« 八重山トリップ〜dancing in the moonlight | トップページ | 八重山トリップ〜無人島ランチ »

2010.07.14

八重山トリップ〜翻弄されて・・・

翻弄されるのは好きじゃないけれど、翻弄されました。めまぐるしく変わる南の島のお天気に。この日の午前中は、晴れて、曇って、スコールがきての繰り返しの、かなりにぎやかなお天気となったのでした。

八重山の旅、折り返しの3日目。あらかじめ予定していた2つ目、前夜お世話になったprivate beach restaurantのオーナー兼シェフで、Mellemau RESORTを主催する國井さんのメラマウ・ビーチ・ツアーに参加です。昨年に引き続いて2度目。 一日一組限定のボートを貸切り、西表島を遊ぶプライベートツアー。昨年は本当に楽しかったので、今年も非常に楽しみにしていたのでした。

R0020443


まずは朝食。お宿では洋食と和食の朝食が交互に提供されます。今朝は和食。アーサーのお粥。やさしい味で、今年もおかわりしてしまいました。。。

Img_7883


食事の後、出かける準備に戻った部屋のバルコニーからは真夏の空と雲が見えて、これは一日素晴らしいお天気になるに違いない、と期待していたのだけど。。。。南の島のお天気は、そんなに素直ではななくって。

港に到着した時には、これから私たちが行こうとしている方向には不穏な雲が垂れ込めていて。港は晴れているのだけれど。。。

頃合いを見て、雨を避けてボートを出したキャプテンだけど、雨雲につかまってしまいました。で、ボートで疾走しているところに雨が降ると雨に叩き付けられることになる。激しく当たる雨にボートには退避する場所はなく、全員びしょぬれ。しかも、海上で雨に当たると体温が下がるのです。風も除けられないし、服も濡れているから体温を上げるすべもなく、もう、ぶるぶる。海は厳しくて、人なんてちっぽけだとつくづく思いましたね。

でも、そんな中でも面白い光景に出会いました。

Img_7908


島のカタチに沿って雨が移動するのが見えるのです。判りにくいけど、島の前面、白っぽい部分の濃淡があります。この濃い白の部分が雨なのですが、この幕が生き物のように動いて行くのです。その移動の速さったら!さらに面白いことに、右と左で全くお天気がちがう。右側は雨が降っているのに、左側は晴れ。まさに局地的。

ということで、船の上から撮った360度動画を。


お天気悪いな〜、からはじまって、あらら、お天気いいじゃないの、となります。自分たちがちょうど晴れと雨の境にいるんだ、ってことわかります。向こうに行きたい!って。

さて、体をあたためるためにはシュノーケルを。海水のほうがよほど温かい。1年ぶりのシュノーケル、お天気があまりよくなかったので透明度は高くなかったけれど、それでも美しいもので、南の島の魚たちを堪能しました。

そして、2度目に潜ったポイントはカメポイントとのことで、ウミガメ遭遇率が高いのだそう。で潜ったら、もうすぐに出会ってしまいました。海中を悠々と泳ぐウミガメに。キレイだわ、本当に。さらにここではもう1匹出会い、そして、なんだかゆったりと平和な気持ちに。

Img_7907


そうこうしている間にお天気は回復し、シュノーケルの次ははじめての海釣りの時間。けど、どのくらいやったのだろう、30分くらい?友人は3匹釣れたのだけど、私は残念ながらゼロ。釣れなかったらお昼抜きなどと笑いあっていたので真剣だったんだけど、運がなかったわ。魚にも翻弄された?

本来負けず嫌いなので、正直、悔しい気持ちも。それでちょっと友人にもキャプテンにも気を遣わせてしまいました。ゴメンナサイ。おおらかな西表の海で、自分、ちっさいかな?このことを他の人に話をしたら、自分は釣のその気長な時間を楽しむ、といとも簡単に言われてしまいました。わかるんだけど、それは・・・。でもね。

Img_7917


さてさて、ランチをいただく場所に移動する頃には、先ほどの雨がウソのような夏空に。

Img_7932


気を取り直して、お昼の時間。またまた無人島に上陸です。

|

« 八重山トリップ〜dancing in the moonlight | トップページ | 八重山トリップ〜無人島ランチ »

八重山の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八重山トリップ〜dancing in the moonlight | トップページ | 八重山トリップ〜無人島ランチ »