« 雪が降る夜 | トップページ | chocolat! chocolat!! chocolat!!! »

2010.02.03

春まだ遠く、でも、、、

今日は節分。

R0015894


先日、湯島天満宮に行った時に福豆を授かってきたので、こぢんまりと部屋の中で豆まきをして、それから福豆をいただきました。

福豆は年の数だけというけれど、年の数だけ食べるのはちょっと厳しいので、、、まぁ、ほどほどにいただきました。湯島天満宮の福豆、香ばしくて美味しかったです。

R0015889_2


湯島天満宮の福豆の袋に「一陽来復(いちようらいふく)」とありました。不勉強で意味がわからず調べてみると、大辞泉国語辞書には、
 ・冬が去り春が来ること。新年が来ること。
 ・悪いことが続いたあと、ようやく物事がよい方に向かうこと。
とあります。

あるHPによると、中国の占い本「易経」に出てくる言葉なのだそうで、
”「易経」では、全ての現象において、陽の気(=良い運気)が多くなったり少なくなったり、逆に見れば陰の気(=良くない運気)が少なくなったり多くなったりを繰り返しているとされています。”
”「段々と陽の気が少なくなって、ついには陽の気がなくなり陰の気ばかりになりました。でもその後、再び陽の気が復活してきました。これから陽の気がどんどん増えますよ」、これが『一陽来復』です。”
とありました。いい言葉ですね。覚えておきたいと思います。

さて、梅が咲いたりでもうすぐ春!と思っていたけれど、雪が降って今日も寒くてで、春はまだまだのようです。けれども、夕方は長くなって日がのびていて、季節は確実に春に向かっていると思えます。そして、明日は立春。暦の上では春です。暖かな春の日を心待ちにすることにしましょう。

|

« 雪が降る夜 | トップページ | chocolat! chocolat!! chocolat!!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪が降る夜 | トップページ | chocolat! chocolat!! chocolat!!! »