« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010.08.31

八月もおしまいで。

8月も今日でおしまい。ブログをざっと見返してみると、あら、今月は一ヶ月の半分しか投稿しておらず、その3分の1が旅行のお話。なんだか8月は大したこと書いていないな〜。暑くてダルくて、あんまり出歩かなかったし。。。

そんな中、半ばからはアレルギーがぶりかえして、病院通い。今日も病院で、1時間ほど早く会社を出て病院に行ってきました。ちょっと改善。で、病院の帰り、夕方で少し涼しくなっていたので、気合いを入れて、歩いて帰ることにしたのですが。。。

R0021617


病院を出てすぐ、まだ明るい夕方。運河から涼しい風が吹いて、気持ちがいい。グリーンのランプも涼し気です。

R0021622


歩いているうちに、どんどん夕闇が濃くなり夜の景色に。まだまだ暑い8月だけど、もう、秋の日はつるべ落としのごとく、暗くなるのが早くなりました。

しかし、歩いたのは半分失敗。涼しくても歩いていれば体温はそれなりに上がり、だんだん暑くなり、汗が。。。それでも橋の上は風が通って気持ちがよく、景色を見ているだけで汗がひいていきます。その汗がひく間、見ていた景色です。

数分の間に、次々と屋形船が通り過ぎて行きます。これは、東京湾から浅草方面に向かう船。奥は勝どき橋、右は聖路加タワー。

R0021627


小さくて見難いですが、左上の空をヘリコプターが飛んで行き、聖路加の後方には小さく東京タワーが見えます。

R0021632


浅草方面から東京湾に下る屋形船も。結構早いスピードで、写真を撮り直すうちにどんどん遠ざかってしまいます。

R0021651


少しして、またまた下って行く屋形船が。飽きないな、と思って橋の上を振り返ると、三脚で本格的に写真を撮る人が。やはり、ポイントのひとつなのでしょうか。

そうして景色を見ているうちに汗がひいて、また再びいい気分で歩きはじめました。が、しばらく歩くとまたまた汗が。。。今度は立ち止まって見とれる景色には出会わず、そのまま家まで帰ったのでした。

明日から9月。でも、まだまだ暑いんだろうな。。。

| | コメント (0)

2010.08.30

Interior shop cruising

週末、あるモノを探しにインテリアショップをいくつかまわってきました。といっても、ららぽーと豊洲に入っているメジャーどころを見てきただけなのです。ほんとは、船橋のIKEAにも行きたかったけど、この暑さで断念。。。

ららぽーと豊洲には、たくさんのインテリアショップが入っています。IN THE ROOM、MUJI、カリモク、FRANC FRANC、ACTUS、などなど。ご予算、好みに合わせて選ぶことができて便利。ま、周囲には次々と高層マンションができて、新しくこの地区の住人になる人も増えているから、高い需要があるんでしょうね。

私がだいたい行くのはこの3つ。

R0021600


IN THE ROOM。お手頃なお値段で趣味がいい家具が手に入ります。昨年引越したとき、チェストをこちらで購入しました。で、今回の目的のモノは、、、探したけれど、ちょうどよいサイズがありませんでした。いいデザインではあったのだけど、いかんせんサイズが合わないことには、家具はどうにもなりません。

R0021596


お次、FRANC FRANC。こちらはさらにお手頃なお値段。さらに、カジュアルでポップなかんじ。で、目的のモノは、、、ありませんでした。こちらのお店、家具よりも、どうしても雑貨に目がいってしまいます。安いし、色がきれいだし。でも、いいなと思ったガラスのプレート、よーく考えて今回はパス。もっと欲しいものがあるからね。

R0021590


そして、最後の願いをこめて、ACTUSへ。ACTUSには東京で暮らすようになってからお世話になっています。ずっと使っているソファはACTUSで。もう10年以上使っているのかな、それでも座り心地はちっとも変わらないし、今でも私の大切なお昼寝ソファ。

だいたいACTUSには私好みの家具があるのよね、ということで期待して行ってみると、、、ありました、いいなと思える家具。高さも幅もちょうどよい。やっぱりねー。でもね、ACTUSは結構お値段するのですよ。すぐには決断できないお値段なので、カタログを持って帰って検討です。

でも、Interior Shop cruisingはまだまだ終わりません。IKEA、KAGURA、ミッドタウン、目黒通り、などなど。まずは、今週末、今回断念したIKEAに行ってきましょうか。IKEA、行ったことないんですよね。カタログを見てなかなかいいじゃんと友人に話をしたら、でもよーく見るとお値段通りだよ、とのこと。この目で見て、よーく吟味してこようと思います。ご報告は、またいずれ。

| | コメント (0)

2010.08.29

ぷるるんっ

暑い暑い〜と、毎日のようにぼやいております。こんな気温だと、スイーツも涼し気なものが欲しくなります。アイスクリーム、ゼリー、水ようかん、などなど。

ということで、最近いただいたぷるるんなスイーツたちを。

R00214511


アンリシャンパンティエの桃とバニラのジュレ。桃のスイーツは他にもいただいていますが、このスイーツは、桃の甘みとバニラのババロアが甘〜くてしあわせな気分になります。ジュレのさっぱり感がまたよいですな。あ〜、私は桃が大好き!

R00214871


京都のフランス料理屋さん、ガスパール・ザンザンの名物、グレープフルーツプリンです。

R00214951


プリンの濃厚さの中にグレープフルーツのにがみを感じる、不思議な味のプリン。グレープフルーツのにがみでカラメル不要。グレープフルーツの爽やかな甘さを期待していたのに、まったく裏切られました。大人のプリンとあったけど、確かに。食感は、まるで絹ごし豆腐を食べているみたいななめらかさ。おいしいです。

R00214801


GIOTTOのコーヒーゼリー。クリーム部分はあまいけど、コーヒーゼリー自体はかなり苦みがあります。量あるけど、ぷるるんと食べられてしまいますな。

R00216011


デメルのコーヒーゼリー。私はコーヒーゼリーが好きなんだ、と思います。ゼリーというとコーヒーゼリー。んー、これといった特徴はないけれど(申し訳ない、デメルさん)、とってもおいしいコーヒーゼリー。

ゼリーの上のカフェクリームの量がちょうどよいです。これより多かったら甘くなるしそうでなければあんまり味がしない。で、そのカフェクリームを混ぜながら、ストレートコーヒーのコーヒーゼリーをいただくのです。苦みはなく、かといって甘くもなく、クリームを混ぜるとちょうどよいのですね。そして、おしまいの頃に、上に乗っていたチョコレートを一緒にいただきます。コーヒーゼリーはぷるるんとして、ほどよい弾力で、水っぽくない。つまり、とってもいい感じのゼリー。Simple is delicious、大人向きのコーヒーゼリーでした。

まだまだ暑いみたいだし、のどごしがよいぷるるんスイーツにはまだまだお世話になることでしょう。さてさて、どこに買いに行こうかしら。。。

| | コメント (0)

2010.08.28

猛暑の夜にはICEBARへ

Img_8198


猛暑のおり、今年も氷の世界に行って参りました。銀座のICEBAR TOKYOです。今年はこの暑さで、かなり人気なのだそうで、私が行ったときも仕事帰りの人たちで賑わっていました。もともとそんなに広いスペースではないのに大勢の人がいて、私たちが立っておしゃべりする場所も困るくらい。

Img_8162_2


入り口で防寒のポンチョを着せられて入場。気持ちいぃ〜。外の暑さがウソみたいな、冷え冷えとした空気。45分、1本勝負のはじまりです。

まずは、カウンターでワンドリンク注文。今回はピーチ系のウォッカドリンクを。

Img_8174


昨年に行ったときには外人が多かったのだけど、今回はほとんど日本人。女子率高し。なんとか、空いているスペースを見つけて氷の世界を堪能。青い、青い、氷の世界。気持ちがよい。この段階では。


Img_8169

どのくらいのスパンで内装を変えているのか、昨年とは中のデザインが違っていました。

なんて、次第に冷えてきました。まずは素足の足元から。そして、体全体に。20分を過ぎた頃から、かなり、さぶ〜い状態に。

Img_8179


しばらくして、氷でできたテーブル席が空いたので、そこに移動。イスも氷でできているけどそこにムートンが敷かれているので、ひとまずお尻は冷えません。それに、氷の壁で覆われているので、若干は寒くないような感じも。。。

それでも30分を過ぎた頃には、寒くて寒くてどうにもいられなくなり、外へ。やはり今年も、45分はいられなかった。。。

外に出るとむっとするくらいの東京の夜の暑さ。それでもしばらくはその暑さも心地よく、その心地よさのまま銀座のお店で晩ごはんを食べて帰ったのでした。

やはり、この猛暑にはICEBAR。ほんと、気持ちがよいですよ。

| | コメント (0)

