。だけど、そのオレンジが光に照らされるとを、ぱっと輝いて金色にも見える。

キンモクセイの、甘く、やわらかな香りは、はやく次の仕事にと急いていた私に、そんなに急がなくて大丈夫だよ、と言ってくれているようだった。


そして、この日はHard Workで、会社を出たのは0時過ぎ。
終電に間に合うようにと、急ぐ私を包んだのもキンモクセイの香りだった。
暗闇の中は五感が研ぎすまされ、花の香りを間近に強く感じる。

言いたいことをぐっと堪えて、歯を食いしばらなきゃならない時がある。
だけどね、やっぱりね、それはそれで苦しいもの。
疲労、徒労感、達成感が感じられないやり切れなさが、いっぱい。

だから、ふと漂ってきたキンモクセイの香りに救われた。
この気分を家に持ち帰らずにすむもの。
ありがとう。

ある夜の神様がくれたプレゼントのお話でした。

| | コメント (0)

2010.10.03

Interior shop cruising @GINZA

少し間が空きましたが、インテリアショップめぐりのお話。

銀座にIDC大塚家具ができたので見に行ってきました。家具のショールームって広く場所が取れないと難しいと思っていたので、こんな銀座の真ん中に、家具屋さんができたこと、正直驚きでした。

銀座一丁目からすぐのそのお店は、超高級ジュエリーのHarry Winstonのすぐ後ろ。10階建ての白い上品な外観で、銀座にうまくなじんでいました。

大塚家具ははじめてだったので、ドキドキしながらのエントリー。10/2オープンのお店はキラキラと輝いて、とてもキレイ。聞くと、銀座出店なので、女性が入りやすいように1階には女性向けのインテリアを揃えたのだそう。大塚家具さん、はじめての試みなのですって。

目的を伝えて、担当の人と店内巡り。3階から8階は、各階、ナチュラル、アーバン、モダンなどなど、コンセプト別に展開されていて、そのコンセプトで構成する家具が見て回れます。正直、私の中での大塚家具ってランクが低かった。だから、足を運んだこともなかった。だけど、バリエーションの多さ、圧倒的な商品数を見て、やはり総合ショールームはすごいな、と見直しました。担当の方、iPadも持っているし。私の場合はそれを使うシーンがなかったけど、どんな時に使うのか、興味津々でした。


R0022085

丁寧に説明してもらって、気づいたらお昼過ぎ。1時間の予定が2時間以上いたみたい。検討用にカタログをいただいて帰ってきました。

気軽に銀座で家具選び。インテリアコーディネイトの目を養うのに、これから時々寄らせてもらおうと思います。


R0022087

最後に、オープン記念ということで、お土産をもらってしまいました。焼き菓子、ワイン、アロマの中からのチョイス。私は、イタリアの赤ワインをいただきました。何も買わなかったのにね。。。

| | コメント (0)

2010.10.02

a fine day.

別にすっごくいいことがあったわけじゃないし、とりわけ充実していたというわけでもない。むしろ、何もしなかったし考えることもやめた一日。それでも、いい日だったと思うことがある。今日はそんな一日でした。

夕方の散歩、見上げた青い空、橋を渡るときの心地よい風、暑くもなく寒くもないちょうどいい気温。それだけで上機嫌。この秋はじめての、秋らしい日だったと思います。

こんなときは、いくらでも歩ける。川のあちらとこちらを、行ったり来たり。。。

R0022071


散歩途中の公園。夕方の太陽の光に照らされるほんのりと色づいた桜の葉。そう、桜の葉の紅葉が少しずつはじまっています。

R0022082


橋の上から眺めたスカイツリー。夕方のatmosphere、紫がかった空を背景にしたスカイツリーの存在感といったら。。。。それにしても、高くなりましたね。すくすく育っている感じ。

明日はお天気下り坂とのこと。今日みたいないい気持ちの日になるかしら。

| | コメント (2)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »