« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010.05.31

リラックスなトップスたち

先日から続いているファッションのお話。おしまいは、トップス。またまた、バナナリパブリックとユニクロです。特に、今期のバナリパは私好み。今年の夏のテーマはサファリなのだそう。色合いが私好みなのだろうか。久しぶりに行ってみると、とにかく、いいな、と思える服が揃っていた。

Img_7268


雑誌Domaniで見て、いいなと思っていたブラウス。1枚は勿論のこと、カーディガンやノーカラーのジャケットのインにも合わせられる万能ブラウスです。お店の人が、人気です、と話していたけれど、うなずけますな。

Img_7271


フレンチスリーブの色違いのTシャツたち。セオリーに負けず劣らず、バナリパは胸の開き具合が絶妙。デコルテがキレイに見えて、さらに腕を細く見せる効果あり。で、この胸の開き具合、セクシーというのとは違うんだな。セオリーがセクシーならば、バナリパは、健康的でヘルシー(同じ意味?)。

はじめは、先に書いたカーキーのカーゴパンツに合わせて白のTシャツを見ていたのだけど、お店の人に、カーゴが明るめのカーキーだからネイビーにも合いますよ、とそそのかされて試着してみて、いいなぁ〜と。散々考えて、このネイビー、他のパンツにも合うし、お仕事でも十分に着られるので、お買い上げ。

なんか、とっても久しぶりにバナリパで大人買い。ま、リュクスで買うよりもとってもリーズナブルで、いいお買い物ができたと満足、満足。

Img_7307_2


そして、ユニクロのTシャツ・UT。シャーリングがカッコ良い。ユニクロは、店頭よりももっぱらオンラインストアを利用です。期間限定品がお買い得。例えばブラトップは店頭価格1990円に対して1290円。しかも、セゾンのポイントも2倍です。こうしたお買い得感なんですね。昨日まで誕生感謝祭をやっていたみたいですが、やはり賑わっていたのかしら。。。

さてさて、世の中は明日からcoolbiz。でも、今日もなんとなく肌寒く、そんな気分にもならないような。。。梅雨入り前、少しでも多く、カラリと気持ちのよい季節をすごしたいものです。

| | コメント (0)

2010.05.30

美味しい組合せ

美味しい組合せ。それは、食材とソースの組合せ。

先日、4月に大川端リバーシティにオープンしたイタリア料理の店、「PIZZERIA PONTE CENTRO」に行ってきました。前を通るたびに一度入ってみたいと思っていたお店です。席が空いていたので入ってみると、店内、思っていたよりも広くない。。。と思ったら、奥に個室があるみたいで、食事を終えて出てくる人たちが。

R0019826


いただいたお料理。まずは、ベーコンのグリル。フレッシュいちじく、グレープフルーツ、そしてトマトというソースとの組合せが面白そうなので頼んだのだけど、これがとっても美味しい。お肉料理にはフルーツソースを合わせるというのはある種定番だったりするけれど、この、いちじくとグレープフルーツの組合せは絶妙。いちじくも、酸味が弱いグレープフルーツも自己主張は強くないのだけど、フレッシュさとジューシーな果汁がすっごくいい。グリルしただけのベーコンが、素晴らしいお料理になっていました。このシンプルなお料理、レシピに加えたいと思います。

R0019830


もう一品は、このお店のウリ、石窯で焼いたピザ。石窯はもう特別ではなくなってきているけれど、やはりお得意のお料理は食べてみなくては。ということで、アンチョビ、オレガノ、モッツァレラ、そしてトマトソースの組合せ、ピッツァ・ロマーナを頼んでみました。やさしいお味のピザでした。大きさは比較的小振りで、またピザ生地も薄く軽かったので、2人で食べるにはちょっと足りない、かな。

他にも、旬の素材を使ったパスタがあったりと、なかなか面白そうなお店で、また、月島方面に散歩に行った時に寄ってみようかと思ってます。

| | コメント (0)

2010.05.29

美しい器たち

R0019853

国立新美術館で開催されている「ルーシー・リー展」に行ってきました。

初期・ウィーン時代、形成期・ロンドン時代、そして円熟期、各時代に制作された器たち約250点を、音声ガイドのナビゲートで見て回りました。その中でも、私は円熟期の部屋に展示された作品が好き。最も美しいと思える器が並んでいます。彼女の作品で惹かれるところ、質感、色などあるけれど、一番は、作品の中にあるゆらぎ。完成した作品にちょっとした力を加えることで、完全な円ではなくどこか傾きがあり、けれども確固とした安定感があり、その感じが心地よい。だから、ずっと見ていたくなる、そんな作品たちなのです。

また、色についていうと、彼女の作品、色の使い方が絶妙なんですね。コバルトブルーとエメラルドグリーン、そしてやや強めのピンク。または、ピンク、ブロンズ、ホワイト、刺し色にコバルトブルーという組合せ。前に彼女作品を見た時に思ったけれど、コバルトブルーとピンクが本当にキレイ。今回もそのコバルトブルーの美しさを改めて感じました。

そして、円熟期の作品を展示した部屋で目を惹いたのは、5メートル以上はあるであろうガラスケースに並んだ花瓶たち。私はその花瓶たちが最も美しく見る見方を見つけてしまいました。それはガラスケースの一方の端に立ち、一列に並ぶ花瓶を見渡すこと。この全体俯瞰、とにかく感動します。見に行く予定がある方、是非、お試しを。

そう、この展示で最も感心したことは、作品の配置がよく考えられていること。白の会場、白の展示台、そして作品を覆うクリアなガラスケース。すっきりとシンプルな会場は彼女の作品を十分に引き立てていました。また、展示の間隔も十分に配慮されていて、360度、さまざまな角度から、近くに寄って屈んだり、遠くから眺めたりできて、前に東京ミッドタウンで見たルーシー・リー展では、近くで作品を見ることができず不満が残ったけれど、今回は本当に大満足です。

R0019814


展示を見終わった後は、チェアーに座ってちょっと休んでと。以前よりは、来館者も普通になっていて、この美術館を楽しめるようになったこと、好ましいです。

最後に、円熟期の部屋の出口近くに飾られていたパネル、笑顔の横顔の彼女がとても美しく、そんなパネル写真も含めて見逃せない展示でした。

| | コメント (0)

2010.05.26

リラックスなパンツたち

お仕事と休日用にパンツをお買い上げ。

Img_7278_3


バナナリパブリックのカーゴパンツ。私にとって、サリエルパンツやカーゴパンツは苦手とするタイプ。が、このカーゴパンツ、気に入りました。細身でカジュアル感が薄いところが気に入りました。先日のネイビーのカーディガンやツイードのノーカラージャケットと合わせてきちんと感で着たいと思います。

お店に行ったらカーゴはほぼ売れてしまってサイズが合えばということだったのだけど、いちばん小さいサイズが残っていて、かなりラッキーだったのでした。

Img_7288 Img_7302
Img_7296 Img_7304


こちらは、今年購入したパンツたち。全てクロップドパンツ。

上の二つはセオリーリュクスにて。ブラックはやや長めで裾が若干広がっていて、足首がとてもキレイに見える。ホワイトは、足に吸い付く感じ。この2つにはパンプスよりもプラットフォームのサンダルで抜け感を出して、と。最近のお出かけは、この組合せにカゴバックでカジュアルに、なのです。

下のカーキーはバナナリパブリックのクロップド。カジュアルに見えるけど、トップスをお上品にするとエレガントにも着られる。お店でいろいろと組み合わせて試着したけれど、何でも似合ってしまいました。

そしてピンクはユニクロの半端丈のカーゴパンツ。ピンクもユニクロのお値段ならば、気軽に履けます。これからの季節、休日はこれにビーサンですな。あ〜、ホントにゆるいなぁ。

気持ちがいいパンツで過ごす夏、となりそうです。

| | コメント (0)

2010.05.25

初夏、月島散歩

久しぶりに、前に住んでいた月島を散歩してみました。

R0019765


ところどころで見かける、木造建築の民家。この木の色がいいんですね。そして、こうした家は、軒先に美しく花を並べて楽しませてくれる。そして、いいのか悪いのか、道や電柱までもが、庭というか、育成中植物の環境のひとつになってしまっています。

R0019772


電柱に巻きついて咲いていた花を愛で、さらに歩いて行くと。。。


R0019777


赤い佃小橋の近くにある、麗紅(リージャン)という中華料理のお店。この紹興酒の瓶が目印です。一度は入ってみたいと思っているお店です。

R0019778


そしてまた、久しぶりに、住吉神社にお参り。人もなく、ひっそり。

R0019781


神社の境内に咲いていた爽やかな色合いの花。その爽やかさに似合わず、かなり強めの甘い香りを発していました。なんという名前なのかは知らないけれど、この散歩で何度かこの香りを感じました。

他にもいくつか撮ったのだけど、ブログにアップするまではなっておらず。また、次の機会に撮ってきたいと思います。

| | コメント (0)

2010.05.23

カーディガンを着る

カーディガンを着るようになりました。

昔から、アウターというとジャケットで、ニット類、特に、カーディガンを着ることはあまりありませんでした。カーディガンの女性らしい、ゆるい雰囲気が苦手だったんですね。それが、いつ頃からか、そのゆるさが心地よくなりました。

一方で、ジャケットの堅苦しい感じが苦手になり、特別なことがないかぎりはジャケットを着ることは少なくなりました。そのジャケットもほとんどがノーカラー。テーラードはほんとうに稀になってしまいました。

ということで、久しぶりにファッションのお話。最近、すこしずつ夏物の服を揃えています。カーディガンは3点ほどお買い上げ。

Img_72521 Img_7260


ブラックに見えるけれどネイビー。バナナリパブリックの麻混のカーディガン。さらりとした着心地。カーキーやホワイトのパンツに合わせましょうか。麻混なので、夏に向けてヘビロテになることでしょう。

もうひとつは、アパルトマン・ドゥーズィエムクラスのカシミアシルクのカーディガン。これはもう3年くらい着ているかしら。カーディガンを着るようになったのはこれがはじまりだったような気が。。。テーピングのデザイン性が面白くて気に入っているカーディガン。

Img_7262 Img_7265


こっちはさらに、ボタン無しのゆるゆる系。着るというよりも軽く羽織る感じ。前はこの軽さがほんと苦手だったのです。

ベージュはユニクロで。ブラックはセオリーリュクス。ユニクロはコストパフォーマンスの高さで。リュクスはリュクスなりのリラックス感。スウェット素材なのにきちんとしていてエレガントなので、最近ヘビロテしております。

これまで、夏のノースリーブにはストールをしていたけれど、今年はこんな軽いカーディガンを。

もう少しするとオフィスはクールビズ。女性はあまり変わらないけれど、肩肘張らずにゆるーく気持ちよく、過ごしたいと思います。

| | コメント (0)

2010.05.19

名古屋にて、きしめんを

本日、お仕事で、名古屋に出張でした。午後の打合せは、午前移動、打合せ、午後移動。微妙な時間で、これだけで一日の仕事が終わってしまったような感じ。多忙の折りの出張は、ちょっとやっかいであったりもするものです。

ちょうどお昼過ぎに到着するような新幹線だったので、名古屋名物のお昼を。きしめん、みそかつ、さてさてと考え、がっつり系は打合せで重くなりそうなので、きしめんをいただきました。

R0019759


名古屋に住んでいる友人からは、駅付近ならば新幹線ホームのきしめん屋がおいしいと聞いていたけれど、一方で、汁がぬるめという意見もあり、hatenaで調べた、駅ビルのきしめん屋さんへ。こちらのお店、麺もお出汁も自家製なのだとか。

地元の女性率高し。みなさん、このお店オリジナルのごま酢きしめんを食べていたみたいだけれど、はじめておじゃまする私は、麺とお出汁を味わうべく基本の普通のきしめんを。トッピングは、すこし甘めに炊いたお揚げと青菜、葱、かつお節。

R0019763


きしめんはするするといけてしまう柔らかさ。お汁のお味は薄味で、すごくお出汁が効いている。とても優しいお味でした。

最近、なんとなく、麺づいています。先日は、つけ麺、その前には、何年かぶりに萬金でしょうゆラーメンを食べたし。ジャージャー麺も食べたしな。一方で、パスタは食べていないな。そんなこと考えていたら、おいしいパスタが食べたくなってきました。。。

| | コメント (2)

2010.05.18

クラシックで近未来的な空間

さて、ここは、どこでしょう。

まるで、宇宙船の中のようなサークルスペース。丸い建物、と言えば。。。

R0019747


ご存知の方もいるでしょう、そう、竹橋の毎日新聞社ビル(正確には、パレスサイドビルディング?)。そのエレベーターホールです。

仕事で移動の途中、ちょっとお茶するために立ち寄ったのだけど、はじめてこの中に入ったときは(今回は2度目)、ワクワクでした。その訳は、このビルのアーキテクチャ。クラシックなのに、なんとも近未来的な造形。この、エレベーターホール、はじめての時は、どこに行き先階ボタンがるのかと、うろうろしてしまいました。。。こんな、立っているのに、気づかなかったんですね。習慣とはおろかというか怖いというか。。。

今回は時間の都合でエレベーターホールのみだったけれど、他にも、階段の手すり(夢の階段というらしい)、さらに、大きく傘を広げたようなエントランス。そして、トイレまでも宇宙船の中のよう。

他にもいくつか見どころがあるようで、ゆっくり見学をしてみたいところ。でも、普段は、東西線乗らないんだよなぁ。。。などとつぶやきつつ、近いうちに今度は撮影で行ってみたいと思います。

| | コメント (0)

2010.05.16

中目黒にて、つけ麺を

先日、中目黒散歩をした時に、はじめて、つけ麺というものを食べました。もともとラーメン屋に行くこと自体が少ないですが、そんな中でも、つけ麺は生まれてはじめてです。

中目黒はラーメン屋が多く、さてさてどこに入ってみようかしらと思って歩いていて、いい具合に人が入っている駅の近くのお店に。オープンテラスというのかしら、窓がない席に通されてひととおりメニューを見て、はじめてのお店なのでこのお店でいちばん人気と書かれていたメニューを頼んでみました。

R0019692_2


まる得つけ麺。基本のつけ麺に、チャーシュー、味付け玉子、野菜、海苔などが具として付いてきて、かなりのボリューム。奥のキャベツは、サイドディッシュに頼んだ、キャベツの辛子味噌付け。キャベツはもっと甘みがあるのが美味しかったな。少し残念。

R0019694


こちらがそのつけ麺。麺の量を200グラムから500グラムの中から選べ、さらに、この範囲ならば無料という太っ腹。私がいただいた<並>は250グラム(1玉)。500グラム(2玉)も同じ料金で頼めるというのは、男性には嬉しいでしょうね。

そしてこの麺、かなりプリプリしてます。噛むのに、結構、あごを使いました。見かけは讃岐うどんの麺に似ているけれど、黄色い色をしているから、やはり、ラーメンの麺なんですね。

つけ汁にも付け合わせの具と同じ具材が入っていて、これまた盛りだくさん。メンマが太いこと。

まず汁だけを味わってみると、こってりとしているかと思いきや、魚のお出汁が効いているのと、ほんのりと柚子の香りで、意外とさっぱりといただけます。美味しいお汁です。そして、麺を付けて食べると、冷たく締めた太麺と汁がからみあってとてもいい感じ。するすると食べられてしまいました。

つけ麺、なかなかいけます。これから夏に向けて暑い季節になると、もっと冷たく冷やした麺を頼むのもいいかもしれません。中目黒の駅のすぐ近くだし、女性ひとりでも全く問題なしだし、またぶらりと入ってみようかしら。。。

| | コメント (2)

2010.05.09

初夏、目黒川散歩

初夏、というには、まだ早いかしら。でも、今日もとてもお天気で、初夏を思わせるような一日。そんな今日、中目黒に用事があったので、その帰りにちょっと目黒川沿いを歩いてみました。

桜の頃以外の目黒川は、はじめて。川沿いを歩く人は少なく、今の目黒川の主役はジョガー。みなさん、ほんとよく走る。犬の散歩もあまり見かけなかった。そして、カメラを持って歩いているのは、私のみ。。。

R0019617


目黒川は桜の葉が鬱蒼としていて、ちょっと暗い。桜の葉、こんなにも青々としているものだということを思い出しました。そして、そういえば昔、夏になると桜の木の下には毛虫がぶらさがっていて、そこを除けながら歩いたことを思い出しました。けれどもまだ毛虫は出ていない?日陰は通り抜ける風も涼しく気持ちがいいものでした。

R0019635


お店の木の壁を這う蔦も、なんとなく中目黒的?