2010.08.24

夏を送る

昨日から、ご近所さんは盆踊りです。遅い盆踊りですが、にぎやかなのはよいことです。

R0021544a


交差点の真ん中にやぐらをつくり、提灯が飾られ、それで盆踊り会場のできあがり。浴衣を着てくる人が多いです。老若男女みなさん、輪っかになって踊ります。スケジュールを見たら、盆踊り前に、練習もあったみたい。どうりで、中心となる人たちは踊りがうまい。

私はそんなふうに踊る人たちに、足をとめ、眺め、写真を撮って、また家に帰る道を急ぎます。まったく、なんだって週末ではなくて、月曜日から水曜日なんだろう。

R0021566a


お祭りはいい。お祭りに、踊りに没頭している間は、完全にその他の日常のことを忘れてしまう。参加するのが一番いいのだけれど、見ているだけでも楽しさが伝わり、やはりお祭り以外のことは考えなくなる。きっと、お祭りに来ている人、みんなそうなんだろうな。そうやって、一晩、祭りを楽しみ、踊りを楽しみ、生きていることを楽しむ。そうやって、夏を送ってあげるんだね。

明日は満月。空には真ん丸なお月様が浮かんでいます。そして、気づくと、次の満月は、9月、中秋の名月なんですね。待ち遠しい秋のはずなんだけど、その頃、涼しくなっているのだろうか。。。中秋の名月、という気分なのだろうか。。。かなり、不安な今年の気候なのです。

| | コメント (0)

2010.08.22

気分はすでに・・・

今日も残暑厳しいいちにちでした。先週前半は涼しくなったのに、週末からまたこの気温。本当は汗かきも好きなのだけど、そうするとアレルギー対策の効果が薄れるので、もう最近は、エアコンなしではいられません。

そんなお天気なのに、気分は既に秋の気分で、ひとあしも、ふたあしも先に、秋冬物をお買い上げ。2つとも、セオリーリュクスにて。百貨店のお買い物券が戻ってきたので、ちょっと太っ腹なのです。

R0021497 R0021505
R0021514 R0021516


ずーっとこんなもこもこベストが欲しいと思いながら、なかなかいいもこもこ具体のベストに出会えなかったのです。こちら、カタログで見たときからいいなと思っていて、お店におとり置きをお願いしておきました。実際に着てみると、想像していたとおり、着膨れせずに着られます。色も上品で、黒、ベージュ、茶、あらゆる色のセーターと組み合わせることができそう。ファーが立派であること、さらに、取り外しできることもポイントが高いです。

R0021508


もうひとつはちょっと太めのベージュのパンツ。膝上ゆったり、足首ほっそりのジョッパーズタイプ。裾を折り返して、足首を見せて履くのがオススメの履き方ということでやってみたら、確かにバランスがよいです。靴はヒールがよいですな。私はアニマル柄のルブタンを合わせますか。ピンクベージュでお上品にもよいですね。それに合わせるトップスは、短めのジャケットと中折れ帽ですかね。

と、早くも秋冬物にトライしたい自分がおります。あー、はやく涼しくならないかしら!

| | コメント (0)

2010.08.18

ひさかたぶりの新橋の夜

かれこれ、1年ぶりくらいになるんじゃないだろうか、先日、新橋の寿司屋に久しぶりに行ってきました。1年ぶりなので、”行きつけ”なんてとても書けません。

特に何がというわけではないけど、よく一緒に行っていた友人と、じゃ、一緒に行こうかということで。彼はちょくちょく行っているけど私は本当に久しぶり。少しドキドキしながらお店の入り口を開けると、「いらっしゃい!」と大将の勢いのよい声が迎えてくれました。行っていなくても、この店は変わらずに迎えてくれる。ありがたいことです。

R0021462


ほっとしてカウンターに座ると、季節の花、ひまわりのランチョンマットが敷かれていて、さてさて、これからどんなお料理が出てくるかと楽しみで・・・。と、先にきていた友人は、かなり食事が進んでいるようで。。。昨日のブログに書いたように、あまり体調がよくなかったので、私はアルコールは控えて、ウーロン茶をいただきました。

さてさて、お料理が次々と出てきます・・・。

R0021454 R0021457 R0021461
R0021456 R0021465 R0021468
R0021471 R0021473 R0021476


上から、白身魚と野菜の南蛮漬け、ホタテ貝の醤油焼き、穴子、かき揚げ、子持ち昆布のかつお節添え、握りでお願いしたタラコ、アナキュウ、卵焼き、日本そばの堅焼きそば、そして、柚子の香りが効いたすまし汁。違うかもしれないけど、こんな感じ。

何度か書いてますが、このお店、お寿司屋さんなのに、頼むまでお寿司は出てきません。その日のお料理がおまかせでずーっと出てきます。それが楽しみだったりするのですが、お寿司を頼むタイミングを逃すとお寿司を食べる前にお腹がいっぱいになっていて、お寿司に手が出ない状態になっています。寿司屋なのに。。。

大将の奥さまの料理への探究心は相変わらずで、この日もまた、意表をついた新しいお料理が登場しました。日本そばの堅焼きそばがそうだったのですが、エビやイカが入ったあんかけの下の日本そばが、香ばしくて大変おいしかったです。料理って、ほんと、アイデアなんだなと思います。

やはりこうしたお料理には日本酒を、特に暑い日には、ビールを合わせたい。残念ながらアルコールが飲めなかったので、また、体調が回復したら、美味しいお酒とお料理を食べに行きたいと思います。今度は、1年経たないうちに。。。

| | コメント (0)

2010.08.17

辛い状態、ふたたび

前にこんなタイトルでブログを書いていたけれど、このところの猛暑が原因なのか、はたまた私の心理状態なのか、ふたたび辛い状態となっております。

完治はしない、というか、気長におつきあいしなければならないので仕方ないと思っているけれども。。。

しばらく落ち着いていて病院にもいっていなかったけれど、8月に入ってから、なんだか様子がおかしくなってきて、目がかゆくて眼科に行ったりしていたら、今度はいつものように、アレルギーが出た。。。しばらく自分で対応していたのだけど、お盆前後にひどくなってきたので、半年ぶりくらい?に病院に行ってきました。

そしたら、、、

R0021530


巻かれました。お薬を塗って、包帯でぐるぐると。さらに、今回は、両足も巻かれました。ぐるぐると。。。

先生「足はパンツだから大丈夫ね。腕、どうしましょうね。う〜ん、巻いちゃいましょう。」
そして、巻いた後、
先生「大丈夫。これもファッションよ。今はなんでもありだから。」

まったくこの人は、いつも明るい。

私はもう、従うしかないのだけど、ボトムはパンツだったからあまり目立たなかったけど、トップスはほぼノースリーブ。両腕包帯ぐるぐる巻きで病院から帰ってくるのは、やはり多少の恥ずかしさは感じました。でも、それよりも、包帯ぐるぐる巻きは暑くて暑くてたまらなかったです、はい。

そして、いつものように、

R0021535_2


お薬です。前に飲んでいたものと、塗っていたものと同じものが処方されました。これからちゃんと飲まなくては。。。

原因はわからない。ずっと落ち着いていたものが、ある日突然、何らかの刺激でまた症状が現れる。なんなんだろうな、って、この暑いのに、気分が滅入るわ。

| | コメント (4)

2010.08.16

夏休み、帰省

2010年のお盆休みも穏やかに過ぎて行き、そろそろ夏も折り返し。それでも残暑厳しくて、なんとなく疲労感が・・・。今日も暑かったです。

Img_8166_3


2週間に一度の割合で名古屋方面にお仕事に行っていて、その中でみかけた微笑ましい光景。

某ローカル線の駅から親に電車に乗せてもらったお兄ちゃんと妹。お兄ちゃんは慣れているみたいだったけど、妹のほうははじめてのお兄ちゃんとのお出かけ、という感じで緊張感が伝わってきました。電車が動き出すと二人でイスの上に座って、後ろを向いて、ずーっと窓の外の景色に見入っていました。私も、電車やバスに乗るとイスの上に座って外を見るのが好きだったから、子供のワクワク感、わかります。でも、私の場合は隣に母がいて、靴は脱ぎなさいとうるさく言われたっけ・・・。

この子たち、私たちと同じ終点の駅で降りたのですが、そのホームにはおばあちゃんが出迎えに来ていました。電車を降りておばあちゃんを見つけた妹は嬉しそうに駆け出して、駆け寄る孫を笑顔でやさしく受けとめるおばあちゃん。後からお兄ちゃんも追いついて、彼もおばあちゃんに抱かれて、それから3人はおばあちゃんを真ん中にして寄り添ってホームを歩いて行きました。いいな、こういう光景。夏休みだからこその光景。仕事の帰り、ほのぼのでした。

そして、私も、先週末はお盆で帰省。暑くて暑くてたまらなかったけれど、のんびりと実家でお気楽極楽。。

R0021486


お盆で益子のお家にご挨拶に行った帰り、こちらに寄って茶まんぢうを買ってきました。益子では老舗の和菓子屋さんなので行くと必ずといっていいほど寄るお店です。先日放送された「アド街ック天国」の益子特集で14位に入っていたので、午後に行くのはちょっと不安だったのですが、、、

R0021528


ちゃんと買うことができました。お店も人もまったく変わっていない。よかった。。。

そして、いただいてみると、、、はい、黒砂糖のまろやかでコクのある甘みで満たされたあんこと皮。先日食べた草津まんじゅうよりも、ずっとすっと大好きです。

さて、お盆休みも今日でおしまい。明日からはまたお仕事です。が、ダルいな〜、明日も暑いんだろうな〜。

| | コメント (2)

2010.08.11

あの頃・・・

草津温泉に行った時に見た「志賀・万座」というキーワード。それから、気分は「私をスキーに連れてって」になってます。夏なのに。

ということで、amazonでDVDを買ってしまいまして、何度も繰り返し見ています。

R0021479


1987年の作品ということは、私はまだ学生で、この映画を見て、明るい楽しい未来みたいの、漠然と持ってしまいました。そりゃそうです、バブル真っ盛り。この作品に出てくる人たちも、軽くて明るくて。悩みがあっても、深刻さは感じられない。

久しぶりに映画を見た後で友人と話をして、懐かしくて盛り上がってしまいました。服装、お化粧、時代を感じずにはいられないけど、話、セリフ、アイテム、忘れられないです。

例えば、

・セリカGT-FOUR・・・カッコイイ車と言えば、セリカだった。しかも、赤のセリカ。

・雪道レース前には・・・ドアを開けてしばし雪にさわって、「凍ってるね」。

・スキー中の連絡には無線・・・そう、携帯電話なんかなかった頃。通信手段は無線だったんですね。知り合いの中にも、アマチュア無線の資格を持っている人、いました。

・スキーブーム・・・とにかくどこのスキー場も活気があった頃。この後、数年は続いていて、JR-SkiSkiでChooChooTRAINのCMが流れたのが91年。今では想像できないような状況、ほんとに。

・トレイン走行・・・私はやったことがないけれど、友人はやっていたと言ってました。楽しそうだけど、バランスが狂うと転倒する、ちょっと危険。


で、やはり好きなシーンは、スキーウェア一式を届けるために、スキーで志賀から万座までの上級者用ツアーコース(しかも、冬は滑走禁止)を、一方ではセリカGT-FOURで雪道をショートカットして突っ走るシーン。バックのユーミンの「ブリザード」がほんと、よく合ってます。何度も何度も見てしまうシーン。何度も何度もくじけそうになるけど、最後はほっとしてハッピーエンド。

ほんと、いい時代でした。もう、あの頃に戻ることはできないけれど、あの時代を経験できたことは、語弊はあるかもしれないけど、ラッキーだったと思うのです。

| | コメント (0)

2010.08.09

週末ノマド@スタバ

立秋を過ぎて、まだまだ暑い日が続いています。

ここのところずっと、ウィークデーの朝コーヒーにはマクドナルドのアイスコーヒーを飲んでいます。だから、スタバにお世話になるのはウィークエンドの朝。土曜日の朝に、お持ち帰りをした仕事や考えごとの資料や本を持って近くのスタバに向かいます。そこで、時間を決めて集中して書き物したりするのが私の日課。

そういう人のこと、ノマドというのですって。もともとは遊牧民という意味らしいけど、仕事場を決めずに、または定期的に移動しながら仕事をするスタイルを指すのだそう。スマートフォンが仕事のデバイスとして波及するにつれ、クラウドが波及するにつれ、オフィスを持たずに、カフェで仕事をする人が増えているのですって。私の場合は、週末ノマドって感じ?

R0020852


ノマド・ワークスタイルのお供は、ダークモカ&オレンジフラペチーノ。普段はソイラテだし、フラペチーノはカロリーが高いのであまり飲みません。でも、夏の週末くらいは自分を甘やかしてシャリシャリとした甘いドリンクを楽しみたいな、と、スイーツの代わりにフラペチーノをいただきます。

オレンジとチョコレートは大好きな組合せ。オレンジとちょっと苦めのチョコレートチップ、それにシャリシャリが加わり、私にとっては最強のデザートドリンクです。

フラペチーノを食べ終わるのにだいたい1時間半。その時間が、私のノマドワークの目安。ん?大学の講義と同じ時間。所詮、人が集中できるのはそのくらいの時間なのかしら。。。

R0020923


スタバついでに、はじめて自分で買ったスタバのインスタントコーヒー。もらいもので、コロンビアとイタリアンロースとをいただいて飲んだけど、なかなか美味しかったので、この機会にアイスコーヒーを買ってみました。

R0020933


お家でカフェ的に、スイーツと組み合わせて。最近のお気に入りは、お手軽コンビニスイーツ。でも、どこでもよいというのではなくて、ナチュラルローソンのkiriコラボのチーズ系スイーツを。この時は、レアチーズケーキとダークチェリーティラミス。これを少しずつ組み合わせて琉球ガラスの器に盛りつけていただきます。これだけで、なんだか特別な感じ。

ノマドカフェとしてのスタバとお家カフェのためのスタバのインスタント。しばらくはこんな使い方でいきそうな感じです。

| | コメント (0)

2010.08.08

温泉旅行〜日光経由

向かった先は、、、はい、日光です。久しぶりの日光、しばらくいろは坂の上まで行っていなかったので、なんか嬉しかったです。

R0021371


久しぶりに、間近で見た男体山。こうして見ると、カタチよく、男前の立派な山です。

しばらく走ると中禅寺湖が右手に見えて、その近辺には金谷ホテルなど食事するところはいくつかあるのですが、私たちが目指したのはいろは坂の下。

R0021380


だから、一気にいろは坂を下ります。ここは運転をレースをやっていた兄に任せ、助手席からの眺めを楽しむのみ。前にはバイシクルで坂を下る人が。。。

R0021388


不思議なことに、車よりもバイシクルの人の方が軽々と坂を下って行くように見えます。車は前の方にへたっびーな人がいたらしく(兄はイライラ)ゆっくりで、いつのまにか、バイシクルはそんな車たちを抜き去り、全く見えなくなっていました。

R0021431


私たちの目的のお店は、東照宮近く、明治の館という洋食のお店。石造りの外観とクラシックな内装。それが日光という響きと相まって、子供の頃からの憧れのお店でした。

R0021412


父がここのビーフシチューが好きで、日光に行くと必ずこのお店に行っていました。ニルバーナというレアチーズケーキも有名です。

R0021424 R0021429


お昼ごはんにはハンバーグステーキを。やはりここでは、デミグラスソースのお料理を食べなくっちゃということで。外食でハンバーグステーキを食べるなんて、本当に美味しいと思える洋食屋さんだけ。こちらのハンバーグステーキは、さらりとしたデミグラスソースに、ジューシーすぎないお肉で、胃にもたれずにさらりといただけました。

温泉旅行のおしまいが日光、しかも明治の館。草津に行って、日光に行って。一粒で二度美味しいというような、非常に中身が濃い一泊二日となりました。また来年も行けるといいな。

| | コメント (0)

2010.08.07

温泉旅行〜帰る日の朝

温泉の朝は早いです。

温泉に行ったのだから、たくさん温泉に入らなくっちゃ。だから、早起きです。そして、温泉に入ったあとでお散歩していて、草津温泉の名物と呼べるものを発見。

R0021277


こちら、草津饅頭のお店が軒を連ねる、おまんじゅうストリート。7時頃には閑散としていたのですが・・・。

R0021293


少しだけ人の頭が写っているのがわかると思いますが、7時を過ぎると、この松むらという老舗の草津饅頭のお店には、饅頭を買い求める人、人、人。しかも男性。早朝の饅頭買いは、男性の役目なのでしょうか。。。

この松むらさん。夕方には売り切れてしまう人気店。だから、帰る日の朝に皆さん買いに行くのでしょうね。私ももちろんこちらで買いました。しかも、どれにしようかと見ていたら、出来たての温かい饅頭を試食させてくれてまして。温かいお饅頭は、ふわりとして、美味しいですね。

そのお隣には、やはり老舗の富貴堂というお店があり、こちらも見ていると出来たてを試食させてくれました。美味しかったのでこちらでもお買い上げ。松むらは粒あん、富貴堂はこしあん。好み分かれますね。

朝食前に、意図せずお饅頭を2つ食べてしまいました。朝一番にお饅頭を食べる、しかも2個もなんて、生まれてはじめです。さすが、草津。

R0021289


腹ごなしに、湯畑の近くの神社にお参り。朝から陽射しが強いけれど、草津の朝はいくぶん涼しく、気持ちよくお散歩できました。

R0021317


朝ご飯もお部屋食。朝もお皿の数が多く、朝から湯豆腐に山かけに、盛りだくさん。ご飯はかなり少なめにいただきました。

食後すこしゆっくりして、チェックアウト。お世話になりました。

R0021339


帰りは、日本ロマンチック街道で。途中で立ち寄った椎坂峠のオルゴール館椎坂から見た景色。

R0021344


ここで、家族全員でソフトクリームをいただきました。バニラにブルーベリー、そして私はモカ。ご当地アイスもあったけれど、モカ気分でして。。。素晴らしい景色、きれいな空気の中で、美味しくいただけました。

R0021360


この後でしばらく走ってから、お昼を食べに立ち寄った丸沼。丸沼はお隣の管沼とともに、日光白根山の溶岩によるせき止め湖なのだそうで、その湖の水の色の美しいことったら。エメラルドグリーンが太陽にきらめいて本当にキレイ。

R0021358


キャンプや釣もできるようで、キャンピングカーでデッキチェアなど持ってきて、木陰で涼む人などもいて、みなさん思い思いに過ごしています。

けれど、お昼のために立ち寄った私たちの食指を動かすようなメニューはお店にはなく、そそくさと私たちは丸沼を後にしたのでした。

そして、向かった先は?

R0021365


金精トンネルを通って・・・

R0021369


男体山が見えてきました。

つづく。

| | コメント (0)

2010.08.03

温泉旅行〜夜の正しい過ごし方

ホテルの温泉に浸かってすっかりいい気分の夕方ではあったのですが、草津温泉のお湯の温度、すっごく熱いです。源泉かけ流しを証明するがごとくなのですが、熱くて長風呂ができませんでした。

また、外湯巡りから戻った兄曰く、草津温泉はそれぞれの源泉によってお湯が持っているパワーやお湯が肌に触れる感じがまったく違うのだそうで、彼が好みなのは、湯畑から引いている温泉のお湯で、そこからお湯を引いている例のホテルのお湯が自分には合うと言っておりました。まったく、いつの間に温泉好きになったのでしょ。

さてさて、お楽しみの晩ごはんの時間。今回はお部屋食。仲居さんが時間をかけて並べてくれたお料理の数々でございます。

R0021191 R0021185 R0021178
R0021180 R0021183 R0021186
R0021190 R0021176 R0021198
R0021189 R0021197 R0021200


特別料理は頼まなかったけれど、温泉旅館のお料理は、ホント豪華ですな。お皿も凝っていて、目にも楽しいし。。ほとんどが地のもの、季節のものなのでしょうが、海が無い群馬の温泉旅館で、刺身は食べなくてもよいかな。けど、うまかったです。じっくりとゆっくりと会話をしながら、だいたいは完食できたのではないかしら。。。あ、でも、ごはんは食べられなかったです。

R0021271


そして食事の後は、ほろ酔い気分で夜の温泉街散策。湯畑まで歩いて行きます。この、赤と緑の提灯が、なんかいい。

R0021225


湯畑は、夜のほうが昼間よりも立ち上る湯気がその存在を主張してます。

R0021241


そんな湯気の中、浮かび上がる温泉街は色っぽくて活気があって、温泉街というと夜は早めに寝静まり、静かなところというイメージが強いですが、草津温泉では全くそんなことありません。

R0021266


私たちのように散策する人たちもたくさんいて、なんだか、夜歩きが楽しくなってしまい、私は兄に連れられて(兄は何度か草津温泉に来ている)、温泉街の夜遊びに。。。

R0021255


まずは、射的でございます。はじめての射的。10回勝負。鉄砲にコルクを詰めて狙うのですが、どんなに近づけて打っても、当たっても落ちない。ポイントが高いのは相当重いのかビクともしない。なので、軽いのから、狙えそうなのから打ってみて、

R0021260


これだけ、獲得しました。10発で6個ゲットなので勝率6割。おっきなTレックスを狙ったけどまったくビクともせず、途中でゴジラに変更してなんとかゲット。兄と合わせて20数ポイントで、景品にダーツをいただきました。いや〜楽しい。射的って面白いですね。縁日で見かけたら、是非ともまたやってみたいものです。

R0021205


射的の後は、温泉街のスナックでございます。スナックに連れて行かれ、水割りを飲みながら年配のホステスさんと雑談したり、カラオケをやったりと、夜中まで健全に遊んで、それからまたまたほろ酔い気分でホテルに戻ったのでした。こんな過ごし方、なんだか温泉の夜の正しい過ごし方をしたみたいで、たいへん面白い夜でした。

| | コメント (0)

2010.08.02

温泉旅行〜草津温泉

R0021274


草津温泉でお世話になったのは、草津ホテル。ホテルと名前はついるけど、大正2年創業の老舗旅館です。

R0021171


純日本風のクラッシックな外観は、いかにも由緒正しき温泉宿ということで好ましい。

R0021125 R0021172
R0021132 R0021272


本当は、湯畑前の某大規模ホテルが第一希望だったのだけど、大規模ホテルは温泉と客室との移動が大変。母のことを考えて、客室44部屋のこちらの旅館に決めました。

ホテルの中もクラッシックで、至る所に花が生けられていて、和風旅館はやはり落ち着きます。足湯もあって、本を読みながら足をひたしている人たちも・・・。みなさん、思い思いに温泉気分を満喫していらっしゃる。

そしてわが家は、お部屋で少しくつろいでから、温泉街散策派と外湯(共同浴場)巡り派に分かれて行動開始。

R0021279


私は温泉街散策。草津温泉というと湯畑。それを見なくちゃということで行ってみると、これまでいろんな場所の温泉に行ったけれど、こんなの見るのははじめて。湯畑は、温泉の成分である湯の花の採取や湯温調整の施設。その大規模さに、すごい!と感動です。

R0021160


これを見てしまうと、やはり湯畑を見下ろすホテルにも泊まってみたかったかしらと思ってしまいましたね。

R0021149


こうやって見るときれいなエメラルドグリーンの水に見えて、○○の泉、というイメージだけど、近寄ると熱い熱い。汗が噴き出します。だからそんなに近寄れません。

R0021166


ライトが設置されているので、夜はライトアップされるのでしょう。ライトと湯けむりがキレイだろうということは容易に想像がつくもので、また夜に来てみようかしらと、熱い湯畑を後にして、お土産屋さんを冷やかし、ヒグラシが鳴きはじめた頃、私も温泉に浸かろうとホテルに戻ったのでした。

| | コメント (0)

2010.08.01

温泉旅行〜草津へ

1年ぶり、家族で温泉に行ってきました。

行った先は草津温泉。実家から東北自動車道で佐野へ。そしてR50で前橋、渋川、中之条を経由し、R145で草津へ。4時間半のドライブです。久しぶりに長距離の運転をしようと意気込んでいたのですが、あいにくずっと兄が運転で全く出番なし。。。ずっと助手席というのも疲れるもので、それを紛らわせるために車窓の風景をいろいろと撮ってました。

R0021046 R0021051


まずは、途中の道の駅でお昼ごはんを。軽〜くおそばとデザートにはお約束のご当地アイス。こちらはりんご。さっぱりといただけました。

それからは、山越え。R145はとにかく大規模な橋、しかも建設中の橋が多いのには驚き。これもハコモノなのかしらね。

R0021053


妙に凝ったデザインの建設中の橋。たぶん車用。デカイです。

R0021067


八ツ場ダム付近。すっごく上に掛かっていた、これも建設中の橋。ニュースでは見ていたけれどあまり地理感がなく、ここがその場所と知り全員驚き。遊歩道を歩く人も多く、すっかり観光地のよう。。。

R0021069


橋を過ぎるとまたまた大きな橋。いったいいくつあるんだって感じ。

R0021331


こっちは、鉄道。山間だから高いところを走ってます。

R0021332


と、またまた道路。これはもう車が通っていたかな。山が多いからなのでしょうが、よくつくったな、という印象でした。

そして、この道を走っていて、志賀、万座という標識を見かけ、気分は一気に、「私をスキーに連れてって」に。映画では、志賀高原・万座ルートという上級者コースを初心者の原田知世が必死にスキーしていたっけ。真夏で暑いのに、頭の中では、ユーミンの「BLIZZARD」が流れてました。私も兄も。。。

R0021073


さて、草津に到着。少し早めに草津温泉到着だったので、チェックイン前に草津白根山へ。

ここ、パワースポットと言われていて、その源の湯釜を見ようと下調べなしで行ったのですが・・・。湯釜までは歩かなければならず、ビーサンの私たちはそんな自信もなく、残念ながら途中でUターンしたのでした。とほほ。

R0021105


けれども、それなりにパワーを感じられたように思うのです。荒々しい岩壁に光が差して、神々しささえも。

R0021115


ところどころ湯気が出て、硫黄のにおいが充満し、この土地は熱い!とはっきり感じられました。

R0021088


見上げると、空には、いかにも夏!という入道雲。この入道雲が夜に強い雨を降らすことになるのですが、それでは、宿に向かいましょう。

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »