« 新茶の季節に | トップページ | 明月院、あじさいの道 »

2010.06.12

端正なミュスカデ

昨年、よく食べていたムール貝。暖かくなって、ムール貝の季節になってきたので、築地に行って仕入れてきました。ついでに、とても美味しそうだった浅蜊も。。。


R0014040_2

ムール貝はワイン蒸しにしていただきます。とてもシンプルなのだけど、素材のよさがよくわかるお料理。ムール貝が大好きなお友達をよんで、ムール貝パーティ。築地住まいのお友達が、今、とてもいい感じとのことだったけど、思ったよりも、身、大きくなかったかも。それとも、私が火を通しすぎたのかしら?

それでも、やはり海の恵みが詰まったムール貝はとても美味しくて、ふたりで1キロをペロリでした。今回も、残った汁は冷凍にして後ほどスープパスタにしてみようと思っています。

R0019996


今回、ムール貝に合わせたワインは、ミュスカデ。

ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・アンフィボリット・ナチュール 2008/ランドロン

このワイン、先日行った広尾のビストロでいただいたワイン。美味しかったので、ネットで注文しておいたもの。飲みやすいけれど、一方でコクがあって、ミネラルの力強さを感じる、美味しいデイリーワインです。

R0020001


そして、お友達が買ってきてくれたワインもミュスカデでした。

ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ 2007/ドメーヌ・ド・ラ・ロジュ

こちらは、かなりさっぱり。ランドロンのほうが味がはっきりしてパンチがありました。が、こうした、貝料理にミュスカデは相性がよいです。浅蜊は酒蒸しにしたのだけれど、それともなかなかの相性でした。

R0020005


やはり、これからの季節は、キリリと冷えた白ワインですね。お昼にグラスワインで一杯、と。我ながら変わったな。前は、昼にアルコールを飲むことへの抵抗感があったのだけど、今はそんな呪縛から解き放たれて、かなり自由な気分で楽しめるようになりました。そんな自分も、なかなか好きだったりするのです。

|

« 新茶の季節に | トップページ | 明月院、あじさいの道 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新茶の季節に | トップページ | 明月院、あじさいの道 »