« 博物館でお花見を | トップページ | お花見も終わりの頃 »

2010.04.08

上野桜木のケーキ屋さん

少し前になるけれど、谷中霊園に桜を見に行った折り、霊園入り口にあるパティシエ・イナムラショウゾウに行ってきました。

Img_6868


「現代の名工」にも選ばれた、パティシエ・稲村省三さんのお店。店内が狭く入店制限をしていて、10分程度列んでお店の中へ。前の人が選ぶ間はショーケースに並ぶ美しいケーキを見て、どれにしようかと悩みに悩む。。。店内にはレモネードが置いてあり、待つ間、好きに飲むことができるようになっています。さっぱりとして美味しいレモネードでした。

そして、セレクトしたケーキたち。

R0018190


上野の山モンブラン

R0018206


硬めのモンブランクリームが層になったドーム型。中身も層になっていて、下から、カステラ、カスタードクリーム、カステラ、生クリーム、マロンクリームという具合。カスタードクリームの中混ざった栗のかけらに強くマロンを感じます。また、しっかりとしたマロンクリームで、かなり食べごたえがあります。これ1つで満たされて、おなかいっぱいとなりました。

R0018309


シュークリーム

シュークリームは私がお店を選ぶ時のバロメータ。小振りで、そんなにシュー生地はサクサクしていない、どちらかというとしっとり系。そして、塩気が効いている。それが、中のカスタードクリームとよく合っている。バニラビーンズが効いていて、黄味の味は強くなくコクも甘みも強すぎない、全体としてはとても食べやすくほっとできるシュークリームでした。

R0018317


苺のショートケーキ

苺のケーキは、他にショートケーキと特製ロールケーキとあるけれど、オーソドックスな苺のショートケーキをセレクトしてみました。苺が酸味があってジューシー。そして、カステラが軽い。それに合わせた生クリームも軽く、軽〜く食べられてしまう、危険なケーキでございました。

R0018196


涙の雫

雫のカタチをした、チョコレートでコーティングされたケーキ。ベルガモット(アールグレイ)の紅茶風味のチョコレートムースの中に、レモンクリームとガナッシュ。サクサク感はマカロン生地が混ざってもいるような。。。濃厚で、久しぶりにチョコレートのスイーツの満足感を味わいました。

おしまいにいくほど(私は細いほうから)レモンクリームが多くなり、その酸味がいい具合で、おしまいの頃までなんか軽い感じがいただけてしまいました。ベルガモットとショコラの香りも楽しい。コーヒーとともにいただいたけど、これ、シャンパンや泡もののワインにも絶対に合うと思います。

シュークリーム以外は500円以上もするのでお高くもあるけれど、どれもしっかりとした味があって、スイーツを食べたという、満足感、幸福感に浸れます。

稲村省三さんがしっかりとお仕事しておられました。ちゃんとパティシエが作っていること、安心できます。お店の人の応対もよく、とても感じがいいお店でした。これも上野という土地柄かしら。

谷中方面はあまり行かないし列ぶのもあまり好きではないけれど、何か特別な時にわざわざ買いに行くというお店ということで、覚えておきたいと思います。

な〜んて、また近いうちに行ってしまいそうな予感も。。。

|

« 博物館でお花見を | トップページ | お花見も終わりの頃 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 博物館でお花見を | トップページ | お花見も終わりの頃 »