R0019630


今日のようにとびっきりのお天気の日は陽射しも強く、桜の木が作る光と影のコントラストが美しくって。

R0019642


そんな桜の木陰をどんどん歩いて行く。いつもは池尻大橋方面に歩くけれど、今回は目黒方面へ歩いてみました。はじめて歩いた道の途中には、目黒区民センターや防衛省の施設、さらには清掃工場の白く巨大な煙突も。下町散歩とはまた違った街並ですね。。。

さてさて、明日からの1週間はかなりバタバタになります。その前に少しだけ、リラックスできた休日となりました。

| | コメント (0)

2010.05.05

黄金週間のなごり

この連休に、はじめて写真教室というものに参加してきました。

テーマは、パリ風にお花の写真を撮ってみましょう、というもの。女性ばかり、20名程度いたかしら。各自にアレンジメントフラワーが提供され、先生(といってもアマチュアの方)の説明にしたがい、花の写真を撮っていきます。

一眼レフとコンパクトデジカメ、どちらでもよいということで、私はGRを持って行ったのだけど、んー、ほとんど知っていることなぞっていく内容で、ちょっと残念。けど、レフ板を使った撮影をしたことはなく、それを体験できたことはよかったかな。これから、自宅で写真を撮るときは、きちんとレフ板を使って撮りたいと思います。

そして、その時に持ち帰った、アレンジメントフラワー。霧吹きで水をかけていたのにも関わらず、翌日には元気がなくなってしまい、元気がある花だけ残し、自宅に飾りました。

R0019532_2


いろんなカタチの小さなグラスに入れて、リビングやサニタリーに飾ってみる、と。

R0019517


小さなグラスに入れると、花の雰囲気も変わるんですね。それに、いつもはシンプルなだけのサニタリーも明るく華やかに。このお花たちが私のGWのなごり。

関連して、このGWにできなかったこと。この小さな花々を見ていて、たくさんの小さな緑を部屋の中に置こうと花屋さんを回ったのだけれど、残念ながら、これはと思える鉢植えに出会えず。また今度の週末にでも見に行ってみましょうか。

それまでは、この花々にちゃんと水をあげて、週末まで咲いていてもらいましょう。っと、気泡が。。。まずは水を変えなくちゃ。

そうそう、もうひとつ、GWのなごり。昨日の河原でピクニックで、腕時計の痕がクッキリ。それに、クラッシュデニムの裂け目の痕がクッキリ。赤くなっていることは気づいていたけど、アルコールではなくて日焼けだったのね。。。そう、この日焼けを見るたびに、楽しかったGWを思い出すのでしょう。。。

| | コメント (0)

2010.05.04

ピクニック日和

この連休はお天気で過ごしやすく、ほんと、黄金週間。今日もいいお天気で、こんな日は外で陽射しを浴びなくちゃ、ということで、お友達に誘われて多摩川河原でピクニックです。

R0019457


シートを広げ、くつろげる場所をつくり、それぞれが持ち寄ったお料理を並べ、グラスにワインを注ぎ、カンパイ!少し甘めの泡ものワインを持っていた私、光栄にもカンパイワインに選んでいただきました。

R0019462


それからは、もう、お料理を食べて、ボトルのワインが無くなったら次のワインを開けてが続いていきます。ビールを持ってきてくれた人がいて、やはりこんな場で飲むビールはうまい!はい。

R0019468 R0019510


途中から駆けつけた人が、ジェラートと花を持ってきてくれました。トマトのジェラートはとても爽やかで、ほんのりと甘く、お口直しにちょうどよし。

R0019478


そんな私たちの周りには、やはり思い思いに時間を過ごす人たち。カップルもいれば家族連れもいて、だいたい、お父さんたちは寝転がってますな。

なんでも、多摩川の世田谷区側は、バーベキューや花火禁止。一方の川崎側はバーベキューOKなのだそう。川の向こう側は、こちら側よりもすごい人出で、見ていると煙が上がっており、どうやらバーベキューをしている様子。

R0019486


河原を見下ろす場所にある、PEACEというカフェ・レストラン。白のお洒落な外観は、いかにも二子玉川的、といえるかな。

R0019490


お弁当を持ってこない人たちは、こちらのオープンテラスでお食事をいただくようで、長い行列ができてました。聞くと、このお店からは多摩川の花火が目の前に見えるそう。でも、真夏の暑い頃よりは、川風が心地よい今の季節がベストでしょうね。

R0019508


ということで、私たちが飲んだワインたち(ビールもあるけど)。総勢10名+おこちゃま1名、お昼から5時間近くいたことになるのかしらね。なんだかその証を見たような、勲章のような。。。

仕事も住んでいる場所も全く違う人たち、ただひとつ、みんなワインがお酒が好き。よく晴れた休日の昼間、思い思いにワインや料理を持ち寄り、食べて、喋って、飲んで、笑って。そんなリラックスした時間は、このGWの思い出のひとつになりました。

| | コメント (0)

2010.05.03

お祭り日和

今日は比較的おとなしく、お昼には用事があって、少しだけ銀座に行ってきました。

昨日の広尾と違って、銀座は人がいっぱい。だけど、松屋はそんなに混んでおらず、あの人たちは、みんな歩いているだけなのだろうか、とか、それとも、5丁目、6丁目のファストファッションのお店に行っているのだろうか、などと思ってみたり。いや、実際、みなさん、どこに行かれるのでしょう。。。

R0019392


そして用事を終えて、歩いて帰ろうかと歌舞伎座方面に歩いて行くと、祭り囃子の音が。その音を頼りに歩いて行くと、歌舞伎座横の通りに御神輿が。これからねり歩くのか、儀式の最中でした。見ていると、笙の音まで聞こえてきて、目を閉じて聞いていると、京都やらどこかの仏閣にでもトリップしたような気分に。

R0019406


そして、しばらくして出発。

R0019413


このお祭り、調べてみると、同じ中央区にある鉄砲洲稲荷神社の御鎮座千百七十年奉祝大祭とのこと。5月1日から行われていて、今日は神幸祭・神輿渡御の日。5日までは、銀座の近く、御神輿が見られそうです。神田明神も浅草三社祭りも五月。東京は、五月はお祭りの月なんですね。

今日は汗ばむくらいのお天気。清々しい初夏の気候の中、御神輿を担いでねり歩くのも、気分爽快、気持ちがよさそう。明日は無理だけど、明後日、機会があったら、またお祭りを見に行きたいな。

| | コメント (0)

2010.05.02

休日らしい休日

5月。ゴールデンウィークも順調に過ぎていき、残すところあと3日。1週間なんてあっという間だ。とても楽しみにしていたのに、楽しい時はなんて駆け足で過ぎて行くのだろう。。。

そんな中、今日は、休日らしい休日を過ごしたような気がします。

午前中は写真教室に行って、午後はお友達と広尾でランチ。その後で、近くにある有栖川公園を散歩して、付近の麻布ナショナルマーケットでお買い物。はい、それで一日がおしまい。よいでしょ。

まずはお昼ごはん。

Img_7203


広尾のビストロ。半地下にあるお店は、こぢんまりとしていい感じ。前菜とメイン、それにコーヒー。メインでいただいたのは、アナゴのソテーに春野菜のフキを添えて。お友達は、塩漬け豚で、ガッツリと。

R0019304


この料理に合わせてもらった、ワイン。Plume d'Angel、つまり、天使の羽という名前の白ワイン。ソーヴィニヨン・ブラン、だったかな。アナゴとよく合い、おいしくいただけました。

R0019344


そして、こんなに空気が清々しくてお天気がいい日は、やはり外を歩かなきゃ。広尾は人が適度に歩いていて、お散歩するのにちょうどいい。はじめて行った有栖川公園、正式には、有栖川宮記念公園は緑が豊富で、都心で森林浴をしたような感じになりました。

R0019331


午後、お日様が高く陽射しが強いから、木々がくっきりと池に映り込んでいます。

R0019350


この公園は自転車も入れることができて、みんなスイスイと公園の中を通り抜けて行く。中には、川の近くに自転車を停めて水遊びをする子供も。キラキラと水が反射して、本当にいい季節だなと思います。

Img_7213


一方、例年ならば、GWには藤が満開になっているはずなのに、まだまだ5分咲きくらいで藤棚もなんだか寂しい。受粉の媒介者、蜂たちもまだきていませんでした。

有栖川公園をお散歩した後は、麻布ナショナルマーケットでお買い物。お友達とわいわい言いながらお買い物。スーパーをこんなに楽しく見て回ったのは久しぶり。お洒落な洗剤、お洒落な瓶詰め、パッケージ。洗剤は高かったけど、食べ物はさほど高価!という感じはしなかった。

なんかね、お買い物の楽しみって、機能的にできているというだけではなくて、そうじゃない面白さってあるんじゃないかと思うのです。ま、それが日常になってしまうと、そんな感動は薄れてしまうのかもしれないけれど。それでも、今日の私もお友達も、十分にこのお店での買い物を楽しんでいたのではないかと思うのです。

そして晩ごはんは、ここで買って帰った浅蜊、これが身が大きい!をワイン蒸しにして、冷蔵庫に残っていた白ワインと共にいただきました。うまい!

と、とても正しい休日を過ごしたのではないかと、よい気分のままで、さて寝ましょうか。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »