« 名古屋、昼と夜 | トップページ | 築地でお寿司 »

2010.09.12

5個目のヴィトン

ずっと使っていたアニヤハインドマーチのトートバックがかなりくたびれてきたので、新しいバッグを探してました。使いはじめた頃はこんなにキレイだったのに、今は、持ち手がこんな感じ。かなり使ったからな〜。でも、1年半なんてちょっと短くない?

R00217401


いつちぎれて切れてしまうのか夏前から心配しながら、軽くてラクチンだからだましだましずーっと使っていたのですが、そろそろ限界みたい。かなり切羽詰まって、可及的速やかにバッグが必要。バッグ道楽とブログに書いていたくらいだから他にバッグがないというわけではない。けれど、今使っているアニヤのトートに代わるものはないのです。

普段遣いのバッグの条件は、軽い、A4の書類が入る、小物を仕切っていれることができる、この3点。中でも軽いことは一番の条件。それで、ルイ・ヴィトンのネヴァーフルというトートバッグともう1つに決めてヴィトンのお店に行ってきました。ちゃんとお出かけ用にお洒落して。

私は古い考えの人間なので、ただ見るだけとかカジュアルな服でブランドのお店には行けない人。自分が負けそうだし、ちゃんとした服装だとお店の人も安心して対応してくれる感じがするのです。今回もお店の人が丁寧に対応してくれて、気持ちよくお買い物ができました。

まずはじめにネヴァーフルを見て、それからもうひとつのバッグを見て。。。取り替えながら鏡を見ながら悩むこと30分以上。しばらく悩んで決めたのが、、、

R00217281


もうひとつのほうの、アーツィーというバッグ。ネヴァーフルのカジュアルさも捨てがたかったけど、今の年齢にはこっちのバッグのほうがより合っていたって感じ。それに、ネヴァーフルを持っている人、多いのですって。今回、ヴィトンのバッグにしようと決めた理由のひとつに、昔ほど見かけなくなった感覚があったのでそれは意外だったのだけど。。。こっちのバッグは持っている人口が少ないということも好ましく。

R0021753


バッグの中も携帯、定期、名刺、鍵、貴重品、いくつか小分けにできるポケットも充実していることもポイント高し。すぐにバッグの中のものが見つけられる、物持ちの私には大切なことです。

5個目のヴィトンと書いたけれど、普段遣いのバッグは実ははじめて。それまでは、手帳に財布にポーチなどの小物と旅行用のバッグだけ。はじめての普段遣いのヴィトンのバッグ。自分のものにするまでは一定の距離をおいて敬って。でも、自分のものになってきたら、カジュアル遣いにどこにでも持って行こう。今は色が薄いヌメ革の色が、濃く艶やかに変わっていくことも楽しみ。末長いおつきあいをお願いします。

|

« 名古屋、昼と夜 | トップページ | 築地でお寿司 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名古屋、昼と夜 | トップページ | 築地でお寿司 »