« 湯島天神へ | トップページ | 春まだ遠く、でも、、、 »

2010.02.01

雪が降る夜

雪!私にとっては今年はじめての、いや、この冬はじめての雪!嬉しいなぁ。なぜに雪が降るとこんなに嬉しくなるのだろう。

会社の帰り、歩いていたらちょうどみぞれから雪に変わりました。このまま雨のままなのだろうかと少しがっかりしていただけに、雨からみぞれ、そして雪に変わるのを見て、嬉しくなってしまいました。だから多少寒かろうが、そんなのへっちゃらなのです。

Img_3002


雪にまつわる話。ブログにも書いたけれど、数年前、2月のいちばん寒い時に、日本で一番寒い場所・陸別に行ってきました。個人的に、暑いところには夏に、寒いところには冬に行く主義です。だから、北海道は冬。で、その陸別、駅に宿泊施設が併設されていてそこに泊まったのですが、駅前は雪が積もって人がまったく歩いていません。けれども、こんなライトの中の雪が積もった町は、寒いけれど寒々しい感じはしなくて、第三者的に好ましいものでした。

Img_3029


翌日はもうすぐ廃線になる電車に乗って、ひたすら雪原を走りました。Globeの”どこまでも〜♪”という曲が似合う景色。暑過ぎる電車の中で、ずっと窓の外ばかり見てましたね。

雪国に住む人にとっては雪は生活の中にある日常なのでしょうが、私にとっては非日常で、それこそ童心に戻れるイベントで、嬉しくて嬉しくてたまらないのです。ちょっと不謹慎かもしれませんね。朝に雪が積もっていたら、新聞を取りに外に出た時、きっと写真を撮りまくることでしょう。

な〜んて思いながらも、明日の朝の出勤はそれはそれで大変かもしれません。でも、まぁ、明日の朝のアイスバーンや交通のことはひとまず忘れて、この雪が降っている夜、という状況をもう少し楽しもうと思います。

|

« 湯島天神へ | トップページ | 春まだ遠く、でも、、、 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湯島天神へ | トップページ | 春まだ遠く、でも、、、 